IMAGINE

スピリチュアルメッセージ バシャールのワクワクを実践中 シャーンブラ

☆現実創造メソッドNES(ニューエナジー・シンクロタイズ)☆極小サイズ

アセンション・シリーズ レッスン10: 「アイデンティティのない状態から新しいアイデンティティへ」 クリムゾン・サークル 2002年6月1日

アセンション・シリーズ レッスン10:
「アイデンティティのない状態から新しいアイデンティティへ」 
クリムゾン・サークル 2002年6月1日

トバイアス: そしてまた、親愛なる友たちよ、親愛なるシャーンブラの皆さん、私達はこのようにこの私達のサークルに集いました。ここにいる皆さんの身体や魂のエネルギーは愛に満ち、そして力強く、そして我慢強いものがあります。あなた方の歩んでいるアセンションの道は、あなた方の思っていたものとは違っています。そんなに容易くはなかったと思います。しかし、あなた方は続けています。あなた方の旅を続けています。あなた方の本質の内にある愛と献身(commitment)のゆえに私達が提供しているレッスンを続けています。
ヴェールのこちら側ではあなた方の献身を感じることができます。それは、濃く深いものです。あなた方の愛とエネルギーは濃く深いものです。あなた方の続けていこうとする願望はとても強いものがあります。それには、ある休止を取る時点がやって来ます。これは、あなた方がリラックスして静かに座る時です。あなた方は苦闘や試練、そして感情的、肉体的苦痛を解放することができます。それはただ、あなたのファミリーである者達の愛を受け取る時です。

私達が一緒にここにいるこのしばらくの一時、私達の愛にあなた自身を開くことをお願いします。あなたの人間の生活の試練から、少し休息をとるようにお願いします。あなた方の旅路でリフレッシュの一時を取り、仏陀が木の下で座っていたように、木の下に座り、日陰を楽しむようにお願いします。この時をあなた方のエネルギーを回復する時としてください。

あなた方と一緒にこのサークルにいる間に、これから私達はしばらくワークをします。エネルギーを動かします。私達は、あなた方が人生の中で十分に値するほどの愛をもたらします。親愛なる友たちよ、私達はあなた方の旅の一部は愛を諦めることだったことを知っています。それは、この生涯もしくは他の生涯であるかもわかりませんが、過去にとても親しい人達を諦めることでした。あなた方は、内なるスピリットと本質にフォーカスするために、人間関係の親密性を諦めてきました。

ひょっとしたら、それは、あなたの人間としての家族でもあったでしょう。ひょっとしたら、それは、あなたの連れ合い(mate)であり、時には多くの連れ合いであったかも知れません。ひょっとしたら、それはあなた自身の子供達、もしくは本当に親しい友達でもあったでしょう。彼らはあなたから引き離されたのではなく、むしろあなたが彼らを解放したのです。あなたは彼らを解放し、そうして自分自身の道のりを続け、あなた自身の神性をもたらすようにしたのです。

しかし、私達にはこの他の人達からの直接の愛、熱情的な愛がないということは困難であったことが分かります。良く分かります。それゆえに私達は、あなたのところへ、ファミリーとして、あなたをサポートし、激励し、心から愛し、あなたをとても良く理解している者として今来ているのです。私達は今あなた方のところへ来て言います。「ただリラックスしてください」 あなた方は今、友たちとここにいます。あなたは今、シャーンブラと、このサークルにいるあなたと参加するためにあらゆるタイプの次元から来ている天使達と一緒にいるのです。

あなた方のしている仕事ゆえに、どんなに私達はあなた方を愛していることか! あなた方のしている仕事ゆえに、どんなに私達は敬服していることか! もうそれ以上言うことはありません。それは私達がもたらしているエネルギーであり、愛です。

そして、そうです、今ちょうどそのことを尋ねたあなたに言っているのですが、そうです、このことも変わっていくでしょう。あなたの人生における愛や人間関係も本当に変わっていくでしょう。しかし、それは今まであなた方が知っていたものとは違うものになるでしょう。それはあなた方のいくらかの人には本当に喜びとなるでしょう。それは違うものになるでしょう。新しいタイプの愛になるでしょう。そのことはレッスン8でもお話ししました。

それはそれ自体完全な愛であるでしょう。というのは「あなた」はあなた自体で完全なのですから。それはまた、アジェンダ(なされるべきこと)のない愛となるでしょう。その愛は古いエネルギーの中でそうであったような二元性のもう一方の側面ではないでしょう。それはそれ自体完全であり、十分な、真の愛でしょう。それはあなたを愛の目的のみに引きつけるでしょう。愛のため「だけ」にあなたを引きつける誰か別の人との人間関係を想像してみてください。それは、アジェンダ(なされるべきこと)についてのものや、あなたの感情の裏のポケットに入ろうとする誰かについてのものではないでしょう。ただ、愛だけのためのものです!

親愛なる友たちよ、私達は共にいる今の時を大切にしています。今日もたくさんお話しすることがあります。この瞬間はとても貴重で、こういう時はあまり他にはありません。私達は、あなた方、シャーンブラの非常に多くが今とても自分の生活で忙しいことを知っています。私達は、あなた方、シャーンブラの非常に多くがまた人生に途方に暮れているのも知っています。今日はそのことをお話しします。私達は、あなた方の内側と周り中で二元性がそのスピードを速め、このようにスピリットと、自己と、シャーンブラと共に座る時間をとることもほとんどできないことを知っています。

今のここでのエネルギーは増大し、強くなりつつあります。向こう側からの戸口をくぐり抜けてきている訪問者がいることが、あなたの神性の感覚を通して感じられると思います。この「第二サークル」にあなた方と共に座り、観察し、愛し、サポートするために多くの訪問者達が来ています。そして、その中でも二人の者達が今日、このサークルに参加し、興味深いエネルギーを携えて来ています。

本当に、このエネルギーの増大を感じられる人達にとっては、とても良く知っている者であり、この「新しいエネルギー」ヘの旅路でそばに付き添ってあなた方を導き、歩んだ者であり、メタトロンと呼ばれる者が今日再びここに来ていることを既に気づいておられるでしょう。メタトロンのエネルギーはとても他のものとはかなり違っています。

変わったのはメタトロンではありません。親愛なる友たちよ。変わったのはあなた方です。メタトロンのエネルギーは以前のようにあなた方に衝撃を与えなくなりました。あなた方にバランスを崩させることもなくなりました。轟音をたててやって来ることもなくなりました。今では、彼はずっと快適なものとなり、ずっと優しくなり、しかし、今もなおとても強烈ではあります。メタトロンのエネルギーの強烈さは、あなた方自身の旅路の強烈さとなって現れています。しかし、メタトロンはあなた方についてお話しする、そしてもはやもう前のあなた方でないことをお話する今日のレッスンのために来ています。

メタトロンのエネルギーがこの部屋で増大しています、あなた方一人一人と共に増大しています。しかし、親愛なる友たちよ、今はそれにずっと親しみを感じるようになったはずです。メタトロンがとても近くまでやって来ましたから。メタトロンは「あなた方」なのです! メタトロンはスピリットの中のあなた方の声なのです。

メタトロンはヴェールの向こう側のエネルギーのバランスを保持して来ました。メタトロンは「アークのオーダー」の中のとても聖なる寺院でエネルギーのバランスを保持していました。安全で、安心できる、とても聖なる寺院です。この寺院には滅多に入れませんでした。そこはメタトロンがあなた方自身の神性のエネルギーの一部を注意深く見守っていたところです。そこはとても神性で、とても純粋な - 「純粋な愛」でもありますが - 適切な時が来るまで、スピリットの中のあなた方の声、メタトロンによって見守られながら、あなた方の一部が待ってきたところです。メタトロンはこのアセンション・シリーズを通して私達とずっと一緒に歩んで来ました。

メタトロンは今、彼のエネルギーを地球のレベルに直接もたらせることができるようになっています。これは今まではできないことでした。できなかったのです。メタトロンは彼のエネルギーをこの空間に、このサークルにもたらし、今私達の中に加わることができます。そして、本当に、彼のエネルギーが今ここにあります。

今日、このメタトロンのエネルギーを感じてください、外側の存在としてではなく、何か別の男性の天使のエンティティとしてではなく。まさにあなた自身の神性として、メタトロンの名で、メタトロンの集合的エネルギーとして感じてください。あなた自身をメタトロンの中に感じさせてください。そしてメタトロン自身をあなたの中に感じさせてください。その融合が起きるのを許してください。

あなたの神性、そしてスピリットの中のあなた方の声のシンボルであるメタトロンが、今私達と共に加わっています。メタトロンは、あなた方の神性であり、かなり試練に満ちたあなた方の旅路の途中で、私達が一緒に共有しているこの時の中であなた方に休息をとらせています。メタトロンは、あなたをあなた自身の神性の手の中に置かせ、しばらくの休息でエネルギーを回復させ、あなたの身体、あなたの感情、そしてあなたであるものすべてを蘇らせています。

おお、親愛なる友たちよ、あなた方は本当にそのエネルギーを受け入れています。この部屋中から、一緒に座っているこのサークル中に私達はそれを見ることができます。あなた方は本当に開きつつある花のようであり、あなた自身の神性を今、受け入れています。

今日のレッスンにはもうひとり参加しています。彼は今、前に進み出ています。それはあなた方がとても良く知っているエネルギーで - 何と言うか - あなた方が「ボス」と呼んだ者です。とても親しみのあるエネルギーです。時には彼に対してとてもフラストレーションを感じました。もうすぐあなた方はここで私達が言っていることが分かります。ある意味で、彼はあなた方にとって、とても親しいファミリーから来ているある種のグループ・リーダー、あるいはガイドです。この時はあなた方にとってのもう一つのターニング・ポイントであり、移行の時なので、彼は今ここにやって来ました。

大天使ミカエル(Archangel Michael)のエネルギーを歓迎してください。この「新しいエネルギーの教室」ではあまり目立った存在ではありませんでした。今までも主たるゲストであったことはありません。しかし、今日このレッスンのためにやって来ました。あなた方がしばしば呪った剣を携えて来ました。大天使ミカエルの持っている剣は燃えているようにまばゆく彩飾されて輝いています。彼が加わるには今は適切な時です。今までは適切ではありませんでした。

大天使ミカエルについて少しお話ししましょう。彼はあなた方に、私達が話すとき、彼のヴァイブレーション(波動)にただ心を開いてほしいと言っています。ミカエルは、ある意味で、あなた方一人一人の責任を担っています。ミカエルは、多くの異なったレベルであなた方がとても親密にワークしている者です。宇宙の「新しいエネルギー」を成し遂げる努力の中で「アークのオーダー」が形成されたとき、あなた方とワークし、あなた方を訓練するのを助け、ずっと遥か以前に始まった地球へのあなた方の旅を準備する助けをしたのはミカエルでした。

ご存じのように、ミカエルは人間の形態をとったことがありません。彼は、あなた方と共に、地球と、人間の生体と、人間の意識のテンプレート(鋳型)を創り出す助けをした建築家です。ミカエルは、ある意味で、あなた方が「アークのオーダー」を去って地球にやって来る前の訓練教官でした。ミカエルは、あなた方一人一人に「真理の剣」、あなた自身の旅のシンボルを手渡した者でした。その剣はあなた自身の意識と、あなた自身の生体の一部で、あなたがあなた自身の真理を見出すための旅に出る前にミカエルから与えられたものです。その剣は地球にやって来る前にあなたに与えられたのです。それは今までずっとあなたであったものの一部でした。

あなた方にあなた方の聖書や聖典を教えた人達は、ミカエルの物語について、彼がどのようにサタン、あるいはルシファーと天界の大戦争で戦ったかについて語っています。ミカエルは天界からサタンを追放したと。親愛なる友たちよ、その物語にはいくらか混乱しているところがあります。なぜかというと、その話の中でサタンである者は本当はあなた方だからです!(聴衆 笑、トバイアス 含み笑) しかし、それは悪魔としてそれを表現するために、より良い物語にしたのです。

「アークのオーダー」、あるいは「天国」と呼ばれるであろうところから去って行ったのは「あなた方」だったのです。あなた方を訓練したのがミカエルでした。あなた方に剣を与え送り出したのはミカエルでした。あなた方はどこからも追放された訳ではありません。この「天国」を去り地球に来ることを選択したのです。それを前もってそれに同意したのです。

本当の話をすると、あなた方の探究の意識のシンボルである「真理の剣」をミカエルがあなた方に手渡した時、彼の目には涙がありました。ミカエルには、それはあなた方にとって長い困難な旅になるであろうことがわかっていたのです。ミカエルは、夢の中で、あるいは別の意識状態の中であなたのところにやって来るとき、彼のことがあなたには分からない時もあることを知っていました。それが彼には哀しかったのです。

本当の物語は、サタンが天国から追放された大戦争についてのものではありません。あなた方自身が地球に来るために「アークのオーダー」から去ったことについてのものなのです。親愛なる友たちよ、それはあなた方が自分の真実を見出すための旅についてのものなのです。あなた方の真実はあなたの神性なのです。あなた方は自分自身でそれを見出さなくてはなりませんでした。あなた方は二元性の各要素によって、さらには、とても長い間、あなたをあなたの過去から隠し、あなた自身から隠し、私達からも隠してきた二つのとても強い力であるヴェールの要素によってそれを見つけなければなりませんでした。あなた方は - 何と言うか - とてもニュートラルな環境の中であなたの神性を発見するために地球へのこの旅へ出て行く必要があったのです。「真理の剣」はあなた方自身の旅を表しているのです。

今ミカエルが私達と共にいるために来たことは不思議ではないとは思いませんか? 彼は、あなたのトレーナーであった者として、長い間親密にあなたが絆を持っていた者として来ています。ミカエルは今日このレッスンに、これがある種の卒業式のようなものでもあることから来ています。彼はあなた方を解放するためにここにいます。あなた自身の内なる真実を見出す最後のエネルギーの時に至ることができるようにです。

メタトロンとミカエルのエネルギーがここであなた方に栄養を与え、そしてあなた方がくぐり抜けて来た忙しいアセンションのプロセスでしばし休息がとれるようにしています。

親愛なる友たちよ、あなた方とのレッスンの中で多くのことをお話ししてきました。既に二つのシリーズ(ニュー・アース・シリーズとクリエーター・シリーズ)を完了しました。さて今、アセンション・シリーズの結びの部分に近づいています。私達がお話ししてきたことのエッセンスを振り返ってみて頂きたいと思います。

確かに、あなた方がどのように「故郷」を去ったかのお話もしました。あなた方は壮大な冒険を求めて行った、「第一サークル」の外に自分のアイデンティティを見出そうと求めて行った、若い王子、王女だったのです。王位を継承する前に、自分が何者か発見したかったのです。

この3年間、私達はたくさんのお話をしてきました。低い塀の内側にいること、問題を「グレースのオーブン」に入れることについてのお話をしました。それはもはやあなた、あるいはあなたが自分だと思っていたものについてのことではないという事実をお話ししました。もはやあなたについてのことではありません。何かもっとより壮大なことがあるのです。

過去からのカルマからあなたを癒すということでもありません。あなた方が地球に来る前からのカルマを癒すことでさえもありません。それはもはやあなたについてのことではないのです。それは、あなた方がアセンションの状態の中で超越してしまいました。またとても多くのものを解き放つこと、それをグレースのオーブンに入れることをお話ししました。アジェンダ(なされるべきこと)を持たないこと、手放すことをお話ししました・・・おお、それはとても「古いエネルギー」の二元性に基づいているからです!

前回のレッスンでは、空白(void)について、空白に入って行くことについて、興味深いレッスン、興味深い概念についてお話ししました。そして、本当に、本当に私達はその「空白」という言葉をとても慎重に選びました。本当に、それはあなた方が「故郷」を去った時を思い起こさせるものでした。それには過去との関連性があります。あなた方が「王国」を去った時、あなた方は「空白」に入りました。

あなた方が二元性を去るとき、再び空白に入ります。というのは二元性を超えるものがまだ創られていないからです。あなた方がそれを創り出している者達なのです、親愛なる友たちよ。あなた方は「新しいエネルギー」に最初に入って行く人達なのです。あなた方は他の人達のために土台をセットしているのです。そして、本当にそれはあなた方が「王国」を去り、空白に入った時の過去の恐れ、記憶、心配をもたらします。

それで、この最近の約30日間、あなた方に古い感情が戻ってきたり・・・恐れを抱いたり・・・ひょっとしたら、後悔の記憶を蘇らせたり・・・今していることを心配したりしたかもしれなかったことは不思議ではないとは思いませんか? あなた方の多くの方が前回のレッスン以来、「これは何かのトリックではなかろうか? 自分は私であるもののすべてを解放しつつあるんだろうか? 自分自身を手放しつつあるんだろうか? 私は、他の者達に乗っ取られうる、あるいは闇の方に影響されうる場所に行くよう求められているのだろうか?」と考えました。

そして、ご存じのように、私達は言いました。「確かに、もしそれが本当にそれがあなた方がしたいことなら。確かに」 しかし、私達はあなた方がそうではないのを知っています。そして、私達はあなた方がこの光と闇の古いゲームを手放す用意ができていることが分かります。あなた方は、そのエネルギーを、もししっかりと二元性にしがみついていなければ何か悪の力に食い入られるだろうという恐れを手放す用意ができています。

それは古いことなのです、親愛なる友たちよ。それはもう当てはまりません。あなたを乗っ取ることができるエンティティはいないのです・・・できるとしたら、そう、ちょうど今質問した人に言いますが・・・時々、配偶者はそうしますが(聴衆 笑)。しかし、私達の側のエンティティはそういうことはできません。もし仮に、メタトロンやミカエルがあなた方を今、乗っ取ろうとか、食い入ろうとか、影響を与えようとしてもできません。誰にもです。あなた方は自分自身の神性を保持し、所有しているのです!

これまで、私達はたくさん、たくさんお話をして来ました。それらのエッセンスは、手放すことでした。過去を手放し、以前のあなたを手放し、習癖を手放し、パターンを手放し、本当に、去らせるのです。それは、あなた方の期間や定義では、ゆっくりした旅でした。どのように手放すかを学ぶのにこの3年間を要しました。私達の定義から見ればそれはほんの短い期間に過ぎません!

あなた方は何千年、何百万年、そしてそれ以上に遡る経験を手放しつつあるのです。それらのものはずっとずっと昔に築き上げられたパターンです。それが今あなた方が手放しつつあるものです。この3年間に渡るレッスンは、まさに手放すことに焦点があったのです。あなた方が見出しているように、「新しいエネルギー」の中には古い荷物は持って行けないのです。

そして、それがあなた方が今いる試練の地点なのです。願望が、とても強い願望があるのです。あるものを携えて行きたいという - 何と言うか -  あなたのアイデンティティの意識、過去からのあなたのアイデンティティの一部を携えて行きたいという願望です。これは、主としてあなた方があまり自分自身を信頼していないからです。

空白に入るということを聞くだけでさえ、恐れが内側に沸き起こります。それは「もし~だったらどうなるのだろう?」というようなあらゆる疑問をもたらします。「もしすべてを手放したらどうなるのだろう? 自分のアイデンティティが全く残らなくなってしまうのだろうか? 別のエンティティに食い尽くされてしまうのだろうか? 悪や闇の側に感化されるのだろうか?」 このようなあらゆる心配がやって来るのです。でも、それらは今は適切なことなのです。これらの感情や考えや心配を拒絶しないようにしてください。手放すことと空白に入って行くことは「新しいエネルギー」のプロセスの一部なのです。しかし、親愛なる友たちよ、それは今まであなたであったものを否定することではないのです。それはあなた自身の各部分を切り離そうとすることではないのです。

「アセンションの空白」は、あなた自身の内にある二元性と格闘することのない静かな空間です。この「空白」の中で、あなたはあなた自身のすべての部分にしばらく立ち止まり、しばらく静かなところにいるように頼むのです。そこは、あなた方があのビー玉 - 白と黒と灰色のもの - に静かになり、そしてあなたの神性のエネルギーの誕生を感じるよう頼むところです。そこは、あなた方が人間のマインドの限界の中で物事を解明しようとしないところです。

「アセンションの空白」の中では、あなたは神性のマインドがやって来るのを許すのです。それはあなた自身のものです。あなたは自分自身に耳を傾けています。あなたはただ、しばらくの間、二元性を棚の上に置いているだけなのです。あなたには、「あなた」の「新しいエネルギー」、「あなた」の神性の味がわかってくるでしょう。この中の多くの方は既にその感覚を経験しました。そして、それはほんの始まりなのです。

「そうすべきか/そうすべきでないか」という懸念やつきまとう疑いを脇へ退けておいてください。それらをしばらくの間、退けておいてください。空白の内にいてください。そうすると、あなたのものである神性が、あなただけの神性が現れることができるのです。それが私達の言っている「空白」なのです。あなたは、あなたの神性がやって来ることができる通路をきれいに掃除しているのです。

それとワークを続けてください。あなたが課題を休止状態に本当に置くとき、懸念のひとつを本当に休止状態に置くことができるとき、何が起きるか感じてみてください。それから、あなたの神性はあなたに語りかけることができるのです。二元性の細かなことにあまり囚われないので、あなたにはそれが聞こえることでしょう。

さて、二元性のことをお話ししましょう。それは「第一サークル」の外であなたのアイデンティティを知っていたのと同じくらい長い間存在していた「2」のエネルギーです。それが、私達が度々お話ししてきたように、今変わりつつあるのです。私達は「2」のエネルギーから「4」のエネルギーに進んでいるのです。あなた方は、あなた方の周りのすべてにそれを見るようになるでしょう。

私達は度々「4元数学」(quad math)についてお話ししてきました。人間の意識を二元性から「新しいエネルギー」ヘと連れて行く助けとなる新しい洞察と新しい発見についてお話ししてきました。正しい時にその情報がやって来始めると言いました。あなた方の意識が変わるにつれて、科学的情報がやって来て、それを実証することになるでしょう。このことについて取り組んでいる科学者や研究者がいます。

一人の科学者/数学者がこのことについて本を書き、この前のレッスンの後に出版されています。(「新しい種類の科学」 スティーブン・ウルフラム著、ウルフラム・メディア) それはかなりの興味と議論を創り出しました。しかし、この本に含まれているその研究のエッセンスは、それは著者によって自費出版されたものですが、今主流への道を進みつつあります。それは、もし3つの要素があり、それぞれ異なったエネルギーを持っていれば、それに4番目のエネルギーが加えられるなら、それはある種の「新しいエネルギー」を創り出すということを示しています。その研究は自然のパターンがどのように創られ、それが「新しいエネルギー」の中でどのように創られうるかを示しています。それはまた各エネルギーの連鎖、そしてどのようにそれらが作用するかについて語っています。しかし、それはいつも4のエネルギーなのです。それはいつも他の3つに影響する一つの4番目の要素なのです。

これは今印刷されています。あなた方はそれについて読むことができます。それは私達がお話した4元数学の理解のちょうど始まりとなります。それは最初のステップなのです。他の研究者達はこのことを理解しようと、あるいは否定しようとするでしょう。これは、より科学的、数学的実証の口火を切るでしょう。

あなた方はそれをあなた方の生涯の中で見ているのです、親愛なる友たちよ。これはどこかエーテル界のことであるとか、あなたに影響を与えないことではないのです。あなたの生涯の中で見ていることなのです。あなたは、あなたの旅を証明しているものを見ているのです。

それまでは、二元性はしがみついて離れたくないのです。しがみついていたいのです。この証拠について、新聞やその見出しから見ることができます。二元性は死に物狂いでしがみつきたいと望んでいるのです。去って行きたくないのです。去って、殲滅され、忘れられたくないのです。それはそのアイデンティティにしがみつこうとしているのです。

そうです、確かに、二元性はそれ自体のアイデンティティを持っています。それ自体のヴァイブレーション(波動)を持っています。ある意味で、それはあなたによく似た、エンティティ(存在)のようなものです。しかし、あなた自身の経験からお分かりのように、二元性もまた疲れているのです。二元性は「新しいエネルギー」に変容する時であることを知っています。二元性は困惑して何をしていいのかわからず、ある部分はしがみつきたいと思い、ある部分では手放したいと思っています。何と美しいオーケストラでしょうか! 本当に美しいものです! このすべてがより高い高みと、より低い低みを、そしてより速いサイクルを創り出し、そのすべてが、大きな変化が起きていて、これからも起き続けることを示唆しているのです。

メタトロンが言ったように、二元性が最終段階に至るにつれて、あなた方の周り中の人々、種族、国々、政府に多くの騒がしい出来事が起きるのを目にするでしょう。それについてあなた方に、あなたの周りの世界で起きていることの動力学が本当に理解できるまで祈らず、瞑想せず、ビジョンを描かないようにお願いしました。低い塀の後ろにいて、二元性から「新しいエネルギー」への移行を観察してください。すると、あなたが何をすべきかわかるようになるでしょう。

あなたが目撃しているこれらのすべての出来事は適切なことなのです。二元性は自由になろうと望むのと、まだしがみつきたいと望む間で行ったり来たりバタバタしているのです。そのことはあなたの世界だけではなく、あなたの内側でも起こっています。それはあなたがアセンションの靴で歩いているときでさえ起きています。

あなたはこの同じ肉体の中に留まったまま一つの生涯から別の生涯へと移行しました。あなた方のほとんどの方は新しい生涯に渡ったとしても、なお同じ名前を持ち続けました。あなたは以前のアイデンティティの多くを保持しているのです。あなた方のある部分は手放したくないのですが、それでもまた別の部分では死に物狂いで手放したいと思っている部分もあるのです。あなたは自分自身の人生の中で葛藤と試練を目の当たりにしています。あなたにはしがみついていたいという願望と、それでも変わりたいという願望があり - それは興味深いエネルギーのドラマです!

あなたの周りの物事を見回してみてください。二元性の表情を見てみてください。過去の自分と思っていたものにしがみつこうとしている人々を見てください。それでもなお、その古いアイデンティティは彼らから、彼ら自身によって引き離されています。私達はあなた方の社会で入れ墨が流行しているのを見ると笑いを禁じ得ません。それは「私は自分のアイデンティティからどうしても離れたくありません。それで自分の身体にそれを印刷し、自分が誰だったか憶えていたいのです。私は自分のアイデンティティを手放したくありません。私はそれを自分の肉体と感情体の中に深く埋め込みたいのです」と言っているようなものです。

私達は人々が自分の衣服に印をして、衣装を個人化し、シャツに自分の名前を書いて個人化してさえ自分のアイデンティティを維持しようとしているのを見て笑ってしまいます。可笑しいと思っています。彼らは自分が何者か本当に知らないのでしょうか?(聴衆 笑)

しかしそうです、あなたは人々が彼らのアイデンティティを保持し続け、それにしがみつこうとし続け、しかしそれでも別の部分では死に物狂いに変化したがっているのを目にし続けるでしょう。この分裂はすべて「新しいエネルギー」に移行して行く上のプロセスの一部なのです。

このアイデンティティの変化はシャーンブラにとって大きな哀しみを引き起こします。私達はあなた方の非常に多くが今通り抜けている哀しみに胸を打たれます。これがプロセスの一部であるということを言って安心させる以外に私達のできることはほとんどありません。このように時々あなた方のところへ来て共に座り、あなた方の旅の理由をお話しする以外にできることはほとんどありません。このようにここにやって来て、あなたは一人きりではないことをお知らせする以外にできることはほとんどありません。今この空間には偉大な二つのエンティティ、ミカエルとメタトロン、そしてあなた方の道のりのこの休憩場所であなたを愛するために来ている多くの、本当に多くの者達で一杯になっています。

あなたの内面の哀しみはあなたが何かを失っているからです。あなたは自分だと思っていたものを失いつつあるのです。あなたは人間関係や仕事を失っています。そして健康を失っている人も何人かいるでしょう。あなたは自分だと思っていたものすべてを失いつつあるのです。私達にはその哀しみがあなたに深く影響していて、とてもそれが強いということが良く分かります。私達は、それは単にプロセスの一部であることを言うために来ています、親愛なる友たちよ。あなたは一人きりではないことを知ってください。

この哀しみは置き換えられることができます、でもあなたの思うかもしれないエネルギーによってではありません。ある朝目が覚めて、あなたが二元性の中で得ていた古い喜びに包まれることはないでしょう。完全性が現れてくるでしょう。完全性がやって来るでしょう。それは異なったタイプの感情となるでしょう。この新しい感覚を言葉で表現したいとさえ思わないでしょう。言葉には限定的過ぎるからです。それまでの間、私達はあなた方が通り抜けているものを知っているということだけは理解していてください。

あなたが教師として別の人の前に座るとき、彼らが通り抜けているものに共感と理解を持つでしょう。あなたはその変化を直接経験し終えているでしょう。あなたは彼らの手をとって、彼らの哀しみが理解できると、彼らが自分だと思っていたすべて、彼らがそうなるだろうと思っていたすべてが違っているものになるときに現れてくる哀しみが理解できると告げることができるでしょう。

親愛なる友たちよ、今は自分自身を信頼する時です。ミカエルは今日このことをシェアしにやって来ました。あなたは本当に多くの経験を「真理の剣」を内に携えてくぐり抜けてきました。今は自分を、そしてあなたの人生であなたに起こっているすべてを信頼する時です。たとえ配偶者が去って行こうとしてもです。あなたは自分自身を責めています。外面的には彼らを責めていますが、内面的には私達にはあなたが自分自身を責めているのが分かります。

あなたの人生では多くのことが起きています。あなたは一体自分は何者なんだろう、今自分は何をやっているんだろう、どうしてここにいるんだろうと不思議に思っています。おお、あなたは内面のレベルではとてもたくさんの疑いで一杯になっています。ミカエルは今日あなた方に自分自身を信頼するように、自分の神性を信頼するように、すべての物事は適切であることを理解し始めるように依頼に来ています。たとえそれが内面の壁が崩れ落ちるように感じるとしても。たとえあなたが自分であるものの織物がほどけてしまうような気がしても。

本当に、自分自身を信頼する時なのです。あなたは神性のエネルギーを携えています。本当に、あなたはあなた自身の「真理の剣」を携えています。自分自身を信頼する時です。あなたの人生で試練をくぐり抜けるとき、それが困難に見えても、メタトロンが言ったように、前進してください。あなたの教えを始めてください、あなたの仕事を始めてください。

ああ、わかります。私達には、「しかし、トバイアス、私は自分がどうすべきか、あまりよくわからないのです。私はそのサインを待っているのです」とあなた方が言っているのが聞き取れます。親愛なる友たちよ、「サインというものはないでしょう!」 そういうものが現れることはないでしょう。あなたは何かを待っています。それはそこに既にあるのです! 既にあなたの玄関ドアの前にあります。それは既にあなたの新しい家に引っ越ししています。既にそこにあります。あなたは、そこには責任というものが関わるので見たくないので見えないのです。あるいは、見えてはいるのですが怖くなっているのです。

シャーンブラの皆さん、あなた方は教師となることに同意した人達です。その教えを始める時です。もしその意味が、それがどのようなものか分からなければ、前回のレッスンでお話しした「アセンションの空白」に入ってみてください。静かにいてください。二元性を脇に置いて。それが聞こえてくるでしょう、あるいはそれを感じるでしょう、もしくは分かるでしょう。その答えは内側にあるのです。


ミカエルは今日あなた方に話をしに来ました。あなた方はかつて彼の生徒でした。彼は、あなた方に今教師となるよう促し求めるために来ました。学校へ行くのはやめてください。仕事を始めてください。今のこの時点であなたが「新しいエネルギー」の教師になるためにもっと学べることはこれ以上ないのです。

あなたが教えれば教えるほどあなたも学ぶでしょう。しかし、今この時点でこれ以上学校はありません。もうこれ以上本もありません。もうあなたはそれらを全部読んでしまいました。もう教室もこれ以上ありません。もう全部行ってしまいました。今からは教えてください。教え始めてください、親愛なる者達よ。あなたが進むにつれて学んでいくでしょう。すべきことが分かるでしょう。

あなた方が「アークのオーダー」を去る前にあなたにあの「真理の剣」を手渡したミカエルが今、あなたに教師となるように促し求めています。ミカエルは最も深いレベルで自分自身を信頼するよう促し求めています。おお、それは恐ろしく感じるでしょう、私達には良く分かります。あなた方は他の何か、他の誰かを信頼したいと思っているのです。人間がこの世でやりたいと思う最後のことは、自分自身を信頼するということなのです。それはとても責任が重すぎるのです。

あなた方の教師でありトレーナーであるミカエルが、あなた自身を今自由に解放する時だと言っています。彼はあなた方が「アークのオーダー」を去って地球に来て以来ずっとそばであなた方とワークしてきました。彼はそのエネルギーの重要な一部でした。彼は今あなたを解放しつつあります。彼は今あなたを卒業させつつあります。彼は今あなたとの古い役目から歩み去りつつあります。彼はこれからもいつもあなたの友であり、いつもあなたを賛美すると言っています。しかし、今はあなたのエネルギー・フィールドから彼が出て行く時であり、それはあなたがメタトロンによって表されるスピリットの中の「あなた方」の声のエネルギーを受け取れるためにです。

ミカエルが、今日この日に、あなた方一人ひとりに、あなたの教えを始めるために十分自分自身を信頼するよう促し求めています。その時は正しく、世界は本当にそれを必要とするでしょう。もうこれ以上待つことはしないでください。いくじなくいないでください。差し控えることなく。お互いにワークしてください。それが、皆さんがシャーンブラのファミリーとして世界中から一緒に参加している理由なのですから。

ミカエルは、「しかし、今何を待っているのですか? いつ実行に移すつもりなのですか? いつその教師になるつもりなのですか? 自分自身の内なる責任をいつ受け入れるつもりなのですか?」と言っています。その出来事、そのエネルギー、その人々、その機会・・・それらはあなたがその責任、他の人々のための教師であるという責任を受け入れるまでははっきりしないでしょう。

あなた方のとても多くの方が、「おお、でも誰に教えたらいいのだろう? そして、何を教えるんだろう? そして、どのように教えるのだろう?」と考えているのが分かります。その問いに対する答えは、あなたがその責任を受け入れるとき、一瞬にしてやって来ます。しかし、まずその責任を受け入れなければなりません。それからその答えがあなたにやって来るでしょう。

ミカエルは今日、あなた方が生徒から教師へと移行するときに、あなた方に挑戦を促すために来ました。彼はあなた方に自分自身を信頼するように、自分自身の神性を信頼して、他の人々のためにそこにいられるように依頼しています。ミカエルは、このアセンションの旅を始めつつある他の人々にはあなた方が必要になると言っています。

二元性は今、デリケートなバランスの地点にあります。世界はあなた方を必要としています。足を踏み出して行けるよう自分自身を信頼してください、親愛なる者達よ。自分自身を信頼してください。あなたが哀しみで一杯のとき、あなたの人生に試練があるとき、物事があなたの人生から去って行くとき、そのようにすることは困難なことです。それは困難なことです。あなたは待ちたいと思っているのです。あなたはすべてが落ち着くまで、あなたが全部完全だと感じるまで待ちたいと思っているのです。

あなたの哀しみのある部分は、あなたの内側の神性の呼び掛けに起因しています。呼び掛けがあるのですが、あなたはまだそれに答えていないのです。ドアにノックの音がしたのですが、あなたはまだそれに返答していないのです。それがあなたの哀しみの理由の一部なのです。今切り離される必要がある古いエネルギーとの結びつきがあります。手放される必要があるものがあります。それをしてください。自分自身を信頼してください。それはあなたのためにうまくいくでしょう。あなたはあなたの本質の深い部分で、今が自分自身を信頼する時であり、この「新しいエネルギー」の中であなたがするためにやって来たことを本当に実現する時だと知っています。

さて、親愛なる友たちよ、あなた方がとても遥か昔に「王国」を去った時、あなた方は自己のアイデンティティと認識を発展させました。それまでは、ご存じのようにそれはワンネスでした。あなた方が「火の壁」をくぐり抜けた時、あなた方は初めてあなた自身のアイデンティティを本当に自覚したのです。あなた方はもはや単なる「王国」の一部ではなくなったのです。あなた方はもはや私達の比喩的な意味での王族の一部ではなくなったのです。あなた方は自分自身のアイデンティティを発達させました。多くの生涯と、あなた方が地上にやって来る以前の多くの体験を通してあなた方のアイデンティティを発達させて来たのです。

しかし今、妙なことでしょうが、そのアイデンティティを手放す時なのです。それを解き放つ時なのです。過去にはあなたはあなたのアイデンティティ、いわゆる魂レベルのアイデンティティを生涯から生涯へと積み上げてきました。体験から体験へと、とても直線的なやり方でそれを積み上げて行きました。あなた方はそれを「故郷」を離れて以来やってきたのです。

あなたが「新しいエネルギー」の中に移行して行くにつれて、あなたはまた新しいアイデンティティになっていきます。自分のアイデンティティを一つずつ積み重ねていく代わりに、今度は飛躍するのです。あなたはアイデンティティの飛躍をするのです。あなた方は以前思っていたあなたから、アイデンティティのない時を経て、それから次に新しいアイデンティティに飛躍するのです。レッスン9でお話しした「アセンションの空白」はあなたの古いアイデンティティのエネルギーが一時的に去って行く時なのです。

あなたはアイデンティティのない時期を過ごすのです。アイデンティティのない時をです。あなたが鏡を覗き込んでも、そこからの反射がありません。これは今あなた方の多くが入っているゾーンです。それが哀しみの理由の一部です。これがあなたが自分が何者か分からないと思い、どうすべきか分からないと思っている理由の一部です。これが深い、極端なあなた方の内なる自己疑念が存在する理由の一部です。あなたのアイデンティティは薄れて消えつつあります。あなたが新しいアイデンティティを発達させるまでの間は、あなたはアイデンティティを持たないのです。

親愛なる友たちよ、アセンション・シリーズ レッスン10 - 「アイデンティティのない状態から、新しいアイデンティティへ」。あなた方は新しいアイデンティティに入って行くのに先立って、アイデンティティのない状態を経験するのです。それは反射しない鏡のようです。

鏡を覗いてみてください。あなたの肉体的な像が見えるでしょう。しかし、じっと見続けていると、その像がもう自分のような気がしない感じにさえなるでしょう。それはあなたに共鳴しなくなるでしょう。正しいという感じがしなくなるでしょう。あなた方の中の何人かにとっては、その像が消えて、何も見えない鏡を見ているようになるかも知れません。

どうして最近他の人々があなたを無視しているようにあなたは思っているのでしょうか?(聴衆 笑) それはあなただと思っていた - その言葉を強調しますが - あなたのアイデンティティが、あなたが自分だと「思っていた」もの去って行きつつあるからです。それに加えて、古い過去のあなたのシンボルやエネルギーが全部去って行くのです。あなたが壊した車とか、あなたの家のようなものです! 私達にはあなた方のいくらかの方にとってそれが困難なことだと分かります・・・あなたの衣服・・・あなたの友人達・・・このようなすべてのものが去るというのは。

このアイデンティティがない間、あなたが一番しっかりと抱いていたものは取り去られます。それは、私達によって取り去られるのではなく、ミカエルでもなく、もちろんメタトロンによってでもありません。あなた自身によって取り去られるのです。あなたはあなたの新しいアイデンティティに入る前に、アイデンティティのない期間を過ごすのです。それが前回お話しした「空白」のことなのです。それはアセンションのプロセスの一部なのです。今あなたが通り抜けているものは最も困難で、試練に満ちたものなのです。

鏡を覗いてみてください。その中に映っている人間が誰かほとんどわからないでしょう、そこに何も見えなければ。おお、私達には分かります。あなた方の多くが最近このことに気づいているのが。あなた方は鏡を見て、「これは私ではないだろう。鏡の向こうに見えるのはもう自分のような気がしない」と言うでしょう。私達の言うことが分かりますか? あなただと思っていた自分は去りつつあるのです。

さて、実際にはあなたは本当に消えつつある訳ではありません。あなたは蒸発しつつあるのではありません。ちょうど青虫が蝶に変容する前の変化を通り抜けているように、あなたも単に変化を通り抜けているのです。なんと素晴らしい類似でしょう! あなた方が通り抜けるであろうアセンションの変身を自分自身に思い出させるために、何と素晴らしいサンプルをあなた方は自然の中に置いておいたのでしょうか。

その青虫のことを想像してみてください。繭の中にいる間、「一体(What the hell) - そう、私達はこちら側(訳注:hellは地獄の意味)でも断言します(聴衆 笑) - 一体どうなっているんだ」と訝っているのを。それがまさに、青虫が思っていることです。「一体なにが起きているんだ? 自分はアセンションした青虫になると思っていたのに!」(聴衆 笑) 「もっと足の数が増えて、もっと緑色になって、ひょっとしたら、もう少し目の数が増えて、前より魅力的に、もう少しスマートになると思っていたのに。私に何が起こっているんでしょう、愛しい神様? 自分はアセンションへの道のりで間違って曲がってしまったに違いない!」(聴衆 笑) 「私はこのつまらない大きな繭の中にいて、何が起きているのか、自分がするだろうと思っていたことをなぜしていないのか訝っている」

その可哀相な青虫は繭の中から色彩に溢れた羽根を広げて飛び出して行くほんの少し前に、このようなすべてのことを考えているのです。羽根! その青虫は羽根のことを全く知りませんでした。そしてその色? その青虫はただ緑色しか知りませんでした! しかし、それはここで今、すべての者達が見るべき壮観な光景になっています。

親愛なる友たちよ、天使は本当は羽根をつけていないことを知っていましたか? 彼らには羽根はないのです。とても洞察力のある何人かの芸術家達は、ある時点で人間は変身を遂げていくだろうことを理解していました。彼らは人間が変わるだろうとわかっていました。かれらは蝶のメタファーのエネルギーを思いつき、彼らの描く天使に羽根をつけて描きました。それはいつの日かこれを人間も通り抜けていくことを象徴化するためだったのです。

哀れな青虫は一体何が起きているのか不思議に思いながら、自分が繭の中にいるときに鏡で見ています。それは自分だとも分からないほどです。自分自身もはや青虫のようにも見えず、何か別の醜い、変化しつつある生き物のように見えます。その青虫には何が起きているのか分からないのです。どうして罠にかかっているようになっているのか、どうして自分が以前に思っていたすべてのものが・・・もはやそうではないのか不思議に思っています。その青虫は繭の中から蝶になって高く舞い上がるちょっと前にはそんなことを考えています。

これがあなた方に起きていることなのです。あなたは新しいアイデンティティになる直前は、「アイデンティティのない」地点から行くのです。あなたは、あなたが本当にあなたの新しいアイデンティティで出現するよう、すべてのプロセスがあなたのために働き始めることができるためには、このゾーン、この空白、この「アイデンティティのない状態」を通り抜けなくてはならないのです。

あなたの新しいアイデンティティは全く以前のようなものではないでしょう。あなたは古いアイデンティティに、過去のあなたに、鏡の中で見えていたあなたに必死にしがみついていました。「新しいエネルギー」ではそのようにはなりません。閉じ込められたようなアイデンティティにはならないでしょう。とても柔軟性のある、流動的なものとなるでしょう。そのあなたの新しいアイデンティティによって、あなたは自己に気づくでしょう、しかしあなたはまた、あなたの周りのすべてのことに、より気づくようになるでしょう。この気づきは神性の感覚を通して、「アーの言葉」を通してやって来るでしょう。

新しいアイデンティティでは、あなたは過去の契約に拘束されないでしょう。一つの型に閉じ込められるということはないでしょう。あなたは新しい意識の羽根を持っているでしょう。それは直線的なものではなく、多次元的なものになるでしょう。あなたのアイデンティティを発達させたり、守ったりする必要はありません。あなた自身だけで安全で、自分自身の内面で完全でしょう。あなたの新しいアイデンティティは表現したいと思うでしょう。あなたは拡張したいと望むでしょう。あなたは高く舞い上がりたいと思うでしょう、親愛なる友たちよ。

ミカエルは今日ここに来て、「アイデンティティのないこの期間、自分自身を信頼してください。自分を信頼するのです。今、前に踏み出してください。繭の中から歩み出てください。教師としての責任を担ってください。あなたの周り中にあなたの新しいアイデンティティが現れるとき、責任を担ってください」と言っています。

レッスン10: 「アイデンティティのない状態から新しいアイデンティティへ」。私達は、将来この新しいアイデンティティについて、「新しいエネルギー」でのあなたについて、もっとお話ししていきます。しかし、理解してください、親愛なる友たちよ、今のあなたが体験しているものをどうして体験しているのか理解してください。それは、シャーブラの旅の、あなたの後からついて来るすべての人達の旅のプロセスの一部なのです。

このレッスンの宿題は全く単純です。毎日やっているようなことです。鏡を見てください。鏡の中のあなたが思っていたあなたを見てください。鏡の中に映る顔を超えて見てみてください。鏡の中のエネルギーを過去を思い出させるものとして見てください。鏡の中に起きつつある変化を見てください。その変化は青虫が蝶に変化する前と似ています。あなたは大いなるプロセスを通り抜けているのだということを理解してください。

お別れの前に、もう一つあなた方を本当に混乱させるであろうことをお話ししておきます! それはこれからの多くの話の中でも課題となることです。「新しいエネルギー」は「古いエネルギー」を改良したようなものではありません。全然違うものです。あなたが「新しいエネルギー」の中に入って行くにつれて、あなたがあなたのアセンションの状態に責任を担うにつれて、このことはまたあなたの過去にそうであったアイデンティティを手放すようになるのです。あなたの過去生を手放すようになるのです。

ある意味で、あなた自身のエネルギー、あなた自身の魂のファミリーからあなたの過去生のアイデンティティが去って行くと言えるでしょう。それらはいつもあなたの一部であるでしょう。しかし、ある意味であなたは過去生のアイデンティティを自由にするということです。これらのあなたの諸側面(aspects)はそれから出て行って、それら自身の新しいアイデンティティを創るのです。このことは地球の領域では初期には(initially)起きないことです。あなたのこれらの諸側面が宇宙の別の場所に出て行ってそれら独自のアイデンティティを創り出し始めるのです。

宇宙のことを憶えていますか? 私達は前に今現在、そこにはあまり何もないということをお話ししました。あなた方は「新しいエネルギー」の新しい生命体のためにあなた方の宇宙と呼ばれるこの大きな広い空間を創り出したのです。あなたが新しいアイデンティティを持つとき、それは過去のあなたであったもののアイデンティティ、それぞれ個々の生涯のアイデンティティを手放します(そしてそれはそれよりもっと複雑ですが)。あなたはそれらを手放すのです。それから、それらは非物質的な形態で宇宙の別の場所に出て行き、それら自身の独立したアイデンティティを持つのです。

親愛なる友たちよ、あなた方は「新しいエネルギー」をまさに生み出したのです! あなたはあなた自身の生みの親なのです。それについて考えてみてください。このことを考えてみてください。恐らく今、私達が、「それはもうあなただけのことではないのです」と言うときの意味がより理解できることと思います。あなたはあなた自身の多くの子ども達の親であり、あなたが歩んだ生涯から彼らにアイデンティティを与え、そしてそれから彼らを自由にするのです。そうして彼らも出て行き、そしてあなたのような創造者にもなることができるのです。しかし、あなた方はこの種の生みの親になり、あるいはアイデンティティを創造しうる能力を持つ唯一の者達なのです。彼らが彼らだけで出て行き、発達できるよう、あなた方が送り出し、あなたが自由に解放したあなた方自身の諸側面は、それら自身の諸側面を解放するという点では同じタイプの創造者の能力を持つことはないでしょう。

これはすべて、大きな、壮大な絵のとても大きな部分であり、そして、あなた方はその真っ只中にいる創造者なのです。あなた方は今まで自分だと思っていたものを手放し、アイデンティティのない期間に入っているところなのです。それはあなたが本当のあなたを発展させることができるようにするためなのです。これがあなたの神性なのです。その過程において、あなたは自分の過去を手放します。あなたは自分の過去を生み、それでそれは出て行って、それ自身のアイデンティティを創造できるのです。とても興味深いことが起きているのです! でもあなたは自分が小さな世界に生きていると思っていたのです!

親愛なる友たちよ、あなた方と共に今日ここにいられたことはとても光栄なことでした。あなた方がここで私達と一緒の時の中で解放し、私達にあなた方を愛し、育くむのを許してくれたことは喜びでした。あなた方がしばし木陰で座し、あなたの友たちと過ごし、この休息をとったことは私達にも喜びです。あなた方はそれを必要としていました。あなた方は最近なかり疲れていました。あなた方は悲しみ、そして失望に満ちていました。それはあなた方が自分だと思っていたものを変えつつあるからなのです。

今日ここにやって来て、あなた方と共にいたことは私達にとって喜びでした。あなた方に「真理の剣」を手渡した者であるミカエルにとっても、あなた方を自由にし、もはや生徒でなく、今や教師としたことは喜びでした。彼はいつも友ではありますが、もはやあなた方の内の何人かの方が呼んでいたような「ボス」ではありません。

私達は、あと一月と数週間したら、このシリーズの最後のレッスンのために戻って来ます。その間にも多くのことがあなたに、あなた方の世界に起きることでしょう。

あなたは心から愛されていて、決して一人きりではないことを知っていてください。

And so it is! (そしてそういうことなのです!)

アセンション・シリーズ レッスン9: 「アセンションの空白状態 -あなたが“新しいエネルギー”を創り出している」 クリムゾン・サークル 2002年5月5日

アセンション・シリーズ レッスン9:
「アセンションの空白状態 -あなたが“新しいエネルギー”を創り出している」 
クリムゾン・サークル 2002年5月5日

 
トバイアス: そしてこのように、親愛なる友、親愛なる教師の皆さん、私達はあなた方と共に「新しいエネルギー」のこのサークルに集っています。ここにあなた方と共に再び戻って来られたことは喜びです。この場のエネルギーは愛といたわりに溢れています。思いやりに満たされ、あなた方の旅のエッセンスで一杯になっています。
中には、私達がやって来ることは、あなた方にエネルギーをもたらしてくれると思う人達もいるでしょうが、全く逆です。あなた方と共にいることで「私達」がエネルギーを与えられるのです。それは私達に与えているのです - どう言えば良いでしょうか - あなた方の雁(goose)が、私達のエーテル的存在中にぶつかっているようなものです。(聴衆 笑)

中には、あなた方の周りに、このステージの周りに来ている者達の色が見える人達もいるでしょうが、そういう人達は私達がこの聖なる寺院に入って来るにつれて、至る所キラキラと輝くのが見えるでしょう。聖なる寺院・・・それはシャーンブラ、あなた方教師達がここに創り出しているものです。あなた方がこのように集まるとき、あなた方は新しいエネルギーの寺院を創り出すのです。あなた方はあなた方の聖なる空間に私達が入るのを認めてくれました。あなた方の聖なる寺院の門に入ることを許可してくれました。

私達は、あなた方に敬意を表して靴を脱ぎます。カウルダーは・・・私達が足にそのような妙なものを履いているのはあまり好きではないので、私達が彼の靴を脱がせるのかと思っています。しかし、靴を脱いで、あなた方とこの場にいるときは、あなた方への敬意を示す私達の方法でもあります。私達はあなた方の「新しいエネルギー」の寺院へ招き入れて頂いて感謝しています。

親愛なる者達よ、ここにいられるということは何と光栄なことでしょう! あなた方のしていることを目にするのは何と光栄なことでしょう! 「新しいエネルギー」の中に最初に足を踏み入れる者になることは簡単なことではありません。今日はそのことをお話しします。「新しいエネルギー」が本当にどんなものかお話しします。しかし、あなた方と一緒にここにいることは何と光栄なことでしょう!

私達は、とてもたくさんの愛を送っています。それは言葉の中で運ばれる必要はありません。あなた方は私達が送り出しているものを感じますか? ここにあなた方が創り出しているものを感じますか、この部屋に座っている皆さん、巨大なインターネット網を通して繋がっている皆さん? あなた方が創り出しているものを!

ある意味で、私達はあなた方の写真を取っていると言うことができるでしょう。カウルダーは写真撮影は厳禁と言っているようですが!(含み笑) あなた方とこのように集まるとき、私達はある種のエネルギーの写真のようなものを撮っています。そして、ヴェールのこちら側の壁にこれらの写真を貼っています。私達は、このグループの、クリムゾン・サークルの写真を並べて貼っています。ここにいる一人一人の、あるいはこれを読んでいる一人一人の各人の写真を並べて貼っています。それから私達は・・・一年前、二年前と遡って比べています。あなた方の内側でとてつもない変化が起きたのがわかります。

あなた方もそれらの写真を見ることができます。ただ頼んでみてください。そうすれば、これらのすべてのエネルギーの写真が貼られているこの部屋にあなたを運んできましょう。夜、あなたの夢の中で、あるいは起きている時でさえ、あなたをここに運んでくるでしょう。二元性を手放すことを学ぶにつれて、車や飛行機に乗らずに旅することを学ぶようになるでしょう。そしてまた、あなた方もまた、この2、3年の短い間にあなた方の進歩した写真を見ることができるでしょう。

おお、何百、あるいは何千という生涯を経験した後では、2、3年というのは本当に短い間であることがあなた方にはわかりますか! その短い間にあなた方がしていることを見てください!

この部屋には、このレッスンにやって来た人達、招かれたゲスト、このサークルの周りに集まってきて、数多くの生涯で長い長い困難な道を乗り越えてきた人間達の小さな集団を見、賞賛し、感じている多くの者達のエネルギーに満ちています。

「イエス」という言葉を一月ほど前あなた方から聞きました。メタトロンがあなた方に「親愛なる者達よ、用意はできていますか?」と尋ねた時、「イエス」という言葉があなた方の魂から、あなた方の人間の自我や意識から聞きとれました。私達が「あなた方を抑えてきたそれらのものから自分自身を自由に解放する用意はできていますか?」と尋ねたとき、「イエス」という声があなた方から聞こえました。

本当に、その「イエス!」という言葉に自分自身の条項を加えた人達がいました。「イエス、スピリットよ、でもあなたは私にこれを与えなければなりません!」 そして、あなた方はわかりますか、親愛なる友たちよ、それは適切なことなのです! 私達は、あなた方が地上において必要なものを知りたいのです。あなたの自身の本質、あなたの魂もそれを聞く必要があります。

あなた方は何かものを求めることを恐れて来ました。あなた方は、スピリットの手桶には限りがあると思ってきました。スピリットのコンテナにはスープが非常にたくさんあるだけだと思ってきました! あなた方は地上の全人類に十分行き渡るかどうかはっきりと知りたいと思いました。それゆえに私達はあなた方を愛しているのです! しかし、それは底なしの皿のようなものなのです。皆に行き渡り、なお余りあるほどなのです。

あなた方の旅で何が必要か私達に知らせることは重要なことです。恐らく、私達は有形の物質ではお届けできません。しかし、それを私達のエネルギーと愛と共にそれをお届けすることはできます。

あなた方がものを求める時、それはあなた自身の魂が今何を必要か知る助けとなります。求めることを恐れないでください。親愛なる友たちよ、あなたが必要とする愛があれば、あなたが必要とする思いやりがあれば私達に知らせてください。そして、あなた自身にあなたが豊かさを必要としていることを知らせてください。

どれだけ、あるいは何時、あるいはどこでとか制限をつけないようにしてください。今、人間であることのこれらのもの、感情のこれらのもの、スピリットのこれらのものがあなたの人生の中に入ってくる時であるというヴァイブレーションをただ送り出してください。そうすれば、それらのものはあなたのもとへ運ばれてくるでしょう。それが「新しいエネルギー」での物理学の一つです。それはあなたのところへやって来るのです。

そして、メタトロンが「あなたは本当のあなたを見せる用意はできていますか? あなたの本質とあなたの神性を表現する用意はできていますか?」と尋ねたとき、「イエス」という答えが聞こえました。メタトロンが「あなたはあなたの神性を輝かせる用意はできていますか?」と尋ねたとき、「イエス」という声が聞き取れました。その秘密の、隠れたところに隠しておかないで、あなたの存在の内側と、その周り中でそれを輝かせてください。

あなた方が「あなたは自分が本当に何者かを知る用意はできていますか?」と尋ねられた時、「イエス」という声が - シャーンブラから一斉に聞き取れました。制約のあるこの人間の幻想ではなく、地球の転生のサイクルにとらわれている者の幻想ではなく、そうではなく、「あなたは神としての自分を知る用意ができていますか?」

あなた方が「故郷」を離れてから長い、長い時が過ぎました・・・しかし、本当は、そんなに長いわけではありません。王と女王と共に「王国」にいた者として、あなた方はいつの日か王座を継ぐことになっていました。あなた方はいつの日かそれを自らの存在の中に取り入れることになっていました。それが、メタトロンが「あなたは自分が玉座を継ぐものであると知る用意はできていますか?」と問いかけた理由です。

このことにはたくさんの含意があって、今からそのことについてお話をしていきます。しかし、今は自分自身の生得の権利によって、大いなるすべて(All That Is)となお一致しながらも、しかし今、独立したアイデンティティとして神の自己になる時です。「あなたは自分が何者であるかを知る用意はできていますか?」

「あなたは『薔薇の果実』を受け取る用意はできていますか?」 そして、私達には、「イエス、でもそれは何なのかについては少し混乱しています!」という声を聞きました(聴衆 笑)。これは、あなたが何者であるかということを、あなたの神性を所持することなのです。まだその体験があなたの人生にやって来ていない前であっても、それらのすべての解決法を既に創り出しているというノウイングネス(知っている状態)でもあります。「薔薇の果実」はあなた方の神性なのです。

「それを受け取る用意はできていますか?」と私達が問いかけたとき、あなた方は地球中に、またあなた方の個々のハートの中で、「はい、メタトロン! はい、スピリット、そしてはい、トバイアス! 用意はできています。でも一体どうして、私達はこんなにも多くの困難を通り抜けてきたとあなた方は思いますか(聴衆 笑)? どうして、これらの問いを問いかける必要があると思うのですか? それに対して私達はもう何度も何度も答えませんでしたか?」と答えてきました。しかし、メタトロンは再度問いかけました。というのは、今はとてもそのことに適切な時だからです。

私達は、「あなたは他の人達に彼らの空間を与え、彼らが彼ら自身の旅路にあることを理解する用意はできていますか?」と問いかけました。適切な時が来れば、彼らはあなた方のところへやって来るでしょう。しかし、それまでの間は、あなた方がそうしてきたように、彼らにそのゲームをし、彼らの魂を自ら高め、体験し、成長させるのを許してください。

親愛なる者達よ、私達が、「あなたは自分自身を愛する用意はできていますか?」と問いかけたとき、「たぶん・・・恐らく(聴衆 笑)」という答えが世界中の至る所から聞こえて来ました。これは、あなた方の内側のとても深い部分に関ることなので、最も答えるのが難しいことだったでしょう。この問いは、あなた方自身の価値についてこれから幾晩も幾晩も幾晩もいろいろ考えさせることになったでしょう。

「あなたは自分自身を愛する用意はできていますか?」 あなたは夢の中で、あるいは起きている状態のときでさえも、あなたが過去にしてきたことを垣間見たことでしょう。そこには、裏切り、殺人、病気、力の乱用、堕落がありました。あなた方は二元性のエネルギーの中ですべてのこのようなものを創造してきました。そしてそれから、それらのために自分自身を裁いてきたのです。

「親愛なる者達よ、今、あなた方は自分自身を愛する用意はできていますか? このことはすべて体験についてのものだったと理解する用意はできていますか?」 あなた方は、生涯から生涯に渡って一生懸命働き、経験を積んできたのです! もはや、経験の叡智以外には過去からの何にもしがみつく理由はありません。スピリットやメタトロン、他のすべての存在が裁くということはありません。罪がどんなものかも知りません。あなた方の呼ぶカルマというものについてさえも知りません。なぜなら、それはあなた方が自分自身の上に据えたものだからです。今、あなた方に問いかけます。「親愛なる者達よ、あなたは自分自身を切に、心の奥底から愛する用意はできていますか?」

あなた方は自分自身を愛することに対しては何か間違ったことのように、自己陶酔、あるいは倒錯的なもののように教えられてきました。しかし、親愛なる友たちよ、それはあなたができることの中で最も神聖なことなのです! あなたであるすべてを愛し、そしてあなたのすべての経験があなたをこの叡智の時に運んできたことを理解してください。

親愛なる者達よ、メタトロンはまた次のように問いかけました。「あなたは二元性の幻想を解き放つ用意はできていますか? たとえ何がその代わりにやって来るのかあまりよくわからなくても、手放す用意はできていますか?」 ああ、それは大変な挑戦です。それで、あなた方のとても多くの人達が、「私はそれを手放す用意ができています。しかしその近くにい過ぎて、それがそこにあるのかさえもわかりません」と言いました。そして、「二元性はとても私である者の生まれつきの一部のようになっているので、それをどう手放すのかわかりません」と言いました。しかし、その「イエス」という声はあなたのハートから、あなたの本質から、そしてあなたの口から出てきてすべてに聞こえるよう表現されたこの「イエス」・・・この「イエス」は二元性を解き放つのを助けるエネルギーをセットアップするのです。

あなた方はまだ、あなた方が何に移行しているのか、この「新しいエネルギー」というものがどういうものかわかりません。いまだ、謎のようであり、捕まえどころがありません。今の時点では理解できません。しかしそれはやって来ます。私達はそれについてこのレッスンでお話ししていきます。

メタトロンが風の話し、火について、雨について、地球の轟きについて話した時、本当に、あなた方が新聞などで読むようになることなどについて話していたのです。そして、それはあなた方自身についてのメッセージをあなた方に伝えてもいたのです。

「あなたはあなたの肉体を通り抜け一掃する火のための用意はできていますか?」 この火は流感として知っているかもしれません。皮膚の炎症として知っているかもしれません。突然の体のほてりとして知っているかもしれません。これらのものは内部の浄化からやって来るのです。現在、あなたのエネルギー的存在の深い、深い各レベルで多くの軋轢が起きているからなのです。その軋轢は熱の原因となり、内なる火を引き起こします。これらの火が内側の存在を浄化し、古い傷跡を浄化します。あなた方の森の中では倒された木々があります。あなた自身の存在の内部でもほぼ同様のことがあるのです。今浄化される必要がある多くのものがあるのです。この内なる炎がその解放を助けます。

そして、やって来る地震・・・本当に、メタトロンはあなた方の内側で起こってくる揺れ、がたつきについて、体の疼きや痛みについても話していました。あなたのDNAそのものが、あなた自身によって今現在変化させられているのです。本当に、私達は夜、あなた方のそばにいるのです。あなたの周りにいて、これを和らげる効果をもたらす助けをしています。あなたはあなた自身のDNAの構造、あなた自身の分子、あなた自身の原子レベルの存在を変化させているのです。あなた方は内側で変化しつつあり、それが地震のようなものを引き起こすようになるのです。

あなた方は過去からのエネルギー的なインプリント(刷り込み)を細胞組織、骨、体中のあらゆるところに持っています。それで、それらのインプリントを内側から解放するために時々地震のようなものを必要とするのです。それが起きる時、私達のところにやって来て、「メタトロン、トバイアス、どうしてこんなことを私にしたのですか? なぜ体が痛むのですか?」と言わないようにしてください。親愛なる者よ、それは解放しているからなのです。それが、それに伴うプロセスであり、流れであることを理解してください。

そしてやって来る水・・・その水・・・これらのものは涙です。これらのものはあなたのハートの涙です。確かに、古いエネルギー、あなた方が本当に長い、長い間、故郷と呼んできた二元性のエネルギーを去ることについては哀しみがあるからです。あなたのハートの涙は過去の感情的な残留物を洗い流す助けとなります。それは古いものを浄化、新しいものに本当にあなたが移っていけるようにさせているのです。

ああ、そして風です。内なる風です。親愛なる友よ、あなた方は今現在とても速く変化しているので、内なる風が吹くのも当然なのです! 時速100マイルで走っている車の窓から頭を出したことがありますか? 吹き飛ばされそうに感じられるでしょう。それは今あなた方がしていることとよく似ています。あなた方がとても急速に「新しいエネルギー」の中に移行しているので、それはある種の内なる風を引き起こしているのです。そして、その風もまた浄化し、解放します。時にはその風は、和らげさせながらあなたの存在全体に渡って吹くベルベットのはけのようでしょう。また、別の時には、ハリケーンや竜巻きのように轟々と吹き荒れることでしょう。

あなた方がこの「新しいエネルギー」と呼ばれるものの中に移行していくとき、このようなすべてのものが内側で起きるでしょう。前回の集まりでメタトロンが話したことの大部分はあなた方についてのことでした。あなた方についてのことだったのです。

私達はまた、それらのことが、あなた方の外側の世界でも起きるのを見るでしょう。あなたが自分の意識を変化させているときでさえも、そのことは他の人々の意識を変えるのを助けているのです。たとえ、あなたが一日中、あまり他の人達と関わらないで机に向かって座っていても、あなたの内なる意識の変化はあなたの周りの他の人に影響を与えているのです。彼らもまた、あなた方が辿ってきたのとほぼ同様のプロセスを通り抜けているのです。彼らのものはあなたという導く教師を得るでしょうから、幾らかは楽なものになるでしょう。彼らは適切な時にあなたのところにやって来るでしょう。

メタトロンのエネルギーは地上にしっかりと存在しています。これがやって来るためにはしばらくの時間がかかりました。メタトロンがそのエネルギーを調整するためにはしばらくかかりました。そしてあなた方がそれを吸収できるようになるのにはしばらくかかりました。しかし、今はこのエネルギーはここにしっかりと根付いています。もうメッセンジャーが送られる必要はありません。以前私達が持っていたような、フィルターやバリアは必要としなくなりました。

親愛なる者達よ、メタトロンは「あなた方」なのです。メタトロンは「新しいエネルギー」の中に移行しつつある人達の集合的エネルギーなのです。メタトロンの中にあなた方自身の反映を見ることができるでしょう。あなた方自身が何者であるかの輝きです。あなた方の神性です。彼自身を「スピリットの中のあなた方の声です」と紹介したメタトロンは、多くの、多くの理由により、今まで地球レベルでは統合できなかったあなた方の一部分なのです。メタトロンは今まで二元性にはやって来ることができなかった神性の意識です。そして今、このメタトロンの、あなた方の、そしてあなた方の神性のエネルギーがここにしっかりと据えられています。

一月前、このメタトロンの意識があなた方に話す機会を得たことは喜ばしいことでした。彼の意識はこれからも語りかけ続けるでしょうが、この中にあなた自身を認識してください。メタトロンのこの声の中にシャーンブラを認識してください。メタトロンはこれからもあなた方とワークし続けていくでしょう。

今、本当に、今日このレッスンに特別のゲストがやって来ています。彼は最近になって、折にふれ、適切な時のために少しずつやって来るようになっていました。今日はお祝いのためと、あなた方に「新しいエネルギー」の中への旅の例を示すためにやって来ました。

今日やって来ている者は私達の最近のディスカッションの時にも訪問者でした。それは、ゴータマの、仏陀の、シッダールタのエネルギーです。彼は、特に「覚醒した者」 - 仏陀という言葉の本当のエッセンス、「覚醒した者」など、多くの名で知られています。ゴータマは今存在しています。特に1年のうちで今の時、あなた方の暦で5月、親愛なる仏陀が菩提樹の下で覚醒を得たと考えられていたこの時に。

ゴータマは私達が「地球の新しいエネルギー」についてお話しする今日のこの時に私達と共にいるためにやって来ました。ゴータマのエネルギーはあなた方すべての間に存在しています。この流れるような、滑らかな黄金のエネルギーがあらゆる色で煌めき、しかし、黄金の鮮やかさに満ちて出たり入ったりしているのを感じてください。

私達は最近の集まりで何度もゴータマを招待してきました。本当に私達が、変化する真実の、進化する真実の話をした時も、ソルト・レイクの地に彼を連れて行きました。一つの静止した真実はありません。真実は、それぞれの瞬間と意識の変化の中で進化していくのです。

私達が壁に貼ったあなた方の写真を見てください。2年前にはあなた方は真実を知っていました。今あなた方が知っている真実は今はもう別のものになっています。あなた方は進歩し、より賢くなっています。

ソルト・レイクのそばのこの地(トバイアス・セミナー、3月30日「真実とは何か」)にゴータマを連れて行ったのは、あなた方に真実は進化し、変化していくことを伝えるためでした。あなたの生、あなたの真実は今日のものからさえ変化していくでしょう。今から1週間と1日前、ゴータマはニューヨーク(トバイアス・セミナー、4月27日、ウェサク祭)に寺院、彼のために用意された寺院、聖域にやって来ました。彼のエネルギーはその時そこにいたすべての人々と共に存在していました。

シッダールタが至った認識の話をするのに、彼のエネルギーがその場にいるということは重要なことでした。それは彼がその生涯では得ることのできなかった成就でした。彼はそれを理解していました。彼はそれをマインドの中で理解していましたし、そのヴァイブレーション(波動)を彼の本質の中で感じました。しかし、彼の生きていた時代のエネルギーはそれを可能とさせなかったので、当時彼はその意識の中にいることはできなかったのです。彼は1週間と1日前に、「創造の空間(void)」に入ることついてのメッセージを伝えるために、とても多くのことを通り抜けてきたニューヨークへやって来ました。そして、彼は今日そのことについてもっと、私、トバイアス、そしてカウルダーを通してお話しします。

それでは、アセンション・シリーズのレッスン9を進める前に、親愛なる友たちよ、少し間をとりたいと思います。呼吸をするようお願いします。私達はこの神聖な寺院のエネルギーを調整します。

ゴータマは微笑んでいます。というのもあなた方もその道を歩む者達であることを知っているからです。あなた方は、真実を追求し、内なる答えを求める探究者です。仏陀と同じように、あなた方もその道の途中でいかなる真実にも安住しません。あなた方は、歩みをやめ、一か所に留まり、「これが真実だ。もう先へ行くことはない」と言うことはしません。あなた方も仏陀なのです・・・あなた方は覚者なのです。

一つ短いお話をします(トバイアス 笑)。カウルダー(ジェフリー・ホップ)も笑っています。私の話が面白いと彼は思っていますから。しかし、本当に私はトバイアスであった人生で文字通り、ゴータマ、仏陀に会っているのです。私が商人トバイアスであった時、はるか遠いところまで広く王様のために買い付けに出かけました。恐らく、私の旅のうちのいくつかは、王様が喜んだものよりもより少し長いものになりましたが。

私は、ゴータマが教えを伝えているその地域に引き付けられました。私が買い付けをしている場所からそう遠くない村に彼がいるという話を聞いて、私は彼の話を聞きに行きました。その時私はまだかなり若かったのです。彼は、老年期になっていました。私は座って彼の話を聞きました。

その頃、私はかなり強い信念を持った、それでも常に探究心旺盛な、常に調べようとする意志を持った一人のユダヤ人でした。自分の信念をしっかりと保持してはいましたが他の人達が話さなければならなかったことを聞くことはいつも好きでした。その日、ゴータマの話を聞き、彼の表情の中の平安、その周り中の神的な存在感を見たとき、それは私の考え方の多くを変えました。

彼の話を何時間も聞いて、その後少しの間、彼と話を交わす喜びに恵まれました。彼の口から多くが語られたわけではありませんが、それでも彼のハートからは多くのエネルギーが溢れて来ました。そして、私は彼に尋ねたのです。「悟りを得た人、王子仏陀よ、あなたの見出した真実を話してください。私も知るべきことは何だと思いますか?」

仏陀は突然笑い出し、そして言いました。「どうして私が真理を見つけたと思うのですか?」 私は答えました。「親愛なる仏陀よ、皆があなたが覚者だと言っているからです。あなたは賢者と言われています」

再び彼は笑って言いました。「真実というものは常に進化しています。決して見つけられるというものではありません。ただそれに関っているに違いないあるエネルギーに気付くだけです。あなたが真理を見出したと思ったとき、それは次の段階に行く時なのです。それは、次のレベルの真実を探し求める時なのです」 彼は続けて言いました。「あなたはどうして私が、私の知っているすべてを教えずに、一つの場所に留まることに満足せずにこれらの多くの道を村から村へと歩き続けていると思いますか?」

「しかし、」と彼は言いました。「私はそれぞれの人に神性なものは内にあると、悟りは内にあると教えています。他の人や他の場所にそれを見つけることは決してできないでしょう」 そして、哀しみが彼を襲いました。彼は言いました。「親愛なるトバイアス、それが私のメッセージなのですが、それにも関わらず、ほとんどの人は耳を貸そうとしないのを知っていますか? 彼らは奇跡を見たいのです」 そして続けて言いました。「私は、いくつかの奇跡をやって見せることはできます。しかし、それらはトリックなのです。ある意味で、ひょっとしたら、奇跡でしょう。しかし、私はそれをやらないようにしています。そんなことにエネルギーを注ぎたくないですから。彼らは奇跡を求めていて、それが内側にあることを聞こうとしません。彼らは救い主を求めているのです。私は彼らの救い主になることはできません。それで私の拡張した真実を探し求め続けています。私は内なる神性のメッセージがいくつかの耳に届くよう望んでいるだけです」

私がゴータマに会った時の生涯は、それはとてつもない衝撃を受けました。今日ここにゴータマの存在を迎え、あなた方とエネルギー的に共にいて、そしてまたあなた方が何者かについて何がしかを明らかにすることが私にとってどんなに喜びであるかわかりますか?

ゴータマは王族の出身で、王子でした。まさにそこでこれはあなた方に何かを物語っているはずです・・・王子であって、王そして女王にとなる「王国」、王族に生まれたという事実に。そして、いつの日か王位を継ぐことになっていました。この物語には偶然はありません!

彼の両親や家族は、彼がどこか変わっていることを知っていました。このことに、親近感を感じませんか、親愛なる友たちよ? 彼らは彼が悟りの道、困難な旅を追い求めることから遠ざけようとしました。多くのやり方で彼を甘やかせるようにしました。困難なことに出会わないよう、人間の旅の試練に出会わないように多くの方法で保護しました。しかし何か、外側を探究したい、内なる自分は何者かを理解する助けとしたいと望むものがありました。これに親近感を感じませんか、シャーンブラの皆さん?

それで、ゴータマは周りの人達を満足させようと努力しました。彼は、とても若い年令で、ほんの16歳で結婚しました。彼はそうするよう期待されていたので結婚したのです。これは、他の人々が彼に置いたエネルギーでした。2、3年のうちに彼と彼の妻の間にひとりの子供が生まれました。

そして、彼はどうしたでしょう? 彼はどうしたでしょうか? 彼は去って行きました。彼は人生に幻滅しました。彼は自分が生きていた王族の世界を捨ててしまいました。ああ、もし彼が今の時代に生きていたら新聞にどう書かれるか想像できますか? 「父親が家族を放棄!」 あるいは、「身勝手な旅へ出るために王子が家族を見捨てる」でしょう。

しかし、ゴータマは彼自身の真実、彼自身の神性を探さなくてはならなかったのです。彼は王家の家族を捨て、貧困の誓いをたてました。このことに親しみを感じませんか、親愛なる友たちよ? 彼は純潔の誓いを立てました。彼は見かけを変え、身分をわからないように変えたのです、親愛なるシャーンブラよ。

ゴータマは彼の肉体と、彼の人間的なことは適切ではないと感じました。それらは、彼を抑止し、本当の自分を知ることから遠ざけているように思いました。それで、彼は自分の肉体を食事もろくに取らず、栄養もとらずに痛めつけました。自分のハートの歌に従おうとせず、自分自身を否定しようとしました。真実を探すためにそうしたのです。このことに親近感を感じませんか、親愛なるシャーンブラ?

彼は、自分の知っているすべての人々との人間関係から去りました。その道程で 多くの肉体的、感情的な困難を耐え忍びました。そして、教師、偉大な、賢明な教師と共に学ぶために出かけていきました。親愛なる者達よ、彼は自分の存在をすっかり空にすれば、自分が何者かわかるようになるだろうと「無(no-thing)」の術を学びました。彼はこの手放すことのマスターと共に、一生懸命長い間学びました。

ゴータマはここで今、彼のしていたことは、もう一つ別のレベルの否定であったと言っています。彼はマインドが働き、ヴァイブレーション(波動)とエネルギーを出たり入ったりさせる能力を否定していました。彼は学びの中で、どのようにマインドをブロックし、どのようにエネルギーの流れを止めるかについて教えられました。彼はこれを自分の肉体のレベルでも行いました。彼は愛の体を否定したのです。

本当に、これをすることによって彼は多くを学びました。彼は苦痛がそんなに楽しいものではないことを学びました! 体やマインドがそのような深い否定のレベルにあるとき、たくさんの変性状態のトリップがあることを学びました。しかし、その変性状態のトリップは生きることや現実に基づいていないことも学びました。それらもまた幻想だったのです。愛の本質、スピリットの本質、そして真実の本質をもたらすことはなかったのです。

ゴータマはこの深いレベルの否定で「楽しみ」ました・・・その時、栄養を全く取らなかったので、髪は抜け落ち・・・足の爪は文字通り抜け落ちました。彼は自分の肉体を愛していなかったのです。彼はそれを否定していました。そして、彼の骨がもろくなった時、この否定、この「無」についてもっと多くのことを学びました。

ある日ゴータマの内なる声がこれは彼の探し求めていた真実ではないと気付きました。それは一つの側面に過ぎなかったのです。それで、そこから去り、それから旅を続けました。深いレベルの瞑想を続けました。儀式を続けました。そのようなあらゆる実践を続けました。ある意味で、これらのことが彼を駆り立てるのを助けていました。これらのことは低い状態を創り出しました。ああ、本当に、ゴータマは、抑うつ、恐れ、不安を経験しました。しかし、彼は本当にしていたことは、最終的には新しい悟りのレベルに至る低い状態を創り出していたのです。

そして、旅の途中でもうひとりの先生のことを聞きました。この新しい賢者の教えは真実で深いものがあるように思えました。それで、その2番目のマスターのもとへ訓練を受けるために行きました。その2番目の師は彼に無知覚の術を教えました。彼はすべてのものは単に幻想に過ぎないという術を教えました。

ゴータマはその学びが好きでした。このマインドのゲームが、何の知覚も持たず、どんな幻想も持たず、すべてのものを手放すというそのゲームが。ある意味で、その前に学んだ否定とは対照的なものでした。しかし、すぐその「無知覚」も単なるもう一つ別の否定に過ぎないことを学びました。すべてのものが幻想と呼ばれ、何も戻って来ないなら、あなたが体験している「今」を否定するなら・・・これは、別の形の否定に過ぎません。それに親近感を感じませんか、シャーンブラの皆さん?

ゴータマは2番目の先生のところも、彼が本当に探し求めていた答えと真実を見つけることができず、深い失意のうちに去って行きました。ある時点で、生の否定、閉塞であり、「今」を生きていないことに・・・それらは真実でないことに気付きました。彼は食事を再び取り、自分の体に必要なエネルギーを与え始めるようになりました。ある程度豊かな生活に戻りました。彼は、豊かさがないというのは苦痛を生じさせるのみだと気がつきました。

この新しい叡智により、彼は、理解の・・・各エネルギーの・・・豊かさの・・・体に栄養を与える、マインドを通した流れを許すバランスを得ました。彼は「今」の世界に戻り、家族であった人達、友人であった人達との関係を取り戻しました。

ゴータマが今日、あなた方に言っていることがわかりますか、親愛なる友たちよ? 否定からくる痛みや苦しみに耐えた後、彼はその生涯で大きな悟りを得ました。その木の下で座っている間にゴータマは自分が本当にスピリットであることに、一人の人間として表現していながらも・・・スピリットであることに気付いたのです。

彼がこのことに内側の一番深いレベルで理解した時、他の人々は彼の顔、彼の表情でそれがわかりました。彼らは彼の後をついて行き始めました。彼の持っているものが欲しかったのです。彼は、追従者に何度も言いました。「それはあなたの内にあるのです。確かに私は私の経験した智慧を提供することはできますが、旅はあなた方自身のものです」 彼はこのついて来ることをあまり好きではなかったのですが、彼らはそれが好きだったのです。彼らはそれが好きだったのです。

さて、この「覚者」については多くの本が書かれてきました。彼を称えて多くの寺院が建てられてきました。世界中の人々が彼の旅、彼の学んだことについて語っています。彼は一つのことを言うために今日ここへやって来ました。このいわゆる悟り、このいわゆる神性の理解については・・・彼は自分の生涯の中では完全には把握できなかったということを。しかし、シャーブラであるあなた方はこの生涯でそれが可能であることを。私達はそれがどういう意味か話していきます。

エネルギーについて、それがどう働くかについて、二元性について少しお話ししたいと思います。高いところ、そして低いところについてもお話しします。それからまた、あなたが今歩み入りつつある「地球の新しいエネルギー」についてもお話ししたいと思います。このシリーズの残りのレッスンの中で、新しいエネルギーについて、そして、あなた方の周りで何が本当に起きているかについてお話ししていきます。

二元性はあなた方にとって自分自身を見る、鏡の中の反対のものを見る方法の一つでした。あなた方は「一つのもの」、「王国」から来ましたが、そこにはただ「一つのもの」しかありませんでした。あなた方が「故郷」を去ったとき、「第一サークル」を去ったとき、親愛なる友たちよ、二元性の最初のエネルギーがやって来ました。その時初めてあなた方は鏡の中に自分自身を見ることができるようになりました。二元性 - 2つの対極のものです。二つのリアリティです。

このとき、あなた方は自分自身のアイデンティティを最初に持ち始めました。それまでは、あなた方は「王国」の中に、ワンネスの中に住む単に一つのものでした。今度はあなた方は自分自身のアイデンティティを発達させ始めています。この王子としての、ジャックとしてのあなた方のアイデンティティは水の流れの中の岩のようなものでした。私達がこの岩について最近お話ししました。それは岩のようなものだったのです。それは水がその流れを乱す原因となりました。

「王国」にいる間はエネルギーの流れは単一の流れでした。今や、あなた方の新しいアイデンティティは、神性のエネルギーの流れの中にある岩のようでした。水の中に岩を置くとき、それは乱流をもたらせます。それは流れを分かれさせます。ある流れは岩を乗り越え、ある流れは岩の横を回り込み、そして岩の後ろには渦巻きができます。ある意味では、二元性とはそのようなものです。「王国」の外側でのあなたのアイデンティティの感覚はエネルギーの流れの中にある岩のように存在しているのです。これらはすベて適切なものです。すべて適切なのです。親愛なる王子そして王女よ、あなた方にとって、それは本当のあなたが何者なのかについて新たな理解を発展させていく上で助けになっているのです。

二元性のエネルギーは、ある意味で、岩の後ろにできる波のようなものです。その波には、高いところ、低いところ、上がり下がりがあります。二元性はエネルギーの波のようなものなのです。あなた方はこの波がどのように描かれるか - エネルギーの波が上り下がり、また上がり、また下がるのを見てきました。

あなた方が「火の壁」をくぐり抜けてきたとき - このことを議論したい人もいると思いますが - あなた方と共にあるエネルギーの全体量は有限でした。あなた方が「故郷」を去ったとき、残っていたのは有限の量のエネルギーしかありませんでした。しかし、有限ではありますが、その量はとてつもないものです! 人間としてあなた方は、そのエネルギーが無くなる心配をする必要はありません。しかし、「第一サークル」の外側にあるすべてのものは、有限のエネルギーでできています。

時の経過の中で、あなた方が地球に来る前からでさえ、二元性のエネルギーは互いに競い合っていました。光は闇と競い合い。右は左と、男性性は女性性と。そして、ある意味で、両者はダンスをしていたようなものです。時には、この二つはエネルギーをシフトさせる方法として互いに衝突しましたが、決して新しいエネルギーを創り出すことはありませんでした。これらの二元性のエネルギーは光と闇のバランスを変えていくようになりましたが、その内にあるエネルギーの量は決して変わりませんでした。二元性は単に互いに対立する二つのエネルギーです。時には一緒になり、時には役目を交代し、時には新しい顔、新しいマスクをつけます。しかし、そのエネルギーの全体量、合計は決して変わりません。

さて、あなた方の人生では、高いところがあり、低いところがあります。これらは通り抜けていく二元性の波なのです。あなた方はそれらをいろいろな異なったレベルで体験します。感情的にも、身体的にも、そして霊的にさえも、高いところを体験し、低いところを体験します。人間としては、あなた方は低いところを脱し、高いところだけを体験しようとします。

低いところにあるのも適切なことなのです。あなたの人生を振り返ってみてください。あなたが最も大きな洞察を得、最も大きな理解を得たのは、あなたの人生の最も試練の時、低いところにある時ではなかったでしょうか? でもあなたはまたとんでもないと、その低いところから抜け出たいと一番望みました!(聴衆 笑) そこから出るためにはどんなことでもしようとしました! その低い中では満足していなかったのです。

それはゴータマにとっても、否定の期間を通り抜ける間、同じでした。彼は、肉体的にも精神的にも低い中でも一番低いところにいました。しかし、それでもこのことが彼に進み続けていくエネルギーとモーチベーションを与えました。

二元性の中では、低いところを体験することは - 何と言うか - 高みへ導くローラーコースターのような効果を与えます。高いところにいるという期間は、低いところで得た悟りや叡智を確かにする時です。そこはあなた方が新たな叡智をより明確で、水晶のように明晰な形へともたらせるところなのです。

しかし、親愛なるシャーンブラの皆さん、その高みの頂点に至ると何が起きるか知っていますか? あなた方はまた、別の新しいローラーコースターの体験を望むのです! それで、あなたは自分自身が低いところへ戻るのを許すのです。この中にいる自分自身が見えますか? 低みにあることは叡智への潜在的可能性を引き出し、前進し続けるというモーチベーションを得るのを助けるのです。それからあなたは、それらをあなた自身の高みの状態にもたらし、そしてある意味で、次の新しいローラーコースターに乗る前にそれらをそこへつなぎ止めるのです。

その低みを避けようとすることはむしろ害になります。それが、私達が「今」に生きることに覆いをするような精神に作用する薬の使用に反対した理由です。ああ、低いところです! それらはとても貴重なものでした。それがあなた方の旅のそのような部分であり、また同様にゴータマにとってもそうでした。そういう具合に二元性は働いたのです。あなた方の非常に多くの方がこれらの低みを恐れているのは良くわかります。あなた方はその低みをひどく嫌っています。これらの中にいたくないと思っています。あなた方はそれらに対して何か間違ったところがあるのではないかと思っていますが、それらは二元性の自然な一部なのです。その高いところ、低いところのある波があなた方をここまで運んできたのです。

さて、でもその波は決して「新しいエネルギー」を生み出すことはありませんでした。単にそれまでにあったエネルギーについて新たな理解を得たに過ぎませんでした。今、メタトロンの言っていた「新しいエネルギー」に入る時が来たのです。今、あなた方はその中に入りつつあるのです。それはもう高みと、低みのある波のようではありません。

「新しいエネルギー」を言葉で述べるのは難しいことです。本当は、今日私達がお話しすることでさえ後には進化して変わっていくのです。古いエネルギーというのはひとつの方向に進む高低に関わる直線的な波でした。「新しいエネルギー」はそれに横方向に進むもう一つの波が加わったようなものです。それは、二元性の古い波と織り交ざるのです - 依然として上そして下へというように進みますが、新しい波は横方向に、左右に進むのです。これらの波はお互いに交差するのです。

さて、このことについてはもっとより多くのことをお話ししていくつもりです。しかし、それは二元性が破壊されたり否定されたりするということではありません。それは拡張されるのです。あなた方は「2」から「4」へと移行していくのです。「新しいエネルギー」では、上昇と下降、そしてまた横から横への4つの波のパターンとなるのがわかるようになるでしょう。それらはお互いに混ざり合い、お互いに交差するのです。これが、下という認識を変えるのです。というのは、そのそばを流れる新しいバランスをとる波があるからです。これが「新しいエネルギー」なのです。まだ二元性の本質は含むのですが、それに全く新しい次元を持つのです。

1週間と1日前に、「アセンションの空白」ということをお話ししました。私達はこのエネルギーをニューヨークシティに据えました。そこは世界貿易センターからの広い空所があるところです。このビルは二元性を表わしていました。おお、そのことについて私達は1年弱前に語りました。壁が崩れ落ちるだろうと言いました。私達はこれを文字通り、そして比喩的にも言ったのです。そして、本当に二つのビルに表わされる二元性の壁が崩壊しました。

1年弱前に、ここがその特定の場所になるだろうとわかっていたわけではありません。しかし、そのためのエネルギーが準備できていることは知っていました。他のビルでもあり得たのです。施設のようなものでもあり得ました。政府でもあり得ました。ある意味で、あなた方が人間として、あなた方の自由のシンボルである、自由の女神の隣のその二元性のシンボルを選択したのです。あなた方は自由のエネルギーが二元性のエネルギーを解放する手助けをしたとは思いませんか?

さて、この建物が崩壊し、残骸が今のように片付けられ、そこには空所が残っています。穴以外には何もありません。でも、今はそこに何かを再び建てる時ではありません。その空所はそのままにしておいてください。おお、確かにそこへ記念碑や公園を置くのが適切なのかも知れません。それでも、しばらく、今少しの間は、そこを空所のまま残しておくのが最良です。

このことがあなたの人生でどのように関係があるのでしょうか? これが「新しいエネルギー」とどんな関係があるのでしょうか? また、今日のゲストであるゴータマと関係あるのでしょうか? それは単純です。あなた方が「新しいエネルギー」に移っていき、そして人生の中に体験が現れ、疑問が人生にやって来たなら、試練が来たなら、少しの間その「空白(void)」に入っていてください。あなた方が、もし、非常に差し迫った疑問を持ったとき、私達には聞ないでください。自分でもその空白を埋めようとさえしないでください。

おお、人間にはそういう習癖があります。何かを手放す用意ができたとき、手放す前に新しいものへの答えがどういうものか知りたがります。「新しいエネルギー」ではそのようには働かないのです。まず空白に入ってください。私達が「空白」と言っているのは、しばらくの間、あなた方はそれをただそのままにするのを許すからです。

それをあなた方の人生の中で考えてみましょう。ひょっとしたら、それは仕事についてかも知れません。あなたの足元から仕事が取り去られたかも知れません。すぐ別の仕事を見つけたくなる傾向があるのです。それを置き換えたいという人間の強い習癖があるのです。あなたは請求書が積み上がり、預金がなくなっていくのを見るでしょう。あなたは叫んで言うでしょう。「私には別の仕事が必要だ」と。

それよりも、空白、アセンションの空白の中に入ってください。あなた方の人生にはいろいろな課題があります - ごく最近も豊かさについてのセミナー(ハイアー・ラーニング・シリーズ)でとてもたくさんのそのようなものを見ました。私達はカウルダーに静かな落ち着いたところにいて、答えをスピリットに求めないように話すよう頼みました。そして、自分でも答えをこしらえようとしないように。それよりも、しばらくの間、空白の内にいてください。

これは、しばらくの間、目先の問題や疑問を横にどけておくようにということです。なぜかと言いますと、あなた方がそれを置き換えようとすると、その場で解決しようとすると、二元性の考えで解決しようとしてしまうからです。「古いエネルギー」の中で解決しようとするからです。それがこのような試練であろうが、疑問であろうが、それを横に置いておいてください。

「新しいエネルギー」の中に存在する、あなた自身の神性が解決をもたらしてくれることでしょう。それがメタトロンが話した、既にそこにあるものである解決法です。しかし、それは「古いエネルギー」の中にはなく「新しいエネルギー」の中に存在しているのです。それがあなたの神性があなたの中で、あなたを通してその答えをもたらすことを可能にさせるのです。そうするとあなたは「ああ、そうなのか!」という時、ノウイングネス(知っている状態)を得るでしょう。それが私達がお話した「アー」であり、悟りなのです。

しかし、「古いもの」を手放したとき、「古いもの」を解き放ってまだそれを他のもので置き換えないとき、少しの間、この「アセンションの空白」があるのです。それは底知れぬ深みではありません。闇でもありません。二元性の低みでもありません。それはただ神性の時のために、空白の中に入るためにそれを脇に置くだけです。

ここで起きることは、親愛なる友たちよ、奇跡なのです。それは奇跡なのです。それを脇にどけておくとき、あなたは「薔薇の果実」に神性の解決をもたらさせるのです。あなたがこれを起こさせるとき、何か貴重なもの、何か成就のようなものが起きるのです。それはゴータマでさえその生涯で気付かなかったことです。あなたがあなたの神性にその解決を見出させると新しいエネルギーが創り出されます。新しいエネルギーが。

私達は前に、あなた方が「故郷」を、「王国」を離れた時、あなた方と一緒に有限のエネルギーがついてきたと言いました。「第一サークル」の外側では、かつて新しいエネルギーが創り出されたことはありませんでした。あなた方は存在するエネルギーの母体を単に変え、変容させてきただけなのです。あなた方にこの「第二サークル」のすべてのものが行き詰まりに至ったことについてお話ししたのを憶えていますか? 宇宙のエネルギーはある時点で静止点に来たのです。二元性はもはやそれ自身を再び表現することができませんでした。

私達は、クリムゾン・サークルのスクールで - カウルダーが今私達を訂正しています - 集中講座で(クリムゾン・サークル集中講座 I:「サークルの外側」)このことを話しました。それはエネルギーがもう前に進めなくなった「スター・ウォーズ」の時代でした。それは、行き詰まりに至ったのです。そして止まりました。その時、その行き詰まりの解決を見つけるために「アークのオーダー」が創られました。起きていたエネルギーの行き詰まりの解決法を見出すために地球が創られたのです。

あなた方が夜、星を見つめている時、それはあなた方の過去を見ているのです。あなた方の科学者が新しい精巧な望遠鏡で宇宙を観察し調べる時、彼らもあなた方の過去を見ているのです。彼らはあなた方が残してきたもの、あなた方が創り出したものを見ているのです。それがそうなのです。

前にもお話したように、技術は意識に従うのです。あなた方の意識は向上しています。あなた方は、あなた個人の意識の中は、クォンタム・リープ(量子的跳躍)の時点に来ています。それで、最近の宇宙からの(ハッブル望遠鏡を使った)驚くべき写真があなた方のところに今、戻ってきても不思議ではありません。

そして、科学者たちがもうすぐ、過去に推測してきたすべてのことの表面に何が現れてくるのかわかるようになるのを知っていますか? そして、それは世界のとても多くの宗教が教えていることの表面にも本当にそれが現れてくるでしょう。彼らは、宇宙が有限であることを発見するでしょう! 彼らは、宇宙の歴史のある時点ですべてのエネルギーが停止したことを発見するでしょう。

彼らはこれをどう解釈していいかわからないでしょう。彼らは、なぜ宇宙にはこんなにたくさんのエネルギーがありえるのか、そしてさらに、ある時点ですべてのものが停止したのかわからないでしょう。彼らが気付いていないのは、彼らは過去からのものを見ているということなのです。しかし、これは全く別の話です。

「アセンションの空白」の内に入ると、あなたは古いエネルギー、二元性のエネルギーは持ち込んでいません。二元性のマインドからその解決法を求めているのではありません。この静かな場所に入って行きます。自分の問題に苛々したりしません。「薔薇の果実」にその解決をもたらせるようにします。その時が本当に新しいエネルギーが創られる時です。それはかつてなかったことです。

さて、この新しいエネルギーは、あなた方がすぐにはわかるような形態ではありません。あなた方の手や足から出ていくようなものでもありません。あなた方が消費できるようなものでもありません。しかし、それが新しいエネルギーなのです。そしてあなた方の周りの至る所にその関わりが見出されるようになるでしょう。これについてはこのシリーズの次の2つのレッスンでお話ししていきます。

アセンション・シリーズのレッスン9 - 「あなたが新しいエネルギーを創り出している」 あなた方は古いエネルギーの意識で空白を埋めようとしないで二元性を手放していくことでそれを創り出しています。あなた方が内側から出て来る解決法を見出すとき、これが「新しいエネルギー」を創り出します。これは、かつてなかったことです。この影響・・・意識への影響、地球への影響、そしてあなた方個々への影響はとてつもないものです。

今から30日間あなた方への宿題は「アセンションの空白」に入っていくことです。もはやあなたが「古いエネルギー」の中にいないところへ。そこでは、あなた方は二元性のマインドで解決法を見出そうとはしません。この場所に入ってください。最初は少し怖いかも知れませんが、切り抜けられるでしょう。解決は内側からやって来ます。そして、あなた自身のものとしての声がわかるでしょう。それは叡智と悟りに囲まれているでしょう。

ゴータマは今日ここにいてとても喜んでいます。それは彼自身の覚醒と思われている月を示しています。しかし、彼は首を横に振って言います。「あの時、地球の意識について悟りを得た」「しかし、地球の意識全体のせいで、この本当に神性の場所には行けなかった。新しいエネルギーを創り出すことはできなかった」「本当に、私の旅について多くの悟りを得た」「しかし、当時地球の意識自体がそれにはまだ用意ができていなかったので、本当の悟りを実現するには至らなかった」と言っています。

ゴータマは今あなた方に可能であるアセンションのエネルギーに至ることができませんでした。彼はたくさんの素晴らしいことに気付きました。しかし、まだ存在していなかったので、「アセンションの空白」の中に入ることはできませんでした。

さて、今日ここへゴータマを招待したのは、特に、今ここで重要なことを指摘したいがためでもあります。瞑想というのは今まではあなた方の旅においてはとても重要な部分でした。そして最近、あなた方にこれを手放すようにお願いしました。瞑想はあなた方には以前はよく役に立ちました。本当に、仏陀にもとても有益でした。しかし、瞑想にはあなた方がマインドと体をブロックしようとする否定の形がありました。

「新しいエネルギー」の中では、「新しいエネルギーの空白」の中でさえも、妨げとなるものはありません。すべてのエネルギーがあなたの存在を通り抜けるのです。もう一度川が流れるのです。今度はアイデンティティが川の中に融合されるのです。それは水の流れの中の岩である必要はありません。それはあなたを通して流れるのです。呼吸があなたを通り抜けるようなものです。それは流れ込み、流れて出て行きます。

私達はあなた方に瞑想を手放すようにお願いしました。それを別の練習に置き換えようと決めこまないように。今は、他のいかなるものでもその代わりとしないように。「空白」は瞑想とは違います。マインドをクリアーにする試みではありません。それはあなたの神性があなたの中に、あなたを通して解決、そして表現をもたらせるようにするものです。

もし、あなたがいつも儀式をしようといろいろ苦闘したり、押し進めたり、試みたり、祈りや瞑想をしようとしたりしていたら、あなたがいつも別のもので一杯にしようとしているのであなたの神性が出て来るチャンスがありません。空白があるとき、神性が出て来ることができるのです。古いエネルギーを何か新しいものと置き換えようとはしないでください。

ニューヨークの壊れたビルを新しいビルに置き換えようとしないでください。現在、何かを隠そうとして、そうしようとしている試みがあります。彼らは早く塞ぎたいと望んでいるのです。

空白は快適なものではありません。何もないのですから。二元性の中にいる人間はいつもそこに何かを欲しがっていました。いつも空白を埋め、いつも違うものを置き換えることを望んでいました。少しの間「アセンションの空白」の中にいてください。

それから、あなたの神性、あなたの神としての自己があなたから轟音を立ててやって来ることができるのです。そうするとき、二元性のマインドでは決して持つことができなかった洞察と理解を得るでしょう。あなたは気付きを得るでしょう。そして今、全く期待していなかったことがあなたに起きてくるでしょう。なぜなら、あなたは二元性のマインドから期待しているからです。

それはとても今までとは違ったものになるでしょう。私達はこれ以上には本当は説明することはできません。それは、あなた自身が経験するものです。それゆえに、あなたのガイド達を手放すようにお願いしたのです。それゆえにクリスタルを手放すように、また、他のすべてのあなたのエネルギーを満たす他のすべての装身具を手放すようお願いしたのです。それらを手放してください。「アセンションの空白」の中にいてください。それがあなたの神的な自己が現れうる時です。そして、再び言いますが、それはあなたが期待するようなものでは「ない」でしょう。

アセンション・シリーズのレッスン9: あなたが「新しいエネルギー」を創り出しているのです。あなたはこれを単に「ニューエイジ」のことだと思っていました。そうではないのです。「新しいエネルギー」は新しい物理学です。そして、今起き始めています。私達が「新しいエネルギー」についてお話しているとき、「あなたがそれを創造しているのです」

カウルダーは今、時間が長くなっていると文句を言っています。確かに、確かにそうです。私達は、「アセンションの空白」にあるということはどのようなものか理解をもたらすよう、神性がやってくるのがわかるように、新しいエネルギーが入って来つつあるのがわかるように時間をかけようと思ったのです。それは今現在起きつつあります。それは驚くべきことです。永劫のような時を経て今起きつつあります。今現在起きつつあります。そしてまた、あなた方はどうして人生が困難であったのか時々不思議に思っています。

ゴータマは当時の彼の旅は自分にとって困難であったと、しかし、あなた方の旅のようではなかったと言っています。二元性の波のこれらの高いところと低いところは、当時はもっと広がっていました。それは、彼が仏陀としての生涯の時ほどには高く、あるいは低くはありませんでした。あなた方のものは今とても凝縮されています。その波はとても速くなってきています。高い上にも高く、低い下にもまた低くなっています。それが即座に逆転したり、方向を変えたり、かつてない早さです。これがあなた方に本当にチャレンジとして現れます。本当に!

またゴータマがその旅の物語を語ったということも指摘しておきます。私達は皆自分の以前の旅の物語りを語ってきました。これは物事を説明する方法なのです。これが目覚めを説明する方法なのです。そして、本当に、シッダールタでも、4つの気付き、4つの目覚め、そしてその未知で4人の人間に出会いました。それは、私、トバイアスだけではないのです。(聴衆 笑)

「4」という数字には特別な意味があります。それは「新しいエネルギー」のことです。そして、シャーンブラにはその旅の物語はどれにも特別な意味があります。シャーンブラがその真理への旅をする間、「あなたを」マスターと呼ぶ人達がついて行きます。その彼らとは、イエシュアという名であったり、メタトロンであったり、ゴータマであったりその他の皆でもあります。それ故に、あなたは決して一人ではありません。私達は心からあなたを愛しています。

And so it is.(そしてそういうことなのです。)

アセンション・シリーズ レッスン8: 「愛の新しい理解」 クリムゾン・サークル 2002年3月2日

アセンション・シリーズ レッスン8:
「愛の新しい理解」 クリムゾン・サークル 2002年3月2日 

 
トバイアス: そしてこのように、親愛なる友たちよ、親愛なるシャーンブラよ、私達は再び私達の聖なるエネルギーの中で、ファミリーと、友人達と、とても愛されている人々と共に集いました。今日はたくさんお話しすることがあります。取り扱うべきたくさんのことがあります。
あなた方がハートを開いた時、私達をこの場所にあなた方と共に招き入れて頂いた時、この場所のエネルギーが大きく変わるのが分かります。私達は何度も何度もファミリーとして、グループとして、一緒にこれをしてきました。あなた方はこの流れをやって来させるのに慣れてきています。

今は私達にとってドアをくぐり抜け、あなた方のところへ訪れるのがとても容易くなりました。それにはあらゆる種類の特別に変わったパスワードを必要としていません。もうあなた方にそれを懇願する必要もありません。あなた方に、あなたの本質の内側であなたが感じていること・・・あなたの周り中であなたが経験していること・・・あなたがこの「アーの言葉」で至りつつあるノウイングネス(知っている状態)・・・それは真実のものだということをあなた方にそう納得させる必要もありません。それは真実なのです。

あなた方と共にあり - あなた方を悩ませてきた疑いは、あなたから去りつつあります。おお、まだその名残や痕跡は残っていますが、あなた方のファミリーそしてシャーンブラとこのような空間の中で座り、あなたの内なる神を感じることができるという疑い・・・その疑いはゆっくりと去っています。

5年前には、あなた方には実際の霊的存在やスピリットの存在、あなた自身の神性、そしてヴェールの向こう側からの天使達を本当に受け入れることは・・・今のように彼らがあなた方と共に座ることは、この空間にいることは困難であったでしょう。しかし、あなた方はこれをすべて吸い込むことをうまく学びました。

呼吸すること、それには知性は関わっていません。それはただあるのです。あなた方は自分の内で自分自身の神性を呼吸することを学びました。あなた方は自分の神性を保持すること、自分に属している重要なエネルギーとして保持することを学びました。親愛なる友たちよ、あなた方はこの神性を吸い込むことを学びました。

そして、それがあなたの内側からやって来るとき、それから、それと共に来るすべてのその他のエネルギーに気づきます。あなたは私、トバイアスに気づきます。このような各セッションに来る様々な訪問者に気づきます。スピリットの潜在的可能性のすべてに気づきます。あなた自身の「神としての」自己、そして神性に気づくのがまず始めです。それが最初に来ます。その他のすべての気づきと理解はその後にやって来ます。ああ・・・あなた方は何とこれをよく学んだことでしょう。

私達は皆、自分以外の他のマスター達を捜し求めました。私達は皆、他のグル(導師)を捜し求めました。おお、私の時代のことをお話ししますと、それについては私は話すのが好きですが・・・私の時代には私達はマスター達に従いました。私達は預言者に従いました。私達は今日でも人間がしているように、他のエンティティ達に従いました。しかし、このグループ、シャーンブラ、長い道のりを、時には孤独の道を、そして静かな道を歩んで来た人達・・・ああ、あなた方はとても良く学んで来たので、ただ一人のマスターしかいないのです。そして、私、トバイアスは今「その人」を見ています。そのマスターは「あなた」なのです。

あなたが自分自身のノウイングネスと自分自身の神性に従うとき、あなたはより壮大な構図が見えるのです。天使達が見えます。他のエンティティ達が見えます。「真理」が見えます。そして、今まで聞いたことのないものを聞くのです。あなた方は外側からのものに従わないことを学びました。それが、私達があなた方をとても愛している理由です。それが今日この部屋が愛に満ちている理由です。

今日も、多くの多くの、本当に多くの訪問者が私達と一緒にやって来ています。この部屋のエネルギーは暖かくなっています。その一部はカウルダー(ジェフリー・ホップ)のためでもあります。彼がそこで凍えないようにするためにです(ステージで、この特に寒い日に)! しかし、エンティティ達がどっと入ってくるとき、あなた方も皆暖まります。それで、私はもうすぐ彼らを紹介します。

しかし、その前に、ちょっとお願いしたい簡単なことがあります。これを、アジェンダ(なされるべきこと)を持たずにやって頂きたいのです。今日のこの空間のエネルギーをセットするのにお手伝いをお願いしたいのです。親愛なる友たちよ、非常に多くの方はもう私達が何を言おうとしているかわかっていますね。「立ち上がって、呼吸をし、周りの人達と抱き合ってください」 これがすべてのエネルギーをもたらす助けとなるのです(聴衆 笑)。立ち上がって、呼吸をし、周りの人達とアジェンダを持たずに抱き合ってください。

(トバイアスは、聴衆が立ち上がり、笑い合ったりあれこれ話し合ったりしながら抱き合っている間、話を中断)

さて、親愛なる友たちよ、カウルダーはいつも私達がしようとすることを心配しています!(聴衆 笑) そして、このハグの時が近づいたのが分かると彼は言いました。「おお、トバイアス、あなたはあちこちで彼らを失うことになるよ」(聴衆 さらに笑) 「あなたが始めたこの素晴らしいエネルギーをあなたはぶち壊した」

しかし、私達はもっとよくわかっています。私達はシャーンブラをわかっています。私達は、それよりも、あなた方がエネルギーを強めたことを知っています。あなた方は緊張感を追い払い、そうして私達が今日のレッスン8の中で本当にあなた方とワークでき、このレッスンのエネルギーの中であなた方と本当にワークできるようになりました。そのことは、あなた方と一緒に取り組んできたその他のすべてのレッスンより、ここでは重要なことです。それがこのレッスンのエネルギーです。

今日お話するレッスンは簡単なレッスンです。それに伴う宿題もないでしょう(聴衆 笑)。このレッスンには挑戦もありません。それは単にあるだけです。それは私達がかなりの期間待ち望んで来たものです。本当に、それに付随する理解があります。しかし、それは一つのエネルギーです。それはあなた方が今日、感じ、知覚し、所有するひとつのかけらです。

しかし、この日の実際の話に入る前に、私達のゲストを紹介しておきます。あなた方には後で、今日なぜ彼らがここへ来たのか、そしてなぜそれがそんなに重要なのかわかると思います。確かに、あなた方のとても多くが感じているように、メタトロンのエネルギーがここにあります。おお、このエネルギーは今現在とても重要です。それは私達皆が共に行なっていることの一部です。というのは、あなた方の意識に呼応して地球のグリッドが変えられ、ヴェールが縮小されているからです。

あなた方がガイアと呼ぶ地球から来ている、そしてあなた方の惑星をとり囲む、対応する電磁的なグリッドの両方からやって来ている、磁気的な影響が今あります。さらにもう一つより広いグリッドが宇宙のあなた方の場所を取り囲んでいます。それは特にあなた方の太陽系とは関係はありません。しかし、あなた方の惑星、あなた方の太陽、そしてそのエリアをも越える広い、広い範囲を取り囲んでいるエネルギー・グリッドがあるのです。

メタトロンがより近くに来ています。人類のすべての歴史上かつて彼がこのように近くに来ることができたことはありません。彼は今、より近くに来ています。そして、それはあなた方の理解と自らの神性に気づき、そしてそれを保持する能力に気づくようになってきたことと直接呼応しています。メタトロンがやって来た最初の集まりでは、私達はたくさんのエネルギー的なフィルターが必要でした。そのエネルギーはとても強かったので、あなた方を圧倒してしまいそうでした。しかし、地球の時間で2、3か月を経た今では、ほとんどその量のエネルギー的なフィルタリングを必要としなくなりました。メタトロンは全く容易く行ったり来たりできています。今では彼はあなたのそばに座ることができます。メタトロンは彼のエネルギーと彼の愛を全く容易くあなた方に伝えることができます。

ですから、本当にあなた方はこのエネルギーをだんだん近くに感じるでしょう・・・あなた方により近づいて。それはあなた方が自らの神性を保持しているからです。

恐らく、あなた方はあなた方の人間としてのマインド(頭脳)ではまだ理解できないでしょう。恐らく、「この神性とは一体何だろう?」とまだ苦闘しているでしょう。しかし、親愛なる友たちよ、私達にはあなた方がそれを保持し始めていることがわかります。そのレベルの疑いが消えつつあります。しかし、あなた方にはまだ多くの挑戦があります。あなた方はあなたの魂の歴史で、全宇宙の歴史の中で、大いなるすべて(All That Is)の歴史の中で、とても挑戦的な時を通り抜けています。いつか今を振り返る時、あなた方は私達が言っていることがわかるでしょう。

あなた方は、最も挑戦的な時を通り抜けていますが、それでもなお、前進しつつあります。それが、私達があなた方について愛しているところです。あなた方は拡大し、成長し続けています。おお、あなた方が時にはしばらくの間、サイドラインの外側に座っていることが重要ではないかと感じる時があるのを私達は知っています。でもそれから、あなた方は旅を進めるのを助けて、すぐに大いなるすべて(All That Is)の進化の中へ帰って行くのです。

それが、メタトロンがだんだん近くに・・・あなた方の近くに来ている理由です。メタトロンは「あなた」なのです。親愛なる友たちよ。あなた方はそのエネルギーの一部なのです。メタトロンを構成しているエネルギー的ファミリーあるいはグループの一部です。それは、本当は「彼」ではありません。それは「個人」でもありません。それは神の一つの意識なのです。それは愛の一つの意識なのです。

今日はまた、クリムゾン・カウンシルからやって来ている者達もいます。これは、あなた方がヴェールのこちら側に帰って来たら加わるファミリーです。これはあなた方にとって「故郷」から離れた「故郷」のようなものです。あなたが最も直近の生涯の時に知っていた人達と再会し・・・あなたのおばあちゃんを抱き締め・・・子供の時にとても可愛がった犬を抱き締めたとき・・・あなたはすべてのものはすべて正しかったということがわかります。そして、あなたはスピリットには目的と意味、そして流れがあるということがわかります。

あなた方がこちら側に帰って来るとき、普通はクリムゾンのエネルギー的ファミリーの元へ帰って来ます。あなた方が本当に多くの時を共に過ごしたこのグループ、教えるというエネルギーの理解と共に働いてきたこのグループのところへ帰って来ます。あなた方はほとんどあなた方の時の初めから知っていた人達のところへ、この宇宙、そしてこの美しい地球と呼ばれる場所を創造する助けをする中で共に働いてきた人達のところへ帰ります。

あなた方がこちらへ帰って来て、私達と共に座るとき、親愛なる友たちよ・・・おお、あなた方がそれを望まない限り、あなた方が通過しなくてはならないこの階層(ハイアラキー)はありません。そうではなく、あなた方は私達と共にテーブルに座るのです。対等のものとして座るのです。そして、私達は驚きを感じます! 最近あなた方がこの地球でしたことに畏敬を感じます。あなた方と共に長い間座り、「それはどんな感じだった? 恐怖の感覚はどんなものだった? 喜びの感覚はどんなものだった? あの時のあの決断は何があなたにそうさせたの?」などと質問を浴びせます。おお、私達はあなた方の物語に興味をそそられています。あなたの周りを取り囲んで座り、かなりの時間、このことを語り合います。

クリムゾン・カウンシルのエネルギーが今日ここにあります。今日は重要な、注目すべき日です。本当にそうなのです。これは転換点であり、シフト・ポイントであるということです。しかし、あなた方の考えるようなものではありません。でも転換の、シフトのポイントなのです。

今日のとても特別なゲスト達は興奮のエネルギーをもたらしています。恐らく、今日席に着く前にもあなた方はそのことを感じることができたと思います。恐らく、あなた方は今やって来ているこの訪問者のグループのクスクス笑いを感じ、笑い声を聞き、興奮した様子を感じることができます。彼らはあなた方から学びたいものがあるのです。あなた方とエネルギー的に繋がりたいと思っているのです。

今から、4、5か月の間に地球にやって来ようと準備している魂の大きなグループがあります。彼らは、地球に戻って来る最後の準備段階に入っています。そして今日、このグループを訪問しにやって来ています。この神性の統合の最先端にいる人間達のグループを観察したいと思っています。彼らはアセンションの門戸を歩き抜けたグループを見てみたいと思っています。なぜなら、彼らもまた、まもなくこれをするであろうことを知っているからです。

カウルダーは今日やって来ている子供達は何人くらいいるのか尋ねています。今日ここへ来ているのは数千人ですが、ある意味で彼らのエネルギーは一緒に結合されていますので、あまり混雑した、あるいは圧倒的という感じではありません。

今日やって来ているこれらのもうすぐ生まれて来る子供達は、注視し、観察するために来ています。ポカンと見ているのではありません。畏怖の思いで見ています。彼らはもうすぐあなた方と同じような道を辿るであろうことを知っています。そのもうすぐ生まれる子供達の何人かは、既に人間の子供としてのエネルギーを取り入れつつあります。たとえ彼らが古く、賢明な魂達であっても、地球に戻って来る準備をしているので今日は子供の姿をしてこの部屋にやって来ています。それで、ここにはとても無垢なエネルギーがあるのです。それで、彼らがここに入って来た時、とてもたくさんの笑い声やふざけているような様子が彼らと共にあるのです。

親愛なる友たちよ、このもうすぐ生まれて来る子供達の内の何人かは、あなたが知っていた人達、まさにこの生涯であなたの先生だった人達・・・本当にあなたのおじいさん、おばあさん・・・そして若い頃亡くなった特別な友であった人達です。しかし、あなたは別のレベルで接触し続けてきていたのです。

もうすぐ生まれて来る子供達の多くは、あなた方の昔の過去生において、あるいはこの生涯で知っていた人達です。ここへあなた方の旅と道のりを理解しようと参加しています。彼らは、彼らの言葉で「先駆者」である者達と共にいるためにここに来ました。ここにいるあなた方の多くは彼らの教師となるでしょう。それで、彼らはあなた方の隣に座るために今日ここへ来ているのです。

そういうわけで、今日はここには大勢やって来ています - メタトロンのエネルギー、クリムゾン・カウンシルのエネルギー、新しい子供達のエネルギーです。彼らは今日、新しいバランスを学ぶために来ています。彼らは今日二元性を手放すことを学ぶために来ています。あなた方のように、彼らも地球上で、この激化した二元性の相手をし、二元性のゲームをプレイすることを学びながら多くの多くの生涯を過ごしました。彼らは今日二元性を手放しつつあり、アジェンダを手放しつつある人間達のグループを注視しに来ています。

私達は前回のレッスン(レッスン7:「アジェンダを持ってはならないということを知る」)は困難で挑戦的なレッスンであったことを知っています。あなた方の何人かにとっては、それがとても挑戦的なので、その言葉を聞いた時、諦めて「私には今はその時ではないようです。そのコンセプトがわかりません。それで、当分の間、それについては考えないことにします」と言いました。そして、それは素晴らしいことでした。というのは、あのレッスンの中であなた方が繋がっていたエネルギーだけでも、あなた方がアジェンダを手放す助けをする内側のプロセスを始めるには十分だったからです。

私達の前回のレッスンは確かに困難なものでした! それはまた、他の人に教える場合にも困難なものとなるでしょう。彼らもあなた方のように、あまりアジェンダの意味がわからないでしょう。彼らもより大きな理解を求めて内側に入って行かねばならないでしょう。親愛なる友たちよ、あなた方がアジェンダについて教える者達・・・彼らもその時、その本を置いてあなたから歩き去って行き、こう言うかもしれません。「これは私にはとって正しいと思えません。この先生のことが、彼が何を私に頼んでいるのかよくわかりません!」 あなた方の多くがそういう反応を受け取ったことはわかっています。しかし、それは今日私達がお話ししようとしていることを理解する鍵となりうるレッスンでした。そして、今日私達がお話ししようとしていることは、美しく、そして素晴らしく、そして楽しいことです。

さて、先へ進む前に、しばらくの間、あなた方がどこにいるのか・・・あなた方の世界がどこにあるのか・・・あなた方の将来にどのようなものがやって来るのか・・・それを私達の側から見るとどう見えるかということをお話しすることは重要なことです。お話ししたように、あなた方は今とても挑戦的な時期を通り抜けています。あなた方はあなた自身の神性と統合することを学びつつあります。あなた方は「古いエネルギー」のやり方を手放すことを学びつつあります。あなた方は「古いエネルギー」を、ゴミと共に投げ捨てるのではなく、敬意を持って手放すことを学びつつあります。「古いエネルギー」のやり方を讃え、あなた方が「ニュー・エイジ」と呼ぶであろうもののやり方さえも讃えてください。なぜなら、それがこの地点にまであなた方を連れてきたのですから。

(含み笑)おお、私達は、あなた方の何人かが「ニュー・エイジ」の多くのもの - クリスタルや祈りや瞑想や宇宙人 - を手放すようお願いしたとき、私達をクレージーだと呼んだことを知っています。私達はあなた方にとってそれらのものが快適な毛布のように心地よいものであったことは知っています。私達がそれらのものを手放すようにお願いしたのは、本当はそれらのものもアジェンダだったからです。それらのものも川の中の大きな石ころのようなものだったのです。

彼らが私達の言葉のいくつかを聞いた時、多くの方が別の方向に走りました。その人達はそれらのものをやめたくないのです。ある意味で素晴らしい、それらのものを諦めたくないのです。しかしまた別の意味で気を散らせるものなのです。

「古いエネルギー」のやり方を手放すことによって、あなたは自分のアジェンダを手放すことになります。それを手放すと、自分自身の内側を見ることを強いられます。それはどんなに困難なことでしょうか! 自分自身を見つめるより、誰か別の人の星占いのチャートを見ている方が遥かに面白いものです。親愛なる友たちよ、瞑想の中で座り、マインドをクリアにしたり、一つのことにフォーカスしている方が、「アーの言葉」とすべての感覚を使ってあなたが何者であるかに繋がる助けとしなくてはならないことより遥かに楽しいものです。

これらが挑戦的であることは良くわかります。それが、私達があなた方をとても愛している理由です。あなた方は「古いエネルギー」のやり方を優しく本棚の上に置いておくことを学びました。あなた方は「古いエネルギー」のものを手放して「新しいエネルギー」の中に前進し続けることを学びました。このことがあなたを本当に神性の内なる繋がりを作り始められるようにしたのです。

そして、それがそのすべてなのです。それが、毎回あなた方が私達にここに来て話してほしいと頼んでいることです。「親愛なるスピリット、親愛なるトバイアス、そして大いなるすべて(All That Is)よ、まだ人間の姿でいる間に神性の繋がりを作るにはどのようにすればいいのかについて来て話してください。もう一度「故郷」のエネルギーとの繋がりを作るためにはどうすればいいか話してください」と。それが、私達がこのようなことをあなた方にお話ししている理由です。あなた方は自らの神性を保持し始めています。それをあなたの本質の中に保ち始めつつあります。おお、それはとても重要なことです。エネルギーの閃光がやって来るのではなく、時折ヒットするのでもなく、あなた方は真にそれを内側に保持しています。

今、これからの時期、何があなた方の将来にあるでしょうか? あなた方は体験を続けるでしょう。そして本当に、人間の姿でいる限り、二元性のエネルギーの中に住んでいる限り、挑戦は現れてくるでしょう。しかし、あなた方は新しいレベルの内なる信頼を持ち始めるでしょう。

物事がまとまって来始めるでしょう。あなた方が心から切望していたことが不思議な、神秘的な方法でまとまってき始めるでしょう。しかし、その方法は「あなた」がセットアップしたものです。あなた方は自らがどのように本当に自分自身のガイドになり得るか理解し始めるでしょう。天使であるガイドはあなた方には必要ありません。何かの哲学を公言している人間のガイドや「すぐ気持ちよくなる」たくらみを売るような人間のガイドは必要ありません。あなたの魂があなた自身のガイドなのです。

あなたが自分の周りの二元性のエネルギーを手放していくにつれて、あなたは新しい気づきに至り、そしてそれらの気づきの中で、何が現れうるかの新たな潜在的可能性に至るでしょう。新しい創造の方法に至るでしょう。それは、親愛なる友たちよ、今から、何か月も何年も先の話しではありません。それは今起きているのです。これらの変化は既にあなた方の内にあります。あなた方は既にこれらのことを体験し始めています。これは後になって得ることとしてあなた方の目の前に提供されている黄金の約束ではありません。今、それがあなたに起きているのです。

私達には、あなた方がスピリチュアル・リーダーやガイドと公言している人々の度重なる約束に飽き飽きしていることがとても良くわかっています。あなた方が明日のことを聞くのも飽き飽きしているのがわかります。それが、私達があなた方を後ろから一生懸命押した理由です。それが、あなたが自分自身を一生懸命押した理由です。それゆえに、それは既にあなたに起きつつあり、そして起き続けていくでしょう。

それで私達には、あなた方そしてシャーンブラの将来に何が見えるのでしょうか? 新しい生き方、あなた方の内にあり、既に形成されつつある一つの生き方です。より容易い方法です。生活のより世俗的なことがなぜか魔法のように、神秘的に、それ自体の面倒を見るようになるでしょう。あなた方は人生の具体的(specific)な細かなことに具体的なエネルギーを注ぐ必要がなくなるでしょう。それらはそれ自体の命を帯び、あなたのために自動的に働くように見えるでしょう。

そしてあなたは、これは奇跡ではないことがわかるでしょう。あなたの周囲の他の人達があなたに、どうしてこれらの「奇跡」が起きたのか知りたいと言うとき、あなたは含み笑いをするでしょう。あなたはこの地点にまで至るのにいかに厳しいものだったか知っているでしょうから。今、エネルギーの整列と融合があるところでは、それはとても神性のやり方でまとまってくるのです。そしてそれは、「あなた」のエネルギーなのです。そしてそれは、「あなた」の「神の自己」なのです。それはあなたにもよくわからない「ハイアー・セルフ」のようなものではありません。それは内にあるのです。それは今、あなたなのです。

私達があなた方、そしてシャーンブラに対して将来的に見えることは、人生の厳しさの解放です。それと共に、これらの新しいエネルギーの使い方がわかる新しい叡智がやって来ます。確かに今、心の中で尋ねた人に言うのですが・・・本当にあなたの頭の中ではなく、あなたのスピリットの中で、あなたの身体にバランスを取り戻す方法がわかるようになるでしょう。これはあなた方のとても多くの方に既に起きていることです。

あなたのからだがシフトを通り抜け、そして変化していくと、それと戦わないことを理解するようになるでしょう。私達がここで言っていることがあなた方にはわかります。あなた方の身体の新しいリバランスがありますが、あなたの身体が調整を通り抜けているときでも、そんなに過剰に気にしたり、心配したりしないでしょう。これは自然なことなのです。特にあなた方がいるこの時期においては。あなたの身体は変化を通り抜けることを必要としています。それに敬意を払ってください。それと戦うことをやめてください。もし身体が休息を必要とすればその声を聞き入れ、それに敬意を払ってください。もしあなたの身体が流感や風邪とあなた方が呼ぶであろうものを通して、いろいろ洗い清めているなら、それを起こるがままにしてください。多くの「古いエネルギー」を解き放つために今、それはそれを必要としているのです。

毎夜、あなたの肉体を横たえるときは、工場に入っているようなものです。それは働きにいきます。それは始動します。そして3番目のシフトがやって来ます。そして、あなたの内面で多くの変化が起きます。そこでは文字通り、DNAとサブDNAの変化が起きているのです。そこでは文字通り、床を掃いたり、家を掃除したり、ゴミを外に捨てたりということが起きています。それで、そのゴミはどこかに出てこなければなりません! 時にはそれはあなたの皮膚を通して出てきます。時には、それはあなたの筋肉の中に。時にはカウルダーが話して貰いたくないようなやり方で出てきます!(聴衆 多くの笑) しかし、あなた方は私が言っていることがわかっています。これらのことを起きるままにさせてください。

あなた自身の地球は今何を通り抜けているのでしょうか? ある意味で、それは「あなた」がこの最近の10年、20年、30年間で通り抜けてきたタイプのエネルギー的な変化を通り抜けているのです。もしあなたがこの過去の期間の自分の人生を調べてみるなら、あなたは地球のエネルギーとサイクルを見て何が起きているかがわかるでしょう。10年、20年前にあなたにとってどのようであったか考えてみてください - それは騒乱・・・あなたが何者かを理解するための探究・・・アイデンティティと意味の探究でした。人類の意識は今、その地点にあるのです。

あなた自身の10代の頃を、20代の始めの頃を考えてみてください。その頃あなたの人生はどうだったか考えてみてください。あなたがいかに答えを探し求め、いつもその答えがわかった訳ではないことを。その頃のあなたの人生の中で意味をどんなに深く、深く切望したかを見てみてください。そして、まさに今、まさにこの場所にあなたを導いたその旅を見てみてください。

これが今、地球と人類が通り抜けていることです。多くのシフトが意味を求めて起きています。そして、地球の意識が、リーダーシップ、権威、そして信頼のエネルギーを保持した者達がそれを悪用したということを見出すとき・・・親愛なる友たちよ、多くの怒りが・・・侵されたという多くの感覚・・・多くの不信が現れるのです! それが今起きていることです。あなた方の公共施設や会社を見てみてください。教会を見てみてください。このことは前にもお話しましたね。その壁が崩れかけています。信頼が去っています。これが今、地球に起きていることです。

私達が言っているのはカオス(大混乱)があなた方の周りで起きるだろうと言うことです。あなた方の周り中で騒乱があるでしょう。そして、それは今からの2~3年間続くでしょう。時にはとても激しいものとなるでしょう。このことが起きるとき、新聞の見出しやテレビのニュースを見る時、これらが起きるのを目の当たりにする時、あなた自身の真実を求めて10年、20年、30年前にあなた方が通ってきた混乱のことを思い起こしてください。

あなた方は、今のあなた方の地球で二元性の極端な現象を目の当たりにし続けるでしょう。私達は9月11日に起きたような大きな惨事や出来事が必ずしも再び起きると言っている訳ではありません。しかし、このような時には極端な二元性的状況があるのです。今は中間的な状況ではありません。各エネルギーが今は互いにとても強く競り合っています、とても強く。あなた方は、ちょうどあなた方の最初の目覚めの中で何年も何年も前に大きく成長したように、大きな成長に満ちた世界に生きることになるでしょう。

あなた方の地球は、その周りの意識とエネルギーを理解しようと、多くのことを通り抜けていくでしょう。特に、この夏から秋頃にかけて、これらのエネルギーが積み上げられていくのを目の当たりにするでしょう。後で見るために、その見出しをアルバムに貼りつけておいてください。それらの出来事が起きるのを見たら、日記に書き留めておいてください。そして、あなた方はその一つ一つについて書き、それにアンダーラインをすることができます - 極端な二元性、活動する二元性を。

今年の後半には、このエネルギーが激しくなっているでしょう。というのは、グリッドの最後の調整が地球に行われると、極端なことが表面化して来るからです。「古いもの」は変化したくないのです。変わりたくないのです。それに、新しいエネルギーは意識を前進させるように創造される必要がありますから。このエネルギーはどのように創られるのでしょうか? 摩擦(不和)があるときにです! それは二元性の各力の間に戦いがあるときです。それが、あなた方がこれらのことを目にするであろう理由です。

あなた方は今、あなた方の世界は継ぎ目からバラバラになるようなことはないことを理解できるほど十分に賢明です。あなた方は今、たぶんこれが終りの時、ハルマゲドンだというとても長い間抱かれていた心配を手放せるほど十分に賢明です。あなた方は今、子供達が時には極端な遊びをするのによく似たように、それは二元性が極端に遊んでいるのだと理解できるほど十分に賢明です。彼らは限界を見つけようとしているのです。彼らは彼ら自身の能力を試しているのです。もしそれがあるならその限度を見つけようとしています。それで、極端に演じているのです。それが今、あなた方の地球上でに起きていることなのです。それが、あなた方が予期できることなのです。

このアセンション・シリーズの初めに私達がお話ししたように、もはやあなた方のことではないのです。そうではないのです。世界は進化し、拡張しているのです。そして私達の観点からすれば、それはすべて美しく、素晴らしいことです。それはすべてプロセスの一部なのです。

また9月11日の出来事のように、私達にもそう楽しくないこともあります。あの時は、あなた方が悲しかったので私達も悲しかったのです。物事があのように極端に走って私達は悲しいのですが、究極的には、あなた方にはこの変化の時に、これらのすべてのことは適切であると理解している叡智を持っています。このような変化は年末にかけて激しさを増し続けていくでしょう。親愛なる友たちよ、それらのことについてアジェンダを持たないようにしてください。そうすると、本当に起きていることは何かがわかり、真の叡智がわかるようになるでしょう。

さて、このカレンダーの年が終わった後、グリッドの変化が起きた後、地球を去る選択をする人間達の数が極度に多くなるでしょう。彼らはエネルギーの保持者でした。彼らは適切な時を待ってきました。今、「それは、病気ですか? それとも戦争ですか?」と尋ねた人に言いますが、私達はこのことがどのように起きるかどんな予言もしません。恐らく様々な出来事が混ざりあって起きるでしょう - 自然災害、確かに戦争も、確かに病気も。それは今現在よりももっと多くなるでしょう・・・もっと激しくなるでしょう。

このエネルギーを保持して来て、今が去って行く時であるということがわかっている人達がいます。彼らがそうするとき、新しくやって来る者達のために道を空けることになるのです。彼らは今日来ている子供達のような者達に道を空けるのです。彼らはまた、このグリッドの新しいエネルギーによって、彼らの古いやり方に留まるのはもっと、もっと困難になるだろうとわかっているので去って行くのです。あなた方もご存じのように、時には去って行って新しくやり直すほうが、あなた方が今やっている道のりを続けるより容易いのです。時には私達の側に帰って来て、地球に再び戻って行く前にリフレッシュして、再び新しくなったほうが楽なのです。

これが、今からしばらくの間に起きることだと私達が見ているものです。親愛なるシャーンブラの皆さん、自らの神性を所持してください。自らの内にそれを保持してください。アジェンダを持ってはいけません。そうすれば、新しい、より偉大な理解に至るでしょう。

(小休止)

今日の訪問者である「もうすぐ生まれる子供達」がさらに近くにやって来ています。彼らは人間の姿で戻って行くことに興奮しています。おお、彼らは挑戦と困難に満ちた多くの生涯を経験してきた者達です。しかし、何か新しいことが起きているので、彼らは興奮しているのです。それは明日とか、今から一週間後に起きるとかいうものではありません。この瞬間に起きているのです。

それがどういうものか理解する助けとするために、あなた方が「故郷」にいた頃、「王国」にいた頃、「第一サークル」にいた頃に戻ってみましょう。これはあなた方にとって今日私達がお話するスピリチュアルな物理学を理解する助けとするためにです。

「第一サークル」の中では「存在していた(Was)」というエネルギーがありました。単に存在していたのです。スピリットのエネルギーは愛を知りませんでした、というのは、比較するものがなかったからです。大いなるすべて(All That Is)・・・も単に存在していました。大いなるすべて(All That Is)は「自己」に気づきませんでした。「存在する(be)」必要がなかったからです。それは単に「存在していた」のです。それが存在し、流れていたエネルギーでした。それは、あなた方が考えるであろうような「一つ(one)」のエネルギーでさえもありませんでした。「一つ」であるためには、何か他に比較するものを必要とするでしょうから。スピリットは単に存在していたのです。

私達がジャックの物語の中で話ししたように、ある時点で何かが起きました - そしてそうです、このことについてはいつか詳しくお話ししますが - それがこの「存在していた」エネルギーに自らが何かを理解したいと思わせました。それは自らがなし得るすべてを、その潜在的可能性のすべてを理解したくなりました。このことが起きた時、スピリットのほうにスピリットは何者なのかというほんの僅かな黙想が浮かんだ時、それからその各エネルギーはお互いの鏡となったのです。ある種の分離がありました。それは、今あなた方が二元性と呼ぶものではないでしょう。それは後でやって来ます。しかし、自分自身の鏡のイメージが生じたのです。

私達の物語でお話ししたように、これが「王」と「女王」のエネルギーを創りました。彼らは互いに深く愛しあいました。しかし、彼らでさえも愛が本当に何かはわからなかったのです。彼らはこの新しい感覚、この新しいエネルギーを理解しようと探し求めました。なぜなら、「第一サークル」では、彼らが愛を理解することさえ困難だったからです。

この結婚から、この「王」と「女王」の間における発見されるべき愛から、あなた方が生まれました。あなた方は王と女王の一部であるエネルギーから生まれたのですが、それでもそれは異なり、分離していました。あなた方、スピリットの創造物は「第一サークル」の外へ出て行きました。そのこと自体驚くべきことです! というのは、あなた方はどのように大いなるすべてだったもの(All That Was)の外へ出ることができるのでしょうか? どのように、あなた方は、知られているすべてのエネルギーを含み、かつそのサークルの内側でそれ自身を拡大する能力を有していたサークルの外へ出ていけるのでしょうか? このことが、私達がこれから取り組んでいくすべてのことであり、すべての魅惑的な問題なのです。

あなた方は、出て行って「虚空(void)」の中に入りました。あなた方がそうした時、これが二元性を創り出しました。あなた方は何十億というかけらに分けられ、ある時点で一緒に戻されました。今度はあなた方は自分自身の独自のアイデンティティを持ちました。しかし、その独自のアイデンティティの中で、あなた方はまた「故郷」へ帰る方法を忘れてしまいました。あなた方は、「故郷」の領域の外側で、探検に出かけ、創造できるように自由にされました。そうするために、あなた方は二元性の最初のエネルギーを身につけました。

二元性は - あの白いビー玉と黒いビー玉の関係(訳注: クリエーター・シリーズ レッスン5参照)で言いますと、互いから離れる二つの力です。二元性は、あなたの意識の中に、あなたが何者なのかを理解する助けとなるように創造されました。二元性なくして、親愛なる友たちよ、どのように自分が何者かを発見することができるのでしょうか? どのように自分自身がわかるようになるのでしょうか? 鏡がなければならなかったのです。あなたが真に理解するためには、反対のものがなければならなかったのです。この二元性のエネルギーが、あなたが最初に「故郷」を去って以来、あなたと共にありました。それは自分自身の様々な側面を見る助けをするための、あなたが使用し、あなたが所有し、とても親しくなったツールでした。

さて、あなた方は宇宙を創造し、探検に出るために、この二元性のエネルギーを使いました。あなた方は闇の深さを理解するため、光の高さを理解するためにそれを使いました。あなた方があちこちでこのエネルギーを使うと、あなたが何者かということに対する新しい意味と新しいアイデンティティがもたらされました。そして、それらはまた、互いを推進させるように作用しました。というのは、もしあなた方が「闇」のエネルギーを持たなかったら、「光」は活気のないものだったであろうからです。もしあなた方が「光」のエネルギーを持たなかったら、「闇」は奈落に沈んでいったことでしょう。それらは一緒に働くのです!

これらの二元性のエネルギーがあちこちで働くにつれて、それは本当にあなた方の宇宙、あなた方がとても壮大に創り出した宇宙のすべてのものをスローダウンさせました。あなた方は常にこれらの二元性のエネルギーを一緒に携えてきたのです。それらはいつもあなたが何者なのかの一部分だったのです。

私達が「アークのオーダー」と呼んだもののための時に来たとき、地球が創造された時、あなた方はこれらの二元性のエネルギーを携えながら地球へもう一度やって来ました。あなた方は二元性のエネルギー、「プラス」と「マイナス」、「白」と「黒」、「高い」と「低い」の両極性のエネルギーを持ちました。そしてまた、あなた方はヴェール、あなた方を新しいレベルの体験に連れていくヴェールも持ちました。今度は、あなた方は「故郷」のエネルギーを忘れただけではなく、「故郷」から離れた故郷のエネルギーも忘れてしまいました。それが、肉体を纏い、あなた方が意識的な決定ができるよう、意識的な選択ができるようにさせるよう、物事の動きを遅くさせるためにこの壮大な場所にあなた方を来させる機会を提供しました - これらのすべては、あなたにあなたが本当に何者かを理解する助ける方法でした。

さて、これらの二元性のエネルギーがずっとあなた方の内側で働いてきました。それらは両極性を保ったままでした。あなた方が白いビー玉と呼ぶであろうものからより影響を受けたこともあります。そして黒いビー玉からより影響を受けたこともあります。これはあなた方に両方の側面の深い体験を与えるためなのです。あなた方が3分の2の光のエネルギーと3分の1の闇のエネルギーから、3分の2の闇のエネルギーと3分の1の光のエネルギーに移るとき・・・あなた方が一方から他方へ移るとき、これはあなたに新しい理解と深みをもたらす助けとなるのです。

あなた方は、光と闇の対立するエネルギーを、あなたを前進させる助けとして、あなたの意識を前進させる助けとして使いました。それらはあなた方にとって重要な要素でした。それが、「あなたが『ライトワーカー』であると言うとき気をつけた方がいい」と私達が言う理由です。あなた方は皆ワーカーなのです。あなた方は神性のワーカーです。親愛なる友たちよ、自分のことを「光の戦士」と言うとき気をつけてください。なぜなら、あなた方は「闇の戦士」でもあるのですから。

光のビー玉、そして闇のビー玉の両方のエネルギーであるあなたの二元性を否定することは・・・あなたが何者であるかの一部を否定することになります。あなたはエネルギーのバランスを失い、あまり幸せにはならないでしょう。この要素のバランスがとても重要なのです - そして今、特に重要なのです。あなた方は闇に強い恐れを抱いています。しかし、あなた方はそこにいたことがあるのです。あなたはその中で演じました。この生涯でさえもその深みに入っていったことがあります。確かに他の生涯でもそうだったのです。

私達はあなた方に一月前、アジェンダについて話しました。あなたがアジェンダを持つと、それが二元性の要素の一つにエネルギーを与えます。そして、それはあなた方がまだその二元性のゲームをしている時は素晴らしく、良いことです。一日中アジェンダを持ってみてください、するとその影響が分かるでしょう! あなたが一方の端に極性を与えると、それは二元性の他の部分の中で同等で反対の反応を引き起こすのです。あなたが光にすべての重点を置こうとすると、それはまた闇も積み上げますし、またその逆も同じです。それが両極のどちらも、光と闇のどちらも、すべての人類の経過の中で、宇宙の経過の中で、あなた自身の魂の経過の中で、決してもう一方に打ち勝つことができなかった理由です。

一つのものに対してアジェンダを持ってみてください、それはもう一つ別のものに同等で反対のエネルギー的反応を起こすのです。いえ、これはカルマとは違います。これはスピリチュアルな物理学なのです。これが遊んでいるのです! これが楽しんでいるのです! おお、光しかなかったとしたら、つまらないものになっていたことでしょう。あなた方はどうするのでしょうか? あなた方は何も体験を持たなかったことでしょう。それで、あなた方が一つのビー玉に極性を与えるとき、それはまたもう一方へも影響を与えるのです。

私達はまた、この3番目の要素、行ったり来たりするこの「灰色」の要素のこともお話ししました。これがモーメンタム(勢い)を創り出すのです。これがエネルギーを創り出すのです。これが振り子効果です、あるいは私達が「行ったり来たりのスイング」と呼ぶものです。二元性の両極の間を行ったり来たりするこの振り子効果のすべては適切なものです。それがモーメンタムとエネルギーを創り出しているのです。

この間中ずっと、親愛なる者達よ、私達、そしてあなた方は愛を探し求めてきました。それが、私達がしてきたことです。スピリットはそれ自身だけでは愛がわからないのです。それが、あなた方、スピリットがこの旅をしている理由です。それが、あなた方が二元性の要素を、「2」のスピリチュアル物理学を採用し、それをあなた方の人生の中でとても良く働かせた理由です。あなた方は愛を理解し、学び、感じようとして、探し求めてきました。

スピリットであるあなた方・・・神性の存在であるあなた方はまた、自分自身のアイデンティティを理解することも学んできました。あなた方がそうするにつれて、あなた方が自分自身の神性のアイデンティティを理解してくるにつれて、それからあなた方は神を理解し始めるのです。あなた方は自分の頭では神を解明することは決してできないと言われてきました。そして、確かにそれは真実です。それはあなたのハートを通してやって来るものです。そしてそれは、あなたが自分自身の神性を理解することを学んだ後にやって来るのです。これが起きるとき、親愛なるシャーンブラよ、それから「故郷」があなたのところへやって来るのです。前にお話ししたように、あなたは決して「故郷」へは行くことはないのです。それはこのすべての目的ではありませんでした。あなた方は「故郷」へは行きません。「故郷」があなたのところへやって来るのです。

さて、どうして私達は今日このようなことを話しているのでしょうか? あなた方は偉大な叡智と理解の地点にやって来ました。あなた方は自分のアジェンダをどのように手放すかを学んでいます。あなた方がそうするとき、あなた方は初めの時から持ってきた二元性のエネルギーからエネルギー的振り子を外すのです。もはや行ったり来たり揺れることはありません。

アジェンダが止まるとき、これは何か新しいものを創造します。それは新しい愛を創造します、親愛なる友たちよ、新しい愛をです。あなた方がアジェンダを取り去り、あなた方が何回も何回もの生涯で得た偉大な叡智と結びついたとき・・・今度は二元性の各要素が、それぞれがそれ自体の奥付(imprint)はそのままで、しかしもはや対立する力とはならずに、一緒に融合していくことができるのです。それらは一緒に融合し、一つではなく、4のスピリチュアル指数(quotient)を創り出すことができるのです。それが、私達が何度も繰り返し4についてお話している理由です。

二元性は「2」のエネルギーです。それは、あなた方が自分が何者かを理解する助けをするために、ここまであなた方を連れてきました。それは、あなた方にとって遊び道具、この白いビー玉と黒いビー玉だったのです。あなた方がアジェンダを手放すとき、そのどちらのエネルギーにも回転をかけないでください。ある意味で、それらは結合するのです。お互いに愛し合うとも言えるでしょう。これが「4」のエネルギー指数を創り出すのです。

これが愛の新しい理解です。そして、これがアセンション・シリーズのレッスン8:「愛の新しい理解」です(含み笑)。ある意味で、これに伴う何のレッスンもありません。あなた方は何もする必要はありません。それは既にあなた方の内で起きています。それは精神的にあなた方が取り組まなければならないものではありません。あなた方はこの部屋を出て、あるいはこのページを去って、別の何かをしに行く必要はありません。あなたが愛の新しい理解に至りつつあることを理解しさえすれば良いのです。それはあなた方の内で今起きていて、そしてこれからも起き続けるでしょう。

 
過去においては、あなた方の愛の理解はいくらか限定されたものでした。あなた方の愛の理解はあなた方の愛の探求の一部でした。あなた方は、あなたと調和し、そしてあなたと共にいて本当にあなたの内側の空白を満たしてくれ、そして様々なあり方で、あなたがバランスをとるのを助けてくれるもう一人の人物を求めたものでした。確かに、この人物との繋がりの中には強い感情的な気持ちがありましたが、究極的には、あなたは彼らを通じて自分自身を見い出しはしませんでした。あなたは単に共に旅を歩むパートナー、連れ合いを見つけたに過ぎなかったのです。彼らはあなたの神性のエネルギーを少しも持ってはいませんでした。

あなた方の愛の古い理解はとても限られていました。とても限定的でした。おお、あなたは時には愛しようと一生懸命試みました! あなたは自分自身に他の人々を愛さなくてはいけない・・・自分のしていることを愛さなくてはいけないと言ってきました。しかし、あなたは愛が本当は何かということの手がかりを得ることはできませんでした。愛の新しい理解では、それは言葉を超えています。それはあなた方がそうだと考えているようなことではありません。それは二元性を手放すことです。それはアジェンダを持たないことです。アジェンダを持ってはいけないのです。

さて、あなた方がいつも抱えてきた二元性のそのような要素は・・・それらの古いエネルギーを振り落としています。おお、あなた方はその影響を肉体的にいくらか感じるでしょう。これを起こるがままにしてください。

二元性のエネルギーは波、あるいは波長のようなものです。高いところと低いところがあります。お互いに競り合います。その低いところはあなたを高いところに押し進めます。その高いところは、時々低い期間と呼ぶことができるかもしれない新しい洞察をあなたにもたらします。それらはお互いに作用しあってきました。それは今、それらの「すべて」、高いところと低いところ、白いビー玉と黒いビー玉、整数と負数を抱き締める時です。それらのすべてを抱き締めてください。二元性の一つのエネルギーにだけ焦点をあわせないでください。そのすべてを抱き締めてください。このことが、あなたに愛の新しい理解を与えることになるでしょう。

新しい愛はあなた自身の内側からまず始まります。自分自身の内側からまず始めてください。この新しい愛はあなたと共に始まります。外に出て行って、すぐに世界中に広める必要などは感じないでください。それはやって来るでしょう。私達はそのことについてこれからお話しします。あなたが子供を育てるように、自分自身の内側でそれを育ててください。それは内側から始まるでしょう。

あなた方はその低いところ、痛み、闇、ネガティブ、そして悪を避けるためにとても多くのことをしてきました。しかし、それはすべてあなたの一部だったのです。それは、もしあなた方がそれをそう呼ぶなら、この壮大なゲームの、あるいはこの壮大な体験の一部だったのです。そのすべてを今抱き締めてください。正しいか間違っているかについてのアジェンダを手放してください。今この時点で他の人達が何を必要としているか、世界が何を必要としているかについてのアジェンダを手放してください。高いところ低いところも抱き締めてください。それらはすべて同じものの一部なのですから。

それが、あなた方のこれらの薬について私達が非常に「頑固」にお話ししてきた理由です。それらは光の部分と闇の部分を取り除いてしまうのです。すべてのこれらの要素が重要なのです。上昇と下降はあなた方に必要なものです。それは、それらが今いかに両極化しているか、どのようにあなたの内側で働いているかということなのです。

あなたの内側に新しい愛があります。そして、それは一つの理解です。それは、またある意味で、一つの叡智であり、一つの感覚です。私達にはそれを言葉で表すのはとても難しいことです。しかし、それが今現れつつあります。あなた方は何もする必要はありません。それが今日のレッスンがとても簡単であり、大きな転換点であるという理由です。それが今日このように非常にたくさんのゲストが来ている理由です。あなた方はこれについて、家に帰って頭を掻きむしる必要はありません。新しい愛のエネルギーがこの空間に植え付けられました。それは既にあなた方の内にありました。それは今ここにしっかり据え付けられています。

「もうすぐ生まれて来る子供達」が今日ここに来ている理由は、彼らもこのことを理解したいと思っているからです。彼らは今、目の前に旅を控えています。しかし、彼らは二元性が解放されうるこの地点に来た人間達のグループを見たいと思っています。彼らは二元性の古いエネルギーのやり方を超越した人間達のグループを見たいと思っています。この新しいグループがどのように闇と光を、浮き沈みを受け入れ・・・これらのすべてを受け入れ・・・もはや空白(void)から出ようともがくことなく・・・高い地点に執着することもなく・・・このリズムはすべて適切であることを理解し、そうする中で、二元性の古い要素にエネルギーを与えることはないことを理解したかを見たいと思っています。

それは新しい愛です。しかし、あなた方が思っていたようなものとは全然違っています。それはもう一人の人物と関わらなければならないものではありません。少なくとも今の時点においては。それは、あなた自身の本質とあなた自身の魂に関わることなのです。前にもお話したように、それは既にあなた方に起きつつあります。明日のこと、次の日のことではありません。それは既に起きつつあるのです。単に起こるがままにさせていてください、親愛なる友たちよ。

この愛の新しい理解は栄え、成長し続けるでしょう。それゆえに、今日このレッスンを与えることは、私達にはとてもやりがいがあり、とても栄誉なのです - というのは、レッスンはないからです。単にあなたがどこにいるかの認識があるだけなのです。

確かに、あなた方の今いるところはどこかということを理解する助けとなる見るべき言葉はあります。しかし、重要なことはあなたがここにいるということです。何よりも重要なことは・・・アジェンダが取り払われるにつれて・・・以前は二元性だったもののこの融合が現れ、この新しい原動力が生じていることです。しかしそれは今、2ではなく4のエネルギーに進みつつあります。

愛の新しい理解の中でここに起きていることは、「故郷」、「故郷」が遂にやって来ることができるということです。それが起きていることです。それが、私達がかくも魅了されている理由です。それが「もうすぐ生まれて来る子供たち」がこのように興奮している理由です。私達すべてが「故郷」を離れて以来、初めて「故郷」がやって来始めているのです。「故郷」が、いわば、再び目覚め、外へ拡大し、あなた方に会いに来始めているのです。

これが私達の旅が始まったとき以来から興奮してきたことです。私達は皆、「『故郷』はどこにあるのだろう? スピリットはどこにいるのだろう?」と思案してきました。私達は皆、「故郷」が私達を連れにやって来る時はいつになるのだろうと思案してきました。そして、あなた方は「故郷」があなたを救ってくれるだろうと思っていました。しかし、そのようなものではないのです。救いというものはないのです。「故郷」があなた方のところに挨拶をし、あなた方を抱き締め、大いなるすべて(All That Is)の本質を変えてきたあなた方のこの長い旅路に感謝するためにやって来るのです。「存在した(Was)」ものは、もはや「存在した」ものではありません。「存在した」ものは今になっているのです。

親愛なる友たちよ、この日に私達があなたは決して一人きりではありませんと言うとき、今までとは意味が違っています。というのは、「故郷」が遂にやって来始めることが可能となっているからです。それは、あなたを通して、あなたの神性を通して、あなたがそれを所有していることを通してやって来ます。

あなたは決して一人きりではありません。なぜなら、「故郷」が今、あなたに触れつつあるからです。


And so it is! (そしてそういうことなのです!)
profile
ブレスレットu


kayo

NESファシリテーター
ヒーラー
楽天市場
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • チャネリングされ、受け取られたアセンションコード Ascension Codes by Neo Glimmer 
  • 今日のメッセージ
  • 小樽の動画をアップしました。
  • トークライブの動画をアップしました。(パワーストーン)
  • 新曲が完成しました。
  • 新曲が完成しました。
  • 新曲アップしました。
  • オリジナル動画をアップしました。
  • 10月31日は蠍座の新月
楽天市場
占い











株式会社トライアングル

  • ライブドアブログ