IMAGINE

スピリチュアルメッセージ バシャールのワクワクを実践中 シャーンブラ

☆現実創造メソッドNES(ニューエナジー・シンクロタイズ)☆極小サイズ

クリエーター・シリーズ レッスン 6 「あなた方の内側に神聖なバランスがあるのです」 クリムゾン・サークル 2001年1月6日

クリエーター・シリーズ レッスン 6
「あなた方の内側に神聖なバランスがあるのです」 
クリムゾン・サークル 2001年1月6日

トバイアス: そしてこのように、今日このクリムゾン・サークルの集いにお越しの大切な友たちよ。私達はあなた方のエネルギーとスペースに喜びをもって伺っています。おぉ、あなた方のハートが今開かれています! 私達に対するあなた方の受容は真実で愛情深いものです。私達はこのスペースに私達がくることを許して下さるあなた方に感謝いたします。
あなた方自分の、あなた方が何者であるかの受容については… おぉ、私達が前回話し会ったとき以来、それは著しい変化を遂げました。それは私達がこのサークルで最初の集会を始めた時から見事に変わってきています。クリムゾン評議会の中での私達の責任の一部は、大局観をあなた方にお伝えし、私達にわかるものをあなた方にご説明することなのです。あなた方は自分の人生と体験のただ中にいますので、自分自身の進歩向上の程がわからないときがあるのです。あなた方は、ご自身が本当は何者なのかをお分かりになるのが困難な二元性にどっぷりと浸かっておられるのです。ですから私達はあなた方に私達の見方をご提示します。そして実に、愛する友たちよ、あなた方はほんの数か月前と同じ意識ではありません。あなた方は多くの古いものを脱ぎ捨て、新しいエネルギーを抱き始めておられるのです。そしてこのエネルギーはあなた方自分の神聖な自己なのです。

愛しい友たちよ、私トバイアスは、そしてクリムゾン評議会の面々は、私達に見えるものをあなた方と分かち合うために今夜ここに来ております。私達に見えるのはこの部屋におられる人間達のグループです。そしてさらには次元を越え、時間と空間を越えてこれらの言葉をお読みにそしてお聴きになっておられる人達であります。私達はあなた方のハートを覗き、ワンチャクラを覗いて、そしてあなた方が自らの神性を受け入れることを学んでおられることが分かります。私達はそれが挑戦であり困難だったことは分かっています。そして私達はあなた方の何人かはトバイアスを呪ったことを知っています。(聴衆 笑) あなた方は私達が与えるまさにそのレッスンを呪いました! 私達は今あなた方と一緒に笑っています!(クスクス笑) そして私達はあなた方を称えております。それは困難なことだったことを私達は知っているからです。

私達は、私達がクリエーター・シリーズと呼んでいるこのシリーズの中で、あなた方が権能を備えた人間になる為に使うことができる情報をお伝えするために、あなた方のところに来ております。私達は人間の天使が最も耳にする必要のないものは更なる陳腐な言葉だということを知っています。そこで私達はこれに対してとても慎重なのです。私達はお話の中で可能な限り深みのある内容が盛り込まれた実践的な情報をお伝えし続けていくつもりです。でも大切な友たちよ、これは私達と(あなた方の)双方向のやりとりです。私達はあなた方にありきたりの言葉をお伝えするつもりはありません。私達はあなた方の時間のほんのひと時だけ機嫌を良くさせるようなうつろな言葉をお伝えするつもりはありません。私達はあなた方ご自身が歩んでいる道についてあなた方から受け取っている情報をお伝えするつもりです。私達は、あなた方の一部があなた方が聴く必要があると私達に語っている情報をお伝えするつもりです。私達は単にあなた方からやって来る情報をあなた方に中継しております。そのためにそれはとても親近感を覚えるのです。そのために、しばしば、トバイアスとクリムゾン評議会のエネルギーがこんなにも近く感じ、まさにあなた方のために言われたように感じるのです。なぜならそうだからなのです。それはあなた方がご自身に伝えるようにと私達に頼んだ情報だからなのです。

私達がここのこのサークルの中で持っているパートナーシップの一部は、愛する友たちよ、私達があなた方のために情報をお知らせすることでしょう、でも次にそれを使うのあなた方、人間の天使であるあなた方次第なのです。これらの新しいツールと共にワークするのはあなた方次第なのです。究極的に創造者となるのはあなた方次第なのです。私達が以前あなた方に申し上げたように、私達はあなた方に代わってそれをすることはできません。私達が以前申し上げたように、私達はあなた方のご質問に対する全ての答えは知らないのです。私達の前回の集いでさえ、ご質問が訊ねられた際に、私達はしばらくの間、引き下がっていることにすると申し上げました。そしてカウルダー(ジェフリー・ホップ)は彼だけに向けられた言葉だと思いました! しかし実はそれはこの30日間に渡り、あなた方全てにあてはまることでした。

あなた方と私達とスピリットとAll That Is(大いなる全て)との間のこのエネルギーの融合は実に甘美です! この空間の中のエネルギーは本当に甘美です、たとえあなた方がこの山の上の私達の部屋や、あるいはここから遠く離れた場所におられようともです。私達は、あなた方の人生がたくさんの活動やたくさんの考え、そしてたくさんの心配でいっぱいになっていることを知っています。こちらにいらっしゃる、あるいはお読みになり、お聴きになっているあなた方それぞれに、融合のためにここで小休止をとることを私達は今お願いいたします。大切な友たちよ、あなた方がこの空間の中にスピリットと共に創造するのを助けたもの、真実の愛の感覚、平和の感覚、そしてあなた方の内側で静かに目覚めている自らの神性の感覚をしばらく感じとって下さい。

私達はカウルダーにしばらく静かにしていただくようお願いしましょう。私達はあなた方がその創造を手助けしたこの融合をあなた方お一人お一人に感じていただくようお願いします。まさにこれは私達とあなた方双方にとって、やって来ている私達全てにとって甘美な時間です。

(小休止)

ところで今夜この場所に、これまでにあなた方がご経験されているかもしれないものとは幾分違う少しおもしろいエネルギーがあります。ご存知のように、あなた方がこのサークルの中にいらっしゃる際に尋ねて来るたくさんの存在がいるのです。ここで成されるワークについて好奇心を持っているヴェールの反対側からの存在達です。ある意味で、愛する友たちよ、彼らはこちらにくるためには前もって予約が必要なのです。さもなければ彼らはあなた方の空間に大挙して押し寄せることになってしまいます。(クスクス笑) 私達はこちらにやって来る者達についてはこだわりがあるのです。あなた方のサークルの中にには席順さえあるのです。あなた方は、ここにいらっしゃる人間の方々は、1番目のサークルに座っています。それからその周りのサークルに、そしてさらにそれを越えて外側に広がっているサークルに集う他の存在達がいるのです。

さて、今夜の私達の集いに正式に招待されてやって来ている者達…彼らのエネルギーは異なっています。彼らはここに来たことのある他の存在達のように近くには来られないのです。これらの存在達があなた方を訪ね、観察し、そして融合することを可能にするよう、エネルギーの境界を創造する助けをする媒介者達がいるのです。彼らは今すぐには直接やって来ることができません。ですからこのギャップを埋めている天使のファシリテーター達がこの部屋の中にいるのです。 

今夜私達に加わる存在達はこれまで地球にやって来たことがない者達です。彼らは今までに”火の壁”を超えたことがない存在ですが、適切なタイミングを熱心に待ち続けているのです。彼らはあなた方の時間でこれから5年間の内にやって来始める存在達です。彼らは”火の壁”を通り越える存在になるでしょう。彼らは物質的肉体をまとうことができるようになる前に、地球の意識の中に入ることができるようになる前に、ある種の応接室、もしくは移行の部屋に行くのです。彼らはあなた方が”王国”にいらした時に、”第1サークル”にいらした時にご存知だった存在達です。彼らはあなた方が、当時そこで一緒に遊び、教え助けた存在達です。彼らはあなた方がいなくなってとても寂しく思いました。あなた方は彼らの名前を思い出せないことでしょう。あなた方は彼らのエネルギーさえも思い出せないことでしょう。彼らはあなた方がご存知だった存在達です。彼らはあなた方が長い間待ち焦がれていた存在達です。おぉ、そして実に彼らは、かろうじてあなた方がわかっています。

これは今議論するに良いポイントを提供しています。あなた方のほとんど全員はヴェールの反対側の時の自分の天使もしくはスピリットの名前は何だったのか、あなた方が呼ばれていた名前を尋ねています。大切な友たちよ、何故あなた方はご自身をあまりうまく指摘できないのかご存知ですか? それは、あなた方が反対側で呼ばれていた名前は、波動や音色のようなものなのです…あなた方はそれ以上の名前は持ってはいないのです。

あなた方は地球上での旅を始めて以来、大きく変化を遂げているのです。今夜やって来ている者達が、あなた方を第1サークルで知られていた名前でもって呼ぶのは不名誉になることでしょう。それは不名誉になることでしょう。それは将軍を大尉と呼ぶようなものです。それは教授を学生と呼ぶようなものです。あなた方はとても長い旅をなさっているので、あなた方が知られていた名前を彼らが使うことは、不名誉になるのです。あなた方は大きく進化を成し遂げていますので、自分の内側に現れつつある新しい名前があるのです。それはあなた方が反対側でお持ちだった名前ではなく、ちょうど今その創造を、定義を手助けしている新しい名前です。この名前と共に、私達はあなた方の内側に生まれ始めているエネルギーのヒントが見え始めるのです。そしてそれに従って、新しい名前が現れ始めるのです。それは、あなた方ご自身で発見なさるでしょうから、私達があなた方にその名前をシェアするのは適切ではないでしょう。あなた方は質問や疑念なくわかるようになるのです。でもその名前はなお、生まれているところなのです。ですから私達はあなた方に辛抱していただくようにお願いいたします。

さて、観察しにやって来ている者達は、ここに実にもっともな理由があってここにいます。彼らは反対側から、第1のサークルからあなた方を見守ってきました。彼らはあなた方が成し遂げたこと、そして地球上にいて二元性の中にいるのはどのようなものか、あなた方が本当は何者であるかの記憶を持たないことはどのようなものかについて驚かされてきました。彼らはあなた方が記憶を思い出してきていることを称えています。彼らはあなた方が「2」のエネルギーから去り、そして今新しいバランスを始めていらっしゃるのを見て称賛しています。あなた方はキリスト意識のエネルギーを取り入れつつあるのです。適切な量がある時、あなた方の世界中の十分な数のシャーンブラやライトワーカー達がこのキリスト意識のエネルギーを取り入れる時、それは、それらがやって来始める番になっていくのです。

彼らはトレーニングと準備をしているので、今夜観察をしにこのサークルの中にやって来ています。おぉ、大切な方々よ、彼らはあなた方の時間でおよそ5年程後に地球にやって来るでしょう。彼らは生体の中に産まれてくる予定です。彼らは人間の状態をまとうのです。彼らはあなた方がインディゴと呼ぶであろうものではありません。違うタイプだからです。インディゴ・チルドレンは数多くの生涯を通り抜けていて、彼らの本質の内で進化と権能獲得の新しい地点に達している者達です。インディゴ達は古い地球の魂達なのです。

他に「クリスタル・チルドレン」と呼ばれている者達もいます - おぉ、あなた方はグループについてたくさんの名前をお持ちです。(クスクス笑) これらは私達が言及している者達ではありません。私達は今のところ彼らに名前はつけません。それは産まれてくるであろう新しい者達です。それは人間の状態を今だかつてまとったことのない第1のサークルの“王国”からやって来る者達です。彼らはナーバスになっていると言ってもいいでしょう! つまり彼らはあなた方がなさったことに驚かされていると言ってもいいでしょう。彼らはトレーニング中であり、順応し始めています。彼らはコンディションを整え始めています。彼らは理解しようとしています。なぜなら彼らはまだ”火の壁”の反対側にいて、彼らは媒介者や仲立ち人が必要なのです。彼らのエネルギーをより近くにもたらす助けをするために、今夜この役目を勤めている者達がこの部屋中にいるのです。これは通訳者がやって来るようなものです。

これらのやって来ている新しい存在達は今後数年間に渡ってあなた方を学んでいきます。ですからもしあなた方が夜に目覚めて部屋の中にエネルギーを感じたら、もしあなた方がひょっとしたらぶつかられたと夜中に感じたら…(彼らはまだ少々不器用なのです)…彼らは単により近くにやって来ているのです。あなた方が自らの神性を統合するにつれて、彼らはもっともっとあなた方の近くにやって来ることができます。彼らは人間になるというこのプロセスを理解しようとしているのです。彼らはあなた方について回るようになることでしょう。

もしあなた方が自分の人生で何をすべきかアドバイスを彼らに尋ねても、彼らは何のコンセプトも持っていないでしょう。彼らはあなた方から学んでいるのです! これらの者達をあなた方のガイドや天使達と間違えないようにしてください、親愛なる友たちよ。彼らは訓練生なのです。彼らは自由に行ったり来たりする権限を持っていません。彼らはいつも必ず - 私達はここであなた方の言葉を使っています - 彼らはいつも必ず”火の壁”のあなた方側にいる天使の一種に付き添われなくてはならないのです。でも彼らはもっと頻繁に立ち寄るようになることでしょう。

彼らは今夜ここに来ています、そして彼らはこれをお読みになっている皆さん方であってもその傍らにいます。私達はあなた方にハートの中で彼らに挨拶することをお願いいたします。彼らがあなた方に愛を送っていますので、彼らに愛を送るようあなた方にお願いいたします。彼らは今度の地球の旅を切に期待しています。私達はあなた方に全てのこれらの地球上での生涯で得た経験の精髄とその深さを彼らとシェアしていただくようお願いいたします。彼らは自分達がやって来てあなた方の足跡を辿れる時を切に待っています。

(小休止)

さて、これは私達にサイアムの王子、ジャックの物語の続きにいざないます。愛しい友たちよ、私達が私達の前回の集いであなた方とお話したとき、私達は第1のサークルの王国の王子だったジャックの物語をお話しました。彼は王国の全ての場所に行く旅を楽み、多くを学び、多くを体験しました。彼は王国の中の新しい村々に行きました。彼は王国の中で他の人達と分かち合い、たくさんの新しいものを創造することを手伝いました。これはあなた方がどのようにして地球にやって来たかをあなた方にご理解いただくために私達があなた方と分かち合うたとえ話です。というのは、本当にあなた方それぞれがジャックだからです。さて、私達が前回の集いであなた方にお話しなかったことは、ジャックが地の果てに来た時にジャックに一体何が起こったのかということでした。彼は広大な海の中に彼のボートを押し出しました。そしてのどかな日々がずっとずっと続きました。そしてジャックは退屈になりました。

私達はここでゆっくりとお話し、そしてこれらの隠喩を強調します。というのはそれらはあなた方が教えていくであろう事柄にとってとても大切な鍵となるからです。私達はあなた方それぞれを、今夜ここにいる教師達を賞賛しています。

ある日ジャックは新しい冒険を探して水の上を漂っていた時、いました、彼は大きな”火の壁”を見ました。彼は恐れをなしました。彼はやって来た地に戻ろうとして、彼の家があった王国に戻ろうとして、漕ぎ戻り始めました。それにも関わらずこの”火の壁”は彼を引き込んでしまいました。彼は恐れおののき、怯えましたが、それでもそれは彼が阻むことができないまま、彼を引き込んでしまいました。その”火の壁”を通り抜けた後、ジャックは新しい地の岸辺で、地球と呼ばれるこの場所で目覚めました。ここで彼は、自分のような他の人達に出会いました。彼らは一緒に村々を作りはじめました。彼らは新しい地のための構造とエネルギー・パターンを創造したのです。

さあ、少しの間戻って、そしてジャックがその”火の壁”を通り抜けたこの期間の間に起こったことについてお話しましょう。私達は私達の前回の集いではあまりそれには焦点をあてませんでした、というのは私達は今夜それについて具体的にお話したかったからです。

これはジャックにとって、そしてあなた方にとってトラウマ的な経験でした。この”火の壁”が彼を引き込み、そして内側で悲鳴を上げた時、初めて彼はコントロールを失ったと感じました。これはジャックがかつて恐怖を感じた最初の時でした。これはジャックがかつて彼自身の存在の中でばらばらに引き裂かれたと感じた最初の時でした。彼はずっと王子、王位継承者だったのです。彼は彼が選んだどんなやり方でも創造する自由をずっと持っていました。

しかし今や彼にとってのその全てを”火の壁”は変えてしまいました。彼が”火の壁”を通りぬけている間、それはまさに彼の本質の核心部において燃焼し、そして彼の内側で、対立と痛みと悲しみと苦悩を - 以前彼が王国にいたときには経験したことのなかった全てのものを目覚めさせました。それは彼の中で罪悪感と呼ばれるようなものを目覚めさせました。彼がこの恐ろしい壁をめちゃめちゃになりながら通り過ぎていくにつれて、彼が何をしたのか怪訝に思うにつれて、彼はあまりにも遠くまで来てしまったことに罪悪感を抱きました。彼は全ての物事が善く、正しかった王国の中の家にとどまっているべきだったと感じたのです。

彼がこの”火の壁”の中にいた間、それは彼を粉微塵に打ち砕きました、愛する友たちよ。それは彼がそれまでいたワンネスを粉々に打ち砕きました、そしてある意味では、それは彼の中で戦争を創り出したと、言えるかもしれません。彼が“火の壁”を通り抜けた短い時間 - 永遠に続くかと思われたその時間の中で得た体験があったのです。王子ジャック、王国の創造者であった存在は、最も深い悲しみと、怒りや嫌悪で満ちた体験をその”火の壁”の中でしたのです。

おぉ、あなた方の何人かはこの話をお聞きになって困難を覚えたのが私達にはわかります。しかしこの全ては適切だったのです。この全てはそう計画されていたのです。そしてこの全ては、あなた方がその終局の中で、最大の愛に満たされていたのだとわかるようになるでしょう。

私達はこの夜、あなた方にたくさんの重要な隠喩をお贈りします。あなた方がなさるであろうティーチング・ワークの中で重要になるであろうたくさんの例えがあるのです。

王子ジャックは”火の壁”のゾーンの中で永遠の時を過ごしました。それは彼を粉々のかけらに砕きました。それらのかけら達は、ある意味では、2つの領域の中に彼ら自身を再編成しました。そのかけら達の中の小さな部分が再結合して、宇宙を通り抜けて地球と呼ばれる場所に落ちていきました。彼らは人間の肉体の中で彼ら自身を蘇らせました。この人間の肉体の中で、ジャックは何度も何度も地球を歩み、生涯のサイクルを繰り返し、とても大きなスケールのもののために経験を得るように運命づけられました。

ジャックの一部は、粉々に砕かれたジャックのより大きな部分は、”火の壁”のゾーンの中でもう少し長い時間を過ごしました。これらのジャックの破片達は”火の壁”の内部で混乱と困難の中で時間を過ごしました。しかしそれから彼らは再び共に集まりました。彼らはお互いを見つけました。彼らはお互いのヴァイブレーションを見つけました。彼らは一緒に戻りました。彼らはそれから自分達自身を護るために周りを大きなエネルギーの織物で包みました。あなた方はこれを繭と呼ぶことでしょう。そしてこの繭の中で、再び一緒に戻ったジャックのそのより大きな部分は、エネルギーの繭に護られて、多くの種類の、目には見えないものの愛に満ちた力によって護られて眠りにつきました。

この繭の中でこれらのジャックの断片たちが眠っている間、彼らは内側を見ました。ジャックはそれまでずっと外向きの創造者であり、探検家であり、新しい土地を探し求めた者でした。ジャックはずっと外側の表現だったのです。しかし今やジャックの大部分は繭の中で横になり、深く休眠して、内側を見つめていたのです。これはそれまでに一度もなされなかったことなのです。スピリットのほうで、外向きに創造することよりも、ジャックを通して内側を見、新しい視点から見ることを必要としていたのです。

さて多くの生涯を生き、そして自らが何者であったか忘れ、自分の天使的な起源について忘れてしまっていた人間、ジャックに戻りましょう。彼は考えてみると、彼はただの人間であると考え、信じるようになりました。おぉ、彼が地球上でのいくつもの過去生を過ごしたことさえ忘れています。彼の存在は単純に生れて生きてそれから死ぬことであると信じ始めました。彼は生涯から生涯を経ていくにつれて、彼は自分が何者だったのかを忘れていきました。そして彼の名前は生涯から生涯に渡って変わりました。彼の性別も時には入れ替わりました。彼はたくさんの経験を積みました。

ある生涯のある日に、彼は「何故」と問い始めました。彼は自分が何者なのか問い始めました。彼の本当の父親は誰なのか問い始めました。そして彼が言われた言葉は、彼の内側にうまくおさまりませんでした。彼が教会の聖職者達によって、そして霊的な教義を統制した者達から聞いた言葉は、彼の内側に共鳴しませんでした。彼はもっと他に何かがあると分かっていました、そして彼はそれを見つけようと探求しました。彼は自分があると知っていたものと再会しようと捜し求めました。でもこれだというものを見つけられませんでした。彼はそれを定義できませんでした。ジャックは彼自身を捜して数多くの生涯を送りました。彼はこれらの生涯をひとりぼっちで孤独に過ごしました。彼はこれらの生涯を、探し求め、格闘し、そして自分の頭を壁にぶつけて過ごしました。

数多くの試練と苦難の後、そして肉体と心と精神の痛みを通り抜けた後、ジャックはついにある日断念しました。彼は再び人間として生き、あるいは死ぬかどうかに構わなくなりました。彼は自分の家族を愛し、そして途中で出会った人達を愛しました。でも彼はもうあまり気にしなくなったのです。彼はもはや人間でいることに関心や情熱を持たなくなりました。しかし、これは悲しいことではありませんでした、親愛なる友たちよ。これは悲しいことではありませんでした。それは人間でいることを、人間的な信念を握り締めていることを、人間の状態を保つことを手放す時だったのです。

他の人達はジャックは気が触れてしまったと思いました。彼らはジャックを心配しました、そして彼らは仲間同士で話し、ジャックは自殺するかもしれないと、そしてあのジャックは頭がいかれてしまったのだと話しました。彼らはジャックは単純な仕事について、単純なことをやって、そしてもう一度彼自身を見つけるというような壮大なことについて心配しなくても済むようにするべきだと考えました。

ジャックはとうとう彼の外界を探求することを止めました。彼は静かに座って受け入れ始めました。彼は真に聴き始め、そして彼自身の声のみに従い始めました。彼は本を下に置きました。彼は他の人達が彼に言っていたことを下に置き、彼のハートとマインドに起こっていた格闘を下に置きました。そうしてのみジャックは本当に何が起こっているかがわかり始めました。この繭の中にいて内側を見つめていた彼のより大きな部分は、今その眠りに終止符を打ちました。ついに今や内観を終えて目覚めの準備ができました。

愛しい友たちよ、繭の中にいたジャックのより大きな部分が目覚めることを決めた時、それは赤ん坊のようでした。おぉ、あなた方は”真の自己”はあなた方の父や母のようだとお思いですか? いいえ、それは赤ん坊のようなのです。それが目覚める時、まず待ち焦がれていたやりたいことは、あなた方と再会することです。”真の自己”が目覚め、そしてその繭から現れる時、それはあなた方を捜し求めています。そうするとき、愛する友たちよ、これが内なるキリスト意識の目覚めと私達が呼んでいるものです。

その時、ジャックは静かに座り、そして彼は長い間耳を傾けました。まず始めに彼は他の人達から言われていた方法で聴いてみようとしました。これはあまり上手くいきませんでした。彼は、自分がまた外側を探していたことに気がつきました。静かにしようとしていた間であっても、正しい技法やプロセスを試しながらマインドの中で外側を捜していたことに気がつきました。彼がついにそれらを諦めた時、彼がついに他の誰かの方法ではなく彼自身の方法で許し、聴き始めた時、それから彼は置き去りにされていた部分のエネルギーと愛と切望と情熱が聞こえ始めました。

それからジャックは、私達があなた方にここでご説明さえできなかったものを理解しました。それあなた方一人ひとりにとって独自なものになるでしょうから、私達はそうしないことにしたのです。ジャックが書物で読むことができたこの地点から先のプロセスはありません。それはあなた方にとってとても独自で個人的なものなのです。それはあらましをお話できるものではありません。おぉ、実際に私達は、創造者になることをあなた方にお話できます。私達はどのようにしてあなた方がここにいらっしゃったかをお話できます。あなた方が今ご経験なさっていることをお話できます。しかしあなた方の神性の目覚めのこのプロセスはあなた方の内側のとても深く個人的なものなので、私達にはそれを定義し始めることもできないのです。あなた方はお分かりになるようになるでしょう。

大切な友たちよ、ジャックは静かに座り、そして彼の本質の内側で耳を傾けて、最深のレベルで許しました。彼は全てを手放すことを意味するレベルで許しました。彼はついに聴こえ始め、ついにわかり始めました。彼はとうとう彼である全てと、あなた方が”真の自己”と呼ぶものと統合し始めました。これはあなた方の何人かがご自分のガイドであると勘違いなさるものです。あなた方の何人かが外界のエネルギーと、サナンダ、イェシュア・ベン・ヨセフとさえ勘違いなさるものです。これらは全てあなた方を導き、あなた方と共にワークし、あなた方に愛を与えるためにやって来る者達ですが、愛する友たちよ、この統合と内側の発見は遥かに崇高なものなのです。

私達は、次回以降にこれについてもっとお話するつもりです。でも私達はジャックの物語についてもうちょっと進めたいと思います。それはあなた方の物語です。

あなた方が王国を去り、大きな”火の壁”を通り過ぎた時、あなた方の多くは取り残されました。あなた方の多くは、とても言い表すのが大変な、あなた方の本質の内側で理解することさえ困難な混乱を通り抜けました。あなた方の全体のエネルギーのわずかな部分は地球と呼ばれるこの場所にやって来て、幾世にも渡る多くの生涯を歩みました。しかし残されたあなた方の部分 - あなた方の”真の自己” - は今目覚めつつあります。これがちょうど今あなた方の内側で起こっていることなのです。それであなた方の肉体とマインドの内側であなた方が感じていることを感じているのです。それで私達はここに集っているのです。それで私達があなた方を賞賛しているのです。

これは何か外側のエンティティではないことを憶えていいてください。あなた方の”真の自己”は何か翼のある天使のような存在ではないのです。それはあなた方なのです、そして内側からやって来ています。もしあなた方がこの例え話の中で私達が使ったいくつか隠喩をおさらいするのなら、あなた方はここでもっとわかるようになるでしょう。それはあなた方の内側からやって来るのです。

さて今日はクリエーター・シリーズのレッスン6です。私達はあなた方それぞれにしばらくおくつろぎ頂くようお願いいたします。私達はあなた方が緊張しているのが分かってますから。(クスクス笑) 今夜ここにやって来ているそれらは外側のサークルの中に座って聴いています。あなた方がキャンプファイアーを囲んで物語を聴いたように聴いています。彼らはこのジャックの物語を聴き、それはあなた方だったということを知ってみんな驚いています。言ってみれば、彼らは口をあんぐりと大きく開けています。尊敬があるのです。

今私達はこの教室での理解をどんどん進めていくつもりです。愛する友たちよ、私達は今クリエーター・シリーズのレッスン6の時にいます。私達はここで今夜の要点のおさらいをします。私達はまたこの部屋にいる者達の為に、時間と空間を越えて私達に合流している者達の為に、ここで注意事項もお話します。もしあなた方がこれまでのレッスンを十分呑み込め、理解できていないなら、私達はあなた方に戻るようにお願いします。私達はこのシリーズの道の途中のここに、「もしあなたが理解していないなら前に戻ってください。」という目印を置きます。

今日のレッスンの後で私達が今後議論をしていく内容は、新しいエネルギーの中で創造者となるための実践的適用と実践的なツールです。もしあなた方が基礎レッスン(レッスン1-6)のコアレベルでの理解をされていないで先に進もうと頑張るとしたら、時々痛みを感じるかもしれません。あなた方は自分の創造のエネルギーにうちのめされるでしょう、そしてそれをあなた方はあまり好まないでしょう。

将来これらのレッスンを教えるであろう人達にとって、これは「止まりなさい。もしあなたがこれまでのレッスンを理解していないのなら止まって戻りなさい。」という止まれの標識によく似た標識があるというリマインダー(思い出させるもの)なのです。もしあなた方がレッスン1から5をおさらいする時間をとらずにレッスン6に飛ばしてきていたのなら、私達はお戻りになるように大いに勧めます。

最初の3つのレッスンは、愛しい友たちよ、それは基礎レッスンでした。レッスン1:「全てをあるがままに受け入れてください。」、これは低い壁のレッスン、低い壁の後ろに立つことのレッスンでした。これは二元性とドラマからちょっと外に出て、あなた方の低い壁の後ろに立って、あなた方の周りで起こる全てを観察するレッスンでした。このレッスンからあなた方は、どれほど二元性の罠にはまりやすいかが理解できるようになりました。低い壁の後ろに立つことによって、あなた方は、その争いの中に飛び戻りたいという(常用)中毒症状を感じることがどれ程たやすいかをご覧になったのです。

低い壁の後ろに立つことによって、あなた方は新しい見方、やや離れた見方を得るのです。でも必ずしも情熱を失ったのではありません。あなた方は全ての出来事を見守るのにより良い優位な地点を得、そしてあなた方は他の人達の興味深い動力学が見えるようになるのです。あなた方は二元性の真の姿を理解し始めるのです。

レッスン2、もうひとつの基礎レッスン:人間としてのあなた自身を受け入れてください。そうすればあなた方は自己の神性を分かるようになるでしょう。これはひょっとするとよりうんざりするレッスンの内の一つです。しかし大切な友たちよ、あなた方は自分自身のためにこれを理解する必要があるでしょう、そしてあなた方はあなた方が教える人達のために理解することが必要でしょう。もしあなた方が自分自身の人間の自己を受け入れなければ、「スタート」に戻りなさい、そしてもう一度始めてください。(クスクス笑) もしあなた方があなた方自分の人間の自己を受け入れないのなら、もしあなた方が自分自身を拒絶するならば、それは後でまた戻ってくるのです。あなた方の人間の自己は受容を望んでいます、そしてそれは今よりも、後で癒す方がもっと困難になるのです。

あなた方は理由があって地球にいらっしゃってます。あなた方は理由があって幾世にも渡る多くの生涯を通り抜けて来たのです。あなた方が自らの神性との統合により近づくにつれて、実際に自分の人間の自己を拒絶する傾向が出てくるのです。アセンドして決して地球に戻らないと思っている人達がいます。愛しい友たちよ、それは受容ではありません! もしそのようにあなた方が自分自身について感じているのでしたら、クリムゾン・サークルの道で困難を抱えるようになるでしょう。私達がここで申し上げていることがおわかりでしょうか? 人間でいることの美と喜びと愛について考え直してみてください。それを受け入れてください。もしそれを受け入れるのが難しいのなら、これとワークする時間を取ってください。あなた方が受け入れるのを助けてくれる他の人達とワークしてください。もしあなた方の望みがただ飛び出て、地球のこの挑戦的な場所に絶対に戻らないことだとしたら、おぉ大切な友たちよ、あなた方は将来の多くの生涯の中でたくさんの名前を持つようになるでしょう!(聴衆 笑)

レッスン2:あなたの人間の自己を受け入れてください。そうすればあなたは自分の神聖な自己を知るようになります。これは核となるレッスンです。あなたである全てを受け入れてください。あなたの人間の自己を受け入れてください。ジャックは鏡を見て、鏡の中の美が見え、愛が見え、そして神が見えることを学ばなければならない地点にやって来たのです。私達の言わんとしていることがお分かりでしょうか? あなた方は自分自身の内側で神としてのあなた方が見えるこの地点に来る必要があるのです。なぜなら、あなた方は本当にそうなのですから! 人間の状態でいることは楽しく、崇高で愛に満ちたものです。これをすることを望み、この経験を望んでいる多くの多くのエンティティ達が今夜外側のサークルの中にいるのです。あなたの人間の自己を受け入れてください。そうすればあなた方は自分の神聖な自己を知るようになります。

そうして神聖な瞬間の中に生きることが現れてくるのです。レッスン3:神聖な瞬間に生きてください。愛しい友たちよ、あなた方がよくご存知の通り、過去の中に生きることはたやすいです。未来を心配することは簡単です。創造者として、あなた方は過去や未来にいてはいけないのです。あなた方は現在の中に、神聖な瞬間の中にいてください。とてもおもしろいことに神聖な瞬間というのは過去と未来を含んでいるのです。もしあなた方が自分の神聖な瞬間にいれば、あなた方は自分の過去を癒しているのです。あなた方は素晴らしい未来を創造しているのです。神聖な瞬間の中で、あなた方は過去と未来の中に全く同時にいるのです。でもあなた方は本当は私達が「無時間」と呼ぶところにいらっしゃるのです。

この神聖な瞬間にいる間、大切な友たちよ - あなた方にここにいるために何かインセンティブを与えるために- あなた方の老化のプロセスは大きく減少します。それは、もしあなた方が過去と未来そして「無時間」に同時にいるのなら道理にかなっています。もしあなた方が生体の老化プロセスを弱めることを選択するのなら、神聖な瞬間にいてください。あなた方の物質肉体の癒しは、あなた方が神聖な瞬間にいるなら、指数的により速くなります。今夜ミンディ・レイノルズ博士が新しいマシンと共に語ったワークは、これが本当であると示してくれるでしょう。あなた方が神聖な瞬間にいる時は、癒しのプロセスは指数的により速くなり、そして老化のプロセスはゆっくりになるのです。

おぉ、これらは鍵となるレッスンとでした。私達はそれらを素晴らしいエネルギーだとただ読まなかったことを望みます!(聴衆 笑) これらは基礎レッスンの核となっていますので、最もエキサイティングなものではありませんが、一番重要なものなのです。これらのクリエーター・シリーズの最初の3つのレッスンは、受容のレッスンなのです。:全てのものを受け入れること、あなた方自身を受け入れること、あなた方が生きている瞬間を受け入れること。これらは、このシリーズの中で受容のレッスンなのです。

それから愛しい友たちよ、私達はレッスン4に移りました。それは楽しいレッスンでした。というのはあなた方に初めての実際のツールを提供しているからです。グレース(神の恵み)の中で創造するためのツールです。グレースのオーブンはあなた方に状況を取り上げて解決策を見つけ始めることができるということを示す方法なのです。これはあなた方にとって教えるのが楽しくなるレッスンでしょう。グレースの中で創造することは、あなた方の人間的な思考から離れることです。しばらく脇によけて、ただ単に目覚めつつあるあなた方の”真の自己”がそのプロセスを始め、適切な解決策を見つけ始めるのを許すことなのです。グレースの中で創造することはまた、あなた方のアジェンダ(予定表)を手元の状況から取り出すことを意味します。あなた方のアジェンダには限界があります。それは更に、生じ得る創造の真の広がりを限定してしまうのです。レッスン4、グレースの中で創造することは新しいタイプのプロセスを開始するのです。プロセスはマインドからやって来るものではありません。それは新しい方法で創造するためにあなた方の内側から来るものなのです。

その次に、グレースの中で創造しながら、あなた方は人生の中で変化を期待なさいませんか? レッスン5: 変化を期待してそれらを賛美してください! あなた方が自分の人生で体験し始めている変化は、フラストレーションを感じたり、腹が立つものではありますが、適切なのです。あなた方は古いものが、新しいものやより崇高なもののための余地を作るために引越しをさせられるということが分かるようになるでしょう。ここには、あなた方の内側に文字通り起こっていることとパラレル(対応)があるのです。引っ越して来ている新しいものというのは、あなた方の一部です。”火の壁”のところに取り残されていたあなた方のより大きな部分なのです。ちょうど今あなた方の人生から引っ越して出て行っているものは、古い人間の制限に基づいたものでした。意識の制限はちょうど今、このより崇高なエネルギーのための余地をつくるために引っ越しをさせられているのです。

(とても情緒的に)私達はしばらくここで小休止します。あなた方にこのように近くに来て、あなた方が通り抜けてきた挑戦と痛みを感じ、あなた方が受けた大きな苦難を感じるのは難しいことだからです。それでもあなた方は自分の道を続けています。それは私達を驚かせます。そして今やって来ている感情は、敬意を表して涙している外側のサークルの中にいる存在達からのものです。彼らはあなた方が通り抜けているものを見て泣いています。そしてどうすればあなた方の足跡を辿ることができるのだろうと思案しているのです。


(感情的な小休止)

私達は今続けることにしましょう。

あなた方は、(グレースの)オーブンによって促進される一連の変化を始めながら、あなた方の人生の中に物事が起こることを期待しないということはできません。古いやり方は新しいやり方に席を譲って引越をするのです。愛する友たちよ、あなた方がグレースのオーブンを作動させる時、あなた方の人生の中に変化を期待して下さい!

今、この時にあなた方の”新しい家”の中にいらっしゃるように私達はあなた方にお願いいたします。私達はあなた方が”新しい家”に確実にいらっしゃるように今少し時間を取るようお願いいたします。もしあなた方が外の庭においでならば、私達はあなた方に今ドアを開けて入って、ここで私達と一緒にいるようにお願いいたします。(聴衆 笑) さぁ愛しい友たちよ、私達は日よけと窓とドアを全部閉めていただくようお願いいたします。私達が外部から邪魔されないように全部の日よけと窓とドアを行って閉めてください。

私達がここでお話していることにはあまり詳しくない方々に言いますが、”新しい家”とは隠喩なのです。あなた方の新しい神聖な人間の自己の象徴なのです。それはあなた方の”新しい家”です。それはあなた方である者です。それはあなた方が望む全てのものに満たされている不思議な場所です。

でもさしあたっては、私達はあなた方に窓とドアとブラインドを閉めていただく様お願いいたします。私達がグレースのオーブンを持っている台所に、あなた方と戻りましょう。おぉ、今夜料理するものの匂いさえ感じます!(聴衆 笑)

さあ大切な友たちよ、あなた方の台所に歩いていきましょう。とてもちらかっているのが見えます!(聴衆 笑) 愛しい友たちよ、あなた方は自分のオーブンに、とてもたくさんの課題を入れて、それから入れたものをオーブンから取り出す時に、あなた方は忘れてしまったのです。そしてあなた方のオーブンは課題が山積みになっているのです!(多くの聴衆 笑) あなた方が取り出すのを憶えていた課題はカウンターの上に載っています。というのは、あなた方はそれらをどうしたら良いのかわからなかったからです! 写真と札入れと小銭入れとメガネのトレイがあります!(聴衆 笑) 愛する友たちよ、あなた方の課題は至る所に冷め切って置かれているのです。実にちらかっているのです!

私達は今夜そのことについてお話するつもりです。なぜなら、あなた方はグレースのオーブンに課題を入れた後でその課題をどうするのかご存知でないからです。今、適切な冷却期間があったのです。私達は今までこの情報をあなた方にお伝えしていませんでした。というのは私達はあなた方が他の方々にお教えになる時に、このことを思い出していただきたいからです。冷却期間があるのです! あなた方がこのオーブンから取り出すときから、物事が本当にあなた方の人間レベルにまで変容し始めるまでの間には移行期間があるのです。ご存知のように、変化が起こり始めるのです。これは冷却プロセスの一部なのです。

さぁ、私達は先に行く前に、テーブルに載っているあなた方の課題について話し合いましょう。あなた方の課題は自分で考えている程には複雑ではないのです、大切な友たちよ。カウンターの上に広がっている課題のトレイをご覧下さい。これらの課題が当てはまる基本的な4つのカテゴリーの人間の心配があるのが私達にはわかります。愛する友たちよ、私達は人間の心配には4つの領域があることが私達にはわかります。またまた4という数字が出てきています!

まず最初に、生体、あなた方の物質的な存在、あなた方のうづきや痛み、肉体の病気に関わる課題があります。それらの課題があるのです。

2つ目に人間関係の課題があります。これは今までも課題であり、そしてこれからもしばらくあなた方の多くにとって課題であり続けていきます。人間関係というのは、その核心においては二元性を象徴しています。それらは「2」を表しているのです。それで人間関係は挑戦であり、課題なのです。どれ程多くの方々が人間関係の悩みをオーブンに入れたがっていたか私達にはわかります - そして何人かの方々はもうなさいました!(クスクス笑) そして自分達だけの人間関係のニーズを、他の人を入れることなくオーブンに入れた方々も多くいらっしゃいます。これは適切なのです。私達があなた方に注意したように、あなた方のものだけをオーブンに入れるようにしてください。

また資源や豊かさの課題もあります。人間として、あなた方が必要とするものがあります。そしてあなた方のお金で通常それらを買います。これらは資源の課題なのです。これらは豊かさの課題なのです。親愛なる友たちよ、このところあなた方のオーブンにそれらの課題がずいぶんたくさん入っているのを私達は見てきました!(クスクス笑) いくつかは繰り返し入れられていました! 豊かさの課題というのは克服することが一番難しいものでしょうし、それに何度も何度も繰り返しオーブンに戻す必要があるかもしれません。でもついにそれが作用し始める時、あなた方の人生のこの領域の中で最も速い変化を見るようになるでしょう。

ですから生体の課題、人間関係の課題、そして豊かさの課題があります。最後に、愛する友たちよ、自己価値の課題があります。これらはあなた方が何者であるかについての、あなた方自身の価値があることについての課題です。これらの課題は今、”火の壁”をあなた方が通り抜けた時と直接結び付いています。あなた方は数多くの処理と解放をこの人生でなさってこられました。あなた方が遂げられないでいいる解放、”火の壁”をくぐり抜けたトラウマ的な時に遡って直接関係しています。この内なる智慧によって、大切な友たちよ、あなた方はとても簡単に自分の価値の課題を解決し始めることができます。あなた方が”火の壁”を通り抜けた時になさったことは、All That Is(大いなる全て)に奉仕することでした。あなた方は新しい領域、それまで創造されたことのなかった新しいサークルを探検するために”火の壁”を通り抜けたのです。そのようにしてあなた方はここ地球にやって来たのです。私達はスピリットを代表してこれを行っているあなた方を賞賛しています。ですので私達は今あなた方に自己価値の課題を脇に置いて頂くようお願いします。あなた方が間違ったことをしたことはないのです。あなた方はこれを愛と奉仕の中で行ったのです。

さて、カウンターに全ての課題が並んでいるあなた方の台所に戻りましょう。私達はあなた方に今課題のトレイを持って、それらを宙に投げ捨ててしまうようにお願いいたします! あなた方の課題全部を持って、宙に投げ捨ててしまってください! あなた方は何かに気付くことでしょう - それらは地面に落ちてはきません。あなた方の課題は宙に浮くようになります。それらは空中に浮かんでいます。それらは変容し始めます。紙切れや写真や財布のような物質的なものの代わりに、それらはひとつひとつが輝く、キラキラとした光に変容するのです。それらはまるで星々のように、あなた方のどても大きな台所の天井のあたりに浮かんでいます。

あなた方が自分の課題をグレースのオーブンから取り出す時 - それはあなた方の内側に存在する神聖なグレースです - それらは課題からこれらのキラキラと明るく輝く星々に変容するのです。(おぉ、実に私達は今夜ここでたくさんの話の例えを使っています!) あなた方が結果を限定なさらない時、あなた方が物事をバランスの状態にさせる時、起きてくる自然の摂理、起きてくる自然な解決策があるのです。それは困難で重い人間的な課題をエネルギーのキラキラとした光に変容させて戻すのです。

さぁ愛する友たちよ、しばらくの間、これらの課題をあなた方の”新しい家”の台所の中のキラキラとした光としてここで浮かせておきましょう。私達はクリエーター・シリーズのレッスン6をあなた方とシェアしていきます。これはたぶん私達があなた方にお伝えしていく全てのレッスンの中でも最も魔法のようなレッスンです。他のレッスンはもっと実践的なものになるでしょう。これは一番魔法のようなレッスンです。時々これに少し時間を使って下さい、大切な友たちよ。

レッスン6:あなたの内側に神聖なバランスがあります。あなたの内側には神聖なバランスがあるのです。かつて課題だったこれらの全てのキラキラとした光は今、自身のバランスを見出しているのです。あなた方がグレースのオーブンに自分の課題をお入れになった時点で、あなた方はそれらを手放されました、そしてそれらを冷ますために脇に置きました。今やそれらは物質的なものになることの重さ、触れられるものになることの重さを伴っていません。あなた方は宙に課題を放り投げられて、それらがそれら自身のバランスを見出すことを許しました。この時点で、それらはキラキラと輝く光に変容するのです。それらはそれら自身のバランスを見つけることでしょう。

例えば、あなた方が自分の人生で肉体的な課題を抱えているとしましょう。あなた方はグレースのオーブンで料理をなさって、自分の肉体の中で変化が起こるのを許す時、それは自然なバランスを見出すでしょう。その自然なバランスは、トバイアスやあなた方のガイドやイェシュアや他のどんな存在からやって来るのではありません。それはあなた方の本質の内側からやって来るのです。これはもしあなた方がそう許す場合に起きる魔法的な変容のプロセスなのです。これはあなた方の全ての課題に、それがあなた方の肉体についてか、人間関係か、豊かさかそれとも自己価値かどうかに関わらず適用できます。

さて、愛しい友たちよ、自分の台所のあちこちに浮かんでいるこれらのキラキラ光っているかつての課題の全てをあなた方は持っています。それらは今や適切なバランスに達している以前の課題です。これらのキラキラとした光を取り込んで、それらを美しい光のネックレスに編み上げるのはあなた方なのです。あなた方はこの光のネックレスを私達が後でご説明するあるセレモニーで将来お付けになることでしょう。これらのきらめく光のひとつひとつは、あなた方の周りの宝石のようです。それらはまたあなた方と他の存在達に対する、あなた方が数多くのご経験を歩き抜けたというリマインダー(思い出させるもの)なのですが、でもそれらひとつひとつはそれらへの愛と光と喜びの真珠を持っていたのです。それぞれひとつひとつには理由があったのです。あなた方がそれが適切だとお感じになる時にはいつでも、あなた方はこれらのかつての課題を集め、それらを光のネックレスに編み上げることができるのです。このネックレスはあなた方が学んでこられた全てのリマインダーになるでしょう。それはまたあなた方が自分の人生の中で新しいタイプの創造を許すことについて学んでおられる全てのもののリマインダーになることでしょう。

レッスン6: あなたの内側に神聖なバランスがあります。あなた方がこの神聖なバランスがその仕事をすることを許す時、あなた方のかつての課題はあなた方にとって一番適切な方法で戻ってきます。あなた方の内側には新しい神聖なバランスがあるのです。私達はあなた方の”新しい家”のブラインドとドアを閉めていただけるようお願いしました。私達はあなた方に、それが自分の内側からやって来ることをご理解いただきたいのです。今やあなた方のガイドに手助けを求めるのは適切ではありません。彼らはあなた方を心から愛していますが、彼らはもはやあなた方の直接的なエネルギーにはいないのです。トバイアスや他の外側の存在に頼む余裕はないのです。あなた方自身の内側に神聖なバランスがあるのです。

それはあなた方とあなた方のハイアーセルフとの間にあります。あなた方のハイアーセルフは、あなた方が窓から外を見渡したとしても見つけられません。そこにはないのです。あなた方をあなた方自身の神性に繋げようとしているものは今、外のそこにはないのです。それは外側にはないのです。自分の答えを求めて外側を見ていることにあなた方が気付いた時には、私達はあなた方にあなた方の神聖な存在に戻るための接続ポイント、あなた方がやって来たところに戻るための接続ポイント、あなた方が向かっている未来への接続ポイントは、内側にあるということを思い出させます! 大切な友たちよ、このことを憶えていてください。これはあなた方がわかるようになる魔法のレッスンなのです。あなた方の内側には神聖なバランスがあるのです。

さて、私達はこのクリエーター・シリーズの前半を学び通してきました。私達は受容の基礎レッスンをお伝えしてきました。私達は今、変容の始まりの3つのレッスンをお伝えしてきました。 - グレースの中で創造すること、あなた方の人生で始まる変化を受け入れること、そして今、神聖なバランスがあることを理解することです。ただそうなることを許してください。これらは私達がそこから今進んでいく基礎レッスンでした。

次の6つのレッスンでは、私達はあなた方に実践的なツールをお渡しするつもりです。でも私達はもしあなた方がレッスン1から6を通してよくわかっていらっしゃらないようであれば、すぐに戻るよう注意します。もしあなた方がその智慧と理解をお持ちにならずにそのツールを使おうとされると痛むことになるのです。もしあなた方が受け入れることを学んでいなければ、もしあなた方が変容のプロセスで忍耐強くいることを学んでいなければ、もしあなた方が自分の課題が冷めるのを許すことを学んでいなければ、そしてもしあなた方が自分の内側に神聖なバランスがあることを学んでいなければ、苦痛を味わうかもしれません。

愛する友たちよ、今夜外側のサークルに集まっている存在達は、彼らが人間の肉体に入って、あなた方の足跡を辿ることに一体ふさわしいのかどうか分かっていません。私達は今夜彼らに、あなた方が成し遂げたワークによってその道は開かれていると教えます。彼らはあなた方が抱えている挑戦や困難やレッスンを通り抜ける必要はないでしょう。彼らはあなた方が決して持てなかったような教師を持つことでしょう。彼らは私達がシャーンブラとお呼びする人達によって目印が付けられてきた通りを歩むようになるでしょう。彼らが生体に入る時 - 彼らはまもなく実行し始めますが - 二元性の挑戦を経験する時、彼らは教師が必要になるのです。彼らが教師をとても必要としている時、彼らは輝く光のネックレスを身に付けた人に出会うようになるのです。彼らは、彼らの新しい道をガイドしてくれる彼らの人間の教師としてあなた方がわかることでしょう。

私達はあなた方を心から愛しています、そしてあなた方は決して一人きりではありません。

And so it is.(そしてそういうことなのです。)

クリエーター・シリーズ レッスン5 「変化を予期し、それらを祝福してください」 クリムゾン・サークル 2000年12月9日

クリエーター・シリーズ レッスン5
「変化を予期し、それらを祝福してください」 
クリムゾン・サークル 2000年12月9日

 
トバイアス: そしてこのように、親愛なる友たちよ、一年の中でも最も特別な時期(クリスマス)に私達はクリムゾン・サークルに集っています。私達は前からすでに知っている人々と集っています。かつて天使として私達と共にいて、地球という別の場所へ行ってしまった者達と集っています。今夜、私達をあなた方の場所に招いてくださったことに感謝します。この空間をあなた方と共に分かちあい、あなた方のエネルギーの中に入って過ごす時間は本当に神聖で楽しい時間です。
これから数分間、私達が一緒に創造するこの空間のエネルギーをあなた方と共に調整し、バランスを取ります。今夜、訪れる者達は、 "織り合わせる"作業について知り、理解しています。彼らにはこのエネルギーをどのように調整すればよいかがわかっています。私達はただ、あなた方一人ひとりに心を開いて、あなた方の空間を空けるようにお願いします。私たちはあなた方が許し、許可を与えてくれたときにだけ、このように近くにやって来ることができるのです。ですから、私達はあなた方に、今夜、心を開いて、大いなるすべて(All That Is)をあなた方の方にもう一歩、近づけてくださるよう、お願いします。

(チャネリングの前の)少し前に、あなた方の音楽が流れて、このグループの感情が高まりました。感情が全体を包みこみました。カウルダー(ジェフリー・ホップ)を通じて、ここにいるあなた方一人ひとりを通じて、私達はそれを感じることができました。それは深く、愛情のこもった感情でした。親愛なる友たちよ、私達は、あなた方がエネルギーを一つにまとめ、私達が入っていけるようにあなた方が扉を開く、このような形で集えるあなた方の能力に感謝します。おお、ここには感情と喜びがあふれています。本当にあふれています!

(感情を込めて)今夜、ある方が来ていることを、あなた方は感じるかもしれません。あなた方と再び共に集い、ここで再び短い間、あなた方と共に歩くために、ある方が来ています。本当です! それはサナンダのファミリーの者です。それはかつてあなた方と共に歩いたことのある者です。彼はここに集まる人々や、これを読むすべての人々の前に今、その姿を現します。彼はその存在を知らせます。あなた方はかつて彼と共に歩いたことがあります。そして、私達がまさにこのサークルで話したように、彼が悲しみの涙を流す時が来ました。なぜなら、戻るべき時が来たことが彼にはわかっていたからです。あなた方が自らの生涯の中へと前進し、その旅を続け、「スピリット」と大いなるすべて(All That Is)のために体験と学習を続ける時でした。

私達のファミリーであり、イェシュア・ベン・ヨセフ(イエス)の名前で知られる彼は、今あなた方の間を歩きます。彼はあなた方の肩に触れます。彼はあなた方の額にキスします。彼はこの空間の通路を歩きます。ここにはなつかしいエネルギーがあります。それはファミリーの、シャーンブラのエネルギーです。本当に甘美なエネルギーです。

(とても感情を込めて)難しいです。これを通しては話をすることさえ難しいのです。ですから、少し時間を取りましょう。あなた方の友人、過去にあなた方の道を案内するお手伝いをしてくれた方がこれらの通路を歩く間、しばらく待ちましょう(休止)。彼が今夜、サナンダ・ファミリーからあなた方にもたらす愛をただ受け入れてください。これはとても貴重な瞬間です。実際、それは私達の目にさえ涙を誘う瞬間です。これはファミリーの再会なのです。「愛のマスター」が再び戻ってきて、あなた方と共に集い、あなた方の体験談を聞き、この生涯の物語を聞いてくれます。本当に甘美な時です。

興味深いことに、あなた方の時間にして数週間のうちに、彼をうやまう日がやってきます。あるいはあなた方はそう思うはずです! なぜなら、彼はあなた方に敬意を表してやって来たのです。彼はここにやって来て椅子の間を歩き、ここに集まっているあなた方、そしてこれを読んでいるあなた方一人ひとりに触れ、そしてあなた方が今、地球上にキリスト・シード(種)を生き返らせている者達であることを思い出させます。あなた方は実際にキリスト化された本質なのです。あなた方は、彼があなた方が行っているワークに対して、これからの数週間に渡り褒め称える者達なのです。

本当に甘美な瞬間です(とても感情的で、言葉が途切れがち)。私、トバイアスでさえ、話し続けるのは困難です(休止)。サナンダのファミリーから来た者は今夜、私達がここに集っている間中、あなた方と同席します。天使や大天使の領域にいる者達は、今夜は第一のサークルには来ません。彼らは第二のサークルに腰を落ちつけ、様子を見守ります。イェシュア・ベン・ヨセフが明瞭で輝き、愛に満ちた状態であなた方の間にいられるように、彼らはあまりエネルギーを近づけないようにしているのです。おお、ここでしばらく休止しなければなりません!

(休止)

さて親愛なる友たちよ、私達はあなた方がしているワークのことを思い出させます。あなた方が忘れないように、私達がここに集まるたびに思い出させます。あなた方がしているワークのことです。あなた方は前に進んでいます。あなた方は第二の創造のためのひな形をつくっています。あなた方は虚空の形を変えて、新しく創造しようとしています。あなた方の人生には困難な日々があることを私達は知っており、理解しています。ですが、友たちよ、あなた方がここで直面している挑戦を知り、理解しているならば、なぜある程度の困難が待ちうけているのかがわかるはずです。

さて、ファミリーと共に集まった今夜、私達は変化について話します。変化は、カウルダーを通じたクリムゾン・カウンシル(評議会)の最初のメッセージでした。それについてはしばらく話していませんでしたが、今夜はあなた方に変化の話をします。あなた方の本質の中で、あなた方の周りの世界全体の中でに直接起きている変化の話です。私達はあなた方がなぜあることを感じているのかを説明します。私達がここに座っている今この瞬間でさえ、あなた方の中で起きている変容のことをお話します。私達は願わくば、ここに集まっているあなた方それぞれ、このメッセージとつながっているあなた方それぞれが、そうしてそのツールを持つことができるように、この変化がいかにして新しい権能をあなた方にもたらすことになるかということをあなた方が理解するお手伝いをしたいと思います。そうすれば、教師であるあなた方が、教師になるためのバランスと愛と思いやりを身につけることができます。

今夜このグループをよく見ると、クリムゾン(深紅)のオーラがたくさん見えます。あなた方のそれぞれのオーラ・フィールドの中に、深紅に輝いている帯域があるのです。これは紛れもなく教師のサインです。おお、もちろんほかの色もあるのですが、今夜、とりわけ輝いているのは、あなた方が教師であることをはっきりと示す色なのです。ここに集まっているあなた方、ここで私達とつながっているあなた方の誰一人として、この点を間違えないでください。あなた方はあなた方自身の選択で、あとから来る者達のための教師になるのです。だからこそ、私たちはここに集っているのです。

さて、先に進む前に、短い物語をお話しましょう。私達は短い物語を語るのが好きなのです(クスクス笑)。今夜の私達の物語は、ジャックという名の若い王子の話です。さて、ご存知の通り、ジャックは素晴らしい王国に住む王子でした。母は女王で、父は王でした。これは重要なポイントです。さて、この若い王子ジャックはまだほんの子供でした。彼は王国の中で楽しく遊びまわっていました。彼には友達や遊び仲間がたくさんいて、ジャックに会った者はみな、彼を尊敬し、愛しました。彼はサイアム(シャム)王国の王子として、とても良い生活を送っていました。

ジャックが大きくなると、新しいことを経験したいと強く願うようになりました。彼には遊びたいという強い願望がありました。学びたいという強い願望がありました。そして、この若い王子を見た者達は首を振って言いました。「彼はたいした創造者だ。誠に素晴らしい創造者だ。彼は旅することを愛し、体験することを愛している。彼の魂は常に遊びを求めている。彼は常に前に進んでいる」。おお、この若い王子ジャックは一時たりともじっとしていることができませんでした。やがて十代になると、彼は王国の土地をさらに遠くへ、更に外側の場所へ、王国の中心から遠く離れた村々へと旅しました。そして、王国にいた人々の中でも、新しい、異なる人々に出会いました。

ジャックはさらに長い長い旅に出て、ときには一回で何日も、さらには何週間も戻らないことがありました。彼は自分の学んでいることを愛していました。彼は王国のより遠い場所で出会った新しい種類の動物や木々を愛しました。彼が目にした新しい土地や空を愛しました。彼は自分の旅を愛しました。若い王子ジャックは休むことなく、常に新しい旅に出かけ、常にまだ行ったことのない土地を見つけ、常に道中で友達をつくりました。

若い王子ジャックが成人に達した頃、まもなく自分が王国を統治することになることを知っていました。彼は自分が王座につくことになると知っていました。彼はまもなく王になることになっていました。そこで、彼は決心しました。そして言いました。「私が王になり、一日中、城の王座について、国を治めなければならなくなる時が来る前に、最後の体験をすることにした。これまでに行ったことのない土地に長い旅に出ることにした。エキサイティングでチャレンジングな場所に行くことにした。」

若い王子はいつもは旅に随行する王の家臣を連れていかないことにしました。彼は長い旅のために荷造りした小さい鞄だけを手に、深夜ひそかに旅立つことにしました。そのように、彼はひそかに城を出て、これまでに行ったことのある場所を超えて旅に出ました。彼はかつて訪れたことのある村々を通りすぎました。そしてどんどん先に進み、ついにそれまでに歩いたことのない領地まで来ました。その土地は見たことがなく、これまでと違っており、心が踊りました。でもそこはまだ、サイアム王国の国境の中でした。

もう何か月も何か月もの間、先へ先へと旅を続けるうちに、彼は陸地の端にたどり着きました。彼は水辺に出たのです。それはこれまでに見たこともないような海でした。湖や川なら見たことがありますが、このようなものは初めてでした。王国の伝説で大海原のことを聞いたことがありました。陸が終わる場所のことを聞いたことがありました。そこから先へ行ってはならないと聞いていました。そこは王国の終わる場所であり、そこから先へ行くのはよくないことだと聞いていました。若い王子ジャックは一晩中眠らずに、先に進もうかどうしようか考えました。彼は海に向けて漕ぎだすか、それとも故郷に戻るかを自分に相談しました。

おお、そしておわかりのように、彼には家に帰りたい気持ちなどみじんもなかったのです! そこで翌日、彼は船をつくりはじめました。彼を旅に連れだすことになる小さい船です。ジャックは何日も何日も何日も働き、ようやく満足のゆく船ができました。そして、ひょっとすると聖なる規則を破って、冒険してはいけない場所に向かっているように感じて、胸のつかえや胃の痛みに苦しみながら、彼は船出しました。

潮の流れに乗って彼はすぐに沖に出ました。彼は何日も航海を続けました。波は穏やかでした。風は静かでした。陽射しは明るく、すべてが順調のように感じられました。しかし、不安がありました。ジャックの本質の中に不安がありました。胸のつかえは大きくなりました。胃の痛みはひどくなりました。彼には何かがやって来るのがわかりました。

ある静かな午後――ジャックにとってはいくらか退屈な日――彼の前方に巨大な"火の壁"が海からせり出してくるのが見えました。彼は、この巨大な"火の壁"を避けようと漕ぎ戻り始めました。しかし、どんなに頑張っても、巨大な"火の壁"の力に打ち勝つことはできませんでした。それは彼をどんどん吸い込み、引き入れました。その熱を感じることができ、炎が荒れ狂う様子を感じることができました。"火の壁"の内部の荒れ狂う様子を感じることができました。ジャックはサイアム王国に戻ろうとして船を漕ぎながら叫び声を上げはじめました。しかし、炎は彼を引き入れました。それは彼を"火の壁"の中に引き入れてしまいました。

そのあと何が起きたかジャックは憶えていません。憶えているのは、彼が疲れ果て、むなしさを感じ、記憶をなくして目覚めたということだけです。彼は見知らぬ土地の海岸で目覚めました。彼は自分の名前も、どこから来たのかも思い出せませんでした。それでも、彼の中の何かが、彼は誰かであるということを告げていました。しかし、思い出すことはできませんでした。それはある意味で記憶喪失でした。

ジャックが目を開けると、新しい陸地が見えました。それまでに見たどんな土地とも違っていました。立ちあがって、探険を始めるべき時が来たのだと彼は知りました。彼は来る日も来る日もこの新しい土地を探険し、彼にとっても彼の魂にとっても新しい物事を発見しました。彼は常に探しまわり、この新しい土地を探険しつづけました。その間中、彼は再び不安に捕らわれました。彼は自分が知っているべきこと、あるいは思い出すべきことがあると感じましたが、それが何かわかりませんでした。それは指を何かにかけようとしているのに、そこには何もないというような感じでした。彼は自分の過去を思い出そうとしていました。

この新しい土地をずいぶん探険したあと、ある日、彼は一人の女性に出会いました。二人は言葉を交わし、互いに出会ったことを喜びました。そこにはなつかしい絆があるように思えました。でも、二人にはそれがどこから来るのかわかりませんでした。彼女が彼を村に連れて戻ると、そこにはほかの人々がいました。この村で、彼らは建物を建てていました。彼らは子供を生んでいました。彼らは新しい文明を創り出していました。しかし、この村の誰一人として、自分たちがどこから来たのか思い出せませんでした。彼らは自分たちが誰なのか思い出せませんでした。彼らはただ、今は先へ進むべき時だということを、自分達の人生を歩きつづけるべきだということを知っているだけでした。

さて、親愛なる友たちよ、この物語には特に結末はありません。なぜなら、それはまだ書かれていないからです。おそらくすでにおわかりと思いますが、ジャックや別の土地で出会ったほかの人々のこの物語はあなた方の物語なのです。あなた方は天使の探検家、冒険家だった者達でした。あなた方は第一サークルの中の神の王国のすべてに探険に出かけた者達だったのです。あなた方は王子であり、王女であり、王座を継ごうとしていた者達だったのです。

あなた方は探険したくてたまらなかった者達でした。あなた方は王国のまさに端の境界線まで行ったのです。あなた方は船出し、第一サークルを超えていった者達だったのです。あなた方は地球と今呼んでいる場所にたどり着きました。そこは、今夜私達がここに集まっているときにも、あなた方が創造の手助けをしている宇宙に取り囲まれています。あなた方は新しい村を建設し、新しい方法を生みだし、かつて暮らした王国では見つけられなかったかもしれない新しい物事を発見している者達なのです。あなた方は第二の創造のためのひな形をつくっている者達なのです。あなた方は自分がどこから来て、ルーツがどこにあり、あなた方の起源がどこにあるのかを思い出そうとしている者達なのです。

ヴェールの向こう側にいる天使達は、あの夜あなた方が長い旅に出かけたときにあなた方を探しに行った者達です。私達は、王様と女王様からあなた方を探しに行くように言われた者達です。私達はあなた方の足跡を追ってサイアム王国中を歩き、海岸の砂浜まで行った者達です。

親愛なる友たちよ、私達があの場所に着いたとき、私達はあなた方が大いなるすべて(All That Is)を超えて、伝説の海へと漕ぎだして行ったことを知りました。そこにたどり着いたとき、私達は喜びました。なぜならそれは、そのとき私達の知っていた誰もしようとしなかったことだからです。私達はあなた方が「スピリット」を心から大切にし、愛しているからこそ、あなた方が私達すべてのために役立つ何かのために、この長い旅に出ることを選んだのだと知って、喜びました。

天使達は通り抜けることができずに"火の壁"の前で立ちつくしました。彼らには"火の壁"の中が見えました。彼らには地球上でのあなた方の人生の様子が"火の壁"に映しだされているのが見えました。このスクリーン上で、あなた方が何をしているかを見ることができました。彼らはあなた方を感じることができました。しかし、このときは彼らは通り抜けていくことはできませんでした。

あなた方と同じように、"火の壁"は変化しています。比較的短期間で、王国のほかの者達も通り抜けられるようになります。親愛なる友たちよ、その時点で、サイアム王国の国境は広がるのです。王国は巨大な"火の壁"を超えて広がります。あなた方が創造したこの新しい場所の中へと広がります。いつか、あなた方のほとんどが体験することですが、王国の他の者たちが通り抜けて、あなた方のところへ来る日が訪れるでしょう。あなた方は天使達に気づき、それから「故郷」を思い出すでしょう。そしてそれから私達はあなた方と共存するようになるのです。サイアム王国はあなた方が地球上で成し遂げたワークにとって、よりすばらしい場所となるでしょう。

これは実際、物語にすぎません。しかし、これはあなた方の旅を描いている物語なのです。これは私達が常にお話している物語、すなわち、あなた方の旅、あなた方の体験、あなた方の発見なのです。親愛なる友たちよ、あなた方がしていることには多くの栄誉があるのです。あなた方が引き受けたものには多くの栄誉があるのです。それで、サナンダ・ファミリーの者が、今夜特別にここに来て、あなた方に感謝し、あなた方にファミリーのことを思い出させようとしているのです。

ここで私達は先に進み、今起きている変化のことをもっとお話しましょう。ここで、私達は教育学について見直しましょう。そのあと、今夜はクリエーター・シリーズ レッスン5についてお話します。

(休止)

さて、このディスカッションの中であなた方の中で起きている変化についての理解を助けるために、私達はアナロジー(類推)を使って話します。それらの変化はちょうど今、あなた方の本質の最も深い部分、DNAよりも深く、磁気エネルギーのパターンよりも深く、最も深いヴァイブレーションよりも深い場所で起きています。

地球というこの場所に来る前、あなた方は常に、"ワンネス(一つ)"の状態、単一の状態で存在していました。あなた方の創造はすべて、ワンネスの枠組みの中で行われました。あなた方が"火の壁"を渡り超えたとき、あなた方は二元性という属性を身につけました。これがジャックが体験したことです。これがジャックが感じ、体験したいと望んだことです。そして実際に、彼は感じ、体験しました。そして実際に、あなた方全員も感じ、体験したのです!

あなた方が地球に来たとき、あなた方は二元性、あるいは両極性という属性を身につけました。あなた方が感じていたワンネスはなくなり、代わって「二つ」になりました。光と闇、ポジティブとネガティブ、どう表現してもかまいませんが、そういうものがありました。以前にお話したように、およそ2/3対1/3というエネルギー・バランスが常にありました。

あなた方の本質の最も深い部分に、あなた方が何者であるかを作りあげているエネルギー要素があり、それがあなた方の体験したいという願いに応えています。白いビー玉と黒いビー玉が一つずつあると想像してください。これらはあなた方の核の部分を構成しています。ここでまた、透明のビー玉が一つあると想像してください。あなた方が選ぶ体験に応じて、この透明のビー玉は光と闇のいずれかの属性を帯びます。この透明なビー玉は変容し、あなた方の人生のある期間、白いビー玉の属性と色を帯びます。そうして、あなた方の本質の中に2つの白い部分と1つの黒い部分というエネルギー・バランスが生まれます。そして、あなた方はこのエネルギー・バランスと共に、適切な"摩擦"を生み、適切な挑戦をもたらして、あなた方の体験を充実したものにするために一連の体験を通り抜けていくのです。

ここで、あなた方が人生のサイクルを進む間に、変容した透明なビー玉――白くなったビー玉――が短期間の間、透明に戻ることがあります。ああ、それから短期間の間、あなた方は人生の中でバランスを感じるのです! やがて、この透明なビー玉は反対側に移り、黒いビー玉の属性を帯びます。そして、見た目も感じも黒いビー玉のようになり、黒のエネルギー・パターンを帯びます。そうして、あなた方は2つの黒い部分と1つの白い部分のエネルギー・バランスと共に新しい体験の中に歩み入るのです。

普段は、白いビー玉は白いまま、黒いビー玉は黒いまま変わりません。白と黒の間を行ったりきたり変化しているのは透明のビー玉です。しかし、白いビー玉と黒いビー玉のそれぞれの極性を逆転させた時期がありました。なぜなら、それらはちょうどお互いの鏡だからです。黒は白くなり、白は黒くなるのです。ときどき、これは透明のビー玉をおおいに混乱させたのです!

さて、これらの極性の変化は非常に稀で、数千年に一度しか起こりませんでした。それはあなた方個人の本質の中だけで起こるのではなく、概して惑星の意識の中で起こりました。この光から闇、闇から光への極性のシフトは、人々全員に作用を及ぼすのに何百年もかかります。しかし、それは数千年に一度しか起こりませんでした。

親愛なる友たちよ、今起きていることは、光と闇の間の極性のシフトが非常に速く進行しているのです。もはや2000、3000年という時間さえ、かかることはありません。あなた方は今、2、3年毎に極性のシフト――白いビー玉と黒いビー玉の属性の変化――を目撃しています。変化はそんなにも速く起きているのです。この透明なビー玉は光や闇の属性を帯びようとします。しかしまた、どちらがどちらなのか、非常に混乱してきています(クスクス笑)。

また、透明なビー玉の特別な属性を帯びて地球を歩んでいる人間達もいます。彼らの場合、その透明なビー玉は決して白または黒のはっきりしたパターンを帯びることはありません。"グレー"な状態のままです。はっきりした極性を選ぶこともなければ、ほかの者が備える2/3対1/3のエネルギー・バランスを身につけることもありません。このようなエネルギーを持つ者は、すべての人間の中にある内側のエネルギーの動力構造の変化を助けています。親愛なる友たちよ。ゲイの人々に敬意を表しましょう。あなた方の"伝統的な"社会の枠組みに収まらない人々に敬意を表しましょう。なぜなら、彼らはより深く、より難しい役割を引き受けているからです。彼らは先の2/3対1/3のエネルギー・バランスを許していません。そういうことはしません。彼らの透明なビー玉は白か黒のどちらかの側に立つことを選びません。中立の状態、すなわちこの例で"グレー"と呼ぶ状態を保ちます。彼らは今、極性間のギャップの橋渡しを助けている人々なのです。彼らの仕事に深く敬意を表してください。

今あなた方に起きているこのすべてのこと――光が闇に、闇が光に変わり、透明なビー玉はどちらにつけばよいかわからない――の中で、新しいことが起きています。親愛なる友たちよ、第四のビー玉が入ってこようとしているのです。第四のビー玉が入ってきています。このビー玉も実は透明です。このビー玉は非常に透明度が高くて明るく、もう一つの透明なエネルギーのビー玉とは違います。それはあなた方の中にすでにあるキリスト・エネルギーのイニシエーター(教導者)なのです。この第四のビー玉はキリスト・エネルギーを照らし、そこに生命を与えるために今、入ってきます。この第四のビー玉は透明な色で入ってきますが、あなた方の本質の中にすでにあるもう一つの透明なビー玉と違って、水晶のように透きとおっています。

さて、この第四のビー玉があなた方の本質の中に入っていくとき、他の三つのビー玉――白、黒、もう一つの透明の石――はそれを追い出そうとします! それらは、第四のビー玉をそれらの構造やパターンの中に入りこんでくる異質なエネルギーとみなすのです。第四のビー玉がどこから来たのかわからずに、内部で混乱が生じるのです! それで、あなた方は背中や肩がどうしてこんなに痛むのか不思議に思うのです!(クスクス笑) あなた方が自分の人生はバランスが取れているはずだと思っていたときに、あなた方の本質の中でなぜ感情的な苦闘があるのか不思議に思うのです。あなた方は第四のビー玉の属性を身につけつつあります。他の三つのビー玉は今とても混乱しています。なぜなら、あなた方が王国を去って以来、第四のビー玉を持ったことがないからです。第四のパターンは持ったことがないのです。私達は以前、4という数字の重要性について話したことがあります。そしてこれがその核心です。これが、私達がお話した「4」のバランスの本質なのです。

私達はあなた方が感情的、肉体的、精神的に何者であるかという最も深いレベルで起きている変化の中で、私達の目に映っていることをお話します。第四のビー玉はあなた方のエネルギー構造の中に落ちつこうとしています。それはほかのビー玉とコミュニケーションを取っています。第四のビー玉は自分がそれらの本質と構造の一部であることを他のビー玉に保証しています。元からある三つのビー玉は第四のビー玉を受け入れることを学び、そのまったく異なるエネルギーを理解することを学ぶうちに、攻撃するのをやめます。この第四のビー玉を追いだそうとするのをやめます。すっかり疲れてしまうのです。第四のビー玉は強力で、残りの三つが束になってかかってもかないません。それらは第四のビー玉の言うことを聞き始めるようになります。第四のビー玉のヴァイブレーションを感じ始めるようになります。

親愛なる友たちよ、それから何かが起こります。この時点で、白いビー玉は白の属性を失います。黒いビー玉は黒の属性を失います。透明のビー玉は自らを浄化します。そして四つのビー玉のすべてが新しいタイプの色、多次元的な色を放ち始めます。それらはきらめき、輝いて、一緒に歌を歌ったり、互いにダンスを踊ったりし始めます。一緒にくるくる回りはじめます。一緒に祝いはじめます。それらは一色ではなく、完全な鮮やかさですべての色を含むようになります。そして、光り、輝きます。それらは一緒に調和します。

これが、あなた方があなた方の知っている二元性を超える時です。次のレベルに進むのです。私達は今はこれに名前をつけません(聴衆 笑)。これはあなた方が第五、第六、あるいは第七の次元と考えるものではありません。これらは線状の進化ですが、今、話している進化は指数的なものです。このビー玉の変化はまさにこの瞬間にあなた方の中で起きています。私達がこのグループをよく見ると、第四のビー玉を受け入れることがいかに難しく、挑戦的であったかがわかります。

これまで、私達は物事を受け入れるようにあなた方にお願いしてきました。"努力"するのではなく"許す"ようにお願いしてきました。私達はいくつかのレベルであなた方とコミュニケーションを取っていました。私達は両極性がそのゲームを終える時だということを伝えていました。私達は2/3対1/3という古いバランスが終える時だということを伝えていました。私達は以前に、ひと休みして、"何も"せずに、静かな空間にいるようにあなた方にお願いしました。この間中ずっと、三つのビー玉は第四のビー玉を許して受け入れることを学んでいたのです。

このプロセスを進むのは大変困難です。特にあなた方の生体は、新たに入って来ているこの新しい要素にまだ順応していません。あなた方の感情は明らかにまだ順応していません。あなた方はその日が何の日か、そして第三の透明なビー玉の色に応じて、二元性――善か悪か、正しいか間違っているか――の中で機能することに慣れているのです。

しかし今、新しいバランスがやって来ていて、あなた方の本質の中に入ろうとしています。ヴァイブレーションとエネルギーを読むここにいるドクター達は、このことを理解するようになるでしょう(人間のエネルギー・フィールドを読む新しい技術に関して、その日、情報を発表していたドクター・エレナ・アプトンとドクター・ミンディ・レイノルズのこと)。この二人のドクターがここにいるときに、私達が四つのビー玉の話をするのは偶然ではありません。彼らはあなた方の本質の中で起きていることに気づくようになるでしょう。それは強力ですが、チャレンジングでもあります。あなた方がその肉体的なプロセスに耐えるのは難しいことでしょう。あなた方が感情のバランスを保つのは難しいことでしょう。

親愛なる友たちよ、親愛なるシャーンブラよ、喜びに満ちた今夜、サナンダ・ファミリーがあなた方と共に集っている今夜、あなた方の人生における変化を予期し、これらの変化を祝福するようにあなた方にお願いします。

レッスン5:「あなたの人生における変化を予期し、それらを祝福してください」。あなた方は学び、成長し、経験する者になることを求めました。あなた方はこの地球で次の生涯に移行することを求めた者達です。あなた方は二元性をあとにして、"新しいエネルギー"の中でも最新のエネルギーへと移行したいと言った者達なのです。あなた方の人生に変化が起こり、そのうちのいくつかの場合、あなた方の本質からすべてのものがはぎ取られるかに見えるのは道理にかなったことではないでしょうか? あなた方は新しいエネルギーへの道をつくっているのです。

あなた方のうち最も困難な時を耐えている人々に、私達は今、手と愛を差しのべます。なぜなら、私達はあなた方が何を通り抜けているかがわかっているからです。しかし、それには理由があります。目的があります。私達はあなた方一人ひとりに、これらの変化が起こるのをただ許すようにお願いします。古い自分が崩れ落ちていくように思えるかもしれません。あなた方がこれまで持っていた夢や大望がすべて潰されようとしているかに思えるかもしれません。ある意味であなた方は正しいのです。あなた方は道をつくっているのです。第四の要素が今やって来ています。この第四の要素が正しく機能できるように、あなた方の人生の中の多くの物事が変わらなければならないのです。

親愛なる友たちよ、そしてシャーンブラよ。あなた方の人生の変化を予期し、それらを祝福してください。仕事を失ったとき、それを祝福してください。あなた方が自分の身体を"グレースのオーブン"(神の恵みのオーブン)に入れた後で病気になり、なぜそのようなことが起こるのか不思議に思うとき、その変化を祝福してください。それはあなた方が期待していたことと違うと私達にはわかっています。なぜなら、あなた方はすぐに健康になれると期待していましたから。あなた方はすぐにバランスの取れた状態に戻れると期待していました。親愛なる友たちよ、時に、変化はもっと深いものです。時に、完全に逆転させて、再生させなければなりません。時に、古い土台は崩壊しなければなりません。あなた方が通り抜けているこれらの変化は本当に神聖なのです。変化にパニックにならないでください。不安にならないでください。私達がこの話をすると、カウルダーでさえ私達をたしなめます。私達が変化を通り抜けているわけではないので、たやすく口にできるのだと彼は言うのです(クスクス笑)! そしてその気持ちは理解できます。

しかし、私達の目からは、あなた方の人生においてあなた方に起きていることの全体像が見わたせます。ここで起きている変化は、本質的にクリアリング(邪魔な物を取りのぞく作業)です。私達には、この変化が第四の要素が今入ってくるための道をつくっているのだとわかります。病気でベッドで寝こんで、動けない日々があるかもしれません。落ちこんで、その理由がわからない日々があるかもしれません。ここにいるあなた方一人ひとり、そしてこれを読んでいるあなた方一人ひとりに提案があります。これらのものと戦わないでください。それらのものを祝福してください。それらのものを祝福すれば、それらに新しいエネルギーをもたらすようになるのです。今話していることが理解できますか?

今起きていることは、元からあった三つのビー玉が、実際に第四のビー玉を拒絶しようとしているのです。三つのビー玉はそれを外からの脅威とみなしているのです。元からあった三つのビー玉が足並み揃えて、互いに賛同するのはこれが初めてです!(クスクス笑) この中では多くの変化が起きています。なぜなら、それらは第四の要素によって混乱しているからです。それらは第四の要素をテストしています。それらは第四の要素が詐欺師だと信じています。それらは、第四の要素があなた方の本質の全体的な善のためにならない場所から来ていると信じています。それらはこれまで自分達にとって貴重だった自分の中のもの――彼らの二元性の本質――を守ろうとしているのです。あなた方が"許す"ことによって、第四のビー玉はより速く、より楽に統合できます。あなた方の内なる本質に話しかけて、あなた方の自己に、第四の要素がプロセスの一部であることを知らせてください。そうすれば、この変容は遥かにスムーズに進みます。より速く進みます。

白と黒と透明のビー玉が第四の要素に近づくことを許してください。それらがそこにあるその愛を感じ、生来のその愛を感じ、第四の要素の中の生来のその受容力を感じ、その明瞭さを感じることを許してください。あなた方は意識的な人間としての本質の中で、このこと――第四の要素と共に訪れる明瞭さ――に気づくでしょう。そのときあなた方は、第四の要素が本物であり、真実であることを知ります。友よ、しかしそれまでの間、この新しいダンスがあなた方の中で踊られているとき、あなた方の人生の中の変化を予期し、それらを祝福してください。それらを祝福してください。なぜなら、変化は深遠で神聖なもののために道をつくっているのですから。あなた方の人生の中のこれらの変化を祝福してください。

白いビー玉と黒いビー玉と透明のビー玉が第四の要素と打ちとけるにつれて、それらはある意味で第四の要素に適応していきます。それらはこのビー玉、この第四のビー玉の性質を帯びはじめます。それにつれて、それらはかなり長い間保持していた電磁的な性質を捨てはじめます。光、闇、透明という明らかな性質を捨てはじめます。それらはある日目覚めると、もはや古いマントを身にまとっていないことに気づきます。二元性という性質をもはや帯びなくなるのです。

親愛なる友たちよ、私達は遠い未来に起こることを話しているのではありません。それはちょうど今あなた方一人ひとりの中で起きています。私達がお話したように、今夜ここにいるドクター達は理由があって来ているのです。すなわち、このエネルギーを聞き、感じるためです。彼らは仕事の中でそれに気づきはじめます。このことには偶然は一つもありません。

その間、あなた方の本質の中の肉体的、感情的、精神的な変化を予期してください。これらの変化を祝福し、あなた方の人生で起きている新しいことに気づきはじめてください。私達が今夜あなた方と分かちあうもの、また、ほかの集まりで分かちあってきたもの……これらのレッスンの一つひとつは計画的に選ばれたものです。一つひとつは注意深く選ばれています。私達はかなり明確にあなた方を案内しています。私達の親愛なる友、カウルダーはとてもせっかちです。彼は私達に今すぐレッスン12に進んでほしいと思っているのです!(聴衆 笑)

しかし、親愛なる友たちよ、あなた方があなた方の世界に出ていき、ほかの人々と共に仕事を始め、彼らに自分を癒す方法を教えはじめるとき、この計画的なプロセスについて理解する必要が出てきます。あなた方は彼らの中で起きていること、すなわち古いものを捨て、新しいものを受け入れることについて理解する必要が出てきます。あなた方は理解する必要が出てくるのです。あなた方が彼らを見るとき、あなた方が彼らの"ワン・チャクラ"を見て、彼らのエネルギーフィールドを見るとき、彼らの中に、彼らが第四の要素を取り入れはじめているのが見えるでしょう。そうすれば、彼らとどのように仕事をすればよいかがわかるでしょう。

あなた方が必要とする思いやりのために、あなた方は先にこれを歩き抜けるのです。あなた方はそれを直接体験します。おそらくあなた方がこれから共にワークをする誰よりも深く、強く、あなた方はそれを体験します。あなた方は第四の要素を自分の本質の中に統合させる最初の人々の中にいるのです。

そしてそのために、私達はあなた方を心から愛しています。その奉仕に対して私達はあなた方に感謝し、あなた方に敬意を表しています。私達がこのサークルに来て、ここにいる魂や存在達を見て、あなた方の顔の笑みを見て、あなた方の笑い声を聞くとき、それは私達を驚かせます。私達はその旅が難しいことを知っているので、それは私達を驚かせます。私達は、ここにいるあなた方の誰でも、私達の拡大ファミリーの誰でも、「親愛なるスピリットよ、私はこのつらい道のり、この旅を続けることを選ぶことはもはやできません。」といつでも言えることを知っています。私達は、あなた方がいつでも「もうたくさん」と言えることを知っていますが、それでもあなた方は何度も何度もここに戻ってくるのです! あなた方は愛の中で持って戻ってくるのです。あなた方は奉仕の中で戻ってくるのです。あなた方は、あなた方の体を、新しい物事が試され、新しい物事が統合される場所となることを許して戻ってくるのです。あなた方はあなた方の感情的なバランスがあなた方にとってだけでなく、ほかの人にとっても学びの場となることを許して戻ってくるのです。

おお、私達は以前にこのグループの皆さんに話したことがあります。それは本当にもうあなた方のことではないのです。そのことがわかりますか? あなた方は乗りこえたのです。あなた方が今している旅は、「スピリット」の愛と、あとに続くほかのすべての人達の愛のために行なっているのです。あなた方が今抱えている苦悩や挑戦は本当のところ、あなた方自身のものではないのです。あなた方は大いなるすべて(All That Is)のためにこれらを受け入れているのです。あなた方は、あなた方の肉体的本質では難しいことを知りながら、あなた方の人間としての本質では難しいことを知りながら、今、第四の要素の統合を受け入れているのです。

それで、私達はあなた方に敬意を表しているのです。それで、今夜イェシュア・ベン・ヨセフがあなた方と同席することを求めたのです。彼は、あなた方と共にサークルの中で一人になりたいと求めました。彼は、ほかの天使達に遠くから見ているように求めました。彼は、ファミリーとして、一対一であなた方と共にこの時間を分かちあうことを求めました。彼はこの間中ずっとこの部屋にいます。そして ― 知っていましたか ― あなた方一人ひとりに働きかけ、適切なヴァイブレーションを送っています。親愛なる友たちよ、あなた方が私達の言葉を聞いたり、あるいは読んだりしている間、この偉大なマスターはきわめて特別なやり方であなた方に触れました。そして今、彼はクリムゾン・サークルに参加し、今夜、お供の者を従えずに一人で、あなた方と共に、この最も貴重な時間を一人で共有し、一緒にこの新しい情報を発表できたこの機会を感謝しています。

親愛なる友たちよ、この情報は物事が行われる方法についての考え方をかなり変えてしまうでしょう。私達はこれを「4の数学」と呼んでいます。これはあなた方がクォンタム・リープ(量子的跳躍)と呼ぶものの一部です。これはあなた方の時間の西暦2012年と関係あります(すでにお話した通り、この年は想像以上にかなり早くやってくる可能性があります)。この情報は物事の見方を変え、転換させるでしょう。このことは世界中の研究者に伝えられています。私達はこの情報を今夜ここであなた方と分かちあっています。なぜなら、あなた方はそれを自分の本質の中に統合する最初の人々の中にいるからです。だからこそ、あなた方は今、体験していることを体験しているのです。

今夜、あなた方の許しを得て、私達はもうしばらくここにとどまります。私達は一緒にあなた方の音楽を聞きます(ロバート・コクソンのクリスマスコンサート)。私達はあなた方の部屋の暖かさ、あなた方の心の暖かさを楽しみます。そして、あなた方のそばに座ります。このクリムゾン・カウンシルはあなた方のそばに座り、今夜(ロバート・コクソンを通じて)あなた方にチャネルされる音楽のエネルギー・パターンを感じます。これらのヴァイブレーションはあなた方を通じてやってきて、第四の要素に触れようと手を伸ばします。このヴァイブレーションは第四の要素をあなた方の中へと迎え入れ、私達が話しているこの活性化のプロセスを始めます。親愛なる友たちよ、この先、学ぶことはたくさんあります。学ぶことはたくさんあります。しかし今夜、この短い時間、あなた方の心配をすべて手放してください。

そして、あなた方が尋ねている質問については、今夜はいつもの質疑応答のセッションは設けません。しかし私達は、あなた方と共にあなた方のもの以外の要素をオーブン("グレースのオーブン")の中に入れるワークをする時が本当にやって来るでしょう!(聴衆 多くの笑) このプロセスでは急がないようにお願いします。私達が以前にお話したことを守るようにお願いします。あなた方の"グレースのオーブン"の中ではあなた方自身とあなた方の心配事だけを使ってください。
And so it is.(そしてそういうことなのです。)
親愛なる友たちよ、私達は今夜の残りの時間、あなた方と共に腰を落ちつけ、音楽と調和し、新しいビー玉、第四の要素があなた方の本質の中で次第に受け入れられていく様子を見守ります。友たちよ、私達はあなた方を心から愛しています。そしてご存知のように、これらすべての中で、特に今夜は、あなた方はけっして一人ではありません。

And so it is.(そしてそういうことなのです。

クリエーター・シリーズ レッスン4 「グレース(神の恵み)の中で創造する」 クリムゾン・サークル 2000年11月11日

クリエーター・シリーズ レッスン4 
「グレース(神の恵み)の中で創造する」
クリムゾン・サークル 2000年11月11日

トバイアス: それではここにお集まりの親愛なる友たちよ、そして教師達よ、私達はあなた方と再び私達のサークルに、この聖なる空間に集いました。この日私達は、あなた方に挨拶と感謝と敬意をもたらしています。親愛なる友たちよ、ここでしばらくの間、このサークルの中に一緒に現れつつあるエネルギーを深く呼吸してください。深く吸い込んで、あなた方の生体中に行き渡らせて下さい。そしてあなた方のスピリット中に行き渡らせて下さい。深呼吸をして、あなた方の存在の中にこのエネルギーを受け入れて下さい。
それではこれから少しの間、私、トバイアスが、カウルダー(ジェフリー・ホップ)と呼ぶ者、私が「我が息子」(クスクス笑)と呼ぶ者を通じてお話しいたします。ここにいるあなた方それぞれ、今このサークルにいるすべてのエンティティ(存在)達と、しばしの間ワークし、エネルギーをバランスさせ、調整し、ここに新しいエネルギーを織り上げていきます。その間、親愛なる友たちよ、そして教師達よ、あなた方はこの日与えられるすべてのことに対して、素直にあなた方のハートと存在を開いてください。今、この空間に入る者達に対して、今日この日、ヴェールの向こう側からあなた方と一緒にいるためにやって来た者達に、あなた方のハートと存在を開いてください。

あなた方がこのようにファミリーとして集まる時は、あなた方は、あなた方の新しいエネルギーの中で前進するために癒し、学ぶ意図と共に集まっているのです。それがヴェールの向こう側にいる私達のための通路を開かせ、あなた方と一緒になって私達は新しい空間、新しい次元を創るのです。私達は共に、あなた方の新しい地球のための新しいエネルギー・テンプレート(鋳型)と織物を創り出すのです。

今ここにあるエネルギーを感じて下さい。それはあなた方の中、そして周り中にあります。ここにある平和と愛と喜び、そして溢れ来ている黄金色を感じて下さい。親愛なる教師達よ、これが新しい地球のエネルギーなのです。これがあなた方の神性の時のエネルギーなのです。それを今、自分自身に感じさせてください。

私達にとって、ここにいるのは大変な喜びを与えてくれます。というのは、このように私達が近くに来ることは、しばしば困難だからです。多くの場合、あなた方とこのように語ることは困難なのです。私達にとって、このエネルギーは、このように人間達と、シャーンブラと、私達が愛する者ととても近くで、ここにいられることのお祝いの一つなのです。私達、ここに今日やって来ているエンティティ達は、これまで私達が引き離されていた距離がだんだん、だんだん短くなっていることを知って、喜びの中でここで踊っています。あなた方自身の生涯で、この地球上での生涯で、そして特にこの生涯で成し遂げたワークによって・・・私達がこのようにずっとより近くにいけるように、ヴェールが開かれたのです。

これまでずっと、あなた方は自分達にはヴェールがあると思っていて、私達のところまでそれを越えて到達しようとしてもできなかったのは、ひょっとしたらあなた方が何かが欠けていたからだと考えていました! 友たちよ、その反対なのです。ヴェールは厚かったのです。あなた方が大声で助けを求めている時でさえ、また祈りを捧げている時でさえ、あなた方のところにやって来るのは難しかったのです。その地点を越えるのは困難でした。そこで今夜は、それについてもう少しお話ししようと思います。あなた方が生み出した愛、あなた方が為した行為が私達をずっとより近くに来ることを可能にしました。そして今日、とても、とても近くにやって来ています。

しばらくの間、私達の愛を感じとってください。ここに一人一人お座りの皆さん、そしてインターネットからこれを聞いている皆さん・・・そしてこれを読んでいる皆さん、あなた方それぞれに対して私達が持っているメッセージを感じ、意味を理解してください。今この時の中で私達を感じてください。この時の中で、私達があなた方に持っている言葉や考えを聞いてください。

さて、私達は注意深く見つめてきました! あなた方がこれまでの三つのレッスンを通り抜けてきた間、私達はここのファミリーの人達、クリムゾン・サークルの人達とワークしてきました。それらのレッスンがいつも易しいものではないことを、私達は分かっています。しかしそれ以上に、あなた方のほうに、まずすべてのものをあるがままに受け入れ、そして低い塀の後ろ側に立ち、行動の裏にある二元性を見つめ、観察しようとする強い決意がありました。ごく最近、ここ2~3日の間に、あなた方はこれを理解する絶好の機会を得ました。(アメリカ大統領選挙) 友たちよ、この二元性に引き戻されたい願望はありませんでしたか? それでも、ただ観察することによって、あなた方は人間のエネルギーについて何が学べるのか・・・あなたの自己について何が学べるのかわかりましたか?

それから、あなたの人間の自己を受け入れるというレッスンがありました。私達はあなた方が、自分のスピリチュアルな自己を極めて容易に受け入れることができるのはよく分かっています。人間の自己を受け入れるのは難しいことです。それで今夜は、もう一度これについてもう少し話してみましょう。

ああ、それから、さらにもっと難しいレッスンもありました - 自らの神性の時にいること、神なる自分でいること。おお、私達は、自分達の意図を声に出し、自分達の神性の時にいることを選んだ人々を見ました。でもそれは一瞬の間しか効果がありませんでしたが!(聴衆 笑) そしてあなた方は瞬く間に家族や同僚達によってそこから引き離されてしまいました! 重要だったのは、あなた方が - たとえ束の間のことだったとしても - 過去の日々の心配をすることなく、神性の中にいることはどのようなことかを感じたことだったのです。お分かりでしょうが、あなた方の過去の日々は、過ぎ去ってしまったのです。あなた方が過去の生として持っていたすべてのパーソナリティ、それらのすべての側面(aspects)は去ったのです。今や過去にいることには何の効果もなく、助けにもならないのです。人生の書は、あなた方も知っているように終わっているのです。その最終章はあなた方の手の中で書かれ、サインもされているのです。そして今度は、あなた方の新しい日々に向かうすべてのページはあなた方の創造によって埋められるよう開かれ、準備されているのです。

ああ、だから私達はここにいるのです! だから私達は新しいエネルギーの教室にいるのです。私達は、どのようにして新しいエネルギーにおける創造者、本物の創造者となるかについて、あなた方と話し、議論をし、ワークするためにここに来ています。原初のサークルにいたときのあなた方のような創造者ではなく、そうではなく、あなた方は新しい創造者達なのです。それはあなた方の人生のことだけではありません。あなた方に続くすべての人のことなのです。神性の時にいるというのは恐らくこれまでで最も難しいレッスンでしょう。でもカウルダーが私達に話しているように、二元性のゲームをするのは時には面白いのです。神性の時から抜け出ることは時には楽しいのです。二つの間で遊ぶのは面白いことなのです。

この日(2000年11月11日)、その意味も理解することなく人間達によって選ばれたクリムゾン・サークルの集いのこの日が何を表わすか知っていますか? このようなことを導き、助ける私達は確かに理解していました! これはまさにマヤ暦で「二元性の日」と呼ばれた日です - 1と1、それにもう一つ1と1、そして2です。これは、あなた方が地球の歴史を、あなた方の宇宙の歴史を、そして第二サークルの歴史を書き換えていなかったなら、非常に困難な日となるところでした。この日は、大変に困難で試練に満ちたあり方で二元性に満たされてきている予定であって、あなた方が1から2に変わったミレニアムの転換から11か月経っているであろう時でした。これは2の衝突、光と闇の衝突の日だと考えられていた日でした。

しかし友たちよ、それを今見て下さい。それを今見てご覧なさい。私達は笑っています。クスクス笑っています。一番最近のいくつかの出来事の中でさえ、何が起こってきたか見てご覧なさい。二元性があったのです。それは非常に強いもので、世界で一番の大国の一つである国の大統領の職に対して、それは僅かな得票数の問題になっています。私達が前回集まった時に、今まで、このごく最近の時まで、光と闇、プラスとマイナス、1とゼロのバランスは2/3から1/3の間にあったと話したことを憶えていますか? 2/3と1/3のバランスは、レッスンに、学習と理解にはふさわしいものでした。

私達があなた方のバランスの外れた、振動数のずれた音叉について話したときのことを憶えていますか? 音叉の二つの分枝は今に至るまであなた方の内側で1/3と2/3の振動バランスを持っていました。前回の話で、私達は、二つの分枝は再び互いに調和的バランスに戻りつつあることを今知るようお願いしました。まだ二つあるのですが、共鳴していたのです。かつてのように同調しない状態ではありませんでした。

友たちよ、あなた方の選挙を見てみなさい。それは1/3と2/3ではありません。ずれたバランスになってはいません。それは非常に注意深くバランスがとられたことから、ごく少ない得票数の問題になっています。これが新しいバランスなのです。前のように二つの陣営が互いに戦っているのではありません。二つの陣営はヴァイブレーション的にとても近く、共に調和し始めるほど近くにいるのです。あなた方の多くでさえ、それぞれの候補者達がどう違うのか分からないのです。彼等は似通った振動数でヴァイブレートしているのです。

友たちよ、今も、そしてこれからも二元性はあり続けていくでしょう。しかし、今日から以降はまた同じようにはなりません。特に、新しい地球のエネルギーの中に入った人達にとってはそうです。鏡の両面はあるかもしれませんが、戦ってはいません。彼らはお互いに大きな興味を持って見つめ合っています。どうして以前お互いに戦い合っていたのだろうと、不思議に思いながら互いに見つめ合っているのです。

あなた方は今、これをあなた方自身の人生で見ることになるでしょう。そう、二つの側面があるでしょう。あなた方のこの生涯では四つの側面が現れるかもしれませんが、それは全く別の議論になります。しかし、この二つの側面は、一緒に調和し始めています。これは先例のない出来事です。これはあなた方がミレニアムで、あるいはハーモニック・コンバージェンス(調和的収束)で経験したものより大きな障壁を突破しているのです。

これが「二元性の日」というものです。あなた方を、あなた方の人生を、あなた方が創造したものを見回してご覧なさい。たくさんの愛と豊かさと喜びに満たされています。あなた方が未だに困難にぶつかっていることを、私達は本当に知っています。でも、あなた方がどこにいるかを見てご覧なさい。あなた方がグループとしてどこにいるかを見てください。今、あなた方の地球が全体としてどこにいるかを見てください。二元性は、新しいエネルギーを持ち始めています。あなた方は目の前でそれを見ているのですが、しばしばそれに気付きもしないのです!(クスクス笑)

ここでしばらく時間をとります。カウルダーには沈黙をお願いしましょう。その間に、私達はここに入ってあなた方とハグし、あなた方に栄誉を与え、このサークルの中で最終的な融合を行います。それから今日のレッスンを続けます。私達があなた方と行う予定のクリエーター・シリーズの四つある区分のうち、第二番目のものです。今日のレッスンも第四であるのは面白くはありませんか? 皆さん、私達はしばらく時間をとり、この愛とこの栄誉をただ届けさせます。今日ここには、あなた方に感謝したいと、たくさんの、それはたくさんの者達が集まって来ています。カウルダーにはしばらく黙っていてもらいます。

(休止)

おお、このエネルギーを瓶に詰められたならと思います! 私達はそれを持ち帰り、この人間のグループが成し遂げたことを、他のすべての者達に見せてやることでしょう。あなた方が創り上げたのは愛の真髄(essence)です。それを他の者達に言うでしょう。たぶん彼らは、次の集いの時にあなた方に会いに来ることでしょう。

親愛なる友たちよ、遠い昔、でもとてもあなた方が思うかもしれないほど遠くではありませんが、あなた方は第一サークル、原初の創造の中にいました。あなた方は創造する天使達でした。ここで説明するのはちょっと難しいのですが、原初の創造の中には二元性の要素はなかったのです。あなた方は「ワンネス」によって創造しました。あなた方は全く新しい次元を創り出しました。深さと広さを創り、その間にあるすべてを創りました。あなた方は、「永遠なるひとつ(the Eternal One)」のエネルギーを用いて創造をするやり方の最高の理解を備えたパイオニア(先駆者)でした。あなた方はそれを楽しみ、遊び、経験を重ねたのです。そして神は、あなた方が神の創造の中で遊ぶのを見守るのが好きでした。神は、あなた方が原初のサークルの中で遊ぶのを見る時、笑っていました。あなた方はスピリットに大いなる喜びをもたらしました。あなた方は非常に創造性がありました。創造に次ぐ創造を続けて、これについての新しい水準にまで達したのです。

ここで理解するのは難しいのですが、親愛なる友たちよ、あなた方はそのような表現と情熱 - 今もなおあなた方の内にある情熱 - と共に、また文字通り創造の端まで行ったという手腕と共に創造したのです。あなた方にとって、これまで教えられてきたことは理解しにくく、ひょっとしたら難題でさえあるということを私達は知っています。

しかしあなた方は創造の端まで行ったのです。そこに達した時にガラガラという音がしました。(ちょうどほぼその時、会場の受付台がこわれた。)あなた方が創造の端に達した時、友たちよ、あなた方もスピリットもそれまでに経験したことのないことが起こりました。それは、ワンネスから二元性への移行でした。あなた方はその周辺にいて、そのときはまだ人間の形態をとってはいませんでした。あなた方はライトボディ(光の体)と呼ぶであろうものの中にいたのです。あなた方は変化を感じ始めました。何か尋常でない、とても心地悪いものを感じ始めました。

これが二元性でした。あなた方は第一サークルの端で創造し、体験し続けました。そして友たちよ、これは実に試練に満ち、困難な時でした。これは、あなた方がスピリットと切り離されたと初めて感じたところであり、もはや単一の調和がなくなるどころか、対立する二元性があると初めて感じた時でした。これはすべてあなた方が選んだ体験の一部でした。この中には何の誤りもありませんでした。あなた方がそこでしていたことに何の誤りもなかったのです。

あなた方は不信のようなものを感じ始めました。怒りや憎しみのようなものを体験し始めました。このようなことをそれまで知らなかったので、それらのどれも正しいともふさわしいことだとも感じられませんでした。あなた方は変化していました。変容していました。あなた方は繭を経て、諺にでてくる蝶になっていく毛虫だったのです。第一サークルを去りながら、ひとつでなく、二つ(二元性)を体験していたのです。

第一サークルの端のこの地帯の中は、あなた方の魂がそれまでに経験した中で最もトラウマ的で困難ないくつかのことを体験したところです。もし、地獄がどんなものかという理解があったとしたら、それはそこにありました。もし、真の戦争や戦いがあったとすれば、それはそこにありました。そして、これはあなた方を深く傷つけてしまいました。そこにいたあなたや他の人達がそれまでに一度も感じたり、経験したりしたことのないことでした。そこには不調和があり、ある程度の範囲でエネルギーの崩壊が起きました。

しかし皆さん、このどれも間違いではなかったことをわかってください。そこには、あなた方が探検者となり、それまで未踏の地であった創造の領域に出かけていくというスピリットとの同意があったのです。あなた方は何か新しいことを学ぶと思われていましたが、あなた方の誰も、あなた方もスピリットも、また私達の誰もが、それがどんなものになるか知りませんでした。今それは二元性と呼ばれています。この裏には非常に大きいエネルギーがあり、ここに非常に多くの集中があり、大いなるすべて(All That Is)の端でのこの体験の中には非常に多くの激しさがあったので、それはあなた方を第二サークル、第二の創造と呼ばれる新しい場所の中に、文字通りあなた方を勢いよく飛ばしてしまったのです。それはあなた方を毛虫から、繭を経てここ地球にまで連れてきたのです。

さて、ここにはあなた方が疑問に思われるたくさんの物理学がありますが、私達は将来のこのようなセッションでお話をするつもりです。しかし友たちよ、地球に来る前に、第二サークルを創る前に、あなた方はとても困難な経験を経てきたのです。あなた方はここ地球にやって来て、それから生涯に次ぐ生涯を歩み始めたのです。

前にもお話ししましたが、このカルマという考え方が私達はあまり好きではなく、その言葉を使いたくありません。それはカルマではありません。ではなんでしょう、皆さん? 第一サークルの端であなた方が経験したすべて、出来事のすべてを、地球上で相似する(parallel)体験を持つことによって、あなた方は今理解しようと、定義づけ、結束させ、対処しようとしています。

分離: あなた方は地球にやって来る前に創造の端で何が起こったかを理解する助けとなるよう分離の体験という経験をしています。
痛み: あなた方は第一の創造を去る前にその地帯で何が起こったかを理解し、定義する助けとなるよう、この地球で痛みという体験を見つけています。
不均衡: あなた方は創造の端で何が起こったのかを理解する助けとなるよう、他の人々との間の人間としての体験、例えば感情面での不均衡の体験を見つけています。

私達の言っていることがお分かりですか? あなた方がこの地球で間違ってしたことは何もないのです! あなた方はずっと昔に - でもそう前のことではありませんが - 起こったことを理解するのを助け、またスピリットが理解するのを助けるための体験を選んできたのです。あなた方は地球と二元性の要素、二元性の物理学を使っています。あなた方とスピリットの理解を助けるために質量と物質を使っています。第一サークルの端での体験を理解し、再び体験するのを助けるために肉体を使っています。あなた方の地球での体験は原初の創造での体験に関係しているのです。あなた方は今、より深い理解と定義のために二元性と物質の中でそれらを演じているのです。それはカルマについてのものではなく、むしろ別の時に別の場所で起きたことの再上演についてのものなのです。

テイラーという名前の天使がいました。彼女は地球で何回も何回もの生涯を送りました。ある生涯では、貪欲な王国の戦士でした。彼女はその政策には何の関心も持たず、ただ戦士になりたかったのです。血と戦いを経験したいと望み、二元性と怒りを経験したかったのです。彼女は自分の魂にこれらの体験をもたらし、それらはそこに長く長く留まりました。

そして次の生涯では、彼女は子供や夫にはあまりいいとはいえない母親でした。彼女はよその男達との交際を楽しみ、自分の家族と離れているのを楽しみました。彼女にはこれが罪の意識となり、それは彼女に重くのしかかりました。それでも彼女はそれを続け、その中で子供達には多くの痛みと困難を引き起こし、また夫は自殺し、去るという事態を引き起こしました。このことは彼女の魂に記憶され、後まで携えられ、それから彼女の人生の書に記されたのでした。

またもう一つの生涯で、彼女は骨の折れる仕事の店を経営する実業家でした。テイラーは、若者や貧しい人々を安い労働力として利用しました。テイラーは彼らのことをあまり気遣うことなく、財布や富が彼女のただ一つの関心事でした。テイラーはこの富を他の人々と分かち合うことはありませんでした。慈善を行うことはなどせず、ただひたすらに自分だけに与え、また富を得ることで彼女の不滅性に対する記念碑を築きたいと思っていました。そしてこのことは彼女自身の存在と魂に重くのしかかりましたが、気にすることなく前に進みました。

この生涯では、彼女は虐待を加える両親を持ちました。十代の初めには彼女はアルコール中毒になり、その後も毎日飲み続けて、我々からはとても理解しがたいほど低いレベルまでヴァイブレーションを下げていきました。彼女は酒を飲み、闇の中に入っていきました。彼女のヴァイブレーションは下げられ、愛が何かも忘れてしまいました。そのような幸福な生活を過ごさなかったのです。両親を非難し、一緒に働いた人達を非難しました。飲酒は彼女の健康の問題を引き起こし、それは彼女の内側でさらに辛さを創り出しました。

テイラーはもう飲むのをやめて今クリムゾン・サークルにいます。というのは、途中で霊感を受けた本を読んだからです。彼女はこのような感じの会合に出て、他の人達に助けの手を差し伸べてもらいました。彼女は他の人達に、自分を抱き締め、愛していると言ってもらいました。彼女は、自分の本質の中にあるすべてのこのような罪悪感は解き放たれ、手放される必要があると理解することを、時間をとって教えてくれる人達を得ました。

皆さんおわかりですね。私達がこの日テイラーの物語を話すのは、あなた方それぞれの理解を助けるためなのです。これは実際、本当の話なのです。私達は、あなた方の人生の中で、またあなた方が通り過ぎる他の人々の人生の中で見ることが、そして、あなた方自身の目で見ることが、またすべての人々の目で見ることがとても重要なものを理解するのを助けようと、このテイラーの話をしているのです。ご承知のように、テイラーがこの困難な諸生涯を選んだのです。彼女はずっと前にこれらを選んだのです。彼女は、スピリットが最低の深さまで行く誰かを必要としていたことを知っていたのです。

誰かが二元性のこの大プールに飛び込み、その最低の部分、最深の部分を探らなければならなかったのです。おお、つま先をちょっとだけ浸して、「私は光に満たされている。なぜなら、私は沈まないから。それに私は日の光を集め、収集している。だから私は特別なのだ。」と言う者になることは容易なのです。あなた方が試練の道をとった時には、親愛なる友たちよ、それは難しいのです。あなた方がアルコール中毒になるのに同意したとき、悪夢の中でも一番の悪夢を持つことに同意したとき、最も困難な試練を持つことに同意したとき、あなた方は深く飛び込んでいるのです。

そうしてあなた方は、これはまさにカルマだと思ったのです。自分自身に負債を返済しているのだと思いました。親愛なる友たちよ、自分自身に負債を返済するなど、とても論理的とは思えません。私達のすべてから深く愛されているあなた方や他のテイラーのような人達は、ファミリーであり、シャーンブラであり・・・光と闇の深さを探検するのを助けようと、自分の諸生涯の中で困難な体験をすることを選んだのです。あなた方はこれらのことを行って、多くのことを奉仕してきました。あなた方は第一サークルの端からのたくさんのエネルギー的経験を再演するのを助けました。そしてそうすることで、スピリットが新しいことを本当に理解するのを助けました。

私達は、これはたくさんの疑問を、理論的な疑問を引き起こすことを知っています。例えば、「私はスピリットを本当に助けるということで他の人を殺すことは正しいのか?」のような疑問です。親愛なる友たちよ、このグループにいる人達、またこれを読んでおられる人達は、今の時点でこれをする気になることは決してないでしょう。そのことについては過去においてもう充分にやってきました。あなた方のしてきたことについて、自分自身を称えてください。あなた方が歩んだ困難な道について自分自身を称えてください。そして特に、他の人の目を見て、ひょっとしてあなた方が自分の目の中に今見える光が見えない時、その時は、彼らが未だに二元性と呼ばれるこの壮大なものを探検する助けをしているということを思い出してください。それには二つの面、光と闇、ポジティブとネガティブがあるのです。誰かがその両方の深みを探求しなくてはならないのです。

今、あなたの子供のことを考え、そして彼らが経験している困難を考えている方達よ: 彼らが何を本当にしているのかを理解してあげてください。あなた方が理解できるなら、それが思いやりなのです。親愛なる友たちよ、あなた方がこの地球上で経験していることは、創造の端であなた方が経験したことを理解し、定義する助けをすることなのです。そしてあなた方はそれを立派にやり遂げました。

前にも述べましたが、あなた方が今見ている夢の多く、あなた方の生活の中の恐怖や悪夢の多くは、この生涯に関わるものではありません。それらは他の諸生涯(訳注:過去生)にさえも関係していません。これらの恐怖はどこから来ているのか、あなた方は訝っています。親愛なる友たちよ、今あなた方にやって来ているものの多くは、あなた方が第一サークルを去る前に経験したことに関わっているのです。私達が第二の創造と呼んだものの織物を創り出す助けとするために、あなた方はこれをもう一つの方法 - 夢の中 - で経験しているのです。これがあなた方の宇宙、あなた方の地球、大いなるすべて(All That Is)の拡張なのです。

さてテイラーは途中で飲酒を止め、彼女の内に神性があるということを学ぶようになりましたが、それは大方が心理学的なものでした。彼女はそれをあまりハートでわかることができませんでした。というのは、彼女はなお罪悪感を持っていたからです。彼女が第一の創造を離れたことについての罪悪感をまだ持っていたのを知っていますか? そしてそれから彼女がこのように困難な多くの生涯と多くの体験を選んだことに、罪悪感を持ちました。彼女は、この蝶が繭から抜け出て姿を現すように、新しい叡智を持ち始めるようになりました。

テイラーはなおも人生の中で問題を抱えていました。なおも試練に遭遇していたのです。それで彼女はクリムゾン・サークルから出ているたくさんの読み物を読みました。彼女はすべてのものをどのようにして受け入れるのかわかり始めていました。彼女にとって非常に難しいことであったにもかかわらず、どうしたら自らの人間の自己を受け入れるのかわかり始めていました。彼女は自分の人間の部分は何か恥ずべきもののように感じていました。彼女が人間であることは神聖であり、それは宇宙に非常に多くの貢献をしているということが、まだわかっていなかったのです。テイラーは、それは難しく、ごくまれに、そしてごくたまにでしたが、神性の時の中に立ち始めました。そのうち日々神性の中に立つ時間を持つようになりました。それはとても暖かで黄金色に輝いているように感じられたので、彼女は大好きになりました。でも次に、彼女の罪悪感が彼女を打ちのめしたのでした。彼女は、自分はこの神性の時に値しないと感じ、それは消えてしまったのでした。

しかしテイラーは一心に学び成長したいと思い、お金や人間関係、健康、自分自身に対する信頼のことなど、人生の試練に立ち向かい続けました。これらのものはとても困難で、スピリットに向かって呪ったこともありました。彼女の人生にそれが大きな違いをもたらしているとは見えなかったので、この新しいエネルギーの地球のものから歩き去ろうと言ったこともありました。「これはぜんぶただの言葉に過ぎないわ。これはこの地球の他の人達が信じている違うことについての違う言葉のようだわ。みんなただ言葉ばかり。ただのおしゃぶりじゃないの。」と言ったこともありました。ひどい欲求不満に陥るときもありました。

彼女は人生の中でとても深く信じたいと思う地点にやって来ていました。次の段階に進みたいと思っていましたが、どうすればいいのかわかりませんでした。それでとても混乱し、当惑し、うろたえたのですが、何よりもとても裏切られたように感じました。そのため、ある晩、床にただ崩れ落ち、すすり泣き始めながらこう言いました。「私はもうこれ以上先に進めません。スピリットよ、私はどうしたらいいのかわかりません。私はあなたに導きを求めました。自分の天使達に訴えました。ガイド達にも助けを求めました。でも私は、どうしたらよいのかわかりません。」 さて、テイラーは、スピリットはそれをあなた方に代わってすることはできない、そしてあなた方のガイド達は去ってしまっているというところをよく読んでいなかったのです。(クスクス笑)

現れ出ようとしているものが、彼女に話しかけようとしているものが彼女の内側にありました。しかしそれは彼女が自らの神性の時から出てしまっている時には不可能だったのです。彼女がこのようなことすべてについて心配している時には不可能だったのです。しかし彼女が泣き崩れた時、何かが起こりました。何かが現れました。外からではなく、内側から聞こえる声みたいでした。それは現れ、彼女と話しました。それはこう言いました。「私はグレース(神の恵み)である。お前の内にある神聖なるグレースである。私がすべてのものを扱おう。私がすべてのもののバランスをとろう。私がすべてのものを解決しよう。しかし、私はお前の内からやって来ているのであり、私の名前はグレースである。」

彼女は自らの存在の内側からやって来るこの神聖なグレースのエネルギーを感じながら、長い間そこに横たわっていました。そしてなぜかそれは正しく感じられました。彼女は、自分自身や自分の問題を、自分が知らない、あるいはわからない何かのエンティティや何かの神の像に引渡しはしませんでした。彼女は内から現れてきたグレースにそれを引き渡しました。その日以来、彼女はわかり始めました。グレースの力がわかり始めました。

そしてそれについて私達は今夜お話するのです。あなた方の内にあるグレースのことです。しかしその前に、わかっていただきたい点があります。今夜、先に、ウィンド氏(ウィンド・ヒューズ、クリムゾン・サークルの集まりのゲストスピーカー)に同調する人が、あなた方とグレースについて、またグレースからの失落とそれに付随する概念について議論したことは、偶然でも間違いでもなかったということです。一週間ほど前に部屋にいるカウルダーを起こして、「私達は今夜、グレースについて話しに来ました」と言ったのは間違いではありませんでした。彼は、「何ですって? 私はわかりません」と言いました。私達は長いこと話し合い、今夜このことを持ち出すつもりだと彼に言ったのです。

私達は彼に、今夜あなた方に提供する予定のエクササイズを与えました。親愛なる友たちよ、あなた方の本が言っていることや、他の教師達が言っていることとはまったく違っていることをわかってください。グレースからの失落は決してありませんでした。天国から追放されたルシファー(魔王)は決していませんでした。これらはすべて隠喩なのです。あなた方は創造のまさに端を経験しました。あなた方は前には決してしたことがなかったことを経験しました。そしてそれは二元性と呼ばれました。それはあなた方を第二の創造の中に送り出しました。あなた方を創造の限界点を超えて送り出すために必要なエネルギーがありました。この二元性、この軋轢があなた方を地球と呼ばれる第二の創造まで、今あなた方がいるところまで弾き飛ばすエネルギーを創り出しました。それはまるで非常に多量の力によって爆発するロケットのパワーのような感じだったため、それは、あなた方がどこから来たのか忘れさせてしまいました。しかしグレースからの失落はありませんでした。私達はそれを、1から2に進むステップだと見ているのです。スピリットと、そしてあなた方の後ろからついていく私達全員への愛の中でとられたステップだと見ているのです。

さてこのグレースについてですが、私達はここでもちろんあなた方の許しを得てエクササイズにお連れします。どうか楽な姿勢をとって、あなた方自身を調整してください。

さあ、あなた方の許可を得た上で、今日ここに集まった者達は、あなた方と並んであなた方の新しい家の中を歩き回ります。あなた方は近頃そこにあまり行っていませんからね!(クスクス笑) もっとそこで過ごす時です。それはいいところです。あなた方は町をかけ回って忙しくて、新しい家ではろくに過ごしてはいませんよ!

そこで、今そこに戻ろうではありませんか。あなた方の横にいる天使達と一緒にそこに戻ってみようではありませんか。彼らもとてもあなた方の新しい場所を見たがっているのですから。中に歩み入りましょう。そして前にも言ったとおり、皆さん、ここからとても近いところにあるのです。あなた方が壁を創り、その空間を創り、そのエネルギーを創ったのですから。さあ、あなた方の新しい家の中を歩いてみましょう。

キッチンに入りましょう。あなた方の新しい家のキッチンの中に歩いていきましょう。私達は、あなた方の多くがここにキッチンを持っていたのを知りさえしなかったことがわかります!(クスクス笑) ぜんぜんここを使ってはいませんね! でもここは、あなた方が造ったとても広い場所なのです。こんどは、あなた方はここでもっと過ごすようになるでしょう。さて、あなた方の新しい家のキッチンには、その真ん中にとても大きく、とても美しい、床から天井まで達する(一部のケースではとても高い可能性があります)・・・そこには大きな扉窓のついた非常に大きなオーブン(炉)があります。その扉の上の方には一種のちらちら光る金色の文字で、「グレースのオーブン」と読める銘刻があります。

「グレースのオーブン」、皆さん、これは象徴であり、それはまたあなた方自身のグレースのエネルギーのための現実でもあるのです。あなた方それぞれに、他の人々には関係ないあなた自身の個人生活の中の困難な状況のことを考えてみるようお願いします。豊かさのことであれ、全般的な恐怖感のことであれ、健康問題や孤独感に関することであれ・・・あなた独自の状況です。ここでしばらく時間をとって、あなたに対して最近試練となっている状況について考え、そしてその状況を象徴するものについて考えてみるようお願いします。もしそれが豊かさだったら、その象徴はあなた方の財布か小切手帳かもしれません。それが健康に関することであったら、その象徴はあなたの写真かスナップショットかもしれません。今、その困難な状況を表す象徴について考えてみてください。

そう、ここで私達が何をしようとしているか、あなた方の多くは既に知っておられます。その大きな美しいガラスの扉と、床から天井までのメカニクス(機構)のついたグレースのオーブンに近づいてみてください。あなた方にお願いします。このあなたの試練を象徴するものをそのオーブンに入れてください。その中に入れてください - そう - その棚の上に。

その象徴をそこに入れたら、グレースのオーブンの扉を閉めてください。何も言わず、何も意図せず、何の言葉もなく、この裏に何のエネルギーも持たず、祈りも言わないでください。さて次に左の方を見上げてください。そうしたらボタンが一つ見えるでしょう。あなたのグレースのオーブンにあるたった一つのボタンです。それは「スタート!」と言います。どうぞスタートボタンを押すようお願いします。

さて、これ - あなた方が抱えているこの困難な状況 - が「グレースのオーブン」で調理されている間に、このツールについていくつかお話しましょう。まず、あなたが最初にこのグレースのツールとあなたの人生でワークし始める時、それを自分自身のためだけに使ってください。それを自分自身の個人的な状況のためだけに使ってください。後になって、でもあまりすぐにではありませんが、あなた方は他の人々に、彼らの状況の中で適切に使うことができるようになるでしょう。でも今のところは、これはあなただけのためのものです。あなた自身の人生の中で自らが抱えているどんな課題でも構いません。もしあなた方が子供に関すること、夫あるいは妻に関することで心配しているなら、この中に彼らのエネルギーを入れるのは適当な時ではありません。あくまでもあなた自身に関することだけです。

また、一度に一つの課題、一つの試練、ひとつのコンセプトだけ入れるようお願いします。あなた方の何人かが、そこに全部投げ込もうとしていたのを私達は見ましたよ!(聴衆 笑) あなた方がグレースのオーブンを使うのを学ぶ間は、一度に一つの課題だけです。またこれをあなた方の時間で24時間オーブンに入れておくように願います。24時間です。そしてその時間が終わったら、忘れずにこれを取り出してください! その課題の調理が終わったとき・・・あなたの神聖なグレースのエネルギーに晒されるのが終わったとき、それからあなたは別のものを入れることができるのです。ですが、一度に一つずつ、そして24時間待ち、それから取り出すのですよ。

さて、このコンセプトはシンプルで - ひょっとしたら陳腐でさえあるかもしれませんが - 私達は今、ここの中には偉大なパワーがあるとお伝えします。なぜなら、「地球の新しいスピリチュアルエネルギーの教室」の中で、レッスン4は「グレースの中で創造する」ということだからです。レッスン4は、グレースの中で創造することなのです。このオーブンの象徴は、あなた方の内からやって来る神聖なグレースとどうワークするかをあなた方が理解するのを助けるために、今日あなた方に与えられました。このグレースのオーブンの中に課題を入れたとき、何が起きるかあなた方は身をもって体験するでしょう。

テイラーの話に戻らせてください。彼女は財布をオーブンの中に入れました。というのは、それがその当時彼女が苦闘していた豊かさの課題を表していたからです。何の予定(agenda)も持たずに、オーブンの中に入れました。予定を持たずにということ、皆さんこれがわかりますか? おお、私達はあなた方が祈ることに慣れ親しんできたことを知っています。あなた方が呪文を唱えることや意図や予定に慣れ親しんできたことを知っています。これらのものはこれまでよいことで、愛に満ち、あなた方をこの地点にまで運んできてくれました。しかし友たちよ、今私達は新しいところに行こうとしているのです。「グレースのオーブン」の中では意図は要りません。それはひとりでに処理してくれるのです。

テイラーが何の予定も持たず、何も求めることなく財布をここ(グレースのオーブン)に入れたとき、何が起こったかわかりますか? 彼女の「グレースのオーブン」は、二元性の深いハーモニーが、新しい、祝福されたエネルギーを創り出すのを可能にさせたのです。彼女の「グレースのオーブン」は、彼女の経済的状況にバランスをもたらしました。豊かさのエネルギーを、彼女の人生の中に適切でバランスのとれた形でもたらしたのです。

さて、テイラーにとって、このすべてを彼女のマインド(頭)の中で創り出そうとしてきたことは、困難なことだったでしょう。それは食べ物を食べて、それがあなたの肉体によってどう処理されるかを精神的にコントロールするようなものなのです。あなた方はただ食べ物を食べ、そのままにさせるのです。それが「消化グレース」です。(クスクス笑) そして同じように、親愛なる友たちよ、あなた方が「グレースのオーブン」に何かをいれた時は、それがひとりでに処理してくれるのです。自然のバランスがあるのです。この新しいエネルギーの中で起こる、自然な達成があるのです。

テイラーが財布を「グレースのオーブン」の中に入れて、それを一晩調理させてから一週間ほどたったころ、彼女は仕事を失いました。わかりませんか!?(クスクス笑) 彼女は何が起こっているのか気を揉んでいました。あなた方の幾人かもそうするかもしれないように。しかし、彼女はまたグレースを信頼していました。彼女は、自分の仕事が、実に自分の豊かさにとって妨げになっていたことを知っていました。それが彼女を束縛され、制限されたままにしていたのです。それは、もはや適切でない他の体験を彼女のためにもたらしました。そしてそれがもたらしたそれらの体験の一つが豊かさの制限だったのです。それで彼女が自分の財布をグレースのオーブンの中に置いたとき、しっかりとそれは彼女の仕事を変えたのでした。

仕事を失ったことが最初は恐れを彼女にもたらしていた間、テイラーはその恐れをグレースのオーブンに入れました。彼女は、彼女が通り抜けていた自分自身の恐れをグレースに処理させました。彼女が次々と新しい状況にこれを行ったとき、神聖なグレースに適切なバランスと解決を見つけるようにさせました。

親愛なる友たちよ、テイラーは自分自身を信頼することを学んだのです。彼女は自分の問題を天使やガイド、あるいはスピリットに引き渡してはいませんでした。彼女は、自分自身の存在の内での達成を受け入れていました。そして本当にこのレッスン4、「グレースの中で創造する」の中で、あなた方もまた、今、あなたの内に存在するグレースの美しさ、その流れ、バランス、そして愛を学び取ることでしょう。今まであなた方は、自らの神聖なグレースを信頼していませんでした。また、地球のエネルギーもこの時点まではこのエネルギーを真に活用するのにふさわしくはなかったのです。しかし今や、それはあなた方のものなのです。

私達は、前にこの新しいツールとワークしなさいと言いました。私達にできるのは、あなた方に私達の洞察力と叡智をもたらすことだけです。あなた方自身のグループの意識を映し返すことができるだけなのですが、あなた方はこのワークをやらなければなりません。あなた方の試練の状況をとりあげて、「グレースのオーブン」の中に入れてください。そして、そうです、今やってきた質問に関しては、それに対する解決策が見つからなかったら、繰り返してその状況をオーブンの中にいれることができますし、まだ心配なら何度も何度もそれをそこに入れることもできるのです。もしテイラーが自分の豊かさの課題に関して心配する必要があるなら、日を改めて再び財布を入れることができたのです。しかしお話ししたように、一日に一つの課題だけです。

新しいエネルギーの中での応用創造のための土台となるレッスン4は、「グレースの中で創造する」ことです。私達がもっとダイナミックなステップに移ることができるようになる前に、あなた方はまずグレースの中での創造の方法を理解し、学ばなければならないのです。繰り返し申しますが、今のところ、あなた方自身のためだけに、この「グレースのオーブン」を使うよう注意しておきます。将来このような集まりでは、集団の状況や家族の状況に影響を与えることについてお話ししますが、今のところは、あなただけの中で使ってください。これは - そしてもしあなた方がこれを使うことを選択するならあなた方はこれが真実だということを見出すでしょうが - 非常に非常にパワフルなツールなのです。私達は物語の中で、オーブンの隠喩の中でここに提供しましたが、これはあなた方の人生にバランスと解決をもたらしてくれる実用的な手段なのです。

レッスン4: 「グレースの中で創造する」 さて皆さん、このレッスンについて今日はもうこれ以上あまりお話しすべきことはありません。それはきわめてシンプルです。すべてのあなた方が、すぐそれを使い始めるためのツールを持っているのです。それはとてもパワフルです。

これらとともに、将来のレッスンではどこに行くのかとお聞きですね? 新しいエネルギーの中の真の創造者となるために、あなた方自身の人生の創造者となるために、新しい地球の新しいエネルギー・テンプレートの創造者となるために、私達はあなた方とワークしていきます。それはあなた方についてだけのことではありません。それは新しいエネルギーのタペストリー(つづれ織り)の織物を創り出すことについてなのです。あなた方がしているまさにそのワーク、これからあなた方が経験するレッスンは、すべてこの新しいタペストリーを創り出すことに関係しているのです。

さて、あなた方の人生に試練がやって来たときにこう言わないでください。「おお、スピリットよ、なぜあなたはこれを今私にもたらすのですか?」 あなた自身がそれを持ち込んだことを、そしてそれを地球の新しいエネルギーの織物を創り出すために、愛の精神で持ち込んだということを自分自身に思い出させてください。

親愛なる友たちよ、私達はあなた方を計り知れないほど愛しています。これらの集会を通して、なぜあなた方がこの「地球」にそもそもやって来たのかの理解をもたらしています。なぜあなた方がこの「地球」を選んだのか、なぜ苦闘を選んだのか、その理由もお伝えしています。そしてこれはすべて、スピリットへの善と奉仕の中で行われたというメッセージもお伝えしています。あなた方がしてきたことのうち、適切ではなかったこと、間違っていたことは一つもありません。この叡智をあなた方はわかり始めています。あなた方は自分自身を深く捧げてきました。今回、もう一度身を捧げました。あなた方は「故郷」に帰ることを選びませんでした。その代わり、この新しいエネルギーの開拓者となることを選びました。ですから私達はあなた方を深く愛しているのです。ですからあなた方は決して一人きりではありません。

And so it is.(そしてそういうことなのです。)
 
profile
ブレスレットu


kayo

NESファシリテーター
ヒーラー












楽天市場
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 今日のメッセージ
  • 小樽の動画をアップしました。
  • トークライブの動画をアップしました。(パワーストーン)
  • 新曲が完成しました。
  • 新曲が完成しました。
  • 新曲アップしました。
  • オリジナル動画をアップしました。
  • 10月31日は蠍座の新月
  • 引き寄せの法則
楽天市場
占い











株式会社トライアングル

  • ライブドアブログ