IMAGINE

スピリチュアルメッセージ バシャールのワクワクを実践中 シャーンブラ

体現シリーズ

体現シリーズ シャウド12 「明確さという贈り物」 クリムゾン・サークル 2005年7月16日

体現シリーズ シャウド12
「明確さという贈り物」
クリムゾン・サークル 2005年7月16日

 
そしてこのように、親愛なるシャーンブラよ、私たちはこの「新しいエネルギー」の教室に、ともに集まっています。ああ、この日、あなた方は何が始まるかも知らずに、とても甘美に、優しく私たちを招いています(少々、笑)。私たちは今日、ここで、文字通り、私たち自身の波に、私たち自身のエネルギーの馬車に乗っています。ええ、そうです。私たちは、あなたがここに到着する何週間も前から、あなたとともにいます。ここ数日間は、あなたとずっと一緒にいます。
けれども今は、私たちはあなたと本当に一緒にいることができます。ただ隣や後ろの席に座るだけではなく、あなたの内側に座っています。あなたはそれくらい遠くまで来たのです。あなたは完全なる体現を許しました。それくらい、開き、怖れを手放したので、何でも怖れなしに体現することができるのです。あなたには私たちを受け入れることができます。何かが奪われるという怖れなしに、心をかき乱されるかもしれないという怖れなしに、自分が消滅してしまうかもしれないという怖れなしに、あなたの空間に、あなたの現実に、何でも受け入れることができるのです。ああ、あなたがたった今、やっているように体現することこそが、「神聖なる人間」である、本当のしるしなのです。

私たちはあなたの内側から話をしています。私たちはあなたの周りのあらゆるところから話をしています。この年に1度のシャーンブラのギャザリングにおいて、この部屋であなた方すべてと、また、今、聞いている人たちと、後にこのシャーンブラのエネルギーに心動かされる人たちすべてとともに私たちがこうしてシェアしているこの瞬間は、貴重なものです。

今日のシャウドは、おそらく私たちが今までしてきたものと、多少、異なるものになるでしょう。実際のところ、それはすべてあなたにかかっています。すべて、あなた次第です。たった今、この部屋に、あなたとともに集まっているのは、マーク、オアマ、ホワイト・イーグル、カウンシル、クァン・イェンのエネルギーです。いかにも、メアリーのエネルギー - 祝福された、聖なる女性のエネルギーであるメアリー - もまた、この部屋にいます。メアリーはこの土地においては、母なるエネルギーそのものです。先住民、ファースト・ネーション(訳注: ネイティブ・アメリカン)ですら、このメアリーのエネルギーを活用しました。先住民の人たちはメアリーという名前は使いませんでしたが、同じ存在でした。このすべてのエネルギーは、たった今、このシリーズの12回目のシャウドにおいて、私たちとともにいるために、この部屋になだれこんでいます。

さて、私たちは入って来て、シャウドのためにシャーンブラのエネルギーを集めます。このシャウドは、本当にあなたの言葉であり、あなたのエネルギーであり、あなたの意識です。私たちは単にこれを集め、サポートしているだけです。私たちは、あなたに奉仕するために、ここにいます。あなたはたびたび、感じるのですが、 - シャウドが行われる何日も前から - 何が話されるかをあなたは感じています。なぜなら、それはあなたなのですから。今日は少し、違います。というのは、このシャウド12のための脚本は2通りあるからです。そして、どちらを伝えるかはまだ、決まっていません。(少々、笑)

脚本は2通り、あります、シャーンブラよ。私たちは今日、そのうちのひとつをお伝えします。両方ではありません。ひとつをお伝えするでしょう。それは、この「今」という瞬間の、あなたにかかっています。それについて、明確であって下さい。明確でいて下さい。あなた次第です。あなたの、あの深呼吸をして下さい。さて、この2つの脚本がどういうものなのか、私たちから説明してもらいたいのかもしれませんが、それはできません。あなたの感覚から出て来なければならないのです。

(ここで、エネルギーが突然、変化する)

ナマステ・・・ ナマステ・・・ ナマステ。私です、クツミがやって来ました(聴衆、笑)、トバイアスのチャネリングに割りこんでいます。ナマステ・・・ (聴衆が答えるのを待っている)。

聴衆: ナマステ。

クツミ: おかしなことになっています。私、クツミはこのカンファレンスのスケジュールに目を通したのですが、トバイアスの名前や、他の人たちの名前はあったのですが・・・ ホワイト・イーグルや・・・ マークの名前も。しかも、今年はオアマまで招待されているではないですか(さらに笑)。スケジュールのページをすべて見ましたが、クツミはどこにもありません(さらに笑)。私は言いました。「クツミはどこなんだ? きっと何か、手違いがあったに違いない。」 トバイアスにも確かめてみたのですが、無視されました(さらに笑)。

このすべてのことで気持ちが動転していることを言いたくて、シャウドに割りこんできました。私が招かれないシャーンブラのイベントなんて、想像もできないので、今、こうして現われたわけです。ことのなりゆきに動揺しているので、私は自ら、ワークショップを開くことにしました。この場で宣伝しようと思います(さらに笑)。トバイアスには、脇に下がってもらいました。

私がワークショップを開くのは、ここで起こったことを不愉快に思っているからです。ですから、このワークショップを・・・ 「私は何なんだ・・・ どっちみち、牛糞ってとこか?」(大爆笑) これは、自尊心(self-worth)についてのワークショップになります。ワークショップの中では、たとえば・・・ インターネットで邪魔者扱いされるのはどんな気持ちか(さらに笑)・・・ とても空腹な状態でレストランにやって来たら、店はちょうど閉店するところで、もう食事ができない時の気分とか・・・ パートナーに捨てられたらどんな気持ちがするか、というようなことをカバーします。

おい・・・ 私は何なんだ・・・ どっちみち、牛糞ってとこか? 私が今、感じているのはこんな気持ちです・・・ 自尊心を欠いているのは、カンファレンスに招かれなかったからです。だから自分のイベントを創るのです。この「おい、私は何なんだ・・・ どっちみち、牛糞ってとこか」という、自尊心についてのワークショップを開きます。クリーブランド(注:オハイオ州にある都市)で開催します。(さらに大爆笑) 真冬にね(さらに笑)。

それから、参加する人に・・・ 言っておかなければならないのは、参加費用はとても高いので、金銭的な余裕がない人は気を悪くするでしょう。(さらに笑) 私のワークショップを卒業したら、卒業証書ももらえます。「欠落した人間」であることが公認されるわけです(さらに笑)・・・ いかにも、いかにも、「欠落した怪物(lack-ness monster)」になるわけです(ネス湖の怪獣、ネッシーに引っかけている Lock Ness Monster)・・・ それもまた、私のですが。ですから、顔を出して、トバイアスを脇に追いやって、カンファレンスに姿を現さなければなりませんでした。ナマステ・・・

聴衆: ナマステ・・・

(この時点で再びエネルギーが変化し、トバイアスが戻って来る)

トバイアス: 2つの選択肢が、今日、あなたにはあります。(トバイアスが、話の流れを中断されることなどなかったかのように続けるので、聴衆、笑。)・・・ どちらを選ぶかはあなた次第です。私たちは内側に深く入り、この2つの選択肢を感じていただきたいと思います。それは岐路です。シャーンブラとしてのあなただけではなく、後に続く人たちのためにも、内側に入り、それぞれの異なる方向性を感じてみる時です。

深呼吸をして下さい。おそらく、あなたが内側に入った状態では、マインドから抜け出し、ハートのエネルギーに入るでしょう。どちらか一方の選択肢がより良いとか、悪い、ということはありません。どちらを選択しても、同じ場所に辿り着きます。ただ、2通りの異なるやり方があるだけです、シャーンブラよ、2通りの違うやり方があるだけなのです。そこに良い、悪いはありません。2つの選択肢があるだけのことです。両方とも、この日のために万全に準備されています。今、私たちに、あなたのエネルギーを感じさせて下さい。続ける前に、すべてのシャーンブラのエネルギーを感じさせて下さい。

過去12ヶ月にわたり、11のシャウドで私たちは、体現について話をしました。体現とは、怖れなしの受容であること・・・ 障害物を取り除くこと・・・ あなたを押しとどめている物事を解放すること・・・ 自分自身についてのあらゆるものを体現すること・・・ 好きなもの、嫌いなものを体現すること・・・ 過去世のエネルギーを体現すること・・・ 行動に移されることのなかった、具現化することのなかったすべての可能性を体現することです。体現とは、怖れなしの受容なのです。

それが、あなたがこの12ヶ月間、やってきたことです。自分自身であると思っていた物語を解放する、ということです。それは、美しい物語です。あなたが創造したものです。名作です。けれども、それすらも解放する地点がやって来るのです・・・ ああ、通りに投げ捨てるのではなく、否定するのでもありません。私たちが「解放する」と言う時は - 「解放する」と私たちが言う時は常にそうなのですが - あなたの創造物の、エネルギー的な構造を、限界を、コントロールを取り外す、ということを意味します。

1年を通して話してきたように、「スピリット」が、「スピリット」の原エネルギーが創造をする時には、限界はありません。「スピリット」は創造し、それから、その創造物を祝福し、創造物がコントロールされることなしに、古い荷物を引きずることなしに、課題(agenda)も持たず、限界も設けずに拡大し、進化し続けさせてあげるのです。あなたが創造について覚えておくのは、こういうことです。

あなたは物語を創造します。この生涯において、物語に名前をつけ、入ってくる身体を形作ります。そして、ある地点まで来ると、それがもはやあなたではないことに気づきます。それは、あなたのひとつの側面なのです。ですからあなたは、その物語を手放します。ええ、そうすると、当然のことながら、物事は変化します。

しかし、それはあなたを本当に拡大し、次のレベルへと行かせてくれるのです。あなたが存在するこの3次元を超えて行くのを、許してくれます。あまりにもリアルに感じ、あまりにもリアルに見えるこの3次元ですが、それはただひとつの現実に過ぎませんでした。この3次元は、非常に密度が濃く、分厚いので、実際、しばらくすると、淀んできます。透明度(clarity)に欠けてくるのです。あなたは明確さ(clarity)を失います。道に迷ってしまうのです。

ですから、体現することにおいて、自分であるもののすべて、そして自分の周りのあらゆるもの、あらゆる人、あらゆる物事を受け入れることにおいて・・・ ああ、そうすることで、新たな形で表現したいと望んでいるエネルギーが、解放されるのです。エネルギーは「新しいエネルギー」に入って行きたいのです。それが、あなたがこの1年の間、してきたことです。私たちはそうしてきたあなたを愛し、称賛しています。

あなたは、自分自身を大切にすることを学びました。このような言い方をしなければならないのは、妙な感じがします。けれども、確かにそうでした。あなたは自分を大切にすることを忘れていたのです。自分の身体に敬意を払い、マインドに敬意を払い、スピリットに敬意を払うことを忘れていたのです。

あなたの旅に敬意を払って下さい。自分自身を大切にして下さい。教師として、あなたは自らを大切にする必要があります。自分自身に贈り物を与える必要があります。ある種、自己中心的なやり方をすることは、自己愛を持つことは、悪いことでも何でもありません。悪いことなど、何もないのです。いつの間にか、人間の意識が、それは悪いことだと決めつけてしまったのです。

ここから出て行って、世界中の人々が自分自身を愛するのを見ているところを、想像してみて下さい。そうだとしたら、何という祝福でしょうか! ええ、それは、まさにこの場所で、あなたから始めることができるのです。自分自身を大切にして下さい。自分自身を愛して下さい。自分自身を慈しんで下さい。そうすることに悪いことなど、何もありません。

あなたは自分がわがままになるのを怖れています。あなたは、そこから超えて行っているのです。あなたが怖いのは、おそらく、過去にわがまま放題にしていたからかもしれません。あなたは不安定な状態だったのです。けれども、今、あなたのエネルギーはバランスを取り戻しています。

私たちが言ったことを思い出して下さい。「エネルギーは解決を求めています。エネルギーは独自のバランスの形態を求めているのです。」 エネルギーがアンバランスなのは、不自然な状態なのです。自分自身を愛することを怖れないで下さい。あなたが過去にわがままをしてきたことで起こったことを、怖れないで下さい。

あなた方の中には、いまだにアルコール依存症というエネルギーを携えている人がいます。あなたはそのような障害物を立てかけてきました。あなたはこう言い続けます。「私はアルコール依存症だ。」 この瞬間に、私たちが今いるこの安全で、聖なる空間において、それを手放し、自分自身を愛することができますか? あなたはアルコール依存症ではありません。あなたは飲み過ぎた天使なのです。(聴衆、笑) 今、あなたはそこから超えて行きつつあるのです。そのように酒に酔うことは自分のためにはならないことは、もう、あなたにも分かっています。

食べ過ぎたり、何かをし過ぎるのは、あなたの役には立ちません。今はもう、バランスという形をとることです。そのバランスとは、あなたの中にあり、たった今、あなたとともにあります。ちなみに、何人かの人のために言っておかなければなりませんが - バランスとは、退屈なものではありません。バランスとは、独特な形の完了であり、表現なのです。

この1年を通して、私たちは魂の自由について話をしました。あなたはアダマスから、光栄なことに、数回にわたり、話を聞きました - 何と言うか - アダマスから何度か、揺さぶりをかけられましたが、エネルギーを動かし、あのセント・ジャーメインのエネルギーを、錬金術と、変成のエネルギーを流しました。私たちは魂の自由について、広範囲にわたり、話をしてきました。魂の自由という状態において、あなたは自ら選択し、なりたいと望む存在に、輝きを放つ、共時的な存在となるのです。

ああ、あなたはたった今、輝きを放っています。あなたの中に、あなたを通して流れこんで来るエネルギーがあります。あなたから祝福を受けたそのエネルギーは、この部屋に、そしてこれを聞いている人たちにも、途方もない輝きを引き起こしています。あなたは美しい、輝きを放つ存在です。

あなたは今日、さらに多くを耳にしたのですが - 昨日もですが - 共時的な人生について聞きました。共時的な人生とは、あなたが開き・・・ 体現し・・・ 自分自身を愛し・・・ 自らに自由を与え・・・ 心配性な考え方から抜け出し、「新しいエネルギー」の存在の在りように入る時・・・ あらゆるものが共時的となるのです。それは、実際、その瞬間に起こるのです。すべての出来事が、ただ、流れこんで来るように思えます。文字通り、質問がなされる前に、すでに答がそこにあります。

それこそが、実際、「新しいエネルギー」の本当の、自然な形なのです。質問がなされる前に、答がそこにあります。それが本来の形なのです。その傾向がなぜ、失われたかは、私たちには定かではありません。何かを必要だと思うより前に、あなたに必要なすべてのものがそこにある、という存在状態に、もう戻る時なのです。そうすれば、何かを必要とする必要性も、本当に解消するのです。

あなたは過去1年間を、体現し、解放し、許容する(allow)ことに費やしてきました。私たちはこのシャウド12という地点に到達しました。あなたがこのシャウドの方向性を選択した今の地点へと、到達しました。私たちは、これが特別な日であると言っておきましょう。今日は、3重の7の日です。(訳注: 2005年(2+5=7) 7月16日(1+6=7) あなたが数に支配されたり、コントロールされるということではないのですが、皆さんはある特定のエネルギーの道を選ぶことがあるようです - 3重の7のように - 時間であったり、ある出来事であったり、儀式と呼ばれるものもあります。それが、私たちが今日、やっていることです - 3重の7とはつまり、この日、重要な可能性が、まさにこの場所に、あなたとともにあるということです。それは一種、あなたに流れこむ、さらなる可能性があり・・・ 7とは、聖なる、神秘的な、変容するものを表わしています。私たちがこの日、この時に、ここに座っているのは、不思議でも何でもありません。

さて、私たちがなぜ、ここにいるかという核心に触れる前に、3つの重要な要素について話をさせて下さい。このすべてに結びつく、3つの重要な特質について、次の1年間、あなたが文字通り、自らに携えることになる、3つの事柄について話をします。それらは極めてシンプルなイズム(特性)ですが、あなたが今後、やることになるワークの、まさに鍵となるものなのです。

まず最初に、シャーンブラよ、「神」とは「力(power)」ではないことを理解して下さい。人間の意識は現在、「神」を力と同一視しています。「神」は雲や、稲妻や、木を創造することができるとされています。「神」は、物体を動かすことができるとされています。「神」はこれらすべての強力な物事をなし得るとされています。

人類はいまだに、「神」は力である、という意識を持っています。神と力 - この2つの概念の間には、直接的で、関連した、エネルギー的なつながりがあります。要約すると、世界中の宗教が、いまだに「神」とは力であると感じているのです。彼らは、「神」とその力を怖れています。

これはたいしたことではない、と思うかもしれません、シャーンブラよ、けれども、大きなことなのです。このことはあなたが意識を理解するのを助けてくれます。人々がなぜそのように振る舞うのか、自分がどのようにして物事を見ているのかを理解する助けになります。「古いエネルギー」とは、「神」は力である、というものです。「新しいエネルギー」では、新しい意識においては、「神」は単に、表現に過ぎません・・・ 表現です・・・ 絶えず創造し・・・ 創造物の背後に力を必要としないものです。「力」というのは、「古いエネルギー」の概念です。

さて、私たちはあなた方に、エネルギーの物理学について詳細に述べてきました。ここでざっと、おさらいをしてみましょう。エネルギーというものは、ありません。エネルギーは存在しません。潜在的な可能性として以外には、存在しません。「フィールド」(場)や、グリッド - 何と呼んでいただいても構わないのですが - それは中立的な存在状態における可能性以外の何物でもなく、集団であれ、家族であれ、個人であっても、そのような意識によって活性化されるのを待っているのです。

すべての真の源となるものは、中立的な存在状態にあり、すべて、可能性であり、すべて、中立的なものなのです。それは課題(agenda)を持たず・・・ 欲求を持たず・・・ 意識により活性化されるまでは、それ自身の動きはありません。活性化されると、それはエネルギーの性質を帯びます。いわゆる肯定や否定、プラスとマイナス、男性的、女性的・・・ どのように称してもいいのですが、このように様々な種類のバランスを帯びるのです。つまり、二元性の性質を帯びるのです。すると、それは活動を開始します。

この肯定からマイナスまで、常にそこにはバランスが保たれています。通常は、私たちが以前のシャウドでも言ったように、大体、3分の2と3分の1のバランスに保たれています。それは常に変化していますが、それが肯定的な方向であろうと、マイナスの方向であろうと、3分の2と3分の1のバランスに再分類される傾向にあります。しかし、それは、「古いエネルギー」の性質なのです。「古いエネルギー」の世界は文字通り、そのように作用し、燃料を供給されています。

けれども今、「新しいエネルギー」においては、「神」は単なる表現に過ぎません。「力」は必要ありません。この古い、肯定的、否定的というものすら、必要ないのです。あなた方の世界において、否定的なものも、肯定的なものも活性化する必要のない状態で存在し、創造するところを、少しの間、想像して、感じてみて下さい。「古いエネルギー」のバランスは、そこには必要ありません。そこは、「新しいエネルギー」の種類の表現で機能しています。

いいですか、表現と力、あるいはフォース、というのは、2つの異なるものなのです。私たちがここで語義の違いを取り上げているのは分かっていますが、英語というのは、場合によっては非常に制限のある言葉だからです。けれども、想像してみて下さい・・・ あなたが力を持たずに、共時的な人生を生きているのを、少しの間、感じてみて下さい。それは単純に純粋で、明確な(clear)表現なのです。これは、ひとつ、覚えておいていただきたい、非常に重要なことです。「神」は「力」ではありません。「神」は表現なのです。

意識がそのような理解の地点に到達すると、宗教が変化し、人間が互いに作用する形も変化するでしょう。人間がそれぞれ、関わり合う形が変化します。これまでは、権力闘争でした。誰もが何とかして同化しようとし、寄り集まり、力を奪い合い、自らの物語をさらに構築するか、「故郷」へ帰ろうと努めるか、時にはその両方を行なうこともありました。

2つめの点として覚えておいてほしいのが、シャーンブラよ、それは・・・ 私たちはメタファー(比喩)として「火の壁」の話をしました。あなたが「故郷」 - 偉大なるセントラル・サン、王国、スピリットとひとつであること(oneness) - どのように呼んでいただいても構わないのですが、あなたが「故郷」を離れて、「故郷」を去ることを選択して、スピリットにより祝福を受け、スピリットにとって未知のものを探求するために「故郷」を立ち去る時、あなたは、私たちが「火の壁」と呼ぶものを通り抜けました。その「火の壁」において、あなたの個人としてのアイデンティティが創られました。いわゆる、あなたの魂としての存在が、あなたの「創造性」が創られたのです。

「火の壁」を通り抜ける時、あなたはさらに、無数の断片に粉砕されました。「火の壁」を通り抜ける体験において、粉々になることで、あなたは起こり得る、あらゆる可能性もまた、体験したのです。本当にたくさんの・・・ 本当にたくさんのものです。可能性の内側で、さらに様々な可能性を体験しました。このすべてが、ある特定の時間におけるひとつの体験が、すべてあなたに向かって来るのを想像してみて下さい。あなたが選択し得たであろう、あらゆる可能性があなたの中に流れこんで来るのを。想像してみて下さい。

さて、私たちはここで、あなたをあまり惑わせたくはないのですが、そしてこれは今夜の議論の的となることでしょうが、ある意味で、あなたはいまだに、「火の壁」にいるのです、シャーンブラよ。私たちすべてです。私たちはいまだに「火の壁」を体験しているのです。

あなたはひとつの可能性を選び、そこに飛び乗りました。そしてその可能性とは、「火の壁」を去り、この物理的な宇宙と、すべての次元を創造するという冒険へと旅立ち、このシャーンブラのギャザリングに、まさにここに座ることで完結するという現実に思えたでしょう。しかし、それはあなたが選んだひとつの可能性だったのです。そこには、同等の、あるいは同じように重要なバランスを持つ、たくさんの、たくさんの他の可能性があるのです。

ですから、ある意味で、あなたはいまだに「火の壁」にいると言えます。可能性はすべて、まさにそこにあります。様々な可能性があなたの中に、あなたを通して、夢の流れのように入りこんで来て、流れ出して行きます。

宇宙のすべての天使たちが、大天使たちが感じ、知り始めていることのひとつに、ある地点で私たちはこのすべてを減速させなければならなくなった、ということがあります。私たちは、この物質的な存在の形態に到達しなければならなかったのです・・ いわゆる地球に・・・ 物質に・・・ エネルギーを減速させ・・・ 3次元の・・・ より真実に近い、より壮大な自分自身への理解を獲得するために・・・ 私たちを解放するために・・・ あるいは、ある意味で、自分たちをこの「火の壁」において、再統合するために。

さて、現在、私たちが文字通り、体験していることのひとつが、私たちは今でも「火の壁」にいる、ということです。そして私たちは、粉々になったすべての部分と断片を、意図的に粉々にしたもの、大いなる愛をもって粉々にしたものを再統合する手段として、3次元の現実に、私たちが選んだ物質の現実に存在するという可能性をさらに選択しているのです。それらを取り戻すには、私たちは3次元の道が、物質の世界がベストであると感じたからです。

いまだに「火の壁」にいると考えるだけで、あまりのことに、ひょっとすると、あなたは気が遠くなるかもしれません。けれども、あなたのハートは私たちが何を言っているかを理解しています。ハートは理解しています。

それが今後1年間で何度も戻って来る、2つ目の重要な特質と言えます。あなたが、そして私たちが今日、話したことの意味を、より深く理解することでしょう。

次に覚えておくべき特質ですが - これを聞くと、本当に頭がくらくらするかもしれませんが、ハートは開くでしょう - あなたはすでにそこに到達しています。あなたはすでにこのすべてを完了したのです。これはまさに、真実です。あなたが今、していることは、そこに到達するという体験を楽しんでいるのです・・・ お分かりでしょうか。

あなたはすでに到着しました。あなたはすでに、アセンションをしました。すでに統合しました。したのです。ああ、私たちは象徴的に言っているのではありません。文字通りのことを言っているのです。あなたはすでに「新しいエネルギー」へと移行したのです。すでにあなたの完全な「創造性」・・・ どのような言い方をしても構いせんが、を受け取ったのです。あなたは全周期を終えたのです。サークルを完結したのです。

するとあなたは言います。「けれども、それじゃあ、なぜあらゆるものがそのように見えるのですか? なぜ不完全に見えるのですか?」 なぜかと言えば、それがあなたの見事な、素晴らしい、創造性に溢れた欲求の一部だからです。今、あなたはそれを体験したいのです・・・ いいですか。ですから、あなたは体験を行なっているのです。

さて、このことはきっと、あなたにある種の安心感を与えるはずです。おそらくは。それについて毎日、心配するのではなく、もう、体験することを楽しめるからです。あなたはすでにそこに到着したのです、シャーンブラよ。もう、体験を楽しんで下さい。ここからそこまでの間の道のりに、罠などはありません。ブギーマン(訳注: 子供をさらって行くと言われる鬼)などいません。あなたをむさぼり食うようなものは、どこにもいません。あなたから奪おうとするものなど、何もないのです。

では、あなたはどれくらい、体験したいですか? どのようにして体験したいのでしょうか? そもそも、これが先ほど私たちが尋ねた質問です。2通りの脚本です・・・ それはあなた次第です。

そもそも、脚本とは - 要約して言うなら - 2つの脚本とは、「難しいやり方」か、それとも「簡単なやり方」か、ということです。(聴衆、笑) とても単純な言い方をしているのですが。ひとつめのやり方は困難なものでした。それは殉教者のやり方です。肩に十字架を背負うやり方です。苦しみという道です。ものすごいトラウマとドラマを体験して行く道でした。

でも、どうでしょう、それもまた、時には面白いものです(さらに笑)。ただ、そこにはそれ自体に罠があるかもしれないのです。私たちはあなた方が「NO」と言うのを聞いて、とてもうれしく思います。それは罠になり得るからです。それは・・・ あなたを、身動きをとれなくさせてしまうかもしれないからです。もう、十分なのではないか、と私たちは考えています。いくつもの生涯で体験してきたのだと。ですから、おそらくもう、先に進む時ではないか、と(聴衆の多くが、「YES」と言っている)。

もうひとつのやり方とは、ラクなやり方であり、共時性です(聴衆からさらに多くの「YES」)・・・ シンプルさという道であり・・・ 怖れを伴わない道であり・・・ 豊かさの道であり・・・ 輝きを放つ教師となる道です。あなたが現在、この惑星にいるのは、自分で選んだからです。そうする必要はありませんでした。あなたがここにいるのは、教師となるのを選んだからです。あなたは自らに、とんでもない体験を与えました(少々、笑)。そうすることで、より良い教師になれると思ったからです。アダマスのゲームをしたわけです - 「私の苦しみはあなたのものよりひどかった(爆笑)、私の問題の方がすごい。」 - なぜならあなたは、こう感じたからです。A) このゲームは面白い。 B) この体験が、あなたが今後、ともにワークして行くことになる人たちのために、大いなる共感と愛、知っている状態(knowingness)を与えてくれると感じたからです。

さて、あなたは簡単なやり方を選びました。そうですね? それでもなお、あなたはこの深い叡智を持っています。それを犠牲にはしませんでした。それでもなお、あなたには広大な知識が備わっています。あなたの内側には、今でもたくさんの感情があります。では、簡単なやり方で行くのですね。それは良いことです。私たちはいささか、難しいやり方に疲れているものですから(さらに笑)。

では、次のレベルに行きましょう。贈り物を与える時だ、ということです。簡単な物語に、自分のためにラッピングを施した贈り物を。それは難しい物語にはないものですが、簡単な物語にはあるのです。難しい物語がどんなもので包まれているのか知りたくもないでしょうが。(さらに笑) それは私たちが先ほど耳にした、自尊心の欠如についての、あのちょっとした学校に関係しています(さらに笑)。私たちがヴェールのこちら側で楽しませてもらい、ジョークを言い合っていたのは確かです。今日1日、クツミを閉じこめておいたはずなのですが。(さらに笑)

ですから、今がその時なのです。極めてシンプルです。贈り物という時です。「明確さ(CLARITY)」という贈り物の時なのです・・・ 「明確さ」という。あなたはそれに値します、シャーンブラよ。あなたはこの日、自らにそれを与えました。それは、美しい、光輝く、輝きを放つ宝石としてここに、この部屋の中心に置かれています。私たちが創造したこの安全な空間に。それはあなた方1人1人の中にもある、贈り物なのです。

あなたはこの「明確さ」を寄せつけませんでした。時が来るまで、遠ざけて来たのです。そして今、この3重の7の日に、あなたはまさにその時だ、と感じたのです。まさにその時が来たのを、あなたは知っています。あなたはこの贈り物を選びました。さて、それは「明確さ」です。「明確さ」とは、能力です・・・ ちなみに、そうなのです、覚醒というだけではありません。覚醒は、「明確さ」の最初のステップだったかもしれません。けれども、これは違う種類の「明確さ」です。つまり、あなたの人生における、「新しいエネルギー」の「明確さ」なのです。

私たちが先程、話したように、物事がひどく、淀んでしまうことがあります。物事をありのままに見ることが困難なのです。時々、あなたはとても曖昧になります。自分がしていることが分からなくなり、途方に暮れることがあります。

しかし、あなたは今、自分自身に与えたのです。自らに「明確さ」という贈り物を授けました。それは様々な形をとって、あなたのもとへやって来るでしょう。どのようにしてやって来るかという期待を持たないことです。文字通り、明確な視力や聴力を得る人もいるでしょう。ほとんどの人にとってそれは、単純に、「知っている状態」における「明確さ」であり、目に見えるものを超えて、この現実と次元を超えて見るようになることです。

いいですか、木ですら・・・ あなたはそれを木として見ます・・・ そして言います。「樹皮があり、根があり、葉がある。」 ああ・・・ それが本当は何なのか、明確にしましょう。別の層、あるいは別のレベルを見てみましょう。木が持っている、そしてあなたが木に対して抱いている幻想のいくつかを無視しましょう。木の内側には、躍動する、生命力のエネルギーがあります。あなたが、ひとつの現実のレベルから - いわゆる3次元から - 他のものへと飛び移り、自らを拡大させてあげれば、それを見ることができます。感じることができます。あるいは知ることができます。

ええ、私たちが先日、話した、エネルギーの流れに飛び乗ることができるなら、箱から出ることができるなら、これらの現実に拡大していくことができるのです。渦に飛び乗って下さい。サークルを求めて下さい。上下するエネルギーとともに、漂って下さい。中には入ったり、出たりするものがあります。このエネルギーには、入ったり、出たりするものがあるのです。ある瞬間にここにあったものが、次の瞬間にはなかったりします。あなたは中にいるのを感じ、外側にいるのを感じます。そのうちのひとつに飛び乗ってみて下さい。

シンプルになって下さい・・・ シンプルになって下さい。自分は今、「明確さ」を選んでいるのだと、自分自身に伝えて下さい。そうすれば、木の真実の姿を見ることができるでしょう。あなたはこの幻想が - 木が樹皮を持ち、根があり、葉があるという - ことが、ひとつの層であり、レベルであり、ひとつの幻想に過ぎないことが分かるでしょう。

ああ、それから、あなたは人々を相手にする時に、極めて曖昧になることがあるようです。あなたは、相手が投影しているエネルギーだけを、見ているのです。そしてそれが、彼らの唯一の側面だと考えます。明確であって下さい。「明確さ」を招いて下さい。私たちが言ったように、それはこの部屋の中心にある、宝石です。それが今、あなたの「ひとつのチャクラ」へと流れこんでいます。私たちが話している今も、流れこんでいるのです。

あなたがこの部屋に座っていないとしても、あるいは今、聞いていないにしても、これを後になって読むか、聞く場合には、そこには理由があるのです。あなたがそれを望んだのです。この「明確さ」はあなたのものです。あなたに属しています。あなたが創造しました。そして今、あなたはそれを生み出すことを選択しました。

つづく 

つづき 体現シリーズ シャウド12 「明確さという贈り物」 クリムゾン・サークル 2005年7月16日

体現シリーズ シャウド12
「明確さという贈り物」
クリムゾン・サークル 2005年7月16日

つづき

 
「明確さ」は、あなたが関わる人々を、目に映るものを超えて見る能力を与えてくれます。ええ、彼らはゲームをします。彼らも表面的なものを身につけているのではないでしょうか? 「明確さ」が、彼らのエネルギーを見せてくれます。「明確さ」が、彼らが本当は誰なのかを見せてくれるでしょう。「明確さ」はまた、あなたと相手との関係において、自分が誰であるかを明らかにしてくれるでしょう。

「明確さ」は、この古いゲームである、エネルギーや力をめぐる闘い、互いに奪い合い、操作し合うことを・・・ 解消します。他人から自分のエネルギーを取り上げられることはなくなりますし、あなたが彼らのエネルギーを取り上げることもありません。あなたには必要ないのです。また、究極的には彼らにもそのようなことは、必要ありません。

「明確さ」は、現在、あなたの人生に存在する可能性をすべて見せる助けをしてくれるでしょう。それらの可能性はあなたを取り囲んでいます。あなたの周囲で渦を巻いています・・・ 次の瞬間に何が起こるかという可能性です・・・ 今後、あなたの人生にどんな表現が生まれるか、という可能性です。

あなた方の多くが明確さに欠けています。泥やタールの層が、周りに何層にもこびりついています。そしてあなたは私たちを呼びます。こう言います。「私が知っておくべきことは、何ですか?」 私たちは、ただ、あなたを愛しています、と言うだけです。

私たちはあなたに今、明確になれるのだ、ということを知ってほしいのです。それは魔法のようなものではありません。奮闘したり、何とか頑張らなければならないものではありません。あなたの人生で「頑張る(trying)」のをやめて下さい、シャーンブラよ。その言葉をあなたの語彙から取り除いて下さい・・・ もうこれ以上、頑張らないことです。それはただ、在るのです。それは可能性なのです。あなたは、魂の「明確さ」を通して、この現実に、また他のたくさんの現実に表現を生み出すことを選んだのです・・・ お分かりでしょうか・・・ もう、頑張るのは、やめて下さい。頑張ることは、努力や苦労のエネルギーを生み出します。あなたはもう、簡単さを選んだのです。つまり、あなたは楽な人生を望んでいるのです。

頑張ることではありません。選択することなのです。自らの選択と、可能性についての「明確さ」を許容し、入ってくるままにさせることなのです。現在、あなたの周囲には、ほとんど無数と言って良い程の可能性が渦を巻いています。最も近いものをあなたは選びがちですが、そうでなければならない、ということはありません。瞬時に変更して、別の可能性を選ぶことができるのです。

それから、ええ、あなたがたびたび、こう言うのは知っています。「可能性を選ぶ前に、そこに何が含まれているのか、正確に知っておかなくては。(少々、笑) 脚本を読んでおきたい。不利な条件を知りたい。あらゆる詳細も、波及効果も知っておきたい。選択する前に、このすべてを分析したい。」

たった今、あなたは可能性を逃がしました。この時点で、あなたの掌をすり抜けてしまうのです・・・ 分かりますか・・・ なぜなら、あなたは頭を使って切り抜けようとしているからです。分析しようとしています。吟味しています。すると、その内側に含まれている「今」という瞬間が、自然発生するものが、共時性が失われるのです。

あなたは、あらゆる可能性を感じることができます・・・ いいですか・・・ 先程、やったように、美しい、美しい体験です。今日、あなたには、2通りの脚本の可能性がありました。あなたは自分自身に感じさせてあげました。ええ、マインドが多少、邪魔をしたのは、私たちも知っています。しかし、直感において、ハートにおいて、「ひとつのチャクラ」において、あなたはすでに知っていました・・・ すでに知っていました。それを感じたのです・・・ ですから、あなたの可能性の中から、「明確さ」が出てきたというわけです。

頭から抜け出さなければならないのだ、ということを、私たちは強調しておかなければなりません。魂とチャクラの感覚をもって、最も良いと感じられるものを選んで下さい。最善だと感じられるものを。選び、それを表現して下さい。

「明確さ」は、あなたの周りにあるすべてのエネルギーに対処するのです。とてもたくさんのエネルギーがあります。本当にたくさんのエネルギーが、あなたを取り巻くこの3次元の現実と、人間の意識の外側のエネルギーがあります。それは、渋滞した高速道路に似ています。混乱しやすく、困難で、フラストレーションを引き起こすようなものであり、文字通り、あなたをすり減らしてしまいます。

それは、興味深い原動力です。あなたが明確さに欠けると、その分、あなたは疲れてしまいます。疲れれば疲れるほど、明確さに欠けます。明確さに欠ければ、それだけ疲れます。終わりのないサイクルです。あなた方の中には、文字通り、疲れきっている人もいます。

さて、ある地点で何が起こるかと言うと、あなたはあまりにも疲れ果ててしまい、手放さざるを得なくなります。コントロールを手放さなければなりません。内側にあるスピリットの源へ帰らなければなりません。そうすることで、少しの間、あなたは元気になります。安心して、ひと息、つきます。そしてすぐに、古いサイクルへと逆戻りするのです。

シャーンブラよ、もう、そこから抜け出しましょう。「明確さ」を持ちましょう・・・ 「明確さ」を。「明確さ」とは、物事が起こる前に知る能力のことです。「明確さ」とは、物質的なものであれ、非物質的なものであれ、何でも見抜くことができる能力のことであり、中核をなす本質を、中核をなすエネルギーを理解する能力なのです・・・ いいでしょうか。とてもシンプルです。これを解明しようとして、頭脳に頼らないで下さい。本当にシンプルなのです。

私たちは笑っています。いいですか、あらゆるものが、エネルギーからできています・・・ あらゆるものです。私たちが語りかけているマイクも・・・ 特定の物理的な形態をとり、特定の機能を果たすように創られたエネルギーからできています。しかし、少しの間、これを明確にして下さい。それについて明確でいて下さい。これは、見た目とは違うものなのです。

目に見えるものがすべてではありません。これは他のものでもあります。このマイクに語りかけた、すべての人々のエネルギーがあります。それは - 存在の最も明確な在りようにおいて - 人間の聴力の範囲すら越えて、エネルギーを発信し、配信する能力であり、たった今も行われています・・・ いいでしょうか。明確であって下さい。そこに入って行って下さい。たくさんの層に入って行って下さい。シンプルな、中核をなすエネルギーの層まで降りて行って下さい。

あなたはあらゆるものを、ありのままに、明確に見始めるでしょう。人であっても、物や木、植物であっても、そのたたずまい自体に惑わされることはもう、なくなるでしょう。あなたは見るようになるでしょう・・・ とても明確になるので、どんなものを見ても・・・ それが人であっても・・・ 物体であっても・・・ あるいはたった今も辺りに漂っている無数の天使たちの一人ですら、その、もともとの「創造者」としてのエネルギーを見ることができるようになるでしょう。

「明確さ」、ええ、それには確かにあなたのイマジネーションが要求されます。イマジネーションとは単に、表現されるべき創造性を運ぶ手段なのです。ですから、あなたのイマジネーションを招いて下さい。

あなたは言います。「でも、トバイアス、分かりません。どうやって明確にするのですか?」 明確であることを選択して下さい・・・ 「明確さ」を見て下さい・・・ 「明確さ」を知って下さい。今後、数日間、数週間、数ヶ月間、どんな物体や人でも見て、そして、明確にして下さい。これは、呼吸を通じてできます・・・ 明確にして下さい。また、古いものの見方を、物事を観察する際の古い、条件付けされた、3次元のやり方を、これを使って一掃して下さい。明確であって下さい。それはある意味で、あなたの目の前に姿を見せる層や、見せかけを消失させるでしょう。そうしてあなたは、さらに遠くを見ることができるようになります。もう一度、明確にすれば、ずっと深く、より遠くを見通せるようになるのです。

これはサイキックな訓練ではありません。立ち入って、侵害するということではありません。物事が持つエネルギーの最も真実の、最もシンプルな姿を見て、従来のものの見方を打破し、3次元の箱から抜け出すことなのです。

あなたがこの日、自分自身に与えた、この「明確さ」という贈り物は・・・ ああ、それは祝福なのです。長いこと待ち望んできた祝福なのです。やがて来る次の時代に、あなたに役立つことでしょう。実際のところ、あなたがここから向かう場所では、「明確さ」が要求されます。あなたが外見に惑わされることは、もはや、なくなるでしょう。現実であると思っていたもの、現実ではないと思っていたものに、もはや惑わされることは、なくなるでしょう。エネルギーを構築する最もシンプルな土台に入るために、「明確さ」を持つ能力が、何に対しても、重要となります。非常に重要となります。

あなたが明確になるために、私たちを呼び出さないで下さい。それは、あなたが自分自身に与える贈り物なのです。あなたが自分自身に与える贈り物なのです。この日、それを受け取って下さい。それを活性化するために何かをする必要はありません。それを復活させる必要はありません。下取りに出す必要はありません。それはもう、常にそこにあるのです。ただ、忘れずに使うことだけです。少しだけ時間がかかりますが、使えば徐々に、板についてきます。「明確さ」・・・ 使えば使うほど、そこにあるようになるでしょう・・・ たとえば、あなたが本を書いている時の「明確さ」というのがあります。

ええ、そうです。あなた方の中にはあまりにも複雑で、曖昧になってしまったため、外側にあるすべての意識のエネルギーを文字通り、あなたのもとへ入りこむままにさせてしまい、言うなれば、物事をどんよりと、不透明にしてしまう人がいます。意識は現在、そのような状態だからです。淀んだ川のようなものです。それはでも、良いのです。それは自ら淀んだ川になることを選んでいるのです。しかし、あなたは、透明な(clear)川になることを選択しています。

このことはこのシャーンブラの物語を、私たちに思い出させます。短い物語です。(トバイアスが過去に、長い物語を「短い」と言って話したいきさつがあるので、少々、笑いが起こる) 7人の話ではなくて、たった1人の話です。彼女の名はクレア(Clare)と言います。クレアはパーティに誘われました。友人が電話してきて、言いました。「皆で、集まるのよ。パーティを開くの。何10人も来るけど、これは仮装パーティだから、衣装を身につけて来てね。」

実際、クレアはそうしました。衣装を身につけました。魔女の格好をしました。魔女というのはシャーンブラにどこか、ふさわしいと私は思いましたので。(少々、笑) クレアはパーティに行きました。1晩をそこで過ごし、様々な衣装を身につけた他の人たちを観察しました。

翌日、友人とコーヒーを飲んでいると、その友人が聞きました。「ところでクレア、パーティはどうだった?」 クレアは言いました。「食事はおいしくて、飲み物も素晴らしかったし、音楽も素敵だったけど、大変だったわ。知っている人がいなかったから。」 そこにいたのは皆、彼女の友人だったのですが、誰もが変装していたため、知り合いがいなかったとクレアは感じたのです。彼女はあまりにも自らの現実と幻想に入りこんでいたため、そこにいたほとんどの人を何年も前から知っていたにもかかわらず、誰1人として見分けることができなかったのです。

シャーンブラよ、地球における人生はこのようなものであったと言えるのではないでしょうか。仮装パーティをしてきたようなものなのです。あらゆるものが、何かに変装しています・・・ 人々はアイデンティティという変装を身にまとっています・・・ 植物や動物は、植物や動物という変装をしています(少々、笑)・・・ あらゆるものが何かをまとって登場するのです。けれども、それがすべてではありません。また、当然ながら、それが中核をなすエネルギーでもないのです。「明確さ」において、あなたは幻想を即、通過し、変装を通過して行くことができます。ですから、あなた自身の人生で起こっていること、あなたの周囲にあるあらゆるものに対して、非常に明確であって下さい。

ちなみに、「明確さ」とはまた、たやすさでもあります。本当に簡単なのです。それを使い始めて下さい。それに取り組み始めて下さい。グループで集まって下さい。「明確さ」に取り組む際にいくつか言っておきたいのが・・・ そこに努力があってはならないということです。それは単に、選択なのです。幻想を超えて中核をなすエネルギーに入って行くという選択であり、表面を超えて真の現実に入るという選択なのです。物体を見て下さい。人々を見て下さい。あなたはただ、息を吸いこみ、こう言うだけで良いのです。「私は、明確さを選択する。」

さて、ここで興味深いことが起こるかもしれません。あなたのマインドはまだ、追いついていません。人間の物理的なマインドは、あなたが今後、受け取ることになるようなインプットを感知するところまでは、まだ到達していません。ですから、入って来ている情報のいくつかを理解しないのです。あなたにとっては、マインドを通さずに何かを理解するという概念に思いをはせることすら、困難なのです。

しかし、ここが、「新しいエネルギー」の「明確さ」の、もうひとつの美しい恩恵が入って来る場所なのです。ああ・・・ あなたはこれにより、「神聖なる知性」を、魂の在りようを、内なる知っている状態(inner knowingness)を、「ひとつのチャクラ」を使うことができるようになるでしょう。頭を抜け出し、あの、中心である場所に入って行くでしょう。

あなたが他人を見る時、情報を受け取り始めるでしょう。あなたは呼吸をして・・・ 明確にし(clear)・・・ 相手の本質へと入るのです・・・ もちろん、侵害するのではありません。そうではなく、入って行き、相手の真の性質を見るのです。さて、最初は、頭では、何が発生しているのかまったく、理解しないかもしれません。けれどもあなたのハートは知っています・・・ ハートは知っています。マインドは、あなたの物理的なマインドは - それは単純に追跡、記録、解析する装置のようなものに過ぎませんが - マインドもやがて追いつきます。それはまた、文字通り、成長するでしょう。あなたのマインドは成長し、この中へと拡がって行くでしょう。ただ、情報を受け取って下さい。それはそこにあります。ただ、それはマインドを通じて入って来ることはありません。

あなたが接するあらゆるものに対する「明確さ」・・・ 私たちがここから向かう場所では、それはあまりにも重要なものです・・・ いいでしょうか。私が前に言ったように、あなた方の中で、現在、ここにいなければならない人は1人もいません。あなたは過去世のカルマのサイクルから切り離されたのです。あなたがここにいることを選んだのは、「新しいエネルギー」を生み出し、教え、そして単純に人生を楽しむためなのです。「明確さ」は、物事を真実の姿で見せてくれるでしょう。

さて、準備ができているすべてのシャーンブラのために、次のレベルへ移りましょう。これは良いものです。また、簡単なことです。この、次の旅へと進むのを望んでいるすべてのシャーンブラのために、ご存知のように、2007年の9月18日という、人類の意識のクォンタム・リープが急速に迫っています。最近、物事が不安定で、混沌として見えるのは、これが理由です。

繰り返して言いますが、これは祝福された出来事です。地球の終わりではありません。それはただ、あなたが知っていた意識が終わるというだけなのです。それは文字通り、新しい時代の始まりであり、「新しいエネルギー」のやり方の始まりなのです。それで、物事が現在、かなりシフトしているのです。

私たちはもう、時間にして6年ほど、あなたとワークしてきました。7年目に入ろうとしています。私たちの当初の使命は、あなた方からの当初の要請は、ここに降りて来て、個人的に、個々の覚醒を手助けすることでした。また、解放し、許容する間、ずっとあなた方を手助けすることでした。この解放と許容とは、覚醒にとって必要なものであり、切り離せないものです。解放とは、あなたが形作ったもののエネルギー的な構造を取り外すということです。

ある意味で、私たちのあなた方に対する奉仕は完了に近づいていると言えます。私たちはあなたから依頼されたことをしました。あなた方と2007年の終わりまで、ともにいるという決意を表わしました。そして、その時点で私たちがこのような形であなたとワークを続けて行くかどうかは、基本的にはあなた次第です。あなたとワークする者は、天使たちや様々なグループが、常にいるでしょう・・・ 常に。けれども、私たちとシャーンブラの間に組み立てたやり方は、独特のものです。

言ったように、私たちは2007年の終わりまであなたとワークすることを決意しています。もしあなたが次のレベルへ進むことを選ぶなら、私たちはとどまるでしょう。私、トバイアスは個人的に、今からおよそ最大10年間、とどまるでしょう・・・ それ以上はありません・・・ 良く聞いておいて下さい。この日、私は10年間という誓いを立てます。それ以上はありません。そこには・・・ これははっきりしています。これに関しては、「もしも」や、「それから」とか、「でも」はありません。私の地球上における身体は、すでに肉体を持っています。すでにその両親は気が狂いそうになっています。(聴衆、笑) 私は本当に長い間、地球に戻るのを望んできたのです。私は本当に・・・ 私はあなた方に会いたいのです・・・ 地球を懐かしく思っています・・・ 人生が与えてくれるものを懐かしく思っています。

もし、シャーンブラが先へ進むのを選ぶなら、私は再び地球に戻るのを、遅らせるでしょう。しかし、先へ進むというのは、このようなことです。もう、箱から出る時です。椅子から立ち上がる時です。何かをする時なのです、シャーンブラよ。世界はそれを求めています。世界はそれを望んでいるのです。シャーンブラのエネルギーを集める時なのです。

私たちの側では、準備をしてきました。実際、クツミはこの点ではかなり先を行っていると言わざるを得ません。あなたの側の、あなた方の多くの者とワークをし、ただ、月に1度のシャウドではなく、シャーンブラを、力強く流れる表現へと実現するために、私たちの側では準備をしてきました。

もう、その時です、シャーンブラよ。私たちはずっと - 何と言うか - これをほのめかしてきました。背中を押してきました。あなた方の中には、頭がおかしくなりそうな人もいました。それは、もう、教師になる時が来た、ということです・・・ 作家に・・・ 音楽家に・・・ 劇作家に・・・ 新しいテクノロジーの発明者に・・・ カウンセラーに・・・ 施術師に・・・ ヒーラーに。

あの「薔薇の実」を、情熱を取り戻す時が来たのです。もはや、それについてただ、話をするだけではだめです。ただ、夢を見るだけではだめです。今のこの現実において、具現化し、表現する時が来たのです。

骨組みは、シャーンブラの可能性のレベルで創られました。つまり、それは - 何と言うか - ある種の流れと、動きを伴う「新しいエネルギー」の構造であり、あなた方の地球上にある構造とは異なるものです。それはシャーンブラが、その内側で創造するための構造なのです。それを、シャーンブラのインキュベーター(孵卵器)、出産装置、シャーンブラの「子宮」と呼びましょう。それは、可能性のレベルで創られました。あなた方の現実レベルにおいて、若干のシャーンブラが面倒を見てきました。そして、それを生み出す時が来たのです。

それを生み出すのは - 何と言うか - いまだに「古いエネルギー」の中にいる人々の反感を買うでしょう。それを生み出すのは - 何と言うか - 懐疑的になるシャーンブラもいるでしょう。ニュー・エイジの集団は、間違いなく疑念を持つでしょう。当然ながら、原理主義者たちも。このエネルギーには、恐ろしいことや、ぞっとするものは、何もありません。それは単に、シャーンブラのエネルギーが具現化する準備ができている、地球上で表現する準備ができているということなのです。

この子宮から、あなた方すべてがサポートを、豊かさを、創造性を引き出すことができます。この子宮を、あなた自身の人生に、あなた独自の情熱を生み出す場に使うこともできます。今日、あなたが生み出した「明確さ」を持てば、何をすれば良いか、いつすれば良いか、どうやってすれば良いかが分かるでしょう。それから、その体験を実際にするのです。子宮から、あなたの試みるあらゆることに対する共時性が現れるのです。

ええ、私たちがここで、準備ができているシャーンブラにお願いするのは・・・ あなたに今、この地球であなたの「魂のワーク」をして下さい、ということです。あなたの「新しいエネルギー」の魂のワークです。するとあなたはパニックになり、言います。「でも、私はそれが何なのかが分かりません。」 ああ・・・ 「明確さ」です、シャーンブラよ、「明確さ」です。「明確さ」・・・ それはまるで、ずっと長いことそこに置かれていた古い品物の埃を払うようなものです・・・ 埃を払うのです。内側の層に入って行くようなものです。多次元の層に入り、そこに本当はどんなエネルギーがあるかを見るのです。

あなたの情熱はそこにあります。あなたの魂のワークはそこにあります。ひょっとすると、あなたはそれを怖れていたのかもしれません。自分はそんな価値がないと思っていたのかもしれません。その場合には、クツミのクラスに行かなくてはならないでしょうね。(少々、笑) - 「何だって・・・ どっちみち、私は牛糞ってとこか?」 私たちは気に入りました。

もう出て行って、あなたのワークをする時です。伝道するということではありません。表現し、創造するということです。誰かを改宗させたり、変えようとするのではありません。あなたは彼らがいる場所に、やっていることを、そのままに敬意を払うのです。けれども、彼らは私たちが言ったように、あなたのもとへやって来るでしょう。その数はどんどん多くなるでしょう。たくさんの人が来るでしょう。あなたが創造するものを彼らもまた、体験したいのです・・・ それが本であっても・・・ 音楽の作品であっても・・・ ビジネスであっても。

ああ、それから昨日、あなた方が聞いたように、マフラー(訳注: 車の消音器)の修理工場を経営することですら、スピリチュアルになり得るのです。お分かりですか、それらはすべて、メタファーなのです。マフラーというのは、いくらか - 何と言うか - 人間が覚醒するプロセスにおいて、とても困難で、耳障りな排ガスをいくらか、消し去ってくれます。あなた方の中には、実際にマフラー工場を必要とする人もいます。というのは、それにより、あなたは象徴的な意味で、スピリチュアルなマフラー修理をすることにもなるからです。放出される排気ガスをいくらか、コントロールする必要があるのです。(さらに笑)

ワークショップを開かなければならないということではありません。絵でも良いのです。シャーンブラが描く絵にどれくらいのエネルギーが含まれると思いますか? それは数学なのです。少しここで、明確にして下さい(clear)・・・ 少しの間、明確にして下さい・・・ あなたのエネルギーを絵の中に入れて下さい・・・ あなたが見る絵です・・・ 最近見た絵です。明確にして下さい・・・ ずっと深い根のレベルにあるエネルギーへと入って行って下さい。それは数学の系列であり、聖なる幾何学です。キャンパスに描かれた単なる色ではありません。ずっとそれ以上のものなのです。それはヒーリングかもしれません。別の現実の物語かもしれません。画家が、自らを癒す手段なのかもしれません。もっとたくさんのものが、そこにはあります。あなたが明確になったら、目に映るものを超えたものを見るでしょう。

シャーンブラよ、あなたが「魂のワーク」をする時です。私たちはお願いします - カウルダーのわがままですが - これについて、明日、説明するようにお願いします。彼は少々 - 何と言うか - これに関して、怖気づいているようです。けれども、もうその時なのです。彼もまた、明確になる時なのです。彼がこのことを皆とシェアする時なのです。

私たちは準備ができています。メタトロンの偉大な言葉をもって、質問です。「あなたはもう、準備ができていますか? あなたは「新しいエネルギー」への準備ができていますか? そして、簡単なやり方への準備ができていますか?」 (聴衆、「YES」と答える) YESとはっきり言えない人のために言いますが、簡単であることを恥じないで下さい。私たちの側では、簡単であるか、難しいかということに、何の判断もありません。難しいことを選んでも、追加点はもらえません。(聴衆、笑いと拍手) 私たちの側では良い部屋はとれません。レストランで先に席に座ることもできません。また、私のコテージで特別な週末を過ごすこともできません。

実際のところ、あなたが難しいやり方を選ぶ時には、私たちはやれやれと、首を振ります。少し涙を流すこともあります。そうである必要はありません。神が、難しいやり方を選ぶ者に、より目をかけたり、愛情を注ぐことは、ありません。難しいやり方を選ぶ人は、通常は、文字通り、神とのコンタクトを失うのです。

ですから、シャーンブラよ、私たちには2年間の準備期間が残されています。それは恐ろしいことではありません。喜びに満ちたことなのです。これは何かを要求しているわけではありません。あなたは取り残される(left behind)わけではありません。そんなことをするのは、他のグループの人たちです。(トバイアスが「レフト・ビハインド」(訳注: 全米でベストセラーを記録した、終末預言をテーマにした小説のシリーズ)の本について触れているので、聴衆、笑)

シャーンブラのテーブルには常に、あなたのための席があります・・・ 常に・・・ 常に・・・ たとえあなたが少しの間、立ち上がり、席を外してどこか別の場所へ行ったとしても。あなたが戻るのを選択する時にはいつでも、あなたのための席はあります。そして、私たちはいつでも、あなたに奉仕するためにそこにいるでしょう。

あなたは決してひとりではありません。なぜなら、あなたはシャーンブラだからです。

そして、そういうことなのです!
(And so it is!)

体現シリーズ シャウド11 「輝きを放つ存在-トバイアス&アダマスセント・ジャーメイン特集」 クリムゾン・サークル 2005年6月4日

体現シリーズ シャウド11
「輝きを放つ存在-トバイアス&アダマスセント・ジャーメイン特集」
クリムゾン・サークル 2005年6月4日

 
我は(I am)… そしてこのように(and so it is)(聴衆、笑) 私たちはこの「新しいエネルギー」の教室に、ともに集まっています。そこは人間が本当の自分を再発見する場であり、私たちがシャーンブラと呼ぶ、この特別なグループが、扉を、「新しいエネルギー」の扉を、新しい気づきの扉を、新しい意識の扉を開く場です。私トバイアス、そしてセント・ジャーメインが一緒に、同時にここにいて、ともにあなた方1人1人と体現し、私たちのチャネラーであるカウルダーの中に体現するのは、私たちにとって名誉なことです。ええ、私たちは2人とも、今日は割りこまなければなりませんでした。ここにはもう、あまりスペースがありません(さらに笑)… 本当に、二重のチャネルというのは初めてのことです。
あなたはステレオで聴くでしょう(さらに笑)。あなたはトバイアスの愛と温かみを感じるでしょう。また、セント・ジャーメインの横柄さと尊大さを、同時にあわせて感じることでしょう。(さらに笑) トバイアスの流儀と歴史、ユダヤ人気質を感じるでしょう。また、セント・ジャーメインの自由奔放な気質も感じることでしょう。ですから、私たちはこの日の存在を「聖トビーアス(To-BEE-us)女伯爵」と呼びます。(大爆笑)

私たちは今日、2人ともが話をし、あなた方とともにシャウドをし、エネルギーを融合させることに同意しました。私たちのどちらか1人である必要はありません。2人だけである必要もないのです。私たちの側の多数の天使が、あなた方の側の天使にチャネリングをし、私たちが大勢で、シャーンブラのエネルギーを動かし、エネルギーを流す助けをすることもできるのです。

私たち2人がこのようにして同時に、一緒にワークをしたのはこれが初めてのことです。そのことで今日はカウルダーやあなた方にいくらか混乱を引き起こしているようです。エネルギーが異なるレベルから来るのを感じているからです。けれども、あなたはそのような形でやっていくように作られているのです。複数のレベルと多次元で同時にやっていくように、あなたは作られているのです。

あなたは直線的である必要がないのだということを、とても複合的になれることを理解してもらうために、私たちは今日、この新しい顔であなたのところに来ています。あなたは様々な、異なる次元に存在することができます。様々な異なる源から、すべて同時に受け取ることができます。それは、直線的に生きるよりも簡単なことです。たったひとつの次元にフォーカスを絞り、コントロールを維持するよりも簡単なことなのです。あなたは決して、そのような形で生きるようには、作られませんでした。そのような形で創造するようには、決して、作られてはいないのです。

スピリット、スピリットの本質は、ひとつのレベルで創造するのではありません。スピリットはあらゆる可能なレベルで、いちどきに、同時に創造するのです。そしてあなたがシャーンブラとして、「新しいエネルギー」の教師として学んでいることのひとつが、あなたは一度にたくさんのものになれるということです。たくさんの物語を同時進行させることができます。また、それがネガティブなものである必要はありません。

ええ、いかにも、統合された物語です… たくさんの物語を持つことと、 - いわゆる - 多重人格障害であることの違いは、それが統合されているかどうか、ということです。彼らは互いを知っています。彼らは同じ、活発なエネルギーの源から来ています。互いを愛しています。互いが演じる役割を尊重しています。それに対し、多重人格では - あなた方の精神医学上の意味では - それぞれの側面同士で、かくれんぼというゲームをします。ものすごい否認があります。しかし、シャーンブラよ、あなたがすでに学んでいることのひとつが、いかにしてこれらの異なるレベルで機能するかということです。

ですから、私たちは今日、このような形であなたのもとにやって来ることに決めました - 複数の、立体の、様々な方向から。私たちはあなた方の周り中を、様々なレベルで動き回るでしょう。私たちは… ええ、私たちは、今日はたくさんのやり方で警告する(alarm)(笑)でしょう。(建物の外で救急車か、パトカーのサイレンが聞こえたので、このように言っている) ですから、シャーンブラよ、私たちがここにいれるのは、実に名誉なことです。

私たちはまた、私たちがすでにこれをやり終えたのだ、と言っておかなければなりません… いいでしょうか。私たちはこれをすでにやり終えました。あなた方のここ数日間の夜の眠りの中で、夢の中で、私たちはこのシャウドをやったのです。私たちはまさに、このグループとともに座り、つまり物理的にこの部屋にいる人たちと、これを聞いている人たちとともに、シャウドをやりました。ただ2つや3つの声だけではなく、私たちグループ全体として、やったのです。私たちすべてのエネルギーを配置し、それからたくさんの声で同時に歌を歌いました… お分かりでしょうか。私たちは、これを他のレベルでやったのです - いわゆる - 他の次元、あなたが人間として存在する次元とは、ほとんど類似点を持たない、非物理次元でやりました。私たちは、その可能性を創造しました。

私たちは、輝きを創造したのです。「輝き」というのが今日のチャネリングの言葉です。アンドラが呼吸法のセッション(チャネリングに先立って行なわれた)の間にこれを使ったのは、決して驚きではありません。それが今日の私たちのシャウドのタイトルです。「輝きを放つ存在」です。

数日前の晩、私たちはともに座り、輝きを創造しました。それはあなたから発生する波動であり、拡張するエネルギーです。グループと合わせることで、それは輝きを放ったのです。そして今、あなたはそのエネルギーに浸っています。あなたはこの椅子に座っていました。自宅で座っていたり、友人の家で今、聞いている人は、数日前の晩に、まさにあなたが創造したエネルギーに浸っているのです。

これがどのようにして作用するかというのは、驚くべきことです。このすべてに途方もない、しかしとてもシンプルな物理的現象が絡んでいます。今日、私たちはコントロールを外します。私たちは再び、輝きを放つことを学ぶのです。それが何を意味するかを理解するのです。私たちはその物理学を、その感覚を、その愛を理解するのです。

シャーンブラよ、現在、世界中でとてもたくさんのことが起こっています。私たちが最近話したように、意識にとてもたくさんのことが起こっています。新聞の見出しを読んだり、テレビのニュースを見ると、物事が間違った方向へ進んでいるように見えます。しかし、それは幻想です。私たちは、それが催眠や覆いの一種であることを知らせておかなければなりません。その種のドラマは売り上げ部数を創り出すからです。その種のドラマは - 何と言うか - ある種のエネルギー中毒を創り出すのです。

しかし、それらを超えて行って下さい。あなたが知っている人たち、あなたが一緒に仕事をする人たち、あなたの家族に本当は何が起こっているのかを、ここで見てみましょう。この世界では至るところで途方もない目覚めが起こっていて、それは見出しやニュースには反映されていません。この惑星に向けて、 ― またそれを望み、使いたいと思う人間に向けて、「新しいエネルギー」の巨大なうねりが起こっています - それがあらゆる人に、様々なレベルで、様々な形で影響を及ぼし始めているのです。

その中には、あなたが5、10、20年前に体験したものと、まさに同じものを体験している人たちがいます。つまり、催眠状態が、突如として、断たれるのです。あなたはそれを、彼らの目覚め、と呼びます。彼らは人生に混乱を体験していて、それがおそらく、彼らにとって、苦痛や感情的な苦悩、困難を引き起こしているのです。彼らは自分たちに何が起こっているのかと疑問に思っています。

しかし、私たちは皆、知っていて、あなたも知っています。これは変容なのです。それは彼らを催眠状態から揺さぶり出しているのです。彼らの本当の本質へと開かせているのです。お金や権力、また、他のどんなものを通しても成就できない、自分自身の内側のある種の平和、ある種の愛へと開かせているのです。外側の神に祈ることでは、人間以外のグループのルールに従うことでは、決して成就することはできません。目覚めが起こっています。あなたの「今」に何があるかを見れば、あなたの知っている人たちを、あなたのもとにやって来始めている人々を見れば、分かるでしょう。

ヴェールの私たち側からの見方というものがあります。私たちは起こっている本当の変化を見ることができます。あなたがやっているワークの効果を見ることができます。あなたの文化に起こっていることを見ることができます。この美しいエネルギーの開花が起こっているのを、私たちは見ることができます。

それほど美しく見えない時もあります。なぜなら、古い物語を手放すのは困難だからです。時に、人間にとって、とても困難なことです。あなたは彼らとともに座り、涙を見て、その人がたった今、愛する者を失ったことを知るのです。ひょっとすると、その人は、自分が所有していたはずのものを、すべて失くしたばかりなのかもしれません。何かの病が身体を蝕んでいる最中なのかもしれません。

しかし、あなたは知っていて、私たちも知っています。それは単に、流れが変わっただけだということを。単に、いわゆる「岐路」と呼ばれるもの、目覚めが起こっているのだということを。その人の意識のあり方においては、それを受け入れるのは困難です。しかし、あなたは知っていて、私たちも知っています。訪れている変化は、真実の変化であり、人間とスピリットの統合と融合という変化であることを。

私たちはあなた方の文化に起こっていることをみつめています。それは驚くべきものです。それは驚くべきもので、時にあまりにもシンプルなので、あなたはそれを見過ごしてしまいます。

最近、この新しい映画、「スター・ウォーズ」、闇の者たちの帰還、が披露されました。これは驚異的なシリーズで、約30年にわたり、あなた方シャーンブラの目覚めのおよそ30年間という時間にわたってきました。あなた方の多くが、この最初の映画を初めて見た時に、本当に、真に目覚めたのです。おそらくあなたは、意識的には知らなかったでしょう。

しかし、そこには… いまだに… この映画のエネルギー的な布地に文字通り、織りこまれた引き金が、かつてはこうであった、という記憶があります。これらの映画はフィクションというよりは、事実に基づいています。それは随分と昔に起こったことですが、まるで未来のことのように思えます。時間は歪曲するのです。

それは、光の側と、闇の側についての物語です。その両方を探求しに行くという物語です。あなたが本当の理解を得るためには、究極的には両方を体験して、再統合しなければなりません。それはスピリットの物語であり、いわゆる「フォース」(the force;理力 訳注:スター・ウォーズ・シリーズに登場する概念で、生体エネルギー力の意味)についての物語です。それは、あなたの旅についての物語です。あなた方の多くは、これと心情的に密接なつながりを感じています。なぜなら、あなたが闘った戦いの物語だからです。ええ、あなたはそのような小さな鉄の飛行船は持っていませんでした。それは非物理的な現実で行われたからです。しかし、シャーンブラよ、それは本物でした。

映画の中で、登場人物は闇の側に渡り、闇の側の指導者や指揮官になり、それがどのようなものなのかを探ります。反対側にはルークがいて、彼は光の側で取り組んでいます。いいですか。ルークは戦士の見習いでした。けれども彼が上級の訓練に進むと、彼はそれ以前に受けた訓練をすべて、忘れなければなりませんでした。彼は、ライト・セーバー(光の刀)の持ち方も忘れなければなりませんでした。すべての手順を忘れなければなりませんでした。学んだコントロールをすべて、忘れなければなりませんでした。戦士として訓練を受けたことを忘れなければならなかったのです。彼はそれらを手放さなければならなかったのです。

トラブルに遭遇した時に、彼が声を聞いたのを思い出して下さい。チャネリングされた声がこう言いました。「フォースを感じなさい、ルークよ。」 それは、こうは言いませんでした。「フォースを考えなさい。」 こうも言いませんでした。「フォースを分析しなさい。」(聴衆、笑) それはこう言いました。「フォースを感じなさい、ルークよ。あなたの存在のあらゆる部分にそれを流してあげなさい。マインドから脱け出しなさい。コントロールを手放しなさい。あなたが学んだすべてのことを忘れなさい。」

そしてルークは、あなたのように、最初は抵抗しました。彼は自分のコントロールをとても上手に学んできました。彼はマインドを通じて自らを統御する方法を、行動を、思考をコントロールする方法を学んで来たのです。それをすべて手放すのはとても不安なことでした。

しかし、いったん彼がそうすると、いったん彼が「フォース」を感じ、それが自分の中に駆け巡るのを許すと、マインドが必要なものを統御しながら、「フォース」が流れて行くのを許すと、初めてそれをした時の、あの最高の気分がそこには、あったのです。そこにはあの陶酔感がありました。彼が再び「フォース」とつながった時の、あの記憶の感覚が、そこにはありました。そしてそれは流れました。彼は何かをしなければならなくなる前に、どうすれば良いかを知っていました。彼は、敵が何かをする前に、すでに敵が何をするかを知っていたのです。それはただ、そこにありました。それは流れたのです。

シャーンブラよ、あなた方の多くはすでにそれを体験しています。あなたはそれを、私たちが、神聖なるノウイング(the divine knowing)と呼ぶものを、人間の通常の意識状態を超越する、あの黄金の瞬間を、すでに体験しました。

それが宇宙意識です。それが、あなたがただ、知っている、という、黄金の瞬間なのです。それを誰かに説明することはできません。自分自身にすら説明できないのです。あなたはただ、知っているのです。

その時が、あなたがコントロールを手放す、その瞬間なのです… 時にそうせざるを得ないからです。ルークはコントロールを手放さなければなりませんでした。彼は、敵の策略が自分のものに勝っていることを知っていました。もし彼が古い、戦闘的なやり方を続ければ、コントロールされた戦士のやり方を続ければ、確実な死が待っていることは、彼には分かっていました。彼には選択肢がなかったのです。手放さなければなりませんでした。

あなたには、当然ですが、選択肢があります。あなたはルークのように窮地に陥ってはいません。しかし、それでもコントロールを手放す、という、素晴らしい、学ぶべきレッスンがそこにはあります。トバイアスはそれについて、先月、話をしました - 完全に手放すことを。さて、あなたはやっとその表面をかじり始めたに過ぎません。あなたは、コントロールを手放す、という初めての体験をしました。私たちは、あなたに手放すことをぜひ、続けていただきたいと思います。

このことがあります。それは神性と呼ばれています。「スター・ウォーズ」の映画の中では、それは「フォース」と呼ばれています。しかし、それはあなたの神性なのです。それはあなたの周り中に、あなたの内側にあります。どこか別の場所にあるわけではありません。どこか離れたところにあるエネルギーではありません。それはあまりにも近くにあり、あまりにも個人的なものなのです。コントロールを手放すことで、その神性が入ってきて、人間と神聖なるものの融合がなされるのです。コントロールを手放すことは、初めは少々、恐ろしく思えるでしょう。それには慣れが必要です。

あなた方の多くが、いくつかコントロールを手放したのは、私たちも知っています。あなたはこの30日間の間に、いくつか、そのような体験をしています。それらを解放し続けると、あなたはこの、まったく新しい理解に、神聖なる、知っている状態(knowingness)に、流れに到達するでしょう… それから、その後に輝きがやって来るのです。

先月のシャウドで話があったように、コントロールとは、あなたが学んだものなのです… 陶芸家が土をコントロールするのに良く似ています… ろくろをコントロールし、陶芸のろくろです… ろくろを回すスピードを… 土そのものをコントロールし… 両手で土にコントロールを加えます。しかし、陶芸家は何を創造するでしょうか… 壺でしょうか… 立体的な芸術作品かもしれません。それは、静的なものです。それはただ、そこに置かれます。それはろくろから外され、釜で焼かれ、加工され、固められます。それは最初に形作られた、エネルギーという容器に、文字通り、閉じこめられるのです。それはもう、コントロールされています。そして壺は絵付けされ、棚に載せられます。それは、その存在状態で、コントロールされています。

ですから、シャーンブラよ、コントロールは、エネルギーがあなたの中で拡張する能力を制限するのです。あなたはこの生涯において、あらゆる瞬間に、エネルギーをコントロールしてきました。あなたは陶芸家として、あなたの物語を形作ってきたのです。上手に形作ってきました。表面の荒削りな部分を随分と、きれいにしてきました。時には、自分の新しい意識に合わせるために、形を変えることもありました。しかし、ある意味で、それは、いまだにコントロールされています。それはいまだに、形を整えられて、とても具体的な器に入れられています。それは、あなたの物語、と呼ばれるものです。

もう、あなたの物語というコントロールを外して、人生に何が起こるかをみつめる時です。新しい共時性(synchronicities)が、あなたのもとにやって来るのを、みつめて下さい。このエネルギーの輝きを生じさせる時なのです。

では、もう一度、エネルギーの物理学について、少々、話をさせて下さい。私たちが言ったように、エネルギーは存在しません。それは天国には存在しません。エネルギーと呼ばれるものなど、ありません。ポジティブやネガティブという、対立する力はありません。それはすべて、ただ、中立的な可能性として、活性化されるのを待っているだけなのです。

あなたはこの、「フィールド」(場)と呼ばれるものとのつながりを通して、それを活性化します。そしてそれを様々な現実の状況や、次元に持ちこみます。あなたがそれを地球に持って来ると、それは形作られ、コントロールされて、あなたのために働くために置かれます。あなたはどのような可能性のセットでも、選ぶことができます。それがポジティブ(肯定的)な表現をするのも、ネガティブ(否定的)な表現をするのも、男性的なものでも、女性的なものでも、あなたが選ぶことができます。あなたが、選んでいるのです。

エネルギーは、それ自体では存在しません。それはただ、可能性として、表現されるのを待っています。あなたがそれを形作るのです。また、あなたがそれをコントロールするのです。コントロールは、あなたの創造するどんなものも、あなた自身とあなたの物語が輝きを放つことも含めて、その能力を制限します。それはどういう意味でしょうか? ええ、それが、今日の私たちのディスカッションの中核となるものです。

あらゆる「創造者」である存在は、あらゆる魂を持つ存在は、何度も何度も再創造し、創造したものを永続させる能力を持っています。この「創造者」としての能力は、無生物や、樹木などの意識を持たないものや、また、ほとんどの動物にも、そなわっていません。あなた方のペットですら、ほとんどが、「創造者」としての能力をそなえていません。彼らはあなたがするように、エネルギーを放射しません。

あなたは「創造者」である存在です。あなたの輝きは、あなたが創造したものの延長線上にあります。しかし、それでもあなたは、自分が作り上げた、この非常にコントロールされた器の中に生きて来ました。あなたはもはや、本来であれば輝ける程には、輝きを放ってはいません。エネルギーの存続というものがありません。

言い換えれば、あなたは、あらゆるものを、あまりにも自分の物語に縛りつけています。覆い、信念体系、そして催眠により、拘束されているため、あなたの本当の「創造者」としてのエネルギーは、自由ではありません。それは先程の壺のようです。棚に封じこめられ、構造化され、制限された、陶芸家が創り出したあの、花瓶のようです。もう、開いて行く時です。あなたのエネルギーの輝きを放射し始める時なのです。

さて、あなたは、あなたの「今」という瞬間に、ここに座るか、このシャウドを読んでいるのですが、シャーンブラですら、ほとんどが自分の輝きを、「創造者」としてのエネルギーを、非常に制限された基盤でしか、許していません。とても制限されています。そこで何が起こるかと言うと、あなたの人生もまた、制限されるのです。あなたに戻って来るものが、制限されるのです。

あなたがコントロールを外すと、あなたは、この美しいエネルギーの輝きを放ちます。それは、生きたエネルギーです。あまりにも生き生きしているがゆえに、あなたが触れるあらゆるものが、あなたが接触するあらゆるものが、あなたが考えるあらゆることが、あなたの「創造者」としてのエネルギーにより、影響を受けます。

自分が美しい炎として、エネルギーの輝きを放つのをイメージしてみて下さい。あなたはそれを、誰か、人や、物に押し付けたりはしません。あなたは単に、それを放射するだけです。そのようなことをする大天使もいます - 彼らはただ、輝きを放ちます。それがあなた方の中で - 何と言うか - 炎という感覚や、洞察、イメージを抱いた場所です。つまり、ミカエルの炎や、メタトロンの炎、他の多くの存在の炎です。それは彼らの存在の輝きなのです。その光は、その炎は… でしゃばることはなく、何も変えようとしないことに、あなたは気づきます。それは、単にそれを利用したいと思う人のために、「新しいエネルギー」の可能性を放射しているのです。

シャーンブラよ、あなたはコントロールゆえに、幻想ゆえに、自らの輝きを非常に制限されてきました。もう、それらを手放す時です。

文字通り、あなたが鉛筆を手に取ると、あなたが鉛筆に物理的に触れると、あなたは自分のエネルギーの輝きをその中に放射するのです。その鉛筆は、あなたのエネルギーを保持し、感じ続けます。それが現在のところ、たとえ、非常に低いレベルであろうと、あなたは絶えず、エネルギーを放射しています。あなたはエネルギーの輝きを、あらゆるものに放射しています。繰り返しますが、私たちが「輝き」と言ったり、話すときには、それはエネルギーの光の放射であり、拡がりであり、黄金なのです。それは何かを変えようとはしません。単に可能性を送り出すだけです。

あなたはたとえば、あなたの輝きが、あなたの神性が、あらゆるものに降り注ぐのに気づきます。あなたの車ですら、あなたが運転する乗用車があなたのエネルギーを帯びるのは、あなたが文字通り、自分の神性をもってそれに色をつけるからです。あなたは自分の車に名前をつけることもあります。車はあなたと、あなたの性質を身につけます。それはあなたのエネルギーに満ちています。

あなたの動物やペットは、あなたのエネルギーに満ちています。あなたは彼らに、エネルギーの輝きを放っているのです。あなたの人生で親しい人にも… あなたは絶えず輝きを放ち、光を注ぎ、熱を発しています。やがてしばらくすると、これらのものは、それが人であろうと、物体であろうと、あなたのエネルギーの性質を帯びてくるため、外見や、話し方が、あなたに似てきます。それらはあなたのアイデンティティのいくつかを身につけるのです。お分かりでしょうか、「創造者」である存在は、そのようなことをする能力を持っています。あなたが座る椅子は… あなたの生命力の本質を身につけるのです。

あなたは文字通り、人型を作り上げることができます。いわゆる人形を。土から1人の存在を形作り、人間に似せたり、望む形に作り上げることができます。そして、その土からかたどられた作品に、あなたのエネルギーを入れ、あなたのエネルギーの輝きを放射し、文字通り命を吹きこむことができるのです。輝きを放つ、というのはこういうことです。あなたにはそのような能力があります… ええ、意識を持たない物体が、土の塊が、たとえば人間の姿に形作られるのです。

あなたが息を吸いこみ、息を吐き出すと、力を使わず、努力せずに、ただ、輝きを放つと、あなたが人間の形へと作り上げたその土の塊は、実際に命を吹きこまれることがあります。それは本当です。私は以前にしたことがあります。それは実際、あなたとともに呼吸し始めることもできるのです。これを試してみることは可能です。少し、時間がかかりますが。単純な神秘主義と、自らの輝きに対する理解は多少、必要になります。

しかし、あなたがそこに息を吸いこみ、それとともに呼吸すると、それは生き始めます。そうなるのを見るでしょう。ああ、それにはとても長い時間がかかるでしょうが、それが呼吸をし始めるのをあなたは見ることでしょう。いつの日か、それは動き出すでしょう。また、いつの日か、実際に立ち上がるでしょう。いつの日か、それは話し始めるでしょう。

ええ、現在、あなたにはこれをする能力がそなわっています。繰り返しますが、それにはいくらかの努力がいります… 私たちは「努力」という言葉を使わないように言われましたので、それには忍耐がいります。このやり方を学ぶのには、忍耐がいります。あなたに、すぐにやってみなさい、と提案しているわけではありません。私たちは、エネルギーがいかにして作用するのか、あなたのエネルギーがいかにして作用するのかという、むしろ、極端な例としてこれを引き合いに出したのです。あなたはあらゆるものに、絶えずエネルギーの輝きを放っているのです。

さて、私たちはこれを、「新しいエネルギー」の物理学の重要な部分として触れています。私たちがこの話をするのは、それはいずれにしても起こっていることだからです。それはたった今、起こっています。

しかし、あなたの輝きのレベルは非常に低いのです。私たちの側に、それを測る尺度のようなものはありませんが、分かりやすくするために、1~10という尺度を使いましょう。1は、とても、とても、とても低い輝きしか放たない、スピリットの、神聖なるエネルギーが流れ出る割合が非常に低い人間です。10は、最も高く、遮るものなく、制約なしに、オープンに、純粋にただ、流れ出ていく、生命が躍動する、最大のエネルギーがそこにある人のことを指します。

ほとんどの人間が、3~5で機能しています。とても低いのです。彼らの輝きのレベルがとても低いのは、自分自身に課している制限やコントロール、制約のためであり、彼らの持つ信念体系によります。彼らはあの、土の彫刻の内側に閉じこめられています。その内側で、固まっています。あまりにも自分たちの物語に取りこまれているのです。

ほとんどのシャーンブラは現在、4~6のレベルで輝きを放っています。あなたの輝きはより、大きく、明るいのですが、あなたを制限している、押しとどめている、たくさんのコントロールが、たくさんの古い信念体系が、いまだにあります。

このエネルギーの輝きの重要性は、多岐にわたり、多次元に及びます。第一に、あなたが神聖なるエネルギーを放射すると、それはつまり、あなたが自分の身体の内側や、自分の現実にそれらをとらえておかないことを意味します。あなたはそれらを流してあげるのです。そして、あらゆるエネルギーは、流れるようにできているのです。器の中に、身体という彫刻の中に閉じこめられたり、とらえられるようにはできていません。それは、本来、流れるものなのです。

あなたがエネルギーの輝きを放っている時、あなたは本当の「創造者」になっているのです。あなたがしているのは、すべての物事に可能性を流してあげることです。あなたはエネルギーを拡張しているのです。エネルギーの輝きを放っている時、あなたが何をするかというと、自分自身と自分の創造したものひとつひとつに自由と、進化し続ける権利を与えているのです… いいでしょうか。

ほとんどの人間の「創造者」は、ほとんどの人類は、拡張し、行き続ける権利を何に対しても与えません。彼らは何かを創造し、それを制限し、制約します。すると、それは決して流れて行きません。それは決して… まるで花瓶のようです - それは棚に置かれます。花瓶の本質そのものが変わることは、決してありません… よろしいですか。ほとんどの人間が何かを創造し、それをコントロールして、創造のプロセスをストップさせるのです。あなた方のほとんどが、過去に随分と手広くそれをやってきました。あなた方のほとんどが、創造することにいまだに、つまづき、試行錯誤をするのは、そういう理由からです。

本当の創造とは、何かを生み出し… アイディアや気持ち、概念を生み出し… それを生み出し… それから、それを「存在している、状態」(being-ness)として認めることです… 進化し続けさせ… 成長させ続け… 妨げないことです。そう聞いて、あなたの一部分が、少々、奇妙に感じるのは、あなたは自分が何かを創造したら、それを制限しなければならないと思うからです。すると、あなたはそれに対して責任と義務を負います。そして、それもまた、あなたに対して責任と義務を負うのです。しかし、それは違います。

本当の「創造者」は、創造し、手放します。それは常にあなたの創造物であることに変わりはないのですが、もう、それ自身の生命を帯びているのです。それは拡張し、成長し続けます。一塊の土が花瓶へと姿を変えられ、棚に置かれるのではなく、それ自身が何度も繰り返して自らを再定義し続けるのです。一塊の土が生きたエネルギーへと変換され、ある瞬間にはそれは花瓶であったり… 次の瞬間には木であったり… 次の瞬間には鳥であったり… また、次の瞬間にはもともとの土の状態に戻ることができるのです。

それが、錬金術です。それが、変成です。それこそが、エネルギーの本質なのです。聞き覚えがある、とあなたが思うのは分かります。私たちはすでにこの話をしたからです。私たちは、すでにこれに取り組んでいるのです。あなたは、それに取り組んでいます。そして、それは、コントロールや制限、創造することへの怖れという影を落とされたものではない、あなたの源である、「創造者」としてのエネルギーへと自らを戻してくれるのです。

これが本当の輝きです。スピリットがすることはそれだけです - 輝きを放つ、コントロールをしない、制限をしない。これは慈愛(grace)です。これが流れなのです、シャーンブラよ。これがあなたの人生に起こっていることなのです。

つづく

つづき 体現シリーズ シャウド11 「輝きを放つ存在-トバイアス&アダマスセント・ジャーメイン特集」 クリムゾン・サークル 2005年6月4日

体現シリーズ シャウド11
「輝きを放つ存在-トバイアス&アダマスセント・ジャーメイン特集」
クリムゾン・サークル 2005年6月4日

つづき

 
さて、エネルギーの輝きを放つと、あなたは可能性の光を放射します。それは、課題(agenda)を持ちません。それは単純に、神聖なる可能性です。あなたが物事を創造して、それらを現実に持ちこみ、それ自身が進化し続ける権利を与えれば、それはあなたへと戻って来るエネルギーの流れ全体をも、変えるのです。「新しいエネルギー」の、とてもシンプルな物理学のひとつです。あなたが自分から出て行くエネルギーをコントロールすれば、エネルギーはコントロールされてあなたに戻って来ます。あまねく宇宙は実際にその通りだと言えるでしょう。その通りなのです。

ですから、あなたがコントロールすると、あなたはコントロールされます。あなたが内側のエネルギーと、流れ出るエネルギーをコントロールすると、あらゆるものが、コントロールとしてあなたに戻って来ます。あなたが開き、自らのコントロールを外し、この新しく、慈愛に満ちた、輝きを放つ種類の創造を始めると、あらゆるものが、慈愛に満ちた、輝きを放つ創造物として、あなたのもとに戻って来るのです。

それはとてもシンプルです。あまりにもシンプルなので、中にはこう言う人もいるでしょう。「けれども、どうして5年前に教えてくれなかったのですか? なぜ、私たちはこれらすべてのシャウドをこなしてこなければならなかったのですか? なぜ、これらすべての長々としたミーティングに出席して、プロセスとして困難を体験しなければならなかったのですか?」

ひとつには、シャーンブラよ、私たちはあなたのもとを訪れるのが大好きだからです。(少々、笑) シャウドをすれば、月に1度、私たちがここに来る名目が立ちます。2つ目は、あなたには、当時は、これを理解する基盤がありませんでした。あなたは私たちに、これは自分たちのシャウドである、と言いました。あなたは、1歩1歩、1つ1つ、やって行きたかったのです。そうすることですべてが意味をなすように。すべてはともに流れ、統合されました。それはすべて、調和のとれたことでした。

それでは、再び、エネルギーの物理学の理解についてです。エネルギーは、あなたの現実の表現へと持ちこまれ、「創造性」として使われる可能性なのです。あなたは、コントロールすることなしに、創造します。そして、それが流れるのを許します。それに命を与えます。祝福します。あなたはそれに命を与え、それが進化し、どんどん、拡張し続けるのを許すのです。

さて、あなたに戻って来るのは、あなたのニーズや欲求に無条件に奉仕する、自由自在なエネルギーなのです。自分から出て行くのを許した分だけ、曇りなく、純粋なものとして、あなたに返って来ます。それこそが、「創造性」の本質です - 生(なま)の可能性を、エネルギーの形態へと持ちこみ、それをもって創造し、そこに命を与えることです。

あなた方の多くが困難に遭遇するのは、あなたはエネルギーの本質と「創造性」の本質を理解し始めているのですが、いまだに自分の創造物を制限しているからです。あなたは自分の創造物が表現することを許していません。あなたは、それらに対し、制限し、制約を加え、所有権を行使しようとしています。それらを手放して下さい、シャーンブラよ。それらを手放して下さい。この新しい流れ全体がいかにして起きるのかをみつめて下さい。共時性が、人生においての例外ではなく、いかにして日常的なものとなるのかを、みつめて下さい。

さて、ここに困難なことがひとつ、あります。あなたが困難を感じ、苦労してきた領域があります。それは、「神聖なるものの欲求」対「人間としての欲求」ということです。あなたの人生にはたくさんの矛盾が起きているように思えるのです。なぜなら、人間があることを望んでも、いわゆる神性、あるいはスピリットはそれとは違う概念を持っているようだからです。

あなた方の多くの人生で起こっていることは、あなたは祈り、欲しいものをお願いし、物事を創造しようとします。そして、それは起こりません。すると、あなたはスピリットに、あるいは自分自身に対し、腹を立てるのです。あなたは自分が、本当の「創造者」ではないと感じます。ごく最近まで、神性と人間は分離していました。あなたはそれらを別個のものとして扱ってきました。あなたは2つの間に壁を築き、こう言いました。「私はこちら側の人間であり、神性はあちら側にあるのは知っているが、私たちは、つながっていない。」 

さて、それらは一緒になろうと戻って来ています。この両者の再会と統合があります。それはこの現実で起こるのです。エーテル界で起こるのではありません。それは、あなたの「今」という瞬間に起こるのです。両者は一緒になろうと戻って来ています。あなたは、古い人間の欲求とは何であったのか  - とても制限された欲求 - また、あなたの魂、あなたのスピリットの欲求、願い、愛とは何であったのかを理解し始めるでしょう。

例をあげてみましょう。人間は、あなたが現在、閉じこめられている物語は、決して死にたいとは思わないのです。それは、ずっと生き続けたいのです。生きて、生きて、生き続けたいのです。人間は、はかり知れない時を、肉体の中にいながら、永遠の生命を探し求めて来ました。時々、人間は言います。「それでは、私は自分自身に不死を創造しよう。永遠に、ずっと生き続けることを創造しよう。」 しかし、あなたはそれでも、死にます。あなたは死ぬのです。今まで何度もそれをしてきました。死ぬのがかなり、上手になってきています。」(少々、笑)

あなたが「創造性」と呼ぶもの、つまり、あなたの人間としての「創造性」と、あなたの神聖なるものの「創造性」との間には矛盾があるように見えます。時に両者の間にはあまりにも違いがあるため、それは大きな混乱を引き起こします。どちらを信じれば良いのか分からないからです。その2つは一緒になり、融合しつつあります。あなたは全体像を見始めています。あなたは神聖なる計画、「神聖なる欲求」対「人間」という理解を獲得し始めています。

人間の欲求は時に、あまりにも制限された物語に包まれてきました。それは、存在の、より壮大な目的には役立たない信念体系にくるまれていました。私たちは、こちら側で - 人間の欲求に対して、より高い、神聖なる欲求、と言うことがあります。通常は、神聖なるもののニーズが、人間のものに優先します。なぜなら、あなたは遅かれ早かれ、死にたいと、本当に思うからです。さもないと、自分自身の古い物語にあまりにもとらわれてしまうからです。脱け出すのはとても困難です。あなたは死をデザインしました。あなたが死をデザインしたのは、解放されるためであり、これらの物語にとらえられたり、はまりこまないようにするためでした。ですから、これが人間の欲求と神聖なるものの欲求が時に、合意しないように思える一例です。

けれども、そこには理由と目的があります。あなたは時々、自分の人生になぜ、愛する者が、物事をシェアするパートナーがいないのかと思います。あなたはイライラします。そのことで腹を立てます。神聖なるもののニーズと欲求が、人間のものに優先することがあるのです。あなたが自分自身を発見し、本当の自分を理解するために、ひとりきりでいる時間を持つのが重要な時があります。神聖なるものは、あなたの人生に他の人間がいると、あなたの注意がそれるだろう、と理解しています。

あなたは時々、いったい誰が采配を振るのかと疑問に思います。けれども、あなたが開き始めると何が起こるかというと、シャーンブラよ、人間と神聖なるものが一緒になり、融合すると、総合的な欲求、総合的な流れが、あなたに分かるようになります。あなたは人間としての制限に夢中になってはいません。些細なニーズに夢中になってはいません。そうではなく、あなたはより高度なニーズ、より高度で壮大な目的を追求しているのです。

あなたが意識的に創造しようとして、これらの障害物や問題に突き当たることが数多くあるのを、私たちは知っています。けれども、この統合と融合により、このすべてが、あなたにとって意味をなして来るのです。あなたはコントロールを外します。あなたはエネルギーの輝きを放ちます。あなたは自分の創造物に祝福を与えます。すると、それらは生命を帯びます。エネルギーは戻って来て、あなたに奉仕するのです。エネルギーは戻って来て、壮大で新しいやり方であなたに奉仕するのです。それは、「共時的な人生」(the synchronistic life)と呼ばれるものです。

ある意味で、共時的な人生においては、必要性というものはないと言えるでしょう。あらゆるものがすでにそこにあります。そのために努力する必要はありません。もはや人生に悪戦苦闘する必要はないのです。それはただ、そこにあります。ある意味で、共時的な人生においては、創造を強いるということがありません。

あなたは自分が必要なものですら、定義する必要はありません。あなたが豊かさや、健康と呼ぶ、どのようなものについても、もう、心配する必要はないのです。それはただ、そこにあります。共時的な人生においては、必要性というものはありません。なぜなら、あらゆるものがすでに満たされているからです。あなたの中に入って来る流れから、その瞬間に必要なものをただ、手を伸ばして、取り出せば良いのです。

共時的な人生においては、私たちが前にも言ったように、答は、質問がなされる前にそこにあります。共時的な人生においては、あなたの神性とスピリットは絶えず、再結合を続けます。あなたはそれを強要しようとはしません。意志の力で何とかしようとはしません。それはただ、そこにあります。それはただ、流れます。

共時的な人生に到達するには、シャーンブラよ - それは、そんなに遠くにあるわけではありません - そこに到達するには、それは、単にコントロールを手放すということだけです。それは自然に起こるのです。私たちは随分前に言いました - 最善のことは、あなたにできる最善のことは、ただ身を引くことです。コントロールがあなたの邪魔をしています。コントロールが、あなたと神聖なるもの、あなたと共時性を隔てる、ある種のヴェールや障壁を提供しているのです。

コントロールを、怖れを、信念体系を解いて下さい。それをすべて手放して下さい。そうすれば、共時的な人生が即座につながり始め、あなたの人生に起こります。それはすべて、そこにあります。それを描写するのは困難です。なぜなら、それは定式ではないからです。それはただ、存在のかたちなのです。共時的な人生においては、あの流れがあるのです。

ええ、そうです。あなたはいまだに、人間の現実に生きています。あなたはいまだに、あなたが選ぶなら、朝、起きなければなりません。いまだに、物質社会に参加しなければなりません。けれども、それはずっと、たやすくなります。ストレスはありません。奮闘はありません。精神的な闘いはありません。

共時的な人生は、流れます。人々はそこにいます。たまたま、そこにいるのです。道具や資源はただ、そこにあります。それらを計画しようとする必要すらありません。努力する必要もありません。それを懇願する必要もありません。それらはただ、現れるのです。

あなたが共時的な人生に入ると、あなたは気づくでしょう。それら、ひとつひとつのものが、すでにそこにあったことに気づくでしょう。ただ、見なかっただけなのです。あなたはおでこを叩いて、どうしてそれを見落としてきたのかと、不思議に思うことでしょう。あらゆる資源が、道具が、人が、エネルギーが、ヒーリングが、愛が、すでにそこにあったことに、あなたは気づくでしょう。ただ、見なかっただけなのです。

あなたは自分の物語にフォーカスするのにあまりにも忙しく、自分の現実をいかにして創造するかにフォーカスするのに忙しかったのです。あなたは人間であることにあまりにも忙しくしていたために、ただ、それを見なかったのです。けれども、それは常に、そこにありました。それは、たった今もそこにあり、あなたに奉仕するのを待ち、入って来るのを待っているのです。

共時的な人生… そこには期待はない、と言えるでしょう。必要性はありません。私たちはこう言っているのではありません。「あなたの世俗的な所有物をすべて投げ捨てて、処分してしまいなさい。」 それは、繰り返しますが、強要された行動です。それを強要する必要はありません。あなたは、共時的な人生において、たとえば、新しい車や、新しい家のようなものの必要性を感じないことを発見するでしょう。愛する人や、一緒にいて楽しい人がほしいという必要性も感じないでしょう。なぜなら、それはすでにそこにあるからです。

お分かりでしょうか。それがすでにそこにある時、どうしたら必要性というものが出て来るのでしょうか? ぴったりの住処、あなたにぴったりの乗物がすでにそこにあるのです。気がつくと、もう、必要性は満たされているのです。それが流れです。それが共時性なのです! これは何か、ある種の手を振りかざすマジックではありません。何か、サイキックな活動というものでもありません。それは、慈愛なのです。あなたが自らの人生に生み出す、神聖なる慈愛なのです。

もはや計画というものすら必要ないことが分かるでしょう。なぜなら、気がつくと、それはそこにあるからです。必要性が築かれる前に、あらゆるものが現れるのです… いいでしょうか。共時的な人生は、必要性、時間、現実の関係全体を変えてしまうのです。それは直線的な生き方の関係を変えるので、必要性に気づく前に、それが満たされるのです… いいですか。それは、拡張し、循環し、成長する、動的な生き方なのです。

必要性を処理するのは、あなたなのです… あなたです。スピリットがするのではありません。私たちがするのではありません。必要性は、あなたが何かが必要であると気づく前にすでに、処理されます。それが、共時的な生き方です。もはや探し求めることはありません。答を探し求める必要すらありません。なぜなら、質問があると気づく前に、答がそこにあるからです… スピリットを探し求める必要はありません。なぜなら、スピリットはただ、そこにいるからです… 天使を探し求める必要はありません。なぜなら、天使はそこにいるからです - 彼らは常にそこにいました。いいですか - あなたの過去世の側面を探し求めることもありません。なぜなら、あなたはそのようなスペースを作り出したので、彼らはすでにそこにいるのです。

共時的な生き方とは、現在の瞬間における、壮大で、スピリチュアルな気づきです。繰り返しますが、そこに到達するのに、力や努力はいりません、シャーンブラよ。そこに到達するための概要や、カリキュラムや、指針はありません。それは、たった今にも起こります。あなたが意識的に、古い信念体系を解消した瞬間に起こります。あなたが人生におけるコントロールを手放した瞬間に、それは起こるのです。ある意味で、数日前の晩の私たちの間でのディスカッションからご存知でしょうが、それはすでに、実際に起こっています。すでに、発生したのです。

共時的な人生は、他の人たちが当分の間は理解しないものです。いまだに、二元性の世界にいる人たちは… 彼らは、まったく理解しないでしょう。羨むでしょう。その秘訣を知るために、そのエリクシル(訳注: 「賢者の石」とも呼ばれ、卑金属を黄金に変えたり、寿命を延ばす力があると考えられた物質)をみつけるために、あなたを嘲笑したり、拒絶したり、あるいは害を及ぼそうと試みるかもしれません。彼らはそれが欲しいのです。喉から手が出るほど欲しいのですが、そこには本当は何があるのかを、彼らは理解していません。

彼らはただ、自分たちの物語を、少しだけ大きく、良くしたいのです。彼らは神聖なる人間(divine human)というよりは、超人(superman)になりたいのです。そこには大きな違いがあります。彼らは、神聖なる存在状態(divine beingness)ではなく、強大な権力(superpowers)が欲しいのです。彼らがやりたいのは、創造し、祝福し、許す、自分の創造物それ自身の存在状態を許すことではなく、創造し、コントロールすることなのです。

お分かりですか。あなたが創造したあらゆる過去世は、生き続けます。あなたはその存在状態を認めたのです。そして、それは他の次元で生き続けます… ほとんどの場合、この地球上ではありません。そういう場合もありますが、通常は違います。あなたの過去世の様々な側面は、ずっと、ずっと生き続けます。彼らはあなたのような、「創造者」である存在ではありません。彼らには「新しいエネルギー」、新しい空間を作ることはできません。しかし、彼らは、あなたが認めた、まさにそのエネルギーの中で旋回し、拡張し続けるのです。

ですから、他の人間たちは、この「共時的な人生」と呼ばれるものを理解しないでしょう。少なくとも、当分の間は。彼らが、あなたの体験して来たプロセスのいくつかを通り抜けるまでは。つまり、学び… 理解… 解放… 手放すこと… あなたがスピリチュアルな存在であり、あらゆるものがすでにそこにあることを理解すること… あなたもまた、神であることの気づき。彼らは、あなたの人生がなぜ、それほど努力なしにうまくいくのかを理解しないでしょう。あなたが僅かのエネルギーしか消費せずに、どうやって多くを達成するのかを理解しないでしょう。

シャーンブラよ、あなた方の多くが、最近、このまったく - 何と言うか - 二元性の世界から追われるような現象を体験しています。仕事や家族、その他の物事から放り出されているのです。それは、あなたのエネルギーがそのような環境に、もはや適合しないからです。しかし、あなたは自分自身のために、新しい環境を創造しているのです。古いやり方をすべて、手放すのは、時には、少々、恐ろしく思えるでしょう。しかし、あなたは、共時的な生き方という新しい環境を、自分自身に創造しているのです。新しいものを発見するために、古いやり方からはじき出されなければならなかったのです。それがすでにそこにあることを、あなたは発見することができます。

これはマインドのゲームではありません。何よりも、それはマインドのゲームではありません。私たちは、このシャウドを聞いた後に、読んだ後に、こう言って、あなたにマインドのゲームをしてほしくはありません。「それはすでにそこにある。それはすでにそこにある。」 それは、エネルギーを強要することです。それは、自分自身をひとつの信念体系へと、欺くことで、そのやり方では、実現化するのはとても困難です。それはむしろ、すでにそこにある、知っている状態(knowingness)であり、ハートから来る、知っている状態であり、それが、すでにそこにあるのを受容することであり、あらゆるものが、共時的な生き方はすでにここにあるというのを、受容することなのです。

あなたがそれでトラブルに遭遇して、それが自分に調和しないと感じたら、自分自身が古い二元性へと逆戻りしているように感じたら、まず最初に、あなたを制限しているかもしれないコントロールを、人生でこれを体験するのを妨げているコントロールを、見て下さい。前回のシャウドで話したように、コントロールを手放すには、途方もない、とてつもない信頼がいります。共時性に生きるには、あらゆるものが完全に対処されることを知り、肉体が癒されることを知り、マインドがバランスを取り戻すことを知るには、自分自身に対する、途方もない信頼がいります。あなたが人生に必要な、すべてのものは、すでにあなたの中に入って来ています。それには、途方もない信頼がいります。とりわけ、自己に対する信頼、大いなる解放、大いなる解放というのが、あなたが、私たちが今いる地点なのです。

では、今日、ここに座っているグループとして、それを感じ、体験してみましょう - コントロールの大いなる解放を、自己に対する大いなる信頼を。さて、私たちはグループとしてこれをやります。このエネルギーを強要してほしくはありません。繰り返しますが、強要されたエネルギーは、強要されたものとしてあなたに返って来ます。では、解放を、信頼を、コントロールを手放すことを、共時的な生き方の状態にあることを、ただ、許しましょう。それには、期待しないこと、必要性や欲求を持たないことが必要となります。

では、ごくシンプルに、呼吸を通してこれをやりましょう。息を吸いこみ、その、信頼への跳躍を自分自身に許して下さい。怖れすらも手放して下さい。心配も手放して下さい。私たちが、手放して下さい、と言う時には、それらを何とかして遮断する、という意味ではありません。ただ、手放して下さい。そのまっただ中を通り抜けて下さい。

それは、あなたが本当に、神聖であることを知ることです。あなたは本当に祝福された「創造者」なので、この地球上に、人間の状態で生きることができるのです。あなたは「新しいエネルギー」、新しい概念の「創造者」になれるのです。その存在状態を認めることができるのです。それ自身の存在を認め、そうすることであらゆるものが慈愛に満ちた、純粋な状態であなたに返ってきます。

それは、この瞬間に座り、もはや人生とはどうあるべきかを定義しようとせず、あなたがどういう人であるべきかを定義しようとせず、神聖なる信頼というこの瞬間に座り、「スピリチュアル」というものですら、「人間」というものですら定義しようとはしないことなのです。この純粋な瞬間に、ここにいれば、必要性を定義しなければならないこともありません。あなたはそれを超えて行ったのです。定義する必要はありません。制限する必要はありません。あなたの人生にふさわしい物事を強要する必要はありません。それはすでにそこにあります。それを願い、祈る必要はありません。

このように、期待なしに、この純粋な瞬間にともに座ることが、文字通り、あなたが螺旋を描き、新しい生き方のレベルへと、「古いエネルギー」の人間のマインドでは理解し得ないレベルへと、変容するのを許してくれます。その「古いエネルギー」の人間のマインドは常に詳細を、構造を、コントロールを知りたがっていました。その「古いエネルギー」の人間のマインドは、常にあらゆるものを、脳を通して定義したがってきました。あなたはそれを超越したのです。

何もしようとはせずに、何も強要しようとはせずに、この瞬間に、ただ、ここに座りましょう。あなたがこの聖なる存在状態でこうしていると、輝きが、あなたの輝きが、拡張します。あなたの神聖なるものが入って来て、人間としてのあなたと融合します。あらゆるものが拡張し、光り輝き、輝きを放ち始めます。

私たちには今、それが見えます。あなたはコントロールを解きました。バリアとシールドを下ろしました。あなたは要塞を取り壊しました。そういうものはもう、必要ないからです。今、あなたは輝きを放っています。今、あなたはその炎なのです。あなたが炎です。それは常に、あなたでした。

あなたは私たちを待っていました。あなたはスピリットから炎を渡されるのを待っていました。けれども、それは常に、あなただったのです。今、あなたは輝きを放っています。あなたのエネルギーが出て行きます。それは流れます。それはダンスを踊りながら出て行き、回転し、旋回し、演じます。それはあなたの肉体の現実だけではなく、すべての次元に、あなたの周りの至るところに行きます。それは、本当にずっと簡単な生き方なのです、シャーンブラよ。あなたはただ、自分の中にエネルギーを流してあげるのです。あなたから、創造を放射させてあげるのです。

創造について面白いことは… それは、大抵の人間が考えていたものとは、ほとんど対照的なものです。あなたは、創造とは、手を差し出して、虚空から黄金を物質化するものだと思っていました。それが創造であるとあなたは思っていました。

本当の創造とは、随分と異なるものです。アダマスが発見したように、本当の創造とは… 手を突き出す必要すら、まったくありません。黄金はただ、そこにあります。創造しようとする必要すら、まったくありません。創造のエネルギーは私たちに、あなたの目に、涙をもたらすでしょう。それは本当に簡単です。それは本当に、瞬間にあり、本当に完璧なのです。

あなたはたった今、輝きを放っています、シャーンブラよ、私たちがこうして話している間にも。あなたは、あなたの炎を再び、輝かせ始めました。あなたは、頭から脱け出しました。いいでしょうか - ここで自分自身にイメージさせてあげて下さい - あなたの炎の光線がどのようにして出て行くか、あなたは見ています。それらは何も変えようとはしません。あなたは天候を変えようとはしません。なぜでしょう? 天候は完璧だからです。あなたは自分の現実を変えようとはしません。それは常に完璧だったのです。あなたは、ひょっとすると、些細な - あなたが考えるに - 不完全な側面をただ、見ていたのかもしれません。けれども、物事の、より壮大な本質においては、それは完璧なのです。

あなたはエネルギーの輝きを放射しています。それをただ、ダンスさせてあげているのです。それをどこかに行かせようとしてするのではありません。何かをさせようとするのではありません。何か特定の色である必要すら、ありません。特定の周波数帯である必要はありません。それはただ、輝きを放っています。これが… これが… 創造です。これが、純粋な創造です。なぜなら、あなたが輝きを放つものは、すべてのものが凝視できるように光を放ち、光を放ち、すべてのものが凝視できるように歌うものは、天使であるあなた、神聖なるものであるあなたへと、今、あなたのもとへと返って来るからです。今、あらゆるものが戻って来て、満たし、あなたに奉仕するのです。

シャーンブラよ、それは、これくらい簡単なのです。あなたはそれを、難しくしてきました。あなたは、難しい、というのがどんなものかを見てみたかったのです。もう、それを手放す時です。それくらいシンプルなのです。あなたが頭にとらわれてしまったなら、規則や決まりごとにとらわれてしまったなら、テクニックにとらわれてしまったとしたら、あなたは、間違ったやり方をしているのです。少し、戻って来て、深呼吸をしましょう。あなたが炎なのです。あなたは常にそうでした。あなたは純粋な、創造のエネルギーの輝きを放っているのです。

さて、あなたが何を創造しているかすら、定義しようとはしないで下さい。スピリットが、スピリットの家に座り、定義しようとすると思いますか? スピリットはただ、生きたエネルギーをもって創造し、祝福するのです。

あなたが炎です。あなたが創造しているのです。あなたは、あなたの輝きを祝福します。あなたは、生きた状態で出て行くエネルギーを、祝福するのです。そして、炎が創造の中でただ、輝きを放ち、ただ、発光し、ただ、歓喜すると、方向転換あるいは回転、変成が、 - どのように呼んでも構いませんが - 起こります。すると、あらゆるものが、あなたのもとへ戻って来ます。

それが、共時的な人生です。それを定義する必要は、まったくありません。構造化する必要は、まったくありません。心配する必要は、まったくありません。それくらい、シンプルなのです。

いかにも、あなたは、ここから出て行きます。あなたは、二元性の世界へと、戻ります。すべての重苦しさ、すべての矛盾、また、その他あらゆるものが、あなたに襲いかかるでしょう。あなたの炎を覚えておいてください。それがどのように輝くかを、思いやりをもって輝くのを、それが、あなたに必要なものすべてを戻してくれるのを、覚えておいて下さい。

さて、トバイアスとセント・ジャーメインのエネルギーは、このシンプルなエネルギーを届けるために、今日、ここに来たかったのです。言葉が話されましたが、それらはほとんど意味を持ちません。エネルギーが届けられましたが、それはあなたのものでした。それは、そもそも、あなたのものだったのです。

私たちは、この「体現シリーズ」をやっています。あなたの神性の体現、この現実におけるあなたのあらゆる側面の体現、完全な受容、怖れなしの受容、この生涯で、あなたが自分自身としてみなしていた側面は、ただの物語であること、あなたがその存在状態を認めた、素晴らしく美しい物語であることの理解、あなたはそれもまた、手放しました。それから、あなたは本当のあなたである、ルーツへと回帰することができるのです。

私たちは次のシャウドのギャザリング、シャウド12、このシリーズの最終章を楽しみにしています。この1年で組み立てたすべてのエネルギーが頂点を極め、それらを合わせて、とても神聖なスポットへと、とても神聖なエネルギーへと持ちこむことを、楽しみにしています。ああ、それは私たちを、非常に速いスピードで、次のシリーズへ移り、進み続けるのを許してくれます。

私たちはあなたを心から愛しています。私たちは常に、常にあなたとワークしています。あなたとともに存在しています。あなたとシェアしています。いかにも、あなたは決して、ひとりではありません。

そして、そういうことなのです!
And so it is!

つづき 体現シリーズ シャウド10 「コントロールを手放して下さい」- トバイアス特集 クリムゾン・サークル 2005年5月7日

体現シリーズ シャウド10
「コントロールを手放して下さい」- トバイアス特集
クリムゾン・サークル 2005年5月7日

つづき

コントロールとは何でしょうか? コントロールとは何でしょう? それは、エネルギーを制限することです。それは内なる存在(inner being)が文字通り、自らのアイデンティティにしがみつこうとするやり方なのです。前にも言いましたが、「古いエネルギー」においては、あらゆる存在のアイデンティティが、何とか自らを、自己を保護しようとします… よろしいですか。

あなたの物語は、現在、それ自身を保護しようとしています。その側面はたった今、大急ぎでこう言っています。「トバイアスは、今日は自分が何を話しているのか、良く分かっていないのだ。私はひとつかふたつくらい、好きじゃなかったことのコントロールを手放すフリをしよう。けれども、もし私たちがすべてのコントロールを手放したら、何が起きるだろう? どんな笑いものになるだろう? 私たちの人生はどんなことになってしまうだろう? 他人は何て言うだろうか?」 私たちは、もうすでに他人はそう言っているのだから、関係ありませんよ、と言っておかなければなりません。(さらに笑)

コントロールとは、エネルギーを制約することです。それはエネルギーを制限します。それは実際、文字通りに、エネルギーを減速させます。文字通り、時間を減速させます。空間を制限するのです。

ですから、私たちが今日、あなたの要望により、あなたのシャウドのエネルギーによりやって来たのは、「もう、コントロールを手放す時である。」 と言うためです。あなたがそれをすれば、物事は変化します。アダマスは前回のギャザリングであなた方に訊きました。「あなたは本当の変化に対する準備ができていますか? あなたは自分自身を絶対的に信頼する準備ができていますか?」

あなたがコントロールを手放す時、それはつまり、信頼ということです。あなたは今、信頼に飛びかかろうとしているのです。あなたは自分自身に対する純粋な信頼に、あらゆる瞬間において、働きかけているのです。あなたは、自分が持っている象徴的なコントロールも、事実上のコントロールも手放せるくらい、スピリットとあなた自身を信頼するでしょうか? それらを手放すことができますか?

さて、あなたはそれに抵抗するでしょう。あなたはこう言うでしょう。「ある特定のことをするためには、特定のコントロールが必要だ」 私たちはそれらひとつひとつを見ていただきたいと思います。本当にそれが必要ですか? あなたは言うでしょう。「でも、車を運転している時は、ある程度のコントロールがなければなりません。」 そうでしょうか? そうですか? 私たちはその質問には今は答えないでおきます。

あなたはこう言うでしょう。「ある程度、コントロールしなければならない手順があります。朝起きた瞬間から、時間をコントロールしなくてはなりません。しかるべき時間にオフィスに行かなければなりませんから。」 しかるべき時間に! 何という覆い… 何という催眠にあなたは陥ってしまったのでしょうか!

また、あなたは言います。「けれども、トバイアス、時間通りに行かないと、クビになってしまいます。そうしたら、誰が請求書の支払いをするのですか?」 ああ、もうひとつのコントロールが出てきましたね。「請求書の支払いをするためには、仕事に行かなければならない」という、コントロールです。第一に、あなたが請求書を支払わなければならないと、誰が言うのでしょう? 本来であれば、エネルギーをそれ相応に交換することを容易にする、たくさんの他のやり方があるのに、それ以外の方法では豊かさが入って来ないなどと、誰が言うのでしょうか?

しかし、お分かりでしょうか、コントロール、信念体系、覆い、催眠… これらはあなたに影響を及ぼしてきました。それについて、あなたは何をするのでしょうか? それらを愛すのです。それらを愛すのです。それらを祝福して、今、手放すのです。それらを手放すのです。

あなたがコントロールするために使う多量のエネルギーを、そのすべてのエネルギーのない、身の回りのあらゆるものをコントロールすることのない人生とは、どんな人生なのでしょうか? あなたがそうしているのを見るのは疲れます。それがシャーンブラよ、私たちがあなたの現実にこれほど近づき、やって来るのが困難な、唯一の理由なのです。

時に私たちは身を引かなければなりません。あなたが使い果たす多量のエネルギーゆえに、あなたがエネルギーを操ることは、私たちのエネルギーをもってしても、とても疲れるものです。私たちはそれから防護されていません。私たちはそれくらい、あなたの近くにいるのです。あなたは、あなたが抱えるコントロールの構造のもとで、あなたの現実で生きるために、この幻想と、信念と、催眠とともにあなたの現実で生きるために、膨大な量のエネルギーを消費しています。

私たちは少し前にあなた方に訊きました。「あなたは集合意識を超えて行く準備ができていますか?」 あなたは言いました。「はい。」 あなた方のほとんどが言いました。私たちはそれ以来、それに取り組んで来ました。私たちは今、このように言う地点に辿り着きました。「コントロールを手放して下さい。」 それが試練を伴うのは確実でしょう。

繰り返しますが、私たちはあなたにはっきりと覚えておいていただきたいのです。私たちは、あなたが外側の世界をコントロールしようとすることについて話しているのではありません。私たちが話しているのは、あなたが自分自身に対して持っているコントロールのことです。いわゆる外側のコントロールについては何も心配しないで下さい。自分がどうやって家族をコントロールしているかということに、慌てて行かないで下さい。ええ、確かにあなたはしていますが、それは、今は重要ではありません。あなたがどのように友人をコントロールするか… それは二次的なものです。

いったん、あなたが自分自身に対するコントロールを手放せば、これら他の物事もまた、解放されます。もしあなたが反対のやり方で取り組もうとすれば、つまり、先に外側に対するコントロールを手放すと、それは単にあなたをさらに少しだけ、深く、押しつぶすだけのことです。これは内面的なコントロール、マインドのコントロール、感覚のコントロールについてのことなのです。

現在、あなたは視覚に対して、あまりにも精確にコントロールしているため、あなたは私を見ることができません。私はここにいます。私はこれほどあなたの近くにいるのです。しかし、あなたは自分の目をコントロールしています。そしてあなたが生物としての年月を過ごすにつれて、さらに熱心に視覚をコントロールしようとします。あなたは言います。「けれども、そうしなければなりません。エネルギーを目に集めないといけません。そうすることで眼鏡をかけずに物が読めますし、遠くを見ることができますから。」 本当ですか、シャーンブラよ、ひょっとするとあなたは、目にかなりの量のコントロールしたエネルギーを送っていて、目はただ、コントロールされたくないと叫んでいるのかもしれません。

あなたがコントロールを手放すと、もしかすると、最初のうちは多少、ぼやけて見えるかもしれません。筋肉が少し、リラックスするかもしれません。それらは現在、あまりにもハードに働いています。けれども、そうするとあなたはパニックになり、こう言います。「ああ、トバイアス、あなたは自分が何を話しているか分かっていないのです。私が手放すと、視界がこんなにぼやけてしまったのですよ。」 けれども、ひょっとすると、ぼやけるのは、多次元の視覚が基盤となった、新しい明晰さが入ってくる前に起こることなのかもしれません… お分かりでしょうか。あなたは自分のすべての感覚を、あまりにもプロフェッショナルに、あまりにも正確にコントロールします。あなたはたった今、維持するのがふさわしくない時にも、コントロールを維持しようとします。

思考は… 本当に、シャーンブラよ、私たちはただ、ここで冗談を言っているわけではありません。本当にそうです。とても嫌な、気分が悪くなるようなことを考えてみて下さい。随分長いこと、してませんね。それくらいのお祝いがあなたには必要です。少々、「悪い」ことを考える必要があります。鬱積して、悪臭を放つエネルギーが解放される必要があるようなものです。それもまた、あなたの愛がいるのです。

おそらく、私にとって、シャーンブラの最も面白いことのひとつが - それは、あなたの完全なるコミットメントです。あなたがしているこの驚異的なワークへの完全なる献身であり、そのために、あなたは、「光」だけしか考えてはならず、「闇」は考えてはいけない、と見なすようになりました。「良い」ことだけしか考えてはならない。「悪い」ことを考えたら、地球が確実に駄目になってしまうからです。いいですか、私たちは数分前に、地球について何か悪いことを考えるように言いましたが、地球はまだここにあります。駄目になど、なっていません。

私たちは、ある意識を超えて、あなたが何を考えるかについて心配する必要のない、新しいタイプの、意識的な「新しいエネルギー」の創造へと、向かっているのです。私たちはマインドを超えて行きつつあります。限界を超えて行きつつあります。私たちはこの信頼、という領域に入って行きつつあります。この、オープンで、ワイルドな、開拓時代のようなある種、拡大した存在状態という領域に入りつつあるのです。

しかし、私たちはコントロールをはずさなければなりません。あなたは本当に常に、自分自身をとても上手にコントロールしています… 本当に上手に、小さなものまで、あらゆるものを。また繰り返しになりますが、あなたは、あなたをコントロールしています - 外側の世界のことは忘れて下さい - どれだけ、あなたは自分自身をコントロールしていることでしょう。

あなたは自分のお金をあまりにもコントロールするため、実際、痛みを伴います。見ている私たちも痛みを感じます。私たちは笑います。時には泣きます。あなたはコントロールします。あなたは、お金にはエネルギーがあると信じています。あなたはそれをコントロールします。あなたは自分の小切手を見て、それをコントロールします。ええ、あなたは言います。「トバイアス、そうしなければならないのです。コントロールしなければ。小切手の帳尻を合わせなければなりません。出費に注意しなければ。やり繰りしなければならないのです。」

それはとても疲れることです、シャーンブラよ、あまりにも制限されています、あまりにも非「創造者」的です、あまりにも非「新しいエネルギー」的です。お金をコントロールするのをやめて下さい。それを、あなたのために働かせてあげて下さい。数ドル手に取り… 地面に投げてみて下さい。(笑) 本当に、あなたはお金をバッグや財布に詰めこんでいます。財布を開く時に、あなたは時々、痛みを感じます。あなたはお金のこのすべてのエネルギーが去って行くと思いますか? いいえ、あなたがコントロールすることをやめた時、あなたが想像もつかない形で戻って来ます。

あなたは言います。「でも、まともな教育を受けていないから。金融市場についての知識を持っていませんから。」 何というコントロールを自らに押しつけているのでしょう、何という制限を所有し、受け入れているのでしょう! 金融のエネルギーというのは、本当に、流れに戻すのが最も簡単なもののひとつなのです。

私たちは現在、それをするために、数人のシャーンブラと集中してワークしています。私たちはこの、コントロールのない、お金のエネルギーが流れこみ、流れ出る、ある種の巨大なエネルギーの莢(さや)という、シャーンブラ・エイドというものを持つことになります。しかし、あなたは「古い」コントロールを、「古い」信念を、手放さなければなりません。少しの間、お金について何か悪いことを考えてみて下さい。(笑)

本当に、シャーンブラよ、私たちはこの1ヶ月の間、「何か悪いことを考える」ようにお願いします。私たちがこれにより、どこに向かうのかまったく理解しない人がいるかもしれないことは、私たちにも分かります。彼らはあまりにも自分自身についての、あらゆるエネルギーをコントロールしています。彼らはほとんどいつでも、「良い」考えを持たなければならないと思っています。いつでも、最も清浄で、純粋な考えを持たなければならないと思っています。「悪い」考えなど、決して持てないのです。あなたがもしそうであるなら、あなたは自分自身をコントロールしています。あなたは自分自身をコントロールしているのです。あなたはただ、入って来るエネルギーの量を、徹底的に制限してきただけです。

エネルギーとは可能性以外の何ものでもありません。そこに署名はありません。あなたの意識がそれを現実に取りこむまでは、波動の刷りこみはありません。あなたは悪いこと、暗いこと、ぞっとするようなことですら、考えることができます。そして、あなたは常にしています… ただ、してないフリをしているだけです… もうひとつのコントロールの形態です。しかし、今、あなたはすることができます。大手を振ってできます。そして、何が起きるかを見て下さい。闇は闇ではありません。悪は悪ではありません。光もまた、光ではありません。それは、コントロールされない… 制限されない… 制約のない… 純粋で神聖なるエネルギーの流れなのです。

すべてのコントロールをはずして下さい、シャーンブラよ、あなた自身についてのすべてのものを。お金をコントロールしないで下さい。身体をコントロールしないで下さい。食べるものをコントロールしないで下さい。そして何より、考えることをコントロールしないで下さい。

次の1ヶ月、あなたが言うことをコントロールしないで下さい。これが本当の宿題です。それをコントロールしないで下さい。そして、何が起きるかを見て下さい。ああ、中には動揺する人もいるでしょう! (さらに笑) 言って下さい。そして、言う時には、自分がどのように感じているかを、感じて下さい。エネルギーが流れ過ぎて行くのを感じて下さい。あなたのどれだけの部分が長い間、閉じ込められ、抑圧され、隠されて来たのかを感じて下さい。

あなたは自分自身を出してあげることを、あまりにも怖れているため、自らをコントロールします。他の人を傷つけるのではないかと、あまりにも怖れています。それはあり得ません。私を信じて下さい。他の人を傷つけることなど、あり得ません。あなたが今ある、この意識の中では。それは「古いエネルギー」の性質です。ええ、いまだに互いに傷つけ、傷つけ合ってしまう人間はいます。しかし、あなたはそれを超えて行ったのです。それは、低い壁の向こう側に立つ、ということです。

あなたが制約なしに、制限することなく口を開くと何が起きるかを、見て下さい。ああ、あなたはそれを怖れています。あなたは怖れます。「けれども、トバイアス、何か言ってしまうだろう。」 何が起きるかを見て下さい。エネルギーを感じて下さい。起きていることの完璧性を見て下さい。コントロールするのをやめて下さい。

あなた方の中には、スピリットがあなたを通して話してほしいと思っている人がいますが、コントロールしているのです。ただ、開いて下さい。あらゆるものを開いて下さい、シャーンブラよ。それは異なる体験となるでしょう。あなたは自分がどれだけ、押しとどめてきたのか、どれだけ、自分自身を妨げてきたのか、どれだけ、「古いエネルギー」にあなたを制限させてきたのかに気づくでしょう。

私たちは今日、先程、ゲストを連れて来ました。私たちは彼らに何が起きているかを聞いてほしかったのです。彼らのエネルギーの強烈さを、あなたに感じてほしいと思います。それはいわゆる、心理学的な表現で言う、「親としての自己」(parent self)です。親としての自己は、この部屋であなたを取り囲んでいます。

私たちは、事実上の両親について話しているのではありません。あなたが原型のエネルギーを彼らと同一視することはありますが。しかし、それは親としての自己であり、「これをするな。あれをするな。これをしたら怪我をする。それはできない。これは規則だから、従いなさい、さもないと。」と言う、あなたの一部分です。あなたはこのエネルギーのマトリックスを、親としての自己を内側に、築き上げたのです。

そして、親としての自己は正直なところ、その役割にかなり、うんざりしています。それはもう、必要ないのです。「新しいエネルギー」において、「神聖なる人間」であるあなたには、親としての自己はもはや、必要ありません。あなたの周りであなたを見守り、愛し、しかしコントロールするあのエネルギーは、もう、必要ありません。親としての自己は今日、書類を、あなたから解雇通知を受け取りにやって来ました。親としての自己はあなたに意識的に手放してもらう必要があります。それは、手放してほしいのです。それは、神聖なる存在としての、純粋な状態に戻りたいのです。親として支配し、コントロールするエネルギーに、もはやとらわれていたくは、ないのです。

「新しいエネルギー」にはルールはありません。私たちが向かう先には、コントロールはありません。あなたが誰なのか、何ができるかということに制限はありません。

ですからシャーンブラよ、あなたは書類を持って来ました。知らなかったでしょうが、あなたは持って来たのです。あなたは持って来ました。書類はただ、あなたの署名が必要なだけです。あなたの親としての自己に、あなたから免除書類を手渡してもらう必要があります。彼らはつとめ上げたのです。時間を随分、超過してしまいました。

親としての自己に、もはやあなたの人生をコントロールしてもらわないことを本当に選ぶのなら、契約を終了するために、自分が署名するのを想像してみて下さい。彼らは用済みです。もう、コントロールしたくないのです。それがあなたのためにならないことを、彼らは知っています。彼らの、あなたの、愛情あふれる親としての一部は、もう、それがいらないことを知っています。ですから、準備ができたらいつでもいいですから、ただ、署名して下さい。コントロールを手放して下さい。

ここでまた繰り返しますが、これもまた私たちが信頼について話したことと同様です。少しだけする、というのは駄目です。自分自身に対するコントロール、自らに課した制限という、すべてのコントロールを、もはや、手放す時なのです。

あなたは自分がある特定の年齢である、というコントロールされた、この素晴らしい幻想を作り上げました。そのコントロールを手放して下さい。しかし、鏡を覗きこむと、年齢が明らかだと、あなたは言います。そのコントロールを手放して下さい。それはもう、あなたの役には立ちません。これもまた、文字通り、書類にサインして、言って下さい。「親愛なる、年齢というコントロールへ、年齢という自己へ、私は署名します。あなたを手放します。」

あなたが持つコントロールのエネルギーで… あなた方の中には本当にそのエネルギーと遊ぶのが大好きな人もいますが… 本当に過剰にコントロールしようとしたがる人もいますが… それは今、実際にあなたに対し、物理的に逆効果となっています… それは、あなたが自分の性別に対して持つコントロールです。「私は男性である。私は女性である。」 あなたはそのエネルギーを、コントロールします。もう、そうではないのですが。それらの書類にもまた、署名して下さい。

男性的な、あるいは女性的な、制限されたエネルギーを手放して下さい。あなたはもはや、女性ではありません。外見はそのように見えるかもしれませんが。あなたがそれらのコントロールをはずすと、こう言います。「ああ、何てことでしょう。私は女性なのに、変な場所に毛が生えてくるんだわ。(笑) 男性っぽい外見になって、カウルダーのように声が低音になるのね。」 これは、コントロールをコントロールするひとつの形態です。それを手放して下さい。おそらく… ひょっとすると… ひょっとすると… あなたに必要な強さを、バランスのために必要な男性的なエネルギーを統合しつつ、よりずっと、女性らしく、美しくなるかもしれません。

あらゆるコントロールを手放して下さい。あなたが現在、ある特定の身体障害を抱えているということを。そのコントロールを手放して下さい。自分自身をまた、純粋な肉体の存在状態に戻してあげて下さい。あなたのコントロールを今後、30日間の間に解体して下さい。それらを吟味して下さい - あなたがいかにして自分の人生をコントロールしているかを。それは圧倒的です。あなたのすべてのコントロールについて書くために、たくさんの、たくさんの、たくさんのメモ用紙を買わなければならなくなるでしょう。繰り返しますが、他人について心配するということではありません。あなたがいかにして他人をコントロールするかについては、心配しないで下さい。それはひとりでに去って行くでしょう。

このすべてがどこに通ずるか、というのは、シャーンブラよ - コントロールを手放すこと、自分の物語を手放すこと、あなたのあらゆる部分を祝福し、エネルギーを構造からはずし、自由にし、オープンにすること - あなた方が皆、他の人たちにそれについて話し、それについて書き、教えることになるものです。それは、「共時的な人生(synchronistic life)」、「シャーンブラの共時的な人生」と呼ばれるものです。それは何でしょうか? それは、あなたがもはやマインドでコントロールしない時のことです。それは、あなたが自分の人生をコントロールしようとしないところにある、あなたの神聖なる、内なる知っている状態(knowingness)から来るものです。あなたは単に、それを生きるのです。共時的な人生とは、あらゆるものが本当にあなたのもとへやって来ること、あなたに必要なあらゆるエネルギーがやって来る時のことです。

私たちはこれについて以前にも話しました。それはずっと、概念でした。そして今、それを現実に挿入する時なのです。あらゆるものが突如として、そこにあります。それを現実に取りこむのに、コントロールする必要はありません。あなたに奉仕するために現れるのです。共時的な人生では、あらゆる資源と道具、エネルギーの小片が、ふさわしい時に、その前には出てこないかもしれませんが、しかし、常にふさわしい時に出て来ます。

人々… 偶然の一致… あらゆるものが共時的になります。ただ、そうなのです。それは説明を寄せつけず、分析など、ものともしません。それはコントロールを超えて、今、流れに入っています。共時的な人生では、あらゆることがその瞬間に、本当に適切に、優雅に、神聖さをもって起こります。明日に対する怖れは消え、過去に対する自責の念は解放されます。共時的な人生では、あらゆるものが、単に、まるで、どこからともなく出現するのです。

共時的な人生では、シャーンブラよ、質問がなされる前に、答がそこにあります。それが本当のシンクロニシティ(共時性)です。そしてそれが、あなた方の中で体験し始めている人がいるものであり、あなた方すべてが体験することになるものです。それはまだ必要性が出る前に、すでにそこのある状態です。それが共時的な人生です。私たちはこれについて、次回のシャーンブラのギャザリングでさらに話をします。

しかし、今のところは、コントロールをはずして下さい。共時的な人生のエネルギーを感じて下さい… あなたの人生を… コントロールなしの… 制限なしの… あらゆるものが流れの中にある。それはあなたから、流れ出ているのです。他人が作り上げたものではありません。あなたの流れなのです。それは真に地球に持ちこまれた、地球上に生きるあなたの神性なのです。

あなたは人間である状態のためにコントロールを作り上げました。そうしなければならなかったのです。思い出して下さい。ずっと、ずっと昔にあなたが地球に転生をした時、自分のエネルギーをこの惑星に、物質に保持することが本当に、とても難しかったことを。あなたは自らをここにとどめるために、地球上に存在させるために、手の込んだ一連のコントロールを作り上げました。あなたはそれらのコントロールを蓄積しました。もはや、それらを手放す時です。あなたのエネルギーを完全にこの地球と、他の場所に同時に存在させるために、このようなコントロールは必要ないのです。

シャーンブラよ、この旅は、時に困難なことがあります。あなたが最初に通り抜ける人だからです。この旅は、本当に、とても報いのあるものです。あなたが最初の人だからです。この旅は、本当に、とても聖なるものです。なぜなら、あなたが共時的な人生について、共時的な道について学んだ後に、他の人たちがあなたの後に続くからです。他の人たちもまた、あの橋を渡り、最も崇高な教師であり、最も崇高なマスターである… あなたから、あなたが学んだことを学ぶでしょう。


そして、そういうことなのです!
 
profile
ブレスレットu


kayo

NESファシリテーター
ヒーラー












楽天市場
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 今日のメッセージ
  • 小樽の動画をアップしました。
  • トークライブの動画をアップしました。(パワーストーン)
  • 新曲が完成しました。
  • 新曲が完成しました。
  • 新曲アップしました。
  • オリジナル動画をアップしました。
  • 10月31日は蠍座の新月
  • 引き寄せの法則
楽天市場
占い











株式会社トライアングル

☆ヒーリングメニュー☆

こちらHomePageへ

HomePageにもblogを書いています
是非ご覧下さい!
☆宇宙語アチューンメント☆
モニター募集中
<内容>
・アークトュルスよる宇宙語アチューンメント&ワーク

 4000縁 (45分)
詳しくはこちらへ
  • ライブドアブログ